スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

White March その11

divinity001760.jpg
モンク地獄の大修道院

激しい戦いの末、アイレスを下した一行は情報で得た大修道院へと探索の足を向けます。ヴィジョンではどこかの空間に百体を軽く超える量のアイレスがいるのを見ており、そんなのが襲撃してきたらホワイトマーチはおろか世界まで壊滅するのは必至。このエリアに元凶がいる可能性が高いので何としてでも止めねばなりません。そんな状態なのでこっそり潜入しようと身分を偽ってみるも、あっという間にバレで全面戦闘モードに入ってしまいました。侵入者は殺せとまで言ってくるから大した修道院ですわ。怪しさが確信に変わってきたぞ。

ここの相手は修道院だけにモンクが多めになるのですが、これが異常な強さを誇っています。モンクは自分がダメージを食らう事で増えるウーンズを使ってスキルを繰り出すというクラスで、味方の場合はダメージを食らいながらも倒されないように注意しながら使わないといけないのが、敵の場合だと片道切符で限界まで大技を連発しながら突っ込んでくる奴を相手にしなければなりません。しかも雑魚として何体もでてきます。

少年漫画なんかで主人公サイドが死の寸前で新たな力に目覚めたり、自分にもリスクのある禁じられた技で勝つというパターンはよく見るけど、それを敵の雑魚モブキャラのひとりひとりがやりはじめるとどうなるか、その結果をこの修道院では目の当たりにすることができます。ほんと地獄です。

相手は1人だけだし通常攻撃のタコ殴りでいいだろと思って放っておくと、倒すまでに簡単に2人くらい返り討ちにされたりするので、補助スペルはこまめにかけていきましょう。精神系のでステータスを削ってやれば倒しやすいですね。



divinity001761.jpg
壁画を合わせて

ここは外壁と内部が2層ほどでかなり広めのエリアになっており、敵の強さもあって探索が大変です。キャンプ用品も適度に拾えるので休みながらじっくりと進んでいきましょう。怪しい通れない通路には壁画があって、順番を合わせるパズルになっていますね。これは外壁の部分に描いてあったな。

さらにヴィジョンで見た修道院長カオートも倒してアイテムを奪い、この先に進むことができます。結局は全部いかないとダメってことですね。この絵は完全な破壊をした後の興隆という感じでしょうか。これをやろうとしているのがあの滅びのビジョンだったようです。



divinity001762.jpg
巨人、いや神か

この修道院の外壁には巨大な骨が横たわっており、探索を進めて埋まったマップ画面や、途中にみる手の骨から人型である事が分かります。壁画の通路を抜けて最上層へと行くと、そこで探索中にずっと見ていた骨の頭蓋骨部分に到達することができました。

巨大な骨を調べてみると、突然にヴィジョンを通じての神との対話が始まりました。相手はオンドラ、話を聞いてみるとこの骨が同じく神であるアビドンであったことが分かります。この辺は本編の真相にも絡んでくる話になりますが、世界と神が混乱の極みになり存続できるかの瀬戸際になった際に、全てを無にし忘却させる選択を取ったのがオンドラ、維持を選択しようとして命を落とす事になったのがアビドンというわけです。

アイレスはアビドンが作り出したクリーチャーながら、彼の死と共にオンドラの物となり、今は自動行動に近い形でホワイトフォージの力を知った者を滅ぼし、それを知るものがいない忘れ去られた状態にしようとしているそうです。全部お前のせいやんけとオンドラに言いたい所だけど、彼女もそれを直接止める事はできず知識だけしかくれなかったので、それを頼りにアイレスを止めに行く事になりました。
スポンサーサイト
[ 2016/06/28 23:27 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その10

divinity001757.jpg
謎のビジョン

ドルガンズバッテリーの塔の戦いは、エレベータを修理し、そこに巣くっているモンスターを退治することで終了となります。これで防衛準備もできて一安心とホワイトフォージから大砲へ力を供給したところで、突然謎のビジョンが浮かんできました。

何か他の建造物と見間違うような巨大なハンマーを、同じように異常なサイズの巨人が振るって何かを打ち付けています。打ち付けた先をみると、金属でできたゴーレムの姿。叩いて作るからか頭は剣のように尖っている異様な見た目で、それが目覚めて声を上げたところでビジョンが途切れました。



divinity001758.jpg
レッドセラスとの戦い

あちこち歩き回ってクエストも終わらせ、いよいよメインであるレッドセラスの野営地へと乗り込みます。正面から乗り込むと即戦闘になってしまうので、背後も探って裏口から潜入してみました。でもそちらでも即戦闘になったりして、結局いつものように敵をなぎ倒しながら進む一行。ローグ主人公でもステルス行動は苦手です。

野営地の一番奥にあるテントで、リーダーのアダリックとご対面。こちらはきちんと会話ができるので探りを入れてみると、彼もどうやら覚醒者であってビジョンを見る事ができるようです。彼はこちらと同じように、謎の軍勢に自分達が飲み込まれ滅びるヴィジョンを見て、それらから自分達を守る為にホワイトフォージの要塞と大砲を手に入れようとしたいたそうです。ヴィジョンでみた軍勢は君らじゃなかったということか。

そういう事なら敵対する意味もないし、協力して一緒に事にあたろうぜと勧誘してみたのですが、アダリックは種族が違うこちらを信用せずに戦闘へとなってしまいました。潜入した時に外の仲間も倒してしまったしなあ。うまくやったら協力できるのかもしれませんね。

アダリック達を倒した後、捕らえられていたステイルワートの交渉団を救出。彼らの話によると、メンバーの一人が勝手に取った言動がアダリックを怒らせて捕らえられる事になってしまったそうです。さらにその人物を調べようとした途端、自ら命を絶つという行動にでました。これは怪しい。

普通なら迷宮入りになって終わるところですが、こちらには魂を読む能力があります。死体のそばにまだある魂を読んでみると、彼女は北にある大修道院から密命を受けて潜入してきた事が分かりました。カオートという修道院長との会話から、連中が謎の軍勢についてかなりの事を知っている様子が伺えます。レッドセラスじゃなくてこちらか。

早速、大修道院に向かってみようと思ったところで、テントの外から轟音が聞こえ、地面も激しく振動を始めました。大砲でも撃ち始めたかな?



divinity001759.jpg
迫る異形

テントから外に出ると、そこにいたのはドラゴン級のサイズを持つ巨大なゴーレム。出た途端にこれなのでビクっとしました。これはバッテリーの塔で見たビジョンに出てきたゴーレムと同じ物ですね。アイレスと呼ばれているそうです。このタイミングで襲撃してくるのはやはり修道院が噛んでいるのでしょう。

アイレスは外見の威圧感もさながら、能力も非常に高く、先ほど倒したアダリック一行以上に苦戦する相手になっています。攻撃力がとんでもないのと自分の周囲への大ダメージ耐性無視攻撃を持っているので、あまり囲み過ぎない方がいいですね。ゴーレムだけに属性や状態異常への耐性も高くて、人間相手のように麻痺や混乱で固めれば楽勝というのもなくてかなりやりにくい相手です。地道に相手のステータスを低下、こちらを上げての方向でやるのが一番ですかね。後はスタンがそれなりに入るのと、単純に威力が高い召喚武器などが突破口になると思います。
[ 2016/06/25 17:53 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その9

divinity001754.jpg
鉱山で激闘

鉱山を奥へと探っていくと、ヴィスラックという蜘蛛人間タイプのクリーチャーに襲われるようになります。小規模ダンジョンと思って軽い気持ちで探索に来たのだけど、けっこう広い上にこのヴィスラックも強めで苦労しながら進んでいます。ひょっとしたらバッテリーを襲ったのもこいつらかもねと思いながらさらに奥を調べていくと、会話ができるヴィスラックに出会いました。

いろいろ話を聞いてみると、彼らヴィスラックも好き好んで人間を襲っているわけではなく、自分達が見つけたラディアント・スポアという不思議な植物に中毒状態にされて操られているそうで、全ての原因はその植物にあるようです。バッテリーの件ははずれですね。

そしてヴィスラックの中央居住区にてラディアント・スポアとご対面。でかいな。たかが植物と見せかけて、操っているヴィスラックでこちらを囲み、奥から遠距離射撃やら範囲魔法を撃ち込んでくるという理にかなった攻撃を繰り出してきます。ボス本体にスキルを温存するより、ここで全力を出し切って素早く壁役を撃破するのが安定ですね。本体は射撃タイプだし動けないしで、他を片付ければどのようにも料理できます。タコ殴りにするか、範囲系の持続ダメージスペルであぶってやりましょう。



divinity001755.jpg
続いてドルガンズバッテリー

ここもステイルワートと同じようにパート1の時とはマップ状態が変化しており、職人達が忙しく働いています。宝箱も新しく配置されているので美味しく頂いておきましょう。入口の前にいるウェングラと話してみると、アイアンフレイルに対抗するためにバッテリーにある砲台を確保してほしいと頼まれました。それは前の冒険の時には入れなかった西の塔の屋上にあって、中にはモンスターがいるせいで職人達では歯が立たないそうです。そういう話なら任せておきなさい。バッテリーならドルガンスティールも手に入るかもしれないし、お宝探しも兼ねて塔へ向かいます。



divinity001756.jpg
塔内部

そういえばまだパート1での既存エリアに追加されたところにしか行ってないぞ。パート2の本編にも迫っていない状態ながら、探索できる所が多く、さらに敵もかなり強めのが多くてやりごたえがあるDLCですね。

塔内部では、砲台のある屋上へ上がる為の装置が故障しているので、まずはそれを直すのに必要な部品やら油やらを探し回る事になります。ここで苦労したのは毒ガスが籠っているダメージ部屋。いるだけで連続でダメージを食らいあっという間に死にかけになってしまう恐るべきトラップです。俺の攻略テクニックを見せてやるぜと、移動スピードが上がる装備と耐性装備を厳選し、必死で走って攻略したのですが、そこからちょっと先に進んだらイベントで壁に穴を開けて毒ガスを抜くことができました。頭を使ったつもりが思いっきり脳筋プレイになってしまった。おかしいなと思ったら後回しにして先を調べないといけませんな。
[ 2016/06/20 23:11 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その8

divinity001751.jpg
夢で見た悲劇

DLCのパート2に入るべく、本編エリアならどこでもいいけどとりあえずカエド・ヌアへ。そういえば拠点で攻撃イベントが起るペースとその被害額が上がっているような気がします。今までは防衛を任せて自動にしておいてもほぼ無傷か少々の損害で撃退できていたのが、2,3施設くらい壊されたり傭兵が倒されてしまったりという被害が連発しています。これも拡張効果ですかね。お金が有り余っているという状況でないのなら、なるべく自分で防衛に行った方がよさそうです。

帰ったついでに箱の戦利品も回収して一泊。すると夢の中でホワイトマーチ地方の景色が浮かんできました。平和な景色だなと思いながら眺めていると、遠くの山で何かが蠢いている様子が見えます。やがて見えてくるそれは軍隊と、何かの力で起こしたらしき天災で、あっという間にステイルワート、ドルガンズバッテリーを崩壊させてしまいました。



divinity001752.jpg
再びステイルワートへ

夢から覚めて、えらいこっちゃと思いながらホワイトマーチ地方へと向かいます。どうやら現実に起こった事ではなく予知夢だったようで、壊滅してる所はなくどこも無事の様子。ただ村では人が集まってなにやらもめており、話を聞くとアイアンフレイルという部族の一団がホワイトフォージを奪い取ろうとして、その近くに砦を作っているとの事。送り込んだ交渉団も戻ってこず、かなり危険な情勢になっております。これを放っておいたら正夢になるわけですね、ここは手を貸しますよ。

村にはこれまでいなかった人や新たなクエストなどもあるので、もう一度一回りして皆に話を聞いておきます。焼けてた家がテントを張っての店になっていたりと、買い物の場も増えていますね。バーバリアンのお仲間も加わりました。新しい仲間も使っていきたいところだけど、仲間になるキャラで職種的に一番多くて入れ替え易いのがタンクじゃない攻撃専門タイプで、その枠に主人公がいるんですよねえ。ローグはかなり強くて面白いクラスだから気に入っているけど、次はタンクかキャスターでプレイしたいところです。



divinity001753.jpg
鉱山探索中

ステイルワートの鉱山も採掘がまた始まって中に入れるようになっています。しかし鉱山内で殺人事件が起きたり、意識を失って奇妙な言動になる人が出るなど、こちらにも平穏とは言えない様子。外の軍隊も気になるけど、まずはこちらの方を探索していくことにします。

ソウルバインド武器もずいぶんと色々な種類が手に入るようになってきました。今回手に入れたのは片手メイス、ちょうど二刀流ローグがいるので有効活用できそうです。前はつけたらもうその人専用になるのかと思ったけど、装備したあと見るとバインド解除という選択肢があるし、育てたレベルが無くなるだけで絶対に人へ渡せなくなるというのではないみたいです。試してないから分からないけど、たまに店にも売っていたりするし、意外と気軽に運用できる装備なのかもしれません。
[ 2016/06/17 22:45 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その7

divinity001748.jpg
バッテリーの亡霊達と

ドルガンズバッテリーの内部を探索。内部にはここで死んだ者の霊がうようよといて、あちこちで彼らの会話を聞いたり戦闘になってりとしています。入る前と入った後しばらくで見聞きできる情報では、閉ざされた空間内での意見の衝突がエスカレートして、やがて殺し合いになることで全滅してしまったような印象だったけど、進んでいくとバッテリーの住人とは違う存在に襲われている様子が見えてきました。

何に襲われているのかの招待ははっきりしませんが、亡霊となった彼らはこちらの一行をその相手に見立てて問答無用で襲い掛かってきます。生前の戦いがそうだったからか、相手側にがっちり陣を組まれての戦いが多めですね。生物ならステータス異常もいろいろ通りやすいからまだいいのだけど、霊体系が集団でこういう戦い方でくるとけっこうやっかいです。前衛に対霊体用の技がもう少しあればいいんだけど。モンクやサイファーなら充実してるんだろうか。



divinity001749.jpg
幹部も協力して頑張る

これまで見たビジョンではうまくいっているようには見えなかったバッテリーの3幹部も、協力して奴らとやらに当たっています。これは過去のビジョンであって、結果が今の廃墟となった状態なのを考えるとこれだけやっても無理だったようですが・・・ 守護者という鎧ゴーレムも人間技ではない力でひしゃげ、破壊された残骸が転がっているのを見る事ができます。



divinity001750.jpg
ホワイトフォージに到着

バッテリーの最深部、巨大なドラゴンの像とその前にそびえる不思議な柱。これがホワイトフォージです。道中で手に入れた部品をドラゴンの像に埋め込んでいくと、轟音ともに辺りに熱が溢れ、ホワイトフォージを再び起動させることに成功しました。それと同時に現れたバッテリーの3幹部の霊。ホワイトフォージの力で魂をここに繋ぎ止めていたそうで、彼らに何が起こったのかを直接聞くことでここで起った出来事も明らかになります。聞いた話を要約すると、正体不明の怪物が原因不明で突然襲い掛かってきて皆殺しになったとの事。うむ、さっぱり明らかになってないな。

ただピンポイントで攻めてきて、不自然なまでに容赦なく皆殺しにしてきたそうで、何らかの裏はあるように思えますね。それはまた後で調査するとして、まずはここに来た目的であるホワイトフォージを使わせてもらいますよと伝えたら、それは渡せんと彼ら3幹部は守護者も呼び出して襲い掛かってきました。

会話している状態からそのまま3幹部とは密着し、さらに少し離れた四方から守護者に囲まれた形での混戦になります。こちらのキャスターがいきなり直接攻撃で殴られたりと、物凄く不利な状態に思えてやり直したくなる所ですが、逆にこちらの前衛も敵のキャスターと隣り合った状態で戦えるので、それを瞬殺できれば見た目ほどの苦戦はせずに勝てると思います。一番厄介なのは後方からバンバン撃ってくるキャスターですからねえ。呪文を唱えられる前に素早くフクロにしてしまいましょう。

戦いに勝利した後は彼ら3人をどうするか選択、このままいてもらっても困るし開放してみました。これでドルガンズバッテリーを開放、ホワイトフォージを自由に使えるようになってDLC1の冒険は終了となります。かつてバッテリーを襲撃した相手の詳細が不明なまま終わったけど、山に不穏な気配が満ちてきた描写があるのでそちらはDLC2の内容になるっぽいですね。ログによると一度ホワイトマーチを離れて別地域に行き、そちらで一泊するとDLC2が始まるようなので、やり残したクエストを片付けてから新たな冒険に向かおうかと思います。
[ 2016/06/13 23:11 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その6

divinity001745.jpg
マッドサイエンティスト系のおっさん

ドルガンズバッテリーの近くを隠者とやらを探して歩き回っていると、東の方に一件の民家を発見しました。意外とあっさり見つかったなと思いながら中へおじゃまするも目的としている人物は見当たらず、かわりに見つけた地下への入り口を降りていくと、怪しげな実験器具が残骸が転がり、ゴーレム系の敵がわんさと襲い掛かかるちょっとしたダンジョンになっていました。さすがこんな所に住んでいる人だけのことはあるなと妙に納得。

地下の最深部でようやくここの主であるガルヴィノを発見。傍らには金属製のマネキンのような姿のゴーレムがおり、彼がアニマンシーの技で人間の魂を金属の人型に込めて作ったゴーレムだという事を教えてくれます。殺人犯の女性が殺されそうになるところを実験台にしたとか。アニマンシー達が、ホロウボーンの子供を治す目的で魂を入れ替える実験をやっていたのは本編でも何例か出ていたけど、理由と動機はどうあれやってる内容が危険すぎるんだよなあ。

そんな人達だし、これまでの道中もあっていつ戦闘になってもおかしくないなと思いつつ話しを続けてみると、口は悪いながらもきちんと会話ができて、必要な情報も全て教えてもらう事ができました。さらにゴーレムの女性ことケイロックの魔人も仲間になってくれます。経歴も見た目も連れて歩くとトラブルを呼び込みそうな気もするけど、ローグが欲しい人にはよさそうです。



divinity001746.jpg
ドワーフの魂探し

ガルヴィノの情報によると、ドルガンズバッテリーに入るためには特別な歌が必要になるのですが、その歌を知っているのはバッテリー内部の者に限られるそうです。これだけ聞くと詰んだかと思うところだけど、どうやらステイルワートの村には前世がバッテリーのドワーフだった者がいるようなので、主人公の力を使って村人たちの魂を調べていく事にします。

村に帰って走り回って調べると、それらしき人が何人か見つかりました。後は魂を覚醒させて聞いてみればいいのだけれど、本編でもあったように前世の記憶や人格を目覚めさせてごっちゃになると、その人の今の人格がズタズタになる可能性があるんですよね。さてどうしたものやら。迷ったけどここは余生の少なそうな人に犠牲になってもらおうかな。



divinity001747.jpg
門の前で歌う

魂から情報を引き出す事に成功したら、いよいよドルガンズバッテリーを開ける為に門へと向かう事になります。覚えた順番の通りに歌いながら、門にあるレリーフのその歌詞に沿った部分を操作していけばいいわけですね。最後まで正しく操作をすると、重々しい音とともに閉ざされていた扉が開いていきます。中では何が起こっていたのか、じっくりと調べていこうと思います。
[ 2016/06/08 22:55 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その5

divinity001742.jpg
高山ドラゴン

POEをちびちびプレイ中。やっぱりこれは傑作ですな。非常に面白いです。プレイしてるうちにまた最初からやりたい気持ちが高まってきましたが、時間の持ってかれかたも半端じゃないので余裕のある時の楽しみにとっておこう。DLCはマップ数はそれほど多くなく、人によっては5時間程度で終わるくらいみたいですが、荷物整理したり賞金首を捜し歩いているだけでどんどん時間が過ぎて、まだ3マップくらいしかやっていないのに、軽くそれを越えるプレイ時間になっています。ロード時間が長いというのもありますけどね。マップ切り替え時に読む小説の方が進みまくりです。

今日はクエストで魂の繋がりを辿っていたらドラゴンとご対面。話の通じそうな感じだったけど、相手を食って繋がりを無くすのが彼のスタイルで、結局戦闘になってしまいました。見た目の通りに冷気系の技を使うドラゴンです。冷気対策だけしておけば楽勝だろと思ったら、何気にローグのスニークアタックのスキルも持っていたようで、他の雑魚にうっかり挟まれた前衛が一瞬で壊滅してしまい逆転負け。ポジション取りが甘かった。



divinity001744.jpg
新呪文も発見

埋められていた魔術書から覚えたネナガウスの影炎、初めて見たので多分DLCでの追加呪文だと思います。範囲ダメージ+麻痺はなかなかのえぐさ。場所が場所だけに会う敵は氷に強いのが多く、DLCゾーンでは相手を問わず大活躍とまではいかないけど、これは本に入れておく価値はありそうですね。Lvの上限が上がったこともあって、メイジがもりもりと強くなっていきます。主人公をメイジにしとけばよかったか。




divinity001743.jpg
ドルガンズバッテリーに到着

ずいぶん時間が掛かったけど、ドルガンズバッテリーの門にたどり着くことができました。門の前ではドワーフのビジョンが現れて、ここが滅ぶ前に起っていた出来事をわずかながら見る事ができます。ただ先に得ていた情報の通り、入り方は謎のままで今のままでは入れそうにありません。このあたりにいる隠者が手掛かりを持っているらしいという情報も得ているので、そちらを調べてみるとしますか。
[ 2016/06/05 22:47 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)

White March その4

divinity001739.jpg
クエストも充実

ホワイトマーチの地へ戻り、ドルガンズバッテリーに行く前にその周りを固めようと、周囲のエリアから順番に歩き回っています。こちらも村で受けたりその場で発生したクエストや、襲い掛かってくる一団もありと歩き回りがいのあるエリアになっていますね。そのクエストも本編と同じように捻ったり選択を突き付けられる物が多めで、ファックマン氏の翻訳のお陰もあって実に楽しめています。

このクエストでは村の狩人に凶暴な狼を狩るように頼まれたのですが、主人公の能力で見たヴィジョンから、その狼は彼の息子が祠で行った事が原因で姿を変えられたものだと分かります。能力次第ではコンタクトもとれそうだったけど、このパーティーではどうすることもできず襲い掛かってくる彼を撃退することになりました。激しい展開だ。



divinity001740.jpg
オーガともコンタクト

村に襲撃をかけてきたのとは別の部族なので問題解決にはなってないけれど、村の近辺に住むオーガの一団と話し合いで平和条約を結ぶことができました。別種族に話が通じる相手がいると安心しますね。この道中はめちゃくちゃ襲い掛かられての殺し合いをしたけど。

オーガマザーは夢を見ての一種の予知能力を使えるらしく、ドルガンズバッテリーの封印を解くことについては災いをもたらすだろうと否定的な様子。やっぱりやばい力なんじゃないの。村おこしで封印を解きたいんですなんて言ったら怒られそうな雰囲気の中、情報収集に励んでいきます。



divinity001741.jpg
新規追加の装備も拾えました

うろうろしていたら、ソウルバインドと書かれた武器を見つけました。このDLCで新たに追加されたタイプの装備で、MMOをやっていた人ならお馴染みだけど、一度装備をするとその装備者と結び付けられて他の人に渡したりができなくなってしまうという物です。困った特性ながらその分性能も高く、バインドした後に始まる条件やクエストをクリアしていけば、さらにパワーアップしていく逸品になるようですね。

これは使い方を間違わなければ心強い戦力になるから、じっくりと考えて使用者を決めていきたいところです。ただこういう装備は最後の最後まで判断を保留して取っといて、結局使わないまま終わりになるというのが自分のタイプなんだよなあ・・・ 近接武器だからこのパーティーならドルイドのハイラヴィアスが適任かな。また様子を見て使っていこうと思います。
[ 2016/06/01 22:55 ] PCゲーム PoE White March | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。