スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Age of Fear その3

divinity001993.jpg
アンデッドとの対決

Edwardの戦いは続いています。ゴブリンどもを倒している中でちょこちょことアンデッドにも襲われるようになったなと思っていたら、教会の調査によって、アンデッドの強大かつ邪悪な存在がおり、それがゴブリンも含め全ての事件の背後にいるという事が判明しました。討伐軍に加わってアンデッドとの激戦です。

仲間のユニットは面が進むごとに少しずつ増えていて、ちょっと前にはメイジが加わってくれました。メイジは当然の事ながら攻撃魔法の使い手で、ファイアボールは画像のように敵ユニット数体を巻き込んで強力な攻撃手段です。魔法はMPの消費があって、何もしないでターンを送らないと回復しないという制限はあるものの、射程内なら自由に着弾位置を選べる遠隔範囲攻撃はこれだけで敵を殲滅できる勢い。アンデッドの骨系は飛び道具に耐性があり、命中率が10%固定になってしまうので、ここはもうメイジに頼りっぱなしです。



divinity001992.jpg
成長はランクアップから

経験値を稼いだ時の成長要素はずらりとリストになっていて、ステータスアップから使用スキル、クラスチェンジと色々な種類があるのですが、その中ではユニット自体のランクが一番重要ですね。一つ前の画像でユニット枠の右上にマークがついているのが、そのユニットのランクになります。レギュラー→ベテラン→エリートと3段階に分かれており、ランクが上がっていくと攻防の数値の他に最大ライフが上昇し、1,2発でやられるユニットが倍以上の攻撃に耐えられるようになります。とにかくライフが低いのに悩まされるルールなので、ほんの僅か上がるだけでも一気に楽になりますね。

さらに各種スキルにはランクで威力が上がる物も多々あり、主人公の場合だと率いる部隊数の上限がアップするという効果もあります。最初に取得経験値が増えるIntelligenceを取ったら、後は半端に残った経験値も他のスキルに回さずに貯めながら、ひたすらランクアップを目指すというのが鉄板になるのかな。



divinity001994.jpg
アンデッドキングとの決戦

討伐軍の戦いは進んでアンデッドの大元がいるという砦に到着。最後の戦いが始まります。って敵多すぎるわ。ゴブリンなどの生物系のユニットだと、ダメージを受けたり近くの仲間が倒された場合にモラルの値が減少し、それがゼロになるとしばらく逃走してくれて時間が稼げるのですが、アンデッドにはそれが無いために大挙して押し寄せてくる連中をいかに捌くかが問題になります。

陣形を組んで耐えながら遠距離攻撃、特にファイアボールで焼き尽くすのがやはり有効か。それに合わせてパラディンで突撃しながら、一度に全部を相手にしないように敵をずらしていきます。移動ルール上、位置取りを上手くすれば背後には回り込まれないので、いい位置に突撃して1ターン耐え、逃げ戻ると同時に別の騎士が突撃。これでじわじわとリードを広げていきます。

敵ボスのアンデッドキングやキャスターが、倒したアンデッドを復活させたり、新しいのを呼び寄せたりしてかなりの長期戦になるため、メイジもファイアボールの乱発はせずに交代で休憩を取りながらMPの回復。アンデッドキングが召喚するアンデッドは、これまた召喚ができるリッチだったりして、ネズミ算式に増えられて終わるのかと心配になりますが、敵前衛がある程度片付くまではじっと耐えていきましょう。呼び出されたリッチはMPゼロなので多少は時間の余裕があります。隙ができたら騎馬部隊を中心にして一気に攻勢へ。倒すとEdwardの戦いは終わりとなります。
スポンサーサイト
[ 2017/03/30 01:38 ] PCゲーム Age of Fear | TB(0) | CM(0)

Age of Fear その2

divinity001989.jpg
心強い仲間

ゴブリン達との数度の戦いを勝ち抜き、彼らと行動を共にしていた裏切り者の人間の騎士も倒し、その手柄でもって念願の騎士になったEdward君。それでもまだまだ戦いの旅は続きます。

この作品でのユニットは死んだらそこで消滅、ステージ間でお金で雇えるという生産ルールに近いものながら、戦闘で得た経験値を使ってスキルやクラスチェンジができるという、それなりの成長要素もあって長く生き残らせるのが重要になります。しかし前回書いたように全体的にライフが少ないし、回復できる施設や人がいないしできっついなあと思っていたら、進んだところで回復クラスのプリーストが仲間になってくれました。ステータスは低いけれど、このルールでは値千金の超重要ユニットです。これは最優先で雇わねばならんでしょう。



divinity001990.jpg
なおも戦いは続く

育成が進み、雇えるユニットが増え、だんだんルールにも慣れてきて楽しくなってきました。ゴブリンどもに挟み撃ちに会いましたが頑張って撃退しています。

画像の移動範囲を見れば分かるように、この世界の人々は回り込むという行動を取れません。円形の移動範囲でも移動は一直線であり、今日から僕はまっすぐになのです。だめな奴らだなと見せかけて、これが戦術を考えさせる要素になっており、味方前衛1体だけでこちらの後列への攻撃をブロックしたり、逆に敵を1体倒すだけで相手の後列に手が届くようになるなど、移動範囲とその制御が重要な要素になっています。背後からの攻撃は命中率がアップするというのもありますね。

マップには宝箱もあり、画像だと上方に80%と表示されているものがそれです。攻撃して開けるとアイテムやお金が手に入るのでつい優先的に欲しくなるけれど、敵を全滅させた後も戦闘を終わらせずにマップを自由に歩くという選択肢がでるので、あせらずにその時を待った方がいいでしょう。まれに何もない所にも命中率表示が出て、殴ってみると宝箱が出るという隠しもありますね。



divinity001991.jpg
強化中

拾った装備でEdward君を強化。編成画面ではアイテムの売買なんかもできます。宝箱で手に入れたアイテムもこちらに。拾ったはずなのにこの画面で買わないといけないアイテムも多く、宝箱の中には買う権利だけが入ってたのかよと毒づきながらショッピングをしていきます。

ちなみに武器防具を装備できるのは主人公のみ、他のユニットはポーションだけしか使えません。おかげで主人公のみ強さがえげつないことになりますが、単体でしかないし、お金はユニットを雇う時にも使ってなかなか余裕がないから、どれくらいつぎこむかは迷う所ですね。様子をみながらほどほどに強化していこうと思います。
[ 2017/03/26 00:59 ] PCゲーム Age of Fear | TB(0) | CM(0)

Age of Fear

divinity001988.jpg

ストア画面を見て何となく気になっていた、Age of Fear: The Undead Kingを始めてみました。クラッシックなターン制ストラテジーRPGだそうで、ややこしそうなシステムもなさそうで、ルールで挫折する可能性も低いだろうから試してみるかという気分でプレイです。私は見下ろし視点のRPGが好物で、今の主流になっているようなFPS、TPS視点の物は死ぬほど酔いやすい体質もあって苦手という事もあり、普段からクラッシックな物ばかりプレイしていると言えばその通りなのですが、この作品はそんな中でも群を抜いてクラッシックな一作になっています。



divinity001986.jpg
真上視点

キャンペーンモードのシナリオは二つあり、一つは人間の騎士の物語、もう一つはネクロマンサーやアンデッドの物語になっているようです。こういう時はまず人間でしょと騎士シナリオを選択。主人公は貴族の子息のEdward君、王の目に留まって栄誉ある騎士になるのを夢見て過ごしている彼ですが、それに繋がる戦や出世のチャンスは無く悶々として過ごしています。そんなある日、領地にゴブリンが出現し、それを討伐する使命が回ってきて、という流れで戦いの旅がスタートします。

視点は見ての通り真上から。マス目などは無く、円形に表示される移動範囲の中ならどの位置にでも微調整をして行く事ができます。大味になりそうだけど、どうなるのかな。敵や味方ユニットを通す広さ、通さない広さを使い分けるのがポイントになりそうな気がします。それと攻撃力と防御力の表示はそれぞれ命中率に関わるだけで、攻防は同点なら50%、差が出る毎に10%の修正になっているみたいですね。そうして相手に与えるダメージは、ヒットしたら基本1ポイントだけというルールになっています。その分手持ちライフが全体的に低く、弱いキャラだと1、歩兵や前衛ユニットでも3~5程度になっていますね。TRPGやボードゲーム的な、1点に泣き笑いする戦いになりそうです。



divinity001987.jpg
シナリオは文字のみ

戦闘の合間にシナリオと編成画面が挟まります。シナリオは文字のみ、声無し、絵は背景にあると言えばあるかなという程度の、実に男らしい作りになっています。幸い文章量はそれほど多くなく、画像だときつそうに見えるものの、これが1ステージにつき1~2ページ程度で終わってくれるので何とかなります。今の所は敵全滅以外の勝利条件などもないようなので、まったく読まなくてもいけるかもしれません。とりあえずゴブリンの討伐を続けながら、Edward君の出世を楽しんでいこうと思います。
[ 2017/03/24 00:35 ] PCゲーム Age of Fear | TB(0) | CM(0)

飛行機日記 その21

divinity001985.jpg
今日も着陸修理

WarthunderはP-51D-5相手に苦戦中。無改修のどうにもならなさからも、わずかにあるチャンスを見つけては辛うじてといってもいい状態で稼いで、じわじわと開発を進めています。機銃を開発してようやく楽になるかと思ったら、最近のアップデートでは弾が変わったのか機体が変わったのか、焼夷弾関係の着火率がかなり落ちているようです。改修前よりはマシになったけどやはりなかなか落とせず、落とす時は1秒くらい撃ち込んで羽をへし折ってというパターンが多いですね。以前は着火しすぎて強すぎというのがあったけど、この変更具合はどうも極端なような。その前の前くらいのがちょうどよかったのですけどねえ。

それとエンジン関係のダメージ計算も変わったようで、エンジンが困るほどに死にやすくなっていますね。これはP-51だけでなく、どの機体も同じような感じではありますが、20mm持ち機体ならともかく、それ以下の口径の機体では強引な攻撃はかなりやり難くなったように感じます。爆撃機が相手の場合でも、スピードがのった状態で後方以外からのアタックという基本を徹底ですね。そんな中で僅かに弾を食らってはエンジンが死にかけ、頑張って飛行場に帰って着陸、このサイクルばかりが上達していきます。生きて帰れるだけまだマシではありますが。


divinity001984.jpg
じわじわと成長中

そんな苦行のような戦いの中でも、開発が進む事で確実に機体性能は上がっているのか、出撃回数は30回を超えて、なんとか撃墜回数が被撃墜回数を上回ってくれました。右側の色違いの数字が撃墜、隣が被撃墜なので、K/Dは20/30、1.5となっております。飛ばしているときの感覚だと、これを維持できるような強さをまるで実感できないのだけど、その答えはさらに乗り続けた時に明らかになるのでしょう。上回ってはいても、目標K/Dは1で据え置きをしておこうと思います。
[ 2017/03/19 01:32 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

Ember その9(完)

divinity001981.jpg
Darkbringerと二人旅

前回から続けて、全ての祭壇を訪れ終わった主人公。いよいよEmberの女神がいる世界へと飛ぶ事ができるようになりました。そうそう、長々と続くチェーンクエスト相手にしてすっかり忘れてましたが、世界中で使われていたEmberの力の異常を調べて食い止めるのが主人公の使命なのです。というわけでこれで全ての謎が解けるはず。

ポータルに入れるのはEmberの力を身に着けた主人公だけなので、仲間とは一時的に別れて一人だけでポータルに飛び込み・・・抜けるとなぜかDarkbringerがいました。身構えるこちらに対して彼は、「自分の目的はそちらと一緒だ、この先は二人の力を合わせないといけないぜ」と、妙にフレンドリーに話しかけてきます。なんなのこれ。確かに現れた時から完全に敵対しているというわけではなく、からかうような感じはあったのだけど。騙されているような気がしてたまらないものの、彼と二人で旅をする事になってしまいました。



divinity001980.jpg
囚われのEmber Goddess

二人で歩いていったすぐ先、あっさりとEmberの女神に出会えました。彼女も地上のEmberの力が失われているのは感じていたものの、ここに封印されて力を制限されている状態ではどうする事もできず、ただただ哀しんでいたそうです。という事は封印を解けばいいのね。周囲にあるポータルから飛んで、各所の封印を行っている石を破壊していきます。

なお、封印の先ではそれぞれ何度かの戦闘があります。そこで問題になるのがDarkbringerのあまりの弱さ。前の画像の通りDEXタイプの仲間なのですが、ステータス振りがバラバラすぎるのと、装備が2ランクくらい下の貧弱な物での参戦で、徹底的にお荷物になってくれます。足を引っ張る罠かと疑うレベル。幸い装備変更とステータスの再振替は自由なので、ここに来る前に何か適当な装備を見繕っておくのがよいでしょう。



divinity001983.jpg
騙されて決戦

封印を全て破壊し、自由になったEmber Goddess。主人公達と地上に戻って最初にやったことは、ポータルの周囲にいた各地域の代表者達の抹殺でした。ええ!?

Ember GoddessがもたらしてくれたEmberを有難がって行使し、その力がなくなっていく脅威に対して創造主である彼女が助けてくれると思っていたのは人間達だけのようです。当の女神からすると、Emberは自分の為にだけで作ったもので、封印されて動けなくなったあげくに、人の力を勝手に使いまくられて怒り心頭だったそうで。そうして怒りながら長い年月を過ごしているうちに、地上のEmberに対して影響力を発揮できるようになった彼女は、自らそれらの力を弱めていき、誰かが自分に助けを求めて封印を解き放ちに来るのを待っていた。というのが今回の事件の真相とのこと。

Darkbringerも計画の全貌は見抜いていなかったものの、女神が善の存在ではないとは疑っており、これまでの行動は主人公の人助けスタイルとは別のアプローチで、女神の元に行き、それを倒す方法を探っていたらしいです。なんと紛らわしい奴だ。何はともあれ人間に敵意むき出しの女神によって地上は滅亡の危機、それを止める主人公達の最終決戦が始まります。

ここでは再びパーティーは元の仲間二人を加えた3人に。それにNPCとしてDarkbringerが加わります。彼に着けていた装備はここまでくるともう戻せないので、元の仲間から装備を剥がしていたような場合は、ポータルをくぐる前にまた元通りにしておきましょう。戦いはとにかく攻撃が激しいけれど、基本的な作戦はこれまでと変わらないのでただただ全力あるのみ。スタンは当然のように効かないので、スローをかけ続けてスキルを猛連打です。範囲攻撃が痛いのと、定期的に出されるEmberを破壊するまで本体が無敵という技を使うので、移動系のスキルも持っておくと便利かもしれません。クリスタルやポーションも全て使い切る気持ちで戦えば、スキル連打をしながらでも倒すまでマナを持たせる事ができるでしょう。倒せばそのままエンディングです。



クリア。プレイ前の見た目からは、Divinity Original SinやPillars of Eternity系統の物かと思いましたが、かなりカジュアルな方に舵を切った作品でした。プレイしながら何度もMMOみたいだなと思う所があったように、マップやクエストの構成を中心としてかなりの部分に近年のMMOのシステムを取り入れており、チェーンで流れるように続くクエスト、レベル別に分けられたフィールドによって、進行ではほとんど迷う事がなく、するするとクリアまで行けてしまいました。親切です。

いわゆるMMOみたいなシステム自体は、World of Warcraftで革命が起きて以来、その後のフォロワーがみんな参考にするほどに完成度の高い物で、私自身もWoWや他MMOはかなりハマっていた経験があって本当によくできていると思うのですが、やはりソロRPGとしてこれらを丸ごと導入すると少々寂しく、この作品はMMOの序盤地域をソロでプレイするような感覚になってしまいました。

スキルは装備に付くもので、アクティブに使えるのは一人3種類だけというのも、シンプルで分かり易くはあるけれど、同時に考える事や取れる戦術も少なくなるので、こちらでもあっさり風味になってしまいますね。スローがあればなんとかなります。

これぞというウリや尖った部分がなくて地味な評価になってしまいますが、上記のようにシステム面は文句無しであり、ストレス無くプレイできて英語が苦手でも平気な、軽めに遊べるRPG。そう考えれば十分アリのように思えます。気分転換や洋RPGの最初の一歩にいいんじゃないでしょうか。
[ 2017/03/16 00:03 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その8

divinity001977.jpg
祭壇探しの旅

各地に散らばった祭壇を探しています。祭壇を見つけたら属性に合ったペンダントを捧げていきましょう。ペンダントは祭壇のある地域のクエストを進めていれば自然と手に入るから、とにかく突き進んで祭壇まで行けばOKですね。最後にアイテム欄から祭壇に直接ドラッグをする必要があるのだけ少々分かり難いものの、これまでのサイドクエストでもいくつか同じ物があったからなんとかなるでしょう。

画像はこれ以上ないほどのアピールで迫る赤Emberの祭壇。赤いねえ。像の前にあるのが祭壇ですね。これで1か所完了っと。



divinity001978.jpg
巨人の地へ

さらに別の祭壇のある場所へと移動。Cliffs of Giantsの名の通り、ここにいるのは巨人達。氷の地+巨人とくればこれはもうゲーム終盤の合図ですな。ただここの巨人達は終盤にふさわしい強敵というわけではなく、かつての戦争で人間達の連合に敗れ、陸地からは行き来できない地追いやられて細々と暮らしているという境遇にあるようです。受けるクエストも、人間の船がこの地までやってきて食料の魚を獲っていってしまうので、それを何とかしてくれなどと、どことなく悲壮感が漂うもの。これは助けておこう。

そういえばここではミスリルの鉱石が手に入りますが、それをインゴットにするレシピが見当たりません。どこかで取り逃がしたかな。もっともクラフトで作る物と、敵から手に入る低クオリティの装備にそんなに大した性能さがないのと、最大の利点であるスキルを自由につけられる事が、ルーンの付け替えで代用できてしまうため、装備のクラフト自体何もやらなくていいかもしれません。調理系も味無しで焼くだけのが一番重宝するし、クラフトは不遇です。ポーションだけは値段が高いからクラフトした方がいいですけどね。



divinity001979.jpg
敵が強い

前のネクロマンサー戦のあたりから雑魚も非常に強くなっていますね。特に耐久力が高くて速攻がしにくく、戦っている内に貴重なスキルポイントを減らしてしまうのが厳しくなっています。敵1体を固めるスタン系スキルは役に立つけれど、消費ポイントが多くて長期戦がつらいのと、ボス系には無効化されてしまうのでそろそろお役御免か。

ここでメインスキルになったのは範囲でスロー効果をかけるもの。効果時間は4秒と短く、相手もスローながらも動いてしまいますが、消費ポイントが少なくて常にかけ続ける作戦が可能で、結果大幅に被ダメージを減らす事ができてしまいます。これとスキル封じを組み合わせるのが鉄板ですね。どのタイプのクラスでもこれらのスキルは持っているので、常に誰かが使える状態にしておくのがいいでしょう。攻撃面では最初期からあったスキルであるダブルアタックが一番使えますね。危険な相手がいる場合は、ポーションがぶ飲み覚悟で連打すれば、すぐにそいつだけを排除できます。
[ 2017/03/11 11:56 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その7

divinity001974.jpg
王子と対決

White Emberを探してPinnacleをうろうろ。ここは普通に買い物ができる街なので分かるように友好的な国なのですが、それでもここからEmberを取ってこなければいけません。今はネクロマンサーの手先として働いているようなもので、こんなことしてたら極悪人の烙印を押されそうだなと心配しながら情報を集めていると、ここの王子であるSyrionが乱心したのかEmberを使って怪しい実験を繰り返しており、人体実験まで含めて暴虐の限りを尽くしているという話が、そこら中から飛び込んできました。おお、それは好都合だ。と言ったら怒られそうだけど、彼を止める為の戦いと言えば悪評は避けられそうです。

そうしてクエストやダンジョンを潜り抜けて、Syrionとの対決。彼は周りにある祭壇から護衛による魔法防御を受けており、まずはそちらを片付けるまでは手出しができません。この作品では戦闘中の移動指示のやりかたが少々手間で、普通のRTSのような操作ができずにドラッグしていかないとダメなのと、経路に移動中の味方がいたりするとすぐにその場に立ち止まるなどするので、戦闘とは別の部分でイライラしてくるかもしれません。時間制限などは無いのでじっくりと追い詰めていきましょう。



divinity001975.jpg
続いてネクロマンサーと対決

ネクロマンサーの所にWhite Emberを持っていくと、案の定襲い掛かってきました。しかも渡したEmberの力で作った、強力なクリーチャーとセットです。言わんこっちゃない。どうせこうなるから取引なんてせずに襲い掛かっておけばよかったんだよ。

愚痴りながら戦闘に入ってみると、いきなりパーティー全滅しそうに。これまでのボス戦とは桁の違う難易度です。クリーチャーとネクロマンサーの二体はどちらも、今までのボスではこれで固めとけばOKだったというスタンを無効化してしまいます。そうして行動を止めにくい状態で範囲攻撃や、1体を瀕死にする攻撃を放ってくるので、タイミングが悪く重なるとライフ満タンから一瞬で殺されたりする危険があります。2体いる弓スケルトンも、普通の雑魚ながらけっこう痛い範囲攻撃スキルを持っており、とにかくライフの減少速度が半端じゃありません。

スタンが効かないのでそれ以外の手段で戦っていく必要がありますね。相手のスキルを封じるカウンタースペル系のスキルは必須かと思われます。持ってない場合は、下手に何度も挑戦するより、一旦戻ってルーン屋でスキルを仕入れたほうが断然楽に戦えるでしょう。ネクロマンサーはどうも数回か最後に倒すまでは生き返ってくるようなので、最後に回しましょう。



divinity001976.jpg
旅は最終局面一歩前?

心臓を取り戻した主人公、次はEmberと完全に調和しその力を引き出すのに、各地にある祭壇を訪れる事になりました。行くべき場所は3か所、マップを見るとこれまで訪れた事がなかったエリアにマーカーが表示され、全てのマップが埋まりました。ここからまた外の世界編に突入するかもしれないけど、おそらくこれをすべて終えれば最終局面になるのでしょう。ネクロマンサー戦でいきなり難易度が跳ね上がった事だし、気を引き締めて掛かろうと思います。
[ 2017/03/07 00:45 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その6

divinity001971.jpg
心臓の持主

まだ心臓探してます。これで最後まで引っ張るのかなと心配しはじめた頃に、とうとう今の持主の情報を入手できました。巡り巡ってネクロマンサーの手に渡ってしまっていたようです。よりによってそんな怪しい奴の元へ。また一波乱ある予感しかしません。彼の住むエリアは、いつだったか強すぎるゾンビが大量で進めずに諦めていた洞窟を越えた先ですね。今回は適正レベルだからか順調に進むことができました。

いかにも悪の魔術師がいますよという趣のガスの沸き立つ沼地、ゾンビやゴーストを倒しながら最深部にあるネクロマンサーの元にたどり着き、心臓の件を尋ねてみます。こんなシチェーションだしボス戦だろうなと準備万端で挑んでみると、意外にもまた、渡してもいいけどその前に○○してよという流れになってしまいました。今度のターゲットはWhite Ember、さっきまでいた大きな街とはまた別の国、Pinnacleにあるそうです。面倒だしもうボス戦気分になってるからとにかく返せやと、力づくで奪い取ろうとしてみたのですが、ネクロマンサーはこちらの気配を察して消えてしまいました。行くしかないのか。



divinity001972.jpg
装備も充実

このあたりまで進むと、装備もスキル付きの物が溢れんばかりになっていて、有用な物を選んでいく余裕ができてきます。武器防具に付くアクティブスキルは、スタートすぐからお世話になっていて効果もなじみ深くなっているのですが、このあたりからリングやアミュレットに付くパッシブスキルの存在が増してきますね。特定の条件でライフやエネルギーを回復する効果の物があり、特にスキルで消費するエネルギーが回復する物は、それさえあれば無限に戦闘できて宿屋いらずになるくらいの大活躍をしてくれます。

画像の物は回避が発動した時で、他にも戦闘突入時や、敵を倒した時に発動などと種類があります。複数の敵との戦闘が多い事を考えると、敵を倒した時に発動のが一番効果的でしょうか。別々の種類でいくつかつければ、スキル使用は困らなくなるかな?



divinity001973.jpg
Pinnacleに到着

ファストトラベルで近くまでぴょんと飛び、そこから歩いて割とすぐに到着。大きい街なのでここでも買い物が充実します。装備品などの店に加えて、ここにもルーン屋がおりました。先ほど話したリングやアミュレットへのパッシブスキルもルーンで自由に選べてしまうので、お金と相談しながらここで一気に付けてしまうのもいい手です。1つの店ではスキル1種につき3個までしかルーンを売っていないけれど、これで2店合わせて6個まで買えるから、けっこう実験してしまえますね。装備のステータス修正値はもっと上の物がありそうですが、スキルほぼ使い放題は魅力なのでいくつか買ってしまいました。
[ 2017/03/03 23:56 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。