FC2ブログ








King's Bounty Dark Side その18 (完)

エルフ国でターゲットの女性を幸せにして攫うことに成功! 書いてみると相変わらず酷いことをしていますが・・・まあ、これで光に対抗するための決戦兵器、Weapon of Vengeanceを作ることができるようになりました。



divinity000760.jpg
Spirit of Darkのところに戻って儀式をし、無事Weaponを受け取りました

あとはコレを使って光の軍団と精霊を打ち破る最終決戦を残すのみ。意気揚々と出かけようとしたところで、仲間のオークとヴァンパイアに呼び止められました。彼らの主張を平たく言うと、自分こそが最終決戦に出るにふさわしいからそれよこせとのことです。さすが闇の軍団、チームワークもクソもない連中だ。

二人は殺してでも奪い取るという勢いで襲い掛かってきました! こちらも闇の一員だし容赦しませんよ。返り討ちにしてやります!



divinity000761.jpg
そして光の本拠地へ

一番最初に様子見で訪れた島ですね。3人のGuardian of Lightが本拠地への道を守っており、彼らを倒さなければ先に進むことはできません。これまでは相手の強大すぎる光の力のせいで勝負を挑むことすらできない状態でしたが、ここでWeapon of Vengeanceが炸裂します。

そういえばこの3人はLegendの主人公達の顔グラですね。再利用っぷりが素敵です。それだけにいかにもGuardianという風格があるので、いい工夫ではありますが。



divinity000762.jpg
老いた!!

Weapon of Vengeanceの効果でGurdianは急激に老いて弱まり、普通に攻撃できるようになりました。さすがにボスだけに軍団の規模はこれまで戦った敵ヒーロー以上ですが、ここまで来れた実力なら何とでもなると思います。3人全てを倒さないといけませんが、連戦ではないから安心していけます。



divinity000763.jpg
3人を倒して得た鍵を使い、Stronghold of Lightへ

この手前でこれまで一緒に旅をしていた闇の精霊Blackieとは別れることになります。そして出会ったSpirit of Light、彼は自分がBlackieでもあると語り始めました。光と闇は表裏一体って奴ですかな。難しい話は後に置いといて、今は光を打ち破る最後の決戦をするときです。それこそが散っていった仲間に報いる道! 自分で斃している事も置いといて、いよいよ決戦です。



divinity000764.jpg
最終決戦

Spirit of LightはこちらがRageスキルで使っていたのと似たような姿で、この決戦では何通りかの形態に形を変えながら、マップの各隅にワープ移動する彼を追って戦っていくことになります。もちろん敵は1体だけではなく、初期配置の敵に加えて、定期的に召喚される普通のユニット達とも戦っていく必要があります。こういう時はやっぱり召喚で頭数を増やしていけば有利に戦えます。

注意すべきは、これまでのシリーズのボス戦に比べて極端にフィールドが広いこと。移動力の高いドラゴンなどでも場所によっては1ターンでは攻撃位置につけないことがあります。各自を上手く配置して、攻撃のチャンスを増やしていきましょう。何ターンかごとに味方全員強制テレポートを食らうのがうっとうしく、移動力の低い味方は敵の雑魚ユニット処理に集中させたほうがいいと思います。

敵の形態で注意すべきは、剣を持ったナイト形態の時ですね。この時は攻撃をすると、例え飛び道具だろうが反撃をしてきてダメージを食らいます。ひ弱な飛び道具ユニットを減らさないように気をつけて、召喚ユニットや頑丈な前衛ユニットで殴りかかるのがよさそうです。

そうして飛び回るSpirit of Lightを追い回しながら攻撃を続け、とうとう決戦に終止符を打つことに成功しました! 光と闇は一体なので消滅こそはしないものの、今後の光はこれまでの闇と同じ扱いで隅っこでひっそり生きることになります。闇の時代が始まりました!




途中で思ったよりも早く、ちょうど一ヶ月ほどでクリアできました。ゲームとしてはLegendの時から完成されており、言ってみればテーブルゲームやボードゲーム系統の戦闘を何局も繰り返していくというスタイルですから、今回もコツコツと、毎日ネット麻雀などを打つような感覚で楽しんでプレイすることができました。

今回ならではの工夫ですが、本拠地システムとワープは実に便利でしたね。これのお陰で今までのシリーズとは比べ物にならないほど、部隊の編成や補給が楽になり、損害を極端に恐れなくても済むようになりました。またワープせずとも現地で部隊を補給できる捕虜システムもいい工夫で、序盤のインプ、後半の牛デーモンにはずいぶんとお世話になりました。これは今後のシリーズにも是非導入して欲しい所です。

逆に今回でしんどかったのはクエスト関係ですね。プレイ中に何度か愚痴りましたが、クエストの段階数が異常に多く、頼みを聞いても次はアレ、その次はコレと延々と~をしてが続いていきます。ログに全ての行き先が見れればまだいいのですが、人によっては会話の中でだけ場所が表示されて、ログには手に入れるアイテム名だけとか、それ以前にノーヒントで総当りで探すしかないものも結構あったので、全部コンプしようと思ったら相当苦労すると思います。私はクエスト自体やらないという自由度を行使するタイプですので、メインクエストじゃない、疲れそうなものは適度にスルーしていましたが、全部埋めないと落ち着かないというタイプの人は、プレイ時間100時間くらいは覚悟しておいたほうがいいんじゃないでしょうか。

Divinity Original Sinくらいクエストや解法が凝っていて、量より質で勝負するタイプならマーカーは無いほうがいいと思うのですが、これくらい洒落にならない量で攻められると、マップにも行く先のマーカーつけたほうがいいんじゃないかなと思います。それかクエストの段階を半分くらいにするかですね。とにかくクエストには苦労しました。

全体的にみると、King's Bountyをやったという満足感もあったし十分に楽しめました。ただ総合で見ると、これまでのシリーズ全てを超えた傑作とまでは行ってないかなという感じです。もちろん次が出たらまた買いますけどね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/09/19 22:17 ] PCゲーム King's Bounty Dark Side | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/181-91285ac2