FC2ブログ








Puzzle Quest

Loot Hunterしたらなんかやりたくなったので、Puzzle Questを引っ張り出すよ。


divinity000417.jpg
3マッチパズル+RPGなゲームです。

発売は2007年なので、これがその後のタイトルの源流になるのでしょうか。これよりもさらに前のもあるかもしれませんが、とにかく、今やっても色あせない楽しさが確たる存在感を放っています。さまざまな機種で販売されたので、PC以外で楽しんだ人も多そうです。



divinity000418.jpg
ファンタジー、王女様、そしていかにもRPGな会話。

英語はオープニングや章の変わり目は音声+文章。それ以外ではこのようにバストアップ画面で、文章のみでの会話をしていくという、なじみのあるスタイルをとっています。英文はキャラ同士の掛け合いで結構長い会話になるときが多いですが、全体的な量は普通、難易度も普通くらいです。クエストに選択肢などはなく、行き先もマークされますので、英語が苦手でも平気です。軽く検索した感じ、日本語化もできるみたいですね。



divinity000420.jpg
戦闘はもちろん3マッチパズル。

スカルを消すと直接攻撃、色のジェムを消すと魔力が溜まり、その魔力を使って職業ごとに特徴あるスキルを使えます。解り易く、そして楽しいです。スキルには単純な攻撃以外にも、相手に状態異常を与えたり、特定の色を全て消したりなど、戦術やコンボを考えるのが面白いのが盛りだくさん。このあたりはカードゲームにも通じる楽しさがあります。どういうスキルを主力にして、どのジェムを優先的に狙っていくか考えていきましょー

あとLoot Hunterと違い連鎖もあります。上手く決まるとボーナスも付くので熱いよ。運がよければジェムを消した後、上か降ってくる分で次々と連鎖が繋がることも。なんか体感だと敵のターンのときだけ、狙ってるんかいってくらいしょっちゅうきめられるのですけどね・・・



divinity000419.jpg
RPGだけに装備もあり。

こちらも単純な攻撃力、防御力だけのものは少なく、特殊能力が盛りだくさんです。スキルとの相性を考えて装備を付け替えていきましょう。勝てなかった敵も装備やスキルを考えれば楽勝になったりしますよっと。こういう組み合わせを考えている時間が好きな人はよりはまれるのではないでしょうか。



divinity000421.jpg
ワールドマップはポイント間を移動していく形式。

ストーリーを進めるごとにだんだんといける場所が増えていきます。道中でランダム発生するモンスターや、リピート可能なクエストがあるので、好きなだけ戦闘を楽しむこともできますよ。後半はその戦闘がなかなかにしんどくなってきますけど。

何はともあれ、ジャンルの走りに近いタイトルでありながらこの完成度は素晴らしいです。じっくりと楽しんでいくことにします。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/06/04 19:04 ] PCゲーム Puzzle Quest | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinityd.blog.fc2.com/tb.php/100-b1e3ca0c