スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Grotesque Tactics その9

需要があるのかどうかさっぱりわからないGrotesque Tacticsの続きをプレイ。前回、とうとうDark Chruchの入り口を見つけた一行でしたが、突入前に用意を整えようと町に帰ることになりました。



divinity000646.jpg
その後なぜかこうなりました。

町に帰った途端、ゴブリンのRukelが、仲間のゴブリンがDark Chruchに襲われているという情報を得ます。これは本拠地を叩くより優先しなければいけない!ということで、ゴブリン救出作戦をすることになりました。本拠地叩けば終わりだろ・・・なんという尺稼ぎ。マップもSolithaireを仲間にした所と同じという事で、実にエコ使用です。無駄なやりこませ要素は嫌いですが、このゲームは全体的にあっさり風味なので、これくらいの尺稼ぎを入れてもまあちょうどよく遊べるなというくらいです。

さて、ゴブリンを救出して町に戻ります。いよいよ最終決戦です。



divinity000647.jpg
その後なぜかこうなりました。

町に帰った途端、今度は武器屋のEastが助けを求めてきました。川のエリアにDark Chruchが攻撃を仕掛けており、そこにいる兵士達がピンチなので、今度は兵士の救出作戦をすることになりました。一行は再び本拠地を後回しにして川エリアへと向かいます。なんという尺稼ぎ。

幸い立地はよく、橋で敵をせき止めることができます。面倒くさいので範囲攻撃で一気にシメ。地面が燃えているのはMandyの2つ目のスキルで、地面3マスに数ターン炎を広げる事ができます。既に敵味方が乗っているマスには出せないので少々使い勝手が悪いですが、上手く誘導してでも使う価値はあります。

SolithaireのDOTでダメージを与えるごとに経験値がはいるのと同じように、この炎床でも、相手にダメージを与えるたびに経験値が入るんですよね。というわけでこのスキルを活用していけば、MandyもSolithaireと同じように、鬼のような勢いでレベルが上がっていきます。彼女はもうこれだけでもいいくらいです。

さて、敵を撃退して兵士の救出に成功。さすがにもう尺稼ぎはないだろうな・・・


divinity000648.jpg
ようやく本拠地に入れました。

地下墓地だけにおどろおどろしい雰囲気、その中でSolithaireがこの場所は記憶にあると言い出します。あんた吸血鬼だしこういうところで寝起きしてるから、それでじゃないの? このゲームは異次元的な展開とおしゃべりが多いのでスルー癖がついてしまいます。ほら、開幕からSemidivineなHoly Avatarだったし。



divinity000649.jpg
そんな緩んだ一行の前に突然Sir Deathが現れました!

敵の三幹部の一人との決戦ということで盛り上がってきました。Sir DeathはHoly Avatarへの復讐を口にし、彼に向かって剣を構えます。Holy Avatarはかつての戦いでSir Deathの片目を奪った事を語り、Sir Deathはその復讐に燃えているということがわかりました。なんという燃える展開! 唐突すぎてちょっとついていけないなあと頭の片隅で考えつつ、Sir Deathとの決戦になります。

復讐の鬼になった彼の能力はHoly Avatarより数段上。というわけでチームでフクロにします。ボス戦でもやはりDOTや床ダメージは大活躍。上手く当てていきましょう。この辺までくると、マナポーションは惜しまず使っていっても平気だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/11 21:51 ] PCゲーム Grotesque Tactics | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/153-f4359398


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。