FC2ブログ








Avernum 3 Ruined World その6

divinity002079.jpg
ゴーレムの本拠地

各地で湧いているモンスターのトラブルを解決しながら、北へ北へと進む一行。だんだんと終わりが見えてきた気がします。そうして到着した都市Tevrenoでは、ゴーレムの大集団に包囲攻撃を食らっていて、これまでに攻略したエリア以上のピンチを迎えている様子。もちろん助けていきますとも。

ここまでの危機を迎えると、帝国の戦士たちとも手を組んで戦うような場面も増えてきました。会う人には半分かそれ以上くらいの確率でAvernum人とバレてるような状態だけれども、各地で上がった評判のおかげでわりと普通に受けれてもらっています。いい感じじゃないか。

そしてゴーレム対策に乗り出しています。本拠地を探るために人やドラゴンから情報収集を続けた結果、北の森の中に謎の建造物があり、そこが本拠地だろうと言う事が判明しました。中央の青い柱の建物がゴーレムの製造本拠地で、周囲にある4つのストーンサークルがそれにパワーを供給しているので、まずは周囲から攻めて止めればいいそうです。サークルはパワー供給源だけに、破壊すると豪快に燃え広がったりします。上手く逃げながら壊していきましょう。


divinity002080.jpg
ここで1週間詰まる

ストーリー的にも山場なのか、ゴーレムファクトリーは内部も相当な規模地下地上ありの広大な空間で、さらにパワーの供給を切るまではゴーレムの製造が続くため、何度も湧いてくる敵を倒しながらの探索となります。あとパワー供給用のレーザーがそこら中を飛び交っており、ダメージ床的なそれを避けながらの探索もあるので、そちらも厄介。コンバットモードへの切り替えを上手く使う必要がありますね。

まず入ってからやらないといけない事は、サークルへの道探し。周辺にある4つのサークルのうち一つだけは、崖に阻まれていて外からは破壊ができていないのです。これをやらないことには本拠地の破壊もできないので、まっさきに取り掛かりましょう。と、そこまでは分かっていて地下からサークルへ通じる道を発見し、攻略していたのですが、どうしても道を塞いでいるレーザーの突破ができませんでした。

スイッチやレーザーの軌道を変えるミラーがいたるところにあるのを、道を作りながら隅々まで探索してもだめ。どこかの壁に隠しスイッチが無いかを知らべて歩き回ってもだめ、スイッチを操作する順番があかんのかと、メモを取りながら全ての順番を試してもだめ。万策尽き、バグでクリアできないクソゲーだと半泣きでレビューを書こうという段階になったところで、別フロアにバリアを切るスイッチがあるのを発見しました。困ったら一度現場を離れて頭を冷やす必要があるという教訓です。


divinity002081.jpg
制御クリスタルと対決!

痛いレーザー網をかいくぐりながらたどり着いたファクトリーの最上階。そこにはこの施設全てをコントロールしている、Crystal Soulが鎮座しておりました。Vahnataiですな。しばらく前からクエスト内でいくつか証拠や、それらしい建造物に行きあたっていたのでそうかなーとは思っていたわけですが、今回の騒動の裏にいるのはVahnataiの勢力とみて間違いなさそうです。この施設の造作なんて、まんまソレですしね。やはり終盤か。

さて戦いになったものの、このCrystalはバリアで守られいて一切の攻撃が通じません。攻撃が通じないまま、相手が無尽蔵に生み出してくるゴーレムや、精神魔法にいいようにやられてしまいます。何か凄い高出力のエネルギーさえあれば破れそうなのですが・・・とここでこれまで苦しめられたレーザーに意識が行き当たりました。このレーザーを浴びせてやればなんとかなりそうです。ちょっと離れたところにある、移動可能なミラーを持ってこれれば勝利は目の前。Tevrenoを救い、事件の解決へ向けてさらに旅を続けていきます。
スポンサーサイト



[ 2018/08/23 20:23 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(2)

フランス参戦

divinity002076.jpg
見慣れない機体

お盆になりましたが、皆さん元気でお過ごしでしょうか。こちらは相変わらずといえば相変わらずでお盆も変わらず仕事仕事。ただ仕事量は前回から引き続きコントロールができており、久しぶりにWarthunderを引っ張り出す余裕が生まれました。全然やれていない現状だと、やたら容量食うし、アップデートは頻繁だしで、一時期は削除しようかなとも考えていたのですが。残しといてよかった。

そうして久方ぶりに立ち上げたWarthunder、知らない間に一国増えていました。自由の国フランスです。イタリアの次はフランスが来るとはね、などとモニターの前で独り言ちてみるものの、実際は全然馴染みがなく知らない機体だったりします。まあなんかよくわからないけど飛んでみるかくらいの気持ちでスタート。

しかしこれでもう7か国か。実はイタリアもまだランク1を開発しきってもない状態だというのに、国ばかりもう遊びきれないほどに増えております。そういえばRPGも大量に積んでるし。現代という時代はコンテンツが飽和してるぜ。年単位の計画で遊んでいくくらいでちょうどよさそうですね。



divinity002077.jpg
機体はかっこいいね

とりあえずランク1の機体でふらふらと飛んではいいようにやられ中。スタートしたばかりの国なのでパイロットも育っておらず、片道特攻で地上物をいくらか撃破できればOKというストロングスタイルで楽しんでいます。あんまり立ち回りや勝率ばかりを考えているとストレスがたまるので、これくらいの方が平和かもしれません。勝ちに徹するのはアメリカで高ランクを使う時くらいにしておこうか。そういえば既存の国もいくつか新機体が追加されていたり、エースが外れているので、そちらもまた手を付けたいところです。

国の特性としては全体的に機銃の射撃速度が高レートだったり、20mmを積んでいる機体が多く、そこが強さになっているようで、たしかにきちんと標的を捕らえさえすれば、あっというまに破壊ができて爽快です。その分すぐにオーバーヒートするけど。ここは引き付けてチョン撃ちをする基本を徹底ですね。

久しぶりにプレイして楽しんでいるのですが、ちょっと気になった事として、もらえる報酬が相当に減っているように感じます。前にイタリアで少し復活した時も思ったのだけど、やはり無料は厳しいのかなあ。ただ国も増えたし、機体の自動修理をオフにして、7国でローテーションを回していけば、時間はともかくお金に困ることはないでしょう。これからスタートする人は、とにかく機体の自動修理を切っておくようにしましょう。じゃないとランク2程度でも文無しになるよ。


[ 2018/08/14 20:22 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その5

divinity002073.jpg
亜人との争いと交渉

最近少し早く帰れるようになって、Avernum3の進みも気持ち順調になってきました。ようやく改善が形に出てきたといいましょうか。いい流れです。せめてひとRPGは2か月以内でクリアできる体制を整えたいですね。なんせ過去の記事を見ると、これ3月にスタートしてますし、こんな状態が続いてたらどうにもなりませんわ。人間らしく生きるために社会の歯車としての性能を高める。なんていうとちょっとかっこいいな思いながらプレイを続けていきます。

前回に続きKarnold方面ではトログロさん達を攻略中。こちらはかろうじて話が通じるので、交渉次第では一時的に戦闘を止めることができそうです。ただ基本的には分かり合えない相手なので、やはり討伐してしまった方がいいのかなという気持ちもあり。彼らは北にいるジャイアント達を不倶戴天の敵としており、互いの領域を寸断しているバリアを取っ払ってしまえば、それで互いにつぶし合って漁夫の利も取るという策もありっぽいです。こういういろいろな解決策がありそうな流れは楽しくなりますね。



divinity002074.jpg
こちらはGolem地獄

亜人の争いを一旦収めて、さらに旅を続けます。これまでのパターン通り、この先も平和になっているはずもなく、北の方ではゴーレムとアンデッドが暴れまわっているようです。とある港町にお邪魔したら、突然ゴーレムの襲撃を受けてしまいました。

とにもかくにもやるしかない状況なのでそのまま戦闘に突入するも、こいつらがまた強い強い。使ってくる魔法攻撃が、範囲ダメージ+ダメージ床化になる物で、2ターン目にはもう画像のような状況に。今回は全体的に受けるダメージが大きいのと、シリーズを通じて氷属性はレジストが稼ぎにくいのが合わさって、立ってるだけで死にかけてます。

4人だけだとボス戦以上に苦戦しそうな相手でしたが、町中だったので付近の帝国兵達も加わっての乱戦になり、ひとまずの撃退に成功しました。こんな襲撃を毎回受けてたら、それは街もズタボロになるわな。原因を取り除く為に頑張っていきます。


divinity002075.jpg
装備を強化

北へ北へ旅してGaleの街に到着。今回はマップが大きいのもあってか、小さくて特にイベントがない村がいくつもあったりしますが、ここはきちんとした街ですね。モンスターの襲撃を恐れて街ごと籠城していたり、怪しいハーブが流行っていたりで中は全然きちんとしてない様子だけど。

とりあえず売っているものはかなりいい物が揃っているので、頼まれたアンデッド退治に行く前に装備を強化しておきます。特にこのRuned Plateはこれまで見た装備の中でも破格の性能です。高いArmor値に加えてMind resistが付き、何より大きいのが命中率ペナルティが全くなしという点。今回とにかく重装備化による命中率ペナルティが大きくて、序盤では少し装備を固めると全然攻撃が当たらなくなっていたので、こういうのは助かります。財布は一気に軽くなるけど、今回は金銭的には割と緩めだし、ここは限界まで買い物をしておくことにします。
[ 2018/08/03 05:52 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(0)