Avadon 3 その17

divinity001907.jpg
クエストで走り回る

Beraza WoodとTawonの神殿、行ける場所が2か所に増えてこれまでにないほどに走り回っています。特にこちらのBeraza Woodの方では、1やそれ以前からの因縁によってPact内2国の民族が深刻な対立をしており、表向きは収まっているという事になっているものの、現地に行ってみると今だに戦闘部隊が自国民を守るためという理由で自発的に陣取っていたりで、その和平の為により一層駆けずり回る事になります。

このサイドクエストでは探索も含めると両者の間を3往復くらいはしたでしょうか。どちらの陣営も相手がいるから引かない、向こうが先に引いたらいいよとか言うから撃破したくなるけど、粘り強く対話をしてみました。どうも今作でマップ自体がかなり広くなっているか、それともここのマップのデザインが曲がりくねっているからか、ずいぶんと歩くのが大変になっているように思います。クリックしてほっとけばいいとは言え、少々歩き疲れましたよ。



divinity001908.jpg
Pactの反逆者Gryfyn

マラソンかというくらいに走り回って、両方の部隊を解散させてすっきり。ただそこで思い出した事が。このクエストに入る前に、Gryfynは用心深く隠れていて、Avadonから来た人間がいるとばれたらあっという間に見つからなくなるだろうから、探索中は決してAvadonの人間だと話すんじゃないぞと言われていたのをすっかり忘れていました。説得中に話しまくってしまったがな。

1時間くらい調べまわって進展なく、これはクリア不可になるものでもう片方のTawonで進めないといけないものかと諦めかけていたら、普通に建物内にいたとある人物に再度話しかけたところで、有力な手掛かりを引き出す事ができました。最初話しかけた時はいきなりAvadonの者だと名乗ってしまっていたようで、それでももう一度話し直してそれを言わなければ大丈夫みたいです。シビアなルールじゃなくてよかった。

追い詰めたGryfyn、身分をごまかしながら話していくと、何やらProtus側の勢力であるHanver's Councilには割と友好的で手を組んでもいいよという素振りを見せてきます。なんだかきな臭いな。彼の立場としては自国民を守るのが第一で、その為にTawonと手を組んだりAvadonに敵対をしたというのがあるから、Pactとはまだ繋がりや修復する気があるのかもしれません。でも1ではその行為で何人もの人が無念の死を遂げているからな。取り入って情報を得るよりも、ここで全てを終わらせようと戦いを挑みます。



divinity001909.jpg
最終ミッション

Gryfynを倒してDhelessへと繋がる会合の情報を得た一行。よっしゃ、乗り込んで潰せばいいのね。と思ったら、今回はRedbeardの作戦により、一人だけで魔法の変装をして潜入することになりました。猛烈に悪い予感がするな。

このミッションに入る前に、これが最後のミッションだから準備や他のクエストとかやっといたほうがいいよ?と断りが入ります。これまでの作品でもあったから、ここからは自由な行動はできずにエンディングまでの戦いが続くのでしょう。セーブを別に残していざ出発。

侵入したところ、変装魔法のおかげで見張りの人間は避けられるのだけど、あたりを巡回しているゴーレム系の無生物はごまかせないようで、思い切り攻撃をされてしまいます。誰だこんなポンコツ魔法を作った奴は。ここで戦闘になる相手は最終ミッションだけにかなり強めで、さらに仲間も呼びよせてくるので、見つかると強いの数体と一人で渡り合う事になってかなりきついです。ブレードマスターだから自動回復モードでなんとでもなるけど、他の職業、特に後衛職だとこれは勝てない可能性も出てくるんじゃないでしょうか。無理そうな場合は素直に巡回の隙をついて躱していきましょう。こういう時は戦闘モードで歩くのがいいですね。
スポンサーサイト
[ 2016/11/28 22:48 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その16

divinity001904.jpg
新たな拠点で買い物

一行を拒絶する拠点、Fort Foresightは、一波乱あった後でなんとか入場しこちらの拠点に。平和的に言いくるめて入場しようと思っていたのに、その前にRedbeardが「入れないのなら皆殺しにするぞ、こちらのHandを差し向けるからな」などと脅していたおかげで、向こうも追い詰められての臨戦態勢になっており、Protus派のHandと殺し合いをしてねじ伏せての入場となってしまいました。これはさすがにRedbeard株がダダ下がりです。調子悪いなら大人しくしてろと。

そうして若干冷ややかな視線を浴びながら情報収集と買い物に勤しみます。かなり終盤になってきたのもあって、ここは店売りにもなかなかいい物が並んでますね。Titansteel製の武具は基本性能がとびぬけて高く、半端なマジックアイテムを付けている部位があったら切り替えたほうがいいかも。オーブでエンチャントもできますし。


divinity001905.jpg
乱心のRudow

ここでまたも仲間クエストが入ってそちらへも。今回はRudowの2回目・・・こいつ、Redbeardにぴったり寄り添って護衛をしていたのだけど、その実、Protusに情報を横流ししているスパイなんですよね。前のクエストでは完全に反対するほどではない替わりに、苦言とちょっと距離を取るくらいで済ませていたのだけど、今回もまだ懲りずに活動を続けている様子です。

Rudowを連れて情報交換用の場所に近づいた所で、一行とは別のシャドーウォーカーが素早い動きで近づいてきました。お、見知った顔だぞ。彼の名はZaren、Redbeardに心酔している男で、ここの一つ前の拠点で一緒に過ごしていたのです。まずい人物に見つかったもんだ。ただ彼はRedbeardに心酔はしていても狂信者ではないようで、ここで仲間同士で争って戦力減をするのもつまらんと、穏便にすませようという流れで話が進んできました。

そこで取り乱した声を上げたのがRudow君、「Zarenをこのまま帰したら、この事は絶対にRedbeardに伝わってしまう!そうなったら身の破滅だ!見られたからには奴を生かして返すわけにはいかない!殺すんだ!!」

・・・いやいや、すごいこと言ってるよこいつ。セリフだけ聞くと純度100%の紛れもない悪党です。時代劇に出てきそう。ここまで来ると無理に仲間としての支持を得る必要はないかなと、彼を無視してZarenと和解して帰ることにしました。さっきのRedbeardもだけど、両陣営で株を下げ合う争いとなっています。


divinity001906.jpg
そうしてメインへ

中々激しい寄り道でしたが、ようやくメインクエストに取り掛かります。Dheless本人を追い詰めるのに、彼のいる場所を突き止める手がかりを探すという作戦で、探す候補は二か所。Beraza WoodとTawonその中にある神殿なので、とりあえず森から行く事にしました。ここにはPactの内一国の王でありながら、Avadonに反旗を翻したGryfynという人物が潜伏しているそうで、彼を見つけ出せばそこからDelessの居場所が突き止められるのではというわけです。その反乱は1での山場でしたね。彼には煮え湯を飲まされていたので、やる気満々で狩り立てていこうと思います。

あとここでは中々使い道がなかった緑色の革、Drake Skinを装備に加工してくれる職人もいます。装備ごとに1~3枚の革と300コインが必要ですが、これから激戦になりそうだし、よさそうな装備があったら切り替えておきましょう。
[ 2016/11/24 23:04 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Titan Quest その2

divinity001903.jpg
ひたすら馬を狩る

Titan Questもまったりと。ハクスラでは当たり前の事だけど、クエスト関係で進んでいった先やダンジョンの中などにはボスや中ボス級のモンスターがいて、そいつらは雑魚よりもちょいといいものを落としやすいので、序盤で出会うこのネッソスなるケンタウロスのボスを延々と倒し続けています。なんせ資産まるでなしのゼロからのスタートですし、コツコツと装備を整えていきませんとね。

今使っているスピリットのマスタリーはキャスター系ながら、そちらで勝負できるような魔法や装備をまるで持っておらず、虚弱な体と貧弱な装備で接近戦をしかけ、その度殺されかけるのが日常というていたらく。ただこのクラスは召喚でリッチが呼び出せて、そちらの助けで何とかなっていますね。前にやった時は召喚が使えないマスタリーを選んでしまっていたから、連れがいて援護射撃があるというだけでも心強く思います。後半どうなるかは分からないけど、リッチのスキルレベルは上げていきたいところ。



divinity001902.jpg
いろいろ収穫!

ランを繰り返してだんだん装備が貯まってきました。これがハクスラの醍醐味ですな。いつもと違う文字色の装備が出ると、脳汁が溢れます。あんまり分泌しまくってると危険な気もするけど、金を使っているわけでもないのでまだ健全な方でしょう。装備は緑色がレア相当、青がユニークなのかな。青の方が格上だけど、なんせ弓だし装備できないし、緑の杖を使っていくことになりました。拾ったレリックをくっつけてみたりして強化していきます。杖は魔法弾を発射する飛び道具武器なので、ようやく殴り合いをしなくてもよくなりました。青の杖でないかなあ。



divinity001901.jpg
セカンドマスタリーを選ぶ

Lv8になったところで、もう一つのマスタリーを選べるようになりました。前に言ったようにここがこの作品のキモですね。単体のスキルは町でリセットができるのだけど、このマスタリーは一度選んだらもう選びなおしはできないので、慎重に考える必要があります。ざっと調べてみた感じだと、スピリットにはこの雷と冷気ダメージの魔法を操るストームが鉄板の組み合わせらしく、ゲーム中でも最強ビルドの一角と言われるほどの能力を誇るそうです。

そいじゃあストームにしようかなと、選ぶ寸前まで行った所ではっと手が止まりました。よく考えると私はプレイがかなり適当なので、テクニックがないとすぐに倒される極キャスターはよした方がいいかなと。きちっとしたビルド計画を持っているわけでもないし、中途半端でも多少は硬さと方向転換の余地がある奴にしようかと、最終的にドリームを選択。スピリット/ドリームです。その半端さが後で仇になる可能性も高いものの、まあその時はその時でしょうがない。俺はドリームを信じる。破れた翼を胸に抱きしめて明日へ走るようなプレイをしていこうと思います。
[ 2016/11/20 23:14 ] PCゲーム Titan Quest | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その15

divinity001898.jpg
ひどい兵力差

前回にHigh Chief Golathと激突した一行でしたが、当の彼は撤退してしまい仕留める事はできなかったので、逃がすものかとさらに追跡をしかけていきます。道中はTitanまみれでとにかく体力がある彼らに四苦八苦。ただこの手前のGoldcragでTitanと同盟を結んでいたからか、一部の部隊とは話が通じて無血で通る事もできました。あと正門の方に近づくと、イベント用の倒せないほどに体力があるような連中とやり合う事になって大変にうっとうしいので、そこは避けておきましょう。Avadon1の終盤で追われた時の兵と同じで、倒したら何か実績があるのかもしれないけど、ここはストーリー優先で。

そうして砦の最深部で再びGolathと対峙。彼はこちらを誘い込む形で魔法のトラップに掛けて、動きを封じてきました。さらに本人の他に手下6体、ドラゴン2体という万全の布陣で勝ち誇ってきます。確かにこれは絶体絶命か? イベントでZhethronか誰かの助けがきて動けるようになるのかと思っていたら、主人公達はAvadon戦士として鍛え上げられた精神力でもって、自力で魔法のトラップを打ち破り動けるようになりました。なんて力技な展開だw 

最悪の状態は避けたものの、この後は相手の全兵力とまともにぶち当たることに。さらに後ろのピラーからは広がりっぱなしタイプの毒フィールドまで出てくるので、まだまだピンチは続きます。毒を避けながら戦うのならGolathの玉座の方が安全地帯だから、そちらの方に飛び込んでの混戦に、ただレジストに自信があるのなら、毒の中で敵のライフも減る状態にしながら戦った方が楽かもしれないですね。



divinity001899.jpg
Pact最大の敵

Golathを仕留めて、この地の敵Warbornは壊滅状態に。それだけではなく、これまでの冒険で治めた地も含めると、もうTawon Empireを軸とした反Pact勢力自体が本体だけを残して瓦解寸前という状態です。勝利は近いぞ!という所で、この地にやってきていたDhelessと遭遇。長年戦っていた彼も、ここまで追い込まれた現状にかなりがっくりきて弱っている様子ですね。逃げる直前の彼と少しだけ話をする機会があったのですが、そこでRedbeardに対する疑惑を掻き立てるような事を言ってきました。このような生きては戻れないような作戦に使われている事を分かっているのか?と。うーん、そう思わないでもないけれど、これは離反の計略っぽいし、実際生きてるし。聞く耳は持たないぞ。



divinity001900.jpg
野外でしょんぼり

今回の作戦は全て終わり、次の作戦が始まりました。いよいよTawon Empireを射程に捕らえた位置に本拠地を移動。ところがその場所に行ってみると、Redbeardとその一行は野外に陣を張っております。彼の様子を見ると顔色が悪くて震えており、薬で克服したかと思っていたCorrupitionの影響がぶり返しているのが見て取れます。さらに拠点の場所はProtusの指令に従っていて、彼の入場を拒否したそうで、野外で弱り切っているその姿を見て先ほどの戦勝気分が早くもなくなってきました。まずは拠点に入れるようにしないとだめだな。まだまだ苦労は続きそうです。
[ 2016/11/18 22:50 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その14

divinity001895.jpg
これまたいい収穫

Avadon3は仲間クエストが次々と割り込んできて進行が遅れ気味。前に仲間が抜けないと言ったけど、段階を踏んでいくとそのうちに本拠地から抜けて、各自のクエスト場所へと行ってしまいますね。追いかけた先でパーティーを組みなおして助けていきましょう。今回はシャドーウォーカーのBotanを仲間に入れてのクエストを完了。Pact領内の片隅に居着こうとしている部外者の一団をどう裁くかが問題になります。連中には盗賊をしている疑いもあるけれど、話す分には居着いていくうちにPactに組み込まれて平和に暮らしていけるのでは考えており、盗賊疑いや部外者という点をどう判断するかですね。

ここではBotanのクエストだけに、このクラス用のいい武器を手に入れる事ができました。前回に手に入れたシャーマン用の杖と同じようなスキルのブーストが素敵です。これは本人に持たせるのがいいですね。あと使ってみて気が付いたのだけど、今回のシャドーウォーカーはめちゃくちゃに強いです。相変わらずの接近戦の攻撃力の高さと自動発動するBattle Frenzyがあるだけでも戦闘面では文句無しなのに、今回から新しく追加された残るタイプの地形ダメージがポット攻撃の上位スキル追加されて、遠距離や多数相手でもあっという間に倒してしまえる万能兵器になりました。地形ダメージは他数クラスにも追加されたのがあるけど、Mageのは属性面でダメージ少な目だし、Tinker Mageの方はタレット取るとスキルポイントがまるで足りないし。

そういやシャーマンは同じように残る形での回復フィールドを張れますね。もっともこのクラスはレジストや回避スキルがかなりしょっぱいのですが。ともあれみんな色々と進化しており、これまでとは違った色々なビルドやパーティーが試せそうです。



divinity001896.jpg
城攻め!

Warbornを取り込んだりして崩しながら、連中の聖地とされる場所へと攻めていきます。情報によるとここにはDhelessもいるそうで、仲間達が正面から陽動を仕掛けているうちに、背後から主人公達が潜入して彼を討ち取るというミッションになりました。困難そうですが頑張っていきましょう。戦闘モードにして戦いながら突き進んでいくと、Zhethronも飛んできて戦ってくれています。いつも巣穴で勝手言ってるだけの印象だったけど、やはりドラゴン、戦いだすと物凄い強さで敵のTitan集団を釘付けに。熱い展開だ。みんなの働きは無駄にはしないぞ!



divinity001897.jpg
Warbornのボス

仲間が頑張っている隙に裏口に殺到した一行、そちらにいるTitanを倒しながら奥へ奥へと進んでいきます。敵は結構な数が残っているからあまり潜入策戦が成功しているとは言い難いような、などと若干不安な気持ちになっていると、目の前にTitanの一団が現れました。連中を率いているのは中央に見えるひと際巨大な一体。High Chief Golathと名乗るこのTitanが、Warbornの長のようです。

Golathの顔グラを見ると、これはストアのバナーで描かれている人物ですね。サブタイトルのWarbornと繋がりました。LVも20台になって後半に入ってはいるけど、まだ最終決戦には早い段階だからラスボスではなさそうですが、どうなってくるのかな。彼は当然のように戦意に満ち溢れており、会話は出来てもいわゆる話し合いにはまるでならず、激突は秒読みの段階。取り巻きも6体もいるしちょっとまずいかなと思ったその時、上空からZhethronが舞い降りてきました。こちらは3人とドラゴン1体で、Titan軍団と激突です!
[ 2016/11/14 22:36 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Titan Questをはじめてみる

divinity001892.jpg
アニバーサリーですよ

しばらく前のニュースで周回遅れもいい所ですが、Titan Questが10周年を迎えたそうで、この作品がAnniversary Editionと銘打って通常版と差し替えられての販売になっています。Steam版所持者だと自動でAE版に切り替わるのだけど、私のGamers Gate版はそのまま放置という仕打ちを受けており、なんか悔しくなって買いなおしていたのでした。

Victor Vranも終わったことだし、息抜きポジションに何かいい物がないかなあと思っていた所、これが目に入ってきたので始めてみる事にします。



divinity001893.jpg
最初から日本語

このAE版はただ単に通常版と拡張版が一体になっただけのものではなく、高解像度に対応した他、オプションの種類も充実してアイテムフィルターや倍速モードが追加されるなど、新規の便利機能までついていて10周年記念と謳うだけの事はある作りになっています。日本語もばっちりなのには驚きました。日本のメーカーなら同じ周年記念品だとしても、新しいOSに対応しただけのバージョンを定価で日本語抜きで売るくらいの事は平気でしそう。

などと色々知ったふりをしているけれど、この作品はあんまり詳しくないしやり込んでもないんですよね。以前にプレイした頃は他のMMOに熱中していて、今回と同じようなサブとしてのポジションでやっていたのと、最初になんとなく近接メインのキャラクターを選んだせいで、ただ殴るだけのあまりにも地味な、そして敵の矢にハリネズミにされまくる辛い戦いが続き、割と早い段階で挫折していたのでした。今回はせめてノーマル完走までは頑張ろう。



divinity001894.jpg
スピリットを選択

この作品のビルドは9種類のマスタリーから1つを選び、後からもう1つだけ追加で選ぶというシステムになっていて、この2種類の組み合わせによってプレイがガラリと変わる、奥深く頭を悩ませるシステムになっています。前回の反省を踏まえて、近接系はやめてキャスター系にしよう。9種の内過半数の5つがキャスター系、さらに1つは弓と槍の遠近両用系なので、いきなり近接を選ぶのは中々のハズレ感覚の持ち主と言えます。そういえば家電製品やゲーム機も、私が選ぶ方は廃れる確率が高い気がするな。

魔法の中身もあまりよく分からないので、遠距離攻撃用の杖が強くなるらしいスピリットを選んでみました。アンデッドにも強くなるそうで、前に心を砕かれた原因の一つがそれだった自分としては心強いかぎり。アンデッドは体力吸収が効かないし、一度に出てくる数が多くて弓と魔法がぎっしり密度で乱射されるなど、初心者が近接を選んだ場合に最悪の相手になるのです。自分でもリッチが呼べたりするし、中々面白そうなクラスですね。Avadon3の間を縫ってちょこちょこと進めていこうと思います。
[ 2016/11/09 23:16 ] PCゲーム Titan Quest | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その13

divinity001889.jpg
Ogreのボスと死闘

Goldcragを攻略しています。Pactの陣を出ると、そこは他のWarborn3種族が行きかう戦闘地帯。事前に得られた情報によると、この地域では他勢力の偵察隊が巡回しており、さらに連中は本拠地からの魔法の援護を受けて通常以上の戦力を発揮するそうです。なるべく避けろって事ね。別に戦ったところでペナルティなどは無く、偵察隊と戦っても本拠地の連中は敵対状態にならないので、男らしく真正面から突き進むのもありです。ただGoldcragは元は町だっただけに建物が多く、壁で敵からの視線を遮ったり、建物の中を通り抜けたりして進むという作戦も可能。好きなスタイルで進んでいきましょう。

3種族から1つを選んで手を結ぶと、他の所は倒す流れに。巨体を誇り知能もあるタイタンが一番頼りになりそうだったのでそこと組み、他の2種族へと攻めかかる事にします。そうして出会ったOgreのボス、こいつがとんでもない強さで大苦戦してしまいました。この作品のボス戦は単体との戦いになることはそれほどなく、どこからか援軍が来たり召喚されたりといった雑魚が加わっての多対多の戦いになるのですが、こいつが定期的に呼ぶコウモリがとにかく凶悪。周囲のかなり広範囲に渡ってスキルを1ターン封じる技を使うのが5,6匹出てきて、交代で技を使ってくるのでスキルを封じられっぱなしになります。攻撃はもちろん補助にも回復にもスキルを使うので、ほとんど行動不能状態で固められているようなもので、何度も死にかけてしまいました。レジストできればいいんだけど、どうも精神でも呪い属性でもないようで、必中してしまうのですよね。ここはスキルをあまり頼りにせず、消費アイテムを全員に分配してそちらを使いながら戦っていく必要があります。



divinity001890.jpg
ここが開かねえ

サブクエストも攻略。ここに残されている資料を、他に奪われる前に償却処分してくれと頼まれたミッション。書庫から点々と紙が落ちている後を辿っていくと、フィールドを通って別の建物のここに出ました。しかしここの扉が開かない。周囲のスイッチなどを全て調べたけれどもそれでも開きません。

そういえば今回の隠し扉のスイッチは、前作までのような壁に紛れ込むようについた見逃してしまいそうな小さな物ではなく、宝箱や壺などの、普通にアイテムが入っているような1マス分のオブジェクトになっているので見やすいです。それだから見逃しはないはずだけど、まさかここは壁スイッチもあるのかと、壁も舐めるようにしてカーソルを這わせてみたけれどそれも空振り。

他の建物やフィールドもしらみつぶしにして数時間迷った結果、BlackfortressにいるGoldcragから来た人物が鍵を持っている事が判明しました。どっかでメッセージを見逃していたか。このクエストで詰まったら本拠地に行きましょう。



divinity001891.jpg
そして収穫

その人物からはまた別のサブクエストを受けられて、Goldcragの別の扉の鍵も開けて入れるようになります。無事に書類を焼却した後にそちらも探索すると、奥ではありえないほどに強いゴーレムとの対戦が待っていました。こちらのライフが200に届かない段階で、一撃で40ダメージ超の範囲攻撃を2回行動で繰り出してくるなど、工夫どうこう以前の問題で全く勝負になりません。また育ってから挑むのが前提のオマケボス的な相手と思えたので、放っておこうかと思ったのですが、ゴーレムの背後に宝箱がある事に気が付きました。

倒したらドロップするアイテムは勝てないとどうしようもないけど、こちらなら奪って逃げればなんとかなります。仲間を決死の覚悟で突撃させて足止めをしている間に、テレポートが使えるキャラクターを駆使して宝箱を奪取、それから一目散に逃走。手に入れたのはマジックアイテムの原料になるレア素材で、さっそくキャンプに帰って作成をしてもらうと、ご覧のようなロッドが出来上がりました。

+3 Nature Masteryが付いているのでドルイド用ながら、精神と呪い属性に耐性+25%はこの作品では素晴らしすぎるほどの効果です。これらの属性にはスタンやマインドコントロールなどの致命的な攻撃が多いのに非常に稼ぎにくいレジストで、前作まではIntに1振れば5%稼げたのが、今作では1%になってさらにきつさが増している為、両方一挙に25%は神レベルと言っていい効果になります。

こんないいものをRudowに使わすわけにはいかんな。前にやったクエストで、彼はProtusにこちらの情報を流していたのが判明したで冷遇する事にして、Nathalieに使ってもらいましょう。ゴーレム本体も倒せば何かいいものが出るのでしょうが、そちらは後回しかな。強力な装備を得て、さらに物語を進めていきます。
[ 2016/11/06 22:50 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その12

divinity001885.jpg
Zhethronとも再会

Kvaの地では手始めに野良キャンプではない拠点を得るために、Pactの拠点を明け渡してもらう所からスタート。彼らは規律正しく、正規のKeeperであるProtusの命に従っていて、こちらが入るには一戦も覚悟しないといけない雰囲気。しかし彼らの強気はRedbeardが弱っているという情報に基づいたもので、もう回復したから下手すると彼と戦う事になるけどどうする?と交渉をしてみたところ、諦めて明け渡してくれました。あんな化け物を治すなんて何て事するんだと言われてしまいましたが。恐れられるのと頼れるのは表裏一体で、人によって評価が違うという点で派閥も分かれているようです。

ここは前作でいたPactと同盟を組んでいるDragon、Zhethronがいる場所でもあります。相変わらずどっしりと構えていて、Pactの同盟者としての偵察任務をしているくらいで、それ以上の戦いやAvadon内の争いには関せずといった様子。心強い味方というほどではないけれど、お宝好きな種族だけに色々ため込んでいるので、こっそりと頂いておく事にします。Pactの為に役立てるからな。



divinity001886.jpg
次なる任務

地下を探索して根こそぎした後はメインミッションへ。続いてはこれまた前作で出てきた町、Goldcragへと向かいます。そちらではWarborn対Pactの戦いが起こっていたのが、こちらの冒険の成果でDhelessの指揮力が弱まり、Warbonは種族間でもにらみ合う始末で、Pactと合わせて4勢力で混沌とした状況になっているようです。Redbeardは敵をさらに弱める目的で、1種族ならPactに引き入れてもいいという許可を与えてくれました。そんな簡単に引き込めるかどうかは知らないが、頼りになりそうなのを選ぶとしますか。



divinity001887.jpg
Goldcragへ到着

このあたりで各仲間キャラクターごとのクエストもちらほらと入ってきます。拠点にいるときに向こうから話しかけてくるので、会話を進めておきましょう。発動までに何段階かある人もいるようです。1では時期がくると仲間が書置きを残して抜けていくという分かり易いものだったけど、今回は適当に会話をあしらっていると逃してしまうかもしれません。話しかけられたらちょっと注意が必要です。

まずはメインのこちらに集中だ。Pactのキャンプでは柵を張り巡らせた中に兵士やタレットが並んでおり、いかにも戦闘中という雰囲気。情報を集めた後は激戦になりそうです。またここにはスキルのリセットをしてくれる人がいます。画像の左隅にみえる紫色のローブをまとった人物がそれで、スキル振りを間違えたなという人はここでリセットをしておきましょう。スキルは未修得のを取るときの2ポイントと、上位スキルのレベルを上げるのにその途中のも同じだけレベルを上げないとダメというのが、消費量が増える主な原因なので、下位でレベルを上げた時に強いスキルを主力にすると余裕を持ちやすいですね。あまり使わないスキルの上位はいっそ全くとらずに捨てるのもありだと思います。
[ 2016/11/02 23:59 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)