スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リヴェロン手探り冒険記 その7

今日もせっせと冒険中。戦闘もだんだん慣れてきてすっかりハマっています。いや、これは本当に面白い。Steamや海外サイトでの評価も増えてきていますが、そちらでも素晴らしく評判がいいです。Baldur's GateやFalloutなどの名作RPGを例えに出してのレビューが多く、そういうタイプのRPGが好きな人が大絶賛していますね。実際、清々しいほどに真っ直ぐな「PCのRPG」といえる作りになっています。



divinity000538.jpg
Aureusのところによると、さっき灯台であった兵士が任務の報告をしていました。

どんな報告をしたのやら、Aureusは見事アンデッドを打ち破った二人の兵士を褒めちぎり、その活躍を見てくれたかと問いかけてきました。お前ら嘘つくにしてもちょっとは遠慮しろよ・・・

「ああ、あんたの言う通り!まさに二大英雄だ!」
「これまで会った中で最高に勇猛な兵士だったわ!まるで百獣の王よ!」

とりあえず二人して認めておきましたが。こちらも悪ノリしすぎ。相変わらずテキストとそのセンスが素晴らしいです。



divinity000537.jpg
ダンジョンは仕掛けも盛りだくさん。

探索で経験値も入りますしアイテムを探すのも楽しいので、寄り道ばかりでなかなか進みません。あとチュートリアルでもやっていましたが、トラップや隠してあるものを見つけるにはPerceptionが必要になります。歩いていたらいきなり爆死したという場合は、大抵PER不足が原因ですので、アイテムやタレントで補強するなりして対策しましょう。やはり一人は高PERのシーフ的キャラクターが必要になると思います。怪しいところに片っ端からファイアボールを投げて破壊していくという男らしい方法も可能です。



divinity000539.jpg
戦いの経験を積む一行。

戦闘はリポップなし、かわりに考えさせられる戦いの割合が多く、戦闘回数とそれに使う頭のバランスはちょうどいいと思います。暗くて見にくいぞという時はショートカットを確認、敵味方で色分けできます。元のキーは忘れましたが、オプションで見て、押しやすいところに変えておくといいんじゃないでしょうか。

あと私はキャラクター選択、元のキーは「@あたりだったのを、QEに変えています。これでより快適に旅ができるようになりました。しかし探索やアイテム整理だけで時間がどんどんたって、ストーリーが進みません。クリアまで1ヶ月じゃすまなさそうな気がしてきました。



divinity000540.jpg
Fabulous Fiveの話に乗ってしまった一団と遭遇。

やっぱり冒険と財宝どころか、とんでもない死地に送り込まれたようです。絶対儲かる未公開株みたいなトークをしてたからな・・・ 助けてやることにしますか。SSを取り忘れましたが、この先にはネコ魔術師Arhuの失敗作であるごっついメカのボスがいます。やはりメカだけに電撃が効果的なようです。

全員の生還は無理でしたがなんとかViscoは守りきり、先に進めるようになりました。他に最初からあった死体を調べると、町にいる女性から捜すように頼まれていた、彼女の弟みたいです。なんて伝えるべきか・・・容赦の無い展開だなあ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/12 09:39 ] PCゲーム Divinity Original Sin | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/127-ba4036ca


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。