スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Hard Truck Apocalypse その6

暑すぎてバテながらもトラックを運転してます。記憶によれば5月くらいから30度超えの日が出ていた気がするし、年々暑さが酷くなってるな。なんとかならんものか。



divinity001379.jpg
新エリアへ

重機ボスを倒した主人公は、フェリー機能付きの潜水艦に乗ってトラックごとOracleがいるとされる島へとたどり着きました。なんで潜水艦があるのとか誰が運転してるのとかはあまり気にしない事にします。文明崩壊前の遺産だから何でもアリです。新エリアはジャングルっぽいところで、人類もいるにはいるのですがドルイドとか宗教系の人が増えてきました。彼らからの情報によると、ここには普通の盗賊以外にも、機械の怪物などというものがいる大変危険なエリアらしいです。

実際に走り回っていると、昆虫のような形をしたメカの襲撃を受けました。一体一体が今乗っている主力トラックに近い耐久力を持つ強敵です。攻撃も痛いので全砲門の火力を集中させて、一気に倒してしまいたいところ。トラックはスタート時に比べてずいぶんと大型で強力なものになりましたが、大型になると今度は武器の位置によってカバーできない死角が増えてきます。下手に動き回るよりは、最大火力を発揮できる位置取りをした方が楽ですね。



divinity001380.jpg
怪しい施設

走っていると所々にオーパーツ的な施設があり、Oracleもそういった施設の一つにいることがわかりました。彼はその能力からか崇拝対象になっており、カルト集団がその施設の周りを警護しています。適当に話をつけて通してもらいましょう。もちろん戦って押し通ることもできるようですが、このゲームはレベルないし戦う旨味はあんまりないかな。平和に行こう。



divinity001381.jpg
Oracleさん

前情報から人ではないっぽいなと思っていたら、見ての通りのメカでした。襲ってきた昆虫メカと関係が深そうな見た目ですが、こちらは友好的でちゃんと話ができますね。裏ではどうか知らないけど。

何でも知っているという彼から、さっそく情報を教えてもらおうとしましたが、その前にまず向こうの頼みを聞いてからという事になりました。ううむ、ベタなクエストが続くストーリーだなあ。交渉スキルでスルーできたらなと思いつつ、おとなしく頼まれたアイテムを探しに出かける事にします。



divinity001382.jpg
現在のエリア

これまでのエリアだと、道沿いを走っている限り補給に困る事はほとんどなかったのですが、このOracleがいるエリアでは施設の数が非常に少なく、道中の補給がかなり厳しくなっています。現時点ではガソリンスタンドが一つと、町が一つしか見つかっていません。ここに踏み込んだらまずは戦闘を避けて、一目散に町を目指したほうがいいでしょう。当然エリア内での貿易もできないけど、そろそろ敵が高額のパーツを落す事が増えてきたからお金には困りません。
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 23:04 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その5

Hard Truck Apocalypseも順調に進んでいます。WarthunderのGaijinが、ポストアポカリプス世界で車両をカスタムして遊ぶ対戦ゲームCrossoutを作っているようですが、あちらも楽しそうですね。こういう雰囲気は好きです。



divinity001376.jpg
旅は続く

今度はOracleという人物?を探す事になりました。情報を集めていくと、万物について知っているとか、人里離れた島に住んでいるとか、島に渡るための場所には巨大な怪物がいて通れないとか、それなんてファンタジー?という状況になっております。なんだかよくわからないけど、とりあえず進んでいこうか。

この辺りの地域ではいくつかの勢力があって、クエストの選択次第でどちらの方にもつくことができます。敵対したところは補給もできなくなってしまうので、アクセスのよさで味方につくところを選んでしまってもいいかも。おそらく影響が出るのは地域内だけの話で、その後のストーリーには関ってこないと思います。



divinity001377.jpg
トラックはさらに進化中

そろそろトラックである必要がないんじゃないのと思えてきましたよ。武装も組み合わせ次第では三丁ほど同時装備できるようになりました。武器はマシンガンやキャノン、レーザーまで色々な種類があるのですが、ここまで使ってみた感じだと射撃回数で勝負するタイプの武器は威力が低すぎて、たとえ束ねて運用したとしても使いにくいですね。平均的な射撃回数と威力のキャノン系か、低回数+大威力のグレネード系のほうが敵を倒しやすいです。

レーザー系は威力が高い上に射撃回数も高めという、文句なしに最も強力な武器ですが、値段がべらぼうに高いという欠点があります。武器それぞれにも耐久度があって、修理の時には元の価格に応じた修理費を取られてしまうハクスラ系のシステムになっているので、下手にレーザーで暴れまわると帰ってきて修理をしたときに地獄を見ることになります。後半はこれが主力になるのかもしれないけど、今は保管しておくか売り払って資金にしたほうがいいと思います。



divinity001378.jpg
Sea Gateに到着

謎の怪物がいると噂のエリアです。恐る恐る入り込んでいくと、遠くの方に巨大な影が動いているのが見えました。さらに近づくと、現れたのは鉄の爪を持った重機。これが怪物の正体か!

ボス戦、トラック同士とならない初の対決となります。トラックvs重機、勝つのはどちらだ!文章にするとまるで緊張感がないけど、実際は煙硝の匂いが漂う生きるか死ぬかの戦いですよ。

敵はその爪で近くにあるスクラップを掴んで、こちらに放り投げる攻撃をしてきます。最初、動きまわって敵の攻撃をかわしながら本体に火力を集中させていたのですが、どこをどれだけ撃ってもまったくダメージが入らず、何か謎があるのかと本気で悩んでしまいました。どうも敵が投げる前のスクラップに撃ち込んでそれを破壊すればダメージが入るようです。この場合相手の攻撃も同時に妨害する事になるので、一切動かずに攻撃を続けるだけで倒せてしまいます。

謎を解くまでが問題でそこを超えれば楽勝という、能力バトル物のような展開でボスを倒し、海を渡って次のエリアへと出発します。
[ 2015/07/28 21:58 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

飛行機日記 その11

トラックだけじゃなく空も飛んでいます。海賊ゲーも定期的にやってるし、陸海空完全制覇ですよ。あとは宇宙か・・・



divinity001374.jpg
イギリスを飛ばし

最近はずっとアメリカですが、メインにする国が固まった後で他の国をやると、違いがよりはっきりでて面白いですね。イギリスは以前に機体の開発をしている時にも思ったけど、たまに使うと本当に軽快で楽しいです。調子乗っていたら撃たれてボロボロにされた上に着陸失敗しましたけど。

最新のパッチでハリケーンMk4なる、40mm砲装備の豪快な機体が加わってこちらも楽しく使っています。みんなが7.7mmや12.7mmで撃っているBRで40mmなので、当たればまず確実に一撃必殺となります。爆撃機ですらそうなので、低BRではまだ落とされにくかった爆撃機を育てるのが大変になったと思います。この機体もそのうちBR上がりそう。



divinity001375.jpg
アメリカではP-63

P-63キングコブラ、あんまり聞かない機体だなと思ったら、どうやら失敗作扱いでアメリカ本国では実戦配備されず、ソ連への供与用にしたり標的機として使ったりと不遇の機体だったようです。戦闘に参加しているとは思えないこのペイントも標的用のそれみたいで、実戦ならすぐに発見されて蜂の巣コースですな。ただロシア産のこのゲームでは向こうで活躍した資料が残っているのか扱いがいいです。

機種に大威力の37mm砲を持っていて攻撃力は抜群、精度も先代のP-39のそれよりもよくなってバシバシと当てる事ができ、さらにイギリスに迫るレベルの旋回力を備えています。こりゃ凄い。

ただ困るのが開発の大変さで、開発するパーツによる性能の上がり幅が大きい設定になっており、初期性能が異常に低いです。なんだよ上昇4mって・・・ しかしその開発途中でも十分活躍できてしまうほどの実力はあるので、これは育てて主力で使っていきたい機体ですね。しばらく飛ばし続けていこうと思います。
[ 2015/07/26 00:00 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その4

今日もトラック。元気に走り回っています。ただ道中は戦闘くらいしかやる事がなくて、ちょっと退屈ではあるかな。トラッカーらしく音楽でもかけながら運転しましょう。より激しく凝りたい人はデスク周りをこういう風にするといいんじゃないでしょうか。



divinity001371.jpg
父親の情報も

本当の父親の手掛かりを知っているというBenにも無事に会うことができました。ですがすぐさま父親の場所が判明するわけでもなく、今度は受け取ったDiscを読み込むための装置を探しに行く事に。これはたらい回しでエンディング直前まで会えない、じらしパターンやで。



divinity001372.jpg
武器もだんだん充実

武器にはそれぞれの基本性能に、修飾語によってプラスマイナスの修正がつくハクスラシステムが採用されています。この武器は射撃速度UPとリロード速度UPがついていて、ノーマル品に比べるとかなりの性能差がありますね。レアやユニークにはお目にかかっていないけど、武器ハンティングが熱くなるんだろうか。

武器ごとに使うスロットのサイズが違っていて、上位の車両になってくるとその辺の編成も考えていく必要があるみたいです。上の画面だと、武器がはまっている正方形の部分が武器スロット、左下の装備が3つ入っているのが荷台で、装備のほか貿易品を放り込むスペースになります。前部車両の縦長スロットは、基本性能にボーナスをつけるパーツが装備でき、いろいろカスタムできて楽しくなってきました。



divinity001373.jpg
カスタム後

だんだんトラックの領域を越えてきた気がします。車両と荷台もいいものに変えた結果、どちらにも武器スロットがついて武器を二丁同時に撃つことができるようになり、攻撃力が大幅アップ。これは狩りがはかどるなあ。回復はガソリンスタンドや町でしかできないから、ダメージを食らう前に素早く敵を倒せるようにしたほうが断然楽になるのです。

レベルアップの成長要素はないけど、このトラックのカスタムだけでも十分に成長を実感できていい感じ。実はあまり期待をせずにスタートしたのだけど、続ける意欲がどんどん湧いてきましたよ。1Cとは相性がいいようです。
[ 2015/07/23 21:55 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その3

Hard Truck Apocalypseを続けています。



divinity001367.jpg
さらに上位のトラックへ

お金が足りなくて買えませんが、町では上位のいかついトラックも出てくるようになりました。性能は桁違いですね。トラックはフレームというか、まず前後セットでの基本となる車体があり、その中でさらに前部運転席と後部荷台を数種類の中からカスタムする事ができます。より性能を上げようと思ったら、車体の更新をして別トラックへという事です。

基本的には上位の車体の方が強いのですが、車体ごとに装備スロットなどの穴が開いていて、下位車体のいいパーツの方が上位の買いたての車体よりも使い勝手がいい事などもあるので、乗り換えはある程度は慎重にしていく必要があります。買い換えた後で即その車体の上位パーツを買えればなんとでもなりますけど、資金的になかなか厳しいので。



divinity001368.jpg
途中謎の模様も

物語とは関係ないような気もしますが、わざわざカットシーンまで入れて、ミステリーサークル的な何かを畑にて発見しました。壮大な伏線なのかも知れないけど、今はとりあえずスルーして先を急ぐことにします。しかしポストアポカリプスの食料が乏しいであろう世界で、貴重な畑にこんな事されたら農家の怒りは大変なものでしょう。ウケ狙いの若者のいたずらだったら即座に撃ち殺されそう。



divinity001369.jpg
旅を続けて

荷台を変えてなんだかキャンピングカーっぽくなりました。平和な時代ならこういう車でキャンプもいいですが、さっそく襲われようとしています。運転席上のマシンガンがうなるぜ。

敵は自分の周囲にポップする形で出現します。一応ある程度の距離をとって現れてはくれるのですが、安全であろう方向からいきなり湧いてきたりするので、状況によっては理不尽に感じることもあります。あと次々と連続で現れたりですね。開始したころから薄々感じてはいたのですが、やはり逃げを主軸に置いたほうがよさそうですな。



divinity001370.jpg
開拓中

とりあえず道路沿いに開拓して、その後で間の道なき道をというパターンが野垂れ死になりにくい安全策ですね。地形はけっこう起伏があって、最短距離と思って道を外れたら物凄い山の中に突入してしまうことも多いです。まあ、怪しい所に何かがあるということは今の所全然ないので、完全に無視してしまってもいいのかもしれません。

上の画面にも出ていますが、町ごとに換金アイテムのレートが定められていて、高く売れるアイテムを仕入れて他の町に流せばけっこう楽にお金を稼ぐことができます。在庫が増えると買取価格も下がっていきますから無限とまではいきませんが、足りない分は他のクエストや戦闘でカバーですね。やっぱりSwashbucklersに似てるような。この荒野が俺のカリブ海だ!
[ 2015/07/20 21:46 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その2

トラック乗りになっています。町の周囲で狩りをしていましたが、なかなかお金が貯まりません。修理代のほかに安いけどガス代もかかるので敵数台を一度に相手にすると赤字になりそうな勢いです。どこかにいい儲け話は転がっていないものか。



divinity001363.jpg
我が家がー!

しばらく稼いだあと、まだ序盤だしもっと進めば金も稼げるようになるのかなと思い、ひとまずメインクエストを進めることに。父親に言われた通りに町でおつかいを終えて、家へ帰る道を走って行きます。

もう少しで家が見えてくるという所で、なにやらその方向に煙が立ち上っているのに気が付きました。嫌な予感・・・アクセルを踏み込みさらに家に近づくと、まさに我が家が大炎上をしていました。



divinity001364.jpg
今明かされる真実

何者かに襲われた家へトラックを着け、倒れている父親の傍へと駆け寄る主人公。そこで瀕死の彼は、主人公に向かって自分が本当の父親ではない事を打ち明けました。な、なんだってー! 本当の父親は今現在は何処にいるのかも定かではないのですが、Benという人物が父親の手掛かりを知っているそうです。まずはBenを探すことになりました。



divinity001366.jpg
旅中

というわけでおつかいから真の冒険がスタートしました。さっきも言いましたが、このゲームはガソリンがあり、移動すると段々減っていくので残量には気をつけて旅をしていきましょう。ただ補給は町のほか、道沿いにいくつかのガソリンスタンドが配置されていますから、普通に道路を走っている分にはあまり心配する事はなさそうです。道なき道を開拓していたら何度か死にかけたけど。

道中には敵の他、時々友好的なキャラバンの一隊に会います。あったから買い物や何かができるというわけでは無いですが、敵に会った時に彼らの方に誘導できれば、こちらのダメージを抑えて簡単に稼ぐ事ができます。こちらから襲うこともできるようですが、町ごとにReputationがあって、行動次第では町ごと敵に回るみたいだからヒャッハープレイは危険そう。壁として有効活用していきましょう。世紀末のルールは非情なのです。




divinity001365.jpg
町でクエストも

クエストはかなりシンプル。○○へ行けというのと、時間内に倒した敵数でボーナスなどのふた昔前のMMOくらいのものしかありません。前にやったSwashbucklersが近いかな。ただ手に入るのは金だけで、レベル上げやストーリー進行の為に何度も嫌々やるような必要もないし、個人的にはまあ許容範囲かな。未開の町やついでに行ける所が目的になっているものだけを請け負って、面倒になったら削除していくというスタイルでトラックを転がしていきます。
[ 2015/07/17 22:59 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

トラッカーになりたくて

暑くて気力が湧かないし忙しいしで、のんびり癒されるようなものがやりたい気分になったのでETS2ことEuro Truck Simulator 2でもプレイしようかと思っていたのですが、トラックつながりでHard Truck Apocalypseが目に入ってしまったのでこちらをやる事にします。同じトラックゲーだしそんなに違いはないでしょ。



divinity001359.jpg
手始めに起動に苦戦

一昔前のタイトルであるのと、癖の強い1C軍団の一員のせいか動作がどうも安定せず、ちょっとしたことで落ちまくります。調べた感じ、どうやらシングルコアにしか対応していないため、マルチコアのPCだと動作がおかしくなるみたいですね。ショートカットにコマンドを挟んでシングルにて起動をさせましょう。Simcity4のやり方と一緒なのでそちらで調べればOKのはず。



divinity001360.jpg
はじめてのおつかい

主人公達が住んでいる世界はタイトル通りのポストアポカリプス世界、人々は有毒物質への対策として全員が顔全体を覆うマスクを着用しているという設定です。つまり会話シーンでは一切表情や口が動かず、さらに同じような顔の人が沢山でてきます。逆転の発想とでも言うべきか、世界設定を使う事によって技術や労力の問題を容易く解決する奇策を見ました。もう全部のゲームで全員がマスクを被った世界という設定にしてもいいんじゃないかな。

何はともあれ、そんな世界で主人公は父親と二人でたくましく生きており、ある日トラックで町へおつかいに行くように言われた所からストーリーがはじまります。一人でトラックを運転して町まで行くのは初めてなのではしゃぐ主人公、しかしこの世界では何が起こるかもわかりませんので慎重にハンドルを握って出発します。



divinity001361.jpg
早速の一戦

荒野をのんびりと走っていたら、小高い場所からバギーが飛び降りるようにして襲い掛かってきました。ヒャッハー!という声が聞こえてきそうな情景です。普通なら救世主の登場を待つしかない状況ですが、この世界では一般市民であるこちらのトラックもしっかりとマシンガンで武装されており、盗賊どもを返り討ちにしてやることができました。

敵を倒した後は残骸と一緒に白いトランクのような荷物が落ちる事があるので、拾うキーを押して頂いておきましょう。武器やお金に変えるアイテムが手に入るみたいですね。ただ敵味方ともに食らうダメージがやや高めなのと、レベルという概念自体がないようなので積極的な戦闘はしなくてもいいのかな? よく分からないけどそのうち呼吸も掴めてくると思うので、とりあえず襲い掛かってくる相手は倒していきます。



divinity001362.jpg
町に到着

町にはいくつかの施設があり、トラックの車体や装備の変更をすることができます。今は金が全然ないから買えんけどね。他にも情報やクエスト、町と町の間を売却用アイテムを持っての通商なんかもできますね。

レベルがない以上、トラックを改造していくのが強くなる唯一の道のようですからせっせとお金を稼かないとだめそうだし、やはり敵を倒して荷物を奪い取るのが近道か。車体も変えたいし、お店を見ると武器の方もいろいろ種類があるのでそちらも強力なのが欲しくなります。おし、狩りまくるでー! 早くも世紀末トラック世界に馴染んでいるのを感じながら、このままプレイを続けていこうと思います。
[ 2015/07/15 23:05 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Cthulhu Saves the World その3 (完)

色々あってドタバタしています。引越しするかもしれなくて、物件探しその他で休日があっという間に過ぎてしまうというのが最近のパターンで、なかなかPCゲーをする余裕ができません。早く落ち着くといいなあ。



divinity001355.jpg
レベリング中

メインクエストには関係なさそうな寄り道的ダンジョンで、金色の丸っこいのと大量遭遇しました。倒してみるとびっくり、他の敵の10倍以上の経験値とお金を落としてくれます。いわゆるはぐれメタル的な扱いの敵ですな。しかも攻撃が当たらないとか、物凄い勢いで逃げられて一匹も倒せないということもなく、出てきた敵は全体攻撃で軽く平らげることが出来てしまいます。

ゲーム全体がストレスフリーに作られている本作ですが、メタル系の敵までずいぶんとフレンドリーです。こうでなくっちゃ。別に稼がなくても普通に進めるような気もしますが、なんかポンポンレベルが上がって楽しいし、延々と倒し続けてしまいました。クリッカー系ゲームに似たハマり方です。



divinity001356.jpg
ダゴンを倒した一行

有名どころを次々と打ち破っていきます。ダゴンを倒したところで唐突に500ヒーローポイントを受け取り、クトゥルフは真のヒーローとなりました。クトゥルフ物にありがちな、原作の流れを忠実に再現した結果バッドエンドになりがちな外伝物と違い、ギャグ調のこちらではそういう流れも笑い飛ばして、彼は最後の最後まで真のヒーローとして頑張ってくれるようです。

それにしてもずいぶんと奇天烈な一行ですな。主人公と剣が猛烈に浮いています。ただ剣はスピードが遅めなものの、チームでトップレベルの物理攻撃力を誇るパワータイプで、単体、グループ相手ともになかなかなスキルを持っており、常にレギュラー入りしています。



divinity001357.jpg
さらに奇妙な仲間が加入

ボーナス的なダンジョンで、凄まじい強さのボスと対戦。名前はDemという名のスケルトンで、これ前作Breath of Death VIIの主人公ですね。友情出演です。最初彼の名前はJimだったはずだから違うじゃんと思いましたが、前作のスクリーンショットを確認したところDemでした。自分の脳みそはアテになりません。

彼を倒すとそのまま仲間になりました。ステータスは物凄いけど、スキル関係と素早さが弱めで正直微妙です。剣をさらに遅くしてパワー型にした感じ。オマケキャラであって、仲間にしなくても進行には全く関係ありませんから、それほど無理して仲間にする必要はないかな。



divinity001358.jpg
ラスボス戦!

アザトース、またの名をファイナルボスと書いてあるので間違いなく最終決戦です。さすがに攻撃は激しいですが、グループヒールの達人であるDacreがいればなんとかなります。アホみたいにレベルも上げてあるしね。ライフが5万ほどもあるので、コンボを積み重ねての大ダメージ攻撃を主力にして頑張って削っていきましょう。倒すとヒーローとなったクトゥルフの戦いは終わり、エンディングとなります。
[ 2015/07/12 23:38 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

Cthulhu Saves the World その2

引き続きクトゥルフで世界を救っています。



divinity001351.jpg
ニャラルトホテプと対決!

ボス戦ではクトゥルフ神話の有名どころとの対決になっており、人間界でいろいろと悪事を働いている彼らを成敗していきます。しかし君らそんな事しなくても、余裕で世界を数回滅ぼせるような連中ばかりだったんじゃないか。でも、このこじんまりとした戦いが落ち着きますね。見た目も展開もゆるめでSAN値が心配な人も安心してプレイできます。



divinity001353.jpg
さらにネコも仲間に

ウルタールの猫?と聞くクトゥルフさんですが、彼は宇宙人だそうです。話の流れで彼に協力することになって、さらに新しい仲間が加わる事になりました。ここでパーティーメンバーが5人になりましたが、戦闘に参加できるメンバーは4人までで、そこから外れた人は待機扱いになります。フィールド画面でいつでも交替できるから制限はあってないようなものですけど、メンバーの特性を見てパーティーを編成していきましょう。

彼、Pawsは見た目の通りのスピードタイプで、攻撃速度とスピードをベースにするスキルの威力は中々ですが、ボス専用の単体攻撃、雑魚用の範囲攻撃ともにどっちつかずな印象で、他のパーティーメンバーに比べると尖った強みがないような感じ。うーん、これは待機かな。



divinity001354.jpg
さらに冒険は続く

今度は病気が蔓延しているキングスポートの町で原因を探索中、同じように探索中だったDacreが仲間になってくれました。この人は回復タイプで、仲間全員が対象の回復魔法を操ります。これまで敵が全体攻撃を使ってくるような状態でも回復は単体用しかなかったので、どう考えても使えるだろとメインパーティーに入れたらすぐさま大活躍してくれています。ネコはもっと頑張れ。

ただ回復タイプということで戦闘能力はそれほどでもないので、敵を早く倒さないとどんどんパワーアップ、戦闘が終わったら自動で全回復というルール上、道中の雑魚戦では他の仲間の方がいいかもしれませんね。ボス戦では必須に近い仲間だと思います。この後はショゴスとの対決でしたが、そこも全体回復のおかげで余裕の完封勝ちでしたよ。
[ 2015/07/08 22:10 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

Cthulhu Saves the World

divinity001347.jpg
クトゥルフは世界を救う

前にプレイしたBreath of Death VIIとセットで売られているZeboyd Gamesの小粒RPG、Cthulhu Saves the Worldをプレイしています。というかここのタイトル全部持ってるや。価格的に外しても痛くないことだし、レトロ風味が好きな人は突撃してみましょう。



divinity001348.jpg
クトゥルフ復活!

復活した瞬間、何者かの魔法を受けて全ての力を失ってしまったクトゥルフさん。海岸に打ち上げられたクラゲの死骸のようなだらしない姿を見せてくれます。クラゲというかタコか。

ストーリーはBreath of Death VIIと同じくギャグ調ですね。主人公である彼はJimと違って喋らないという信念は持っておらず、ムハハハと高笑いを上げる楽しい人?になっています。ナレーターの解説を聞いてやるべき事を知ったり、いきなり女の子に惚れられて最初の仲間ができたりとゆるい雰囲気でまったりと進んでいきます。



divinity001349.jpg
ボス戦もあり

そういえば今回は戦闘に背景がついてますね。確か前は真っ暗だったと思うので、FCからSFCになったかのような進化を感じさせます。いや、周回遅れすぎてどちらももう誤差くらいか。ただこういう雰囲気は大好きです。

戦闘は今回もコンボと時間による敵のパワーアップがあり、必殺技をいろいろに組み合わせながら素早く敵を葬っていくのが醍醐味になっています。雑魚処理用とボス用、役割分担していく形でスキルを取っていくのがよさそうですね。



divinity001350.jpg
Dunwitchの町を行く

何気に地名も全部クトゥルフですな。原作を読み込んでいる人ならばニヤリと出来る場面も多そうな予感。私はニワカなのでそれほどではないですが。行動は基本的に一本道で、行ける所を全部探っていけば進んでいくので迷ったりする心配はなさそうです。ただ分岐の先にある宝箱からは、非売品の装備が手に入る事が多く、それも全部回収していこうと思うと少々手間がかかりそう。もっともそこまでしなくてもクリアは平気そうなタイトルだし、適度にいい加減なプレイで楽しんでいこうと思います。
[ 2015/07/06 22:34 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。