スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ascension to the Throne その12(完)

合流地点兼最終決戦の地へ急ぎます。途中アサシンギルドを助けることで途中のリフトを使えるようになるので、それで山の上へと登っていきます。


divinity000255.jpg
壊れた橋の向こうにEneyaが。

彼女がテレポートを使ってくれて、橋の向こう側へと引き寄せてくれます。ここでまた彼女が仲間に加わることになるので、ここでまた1枠空けておかないとテレポートは使ってくれませんよ。ついでに部隊編成もして、Rafaelの入る枠もあけておくことにします。

ここを渡るともう二度と戻ることができません。正確に言うとポータルの魔法で町には戻れますが、そのときもうEneyaは自軍にいるのでイベントが起きず、再び橋の向こうに渡ることができなくなります。うっかりセーブしてたら悲惨なことに。セーブやらかしてしまっていた場合はそれが物語の終わりということにしておきましょう。ある意味マルチエンディング搭載のタイトルと言えます。


divinity000256.jpg
続いてRafaelとも合流。

二人とも自分の仕事は完全にこなしたようです。これでSamaelと対峙する準備は全て整いました。城内に突入します!城内でもいくつかの戦闘がありますが、もう戻って兵力を補充することもできませんし、スルーできる相手は無視して先に進んだほうがいいんじゃないかなと思います。私は全滅させたらレベルが上がってしまい、どうせだから枠を埋めておこうと思ってポータル使いましたけど・・・


divinity000257.jpg
とうとうWolfguard = Samaelとの対決!

作戦通りまずはWolfguard、といってももはや肉体だけで彼の人格は消滅しているのですが、を攻撃し、最後の心臓を破壊します。ここも数連戦になるので、損害は極力抑えていくのが大事です。


divinity000258.jpg
宿る肉体を失い、真の姿を現したSamaelと最終決戦!

Samaelはさすがに最終ボスだけのことはあり、Fury10人の一斉射撃に三回は耐えることができるほどの能力を誇ります!たったの三回?とか言っちゃいけません。Fury他Speed15ユニットの先手必勝攻撃で、相手は一ターンで壊滅~半壊が当たり前、ボスなど1体だけで出てくるユニットは一斉射撃のいい的で瞬殺というこのゲームにおいて、三回も攻撃に耐えるというのは前代未聞の能力なのです。「ラスボスを三回も攻撃しないと倒せなかったよ、さすがラスボスだわー」と言っても誰も凄さをわかってくれそうにないのが悲しいところですけど。


divinity000259.jpg
激しい戦いの中でSamaelを地獄に送り返すことに成功しました。これでこの地には平和が戻りましたが、戦いの中でRafaelは負傷したEneyaをSamaelの攻撃から逃がすためにポータルの魔法を使い、二人はどこか別の地へと飛ばされてしまいました。一緒に旅をした仲間を放っておくわけにはいきません、主人公は平和になった自分の国に留まることをよしとせず、まだ残っているポータルへと足を進めていきます・・・


というわけでようやくクリアできましたが、これは不思議と面白いです。海外DLサイトのレビューを見ても「思ったよりもよかった。」「何故か最後まで遊んでしまった。」「驚いた事に楽しめた。」などと明らかに期待せずにスタートして、意外とハマってしまったような人が多いです。中だるみしそうな長々とした展開がなくてテンポよく進み、戦闘も爽快感があるのが実にいい感じでした。

続きがあるような終わりかたで実際に2も出ており、是非ともやりたいところではありますが、有名どころのDLサイトでは全く扱っていないのが困り物です。2はEneyaが主人公になるみたいですね。売っているところは一応あるのでまたいつの日か挑戦してみたいところです。

スポンサーサイト
[ 2014/04/21 22:45 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)

Ascension to the Throne その11

とうとうAirathに帰ってきました。ここに到着すると、もう他のエリアに戻る事はできなかったと思いますから、準備は万全にしてユニットも目一杯雇っておきましょう。ここにたどり着いてから欠員したユニットや、レベルアップで増えた枠は現地調達することになります。


divinity000250.jpg
たどり着いた自分の国に広がるのは荒地と枯木。呆然とする主人公。Samaelの力で大地までもが死に絶えています。世界全てがこうなってしまう前に、Samaelを地獄に送り戻さねばなりません。一行は相談の上、別行動をとる事にしました。RafaelはSamaelと対峙する際に自分たちを守るアミュレットを入手しに、EneyaはSamaelの城までの罠を調べて進入路を確保することに、こちらは2つ目の心臓を破壊しに行き、3人がそれぞれの仕事を終えたら合流して一気に最終決戦に出る事に決まりました。


divinity000251.jpg
別行動をする事になった途端、プラプラと散策をはじめます。どんな緊迫した状態でも宝箱を探ることだけは忘れません。海岸に突き出した灯台に行くと、襲われている僧兵と巡礼者の一行がいたので助けに入ります。よくわからん組み合わせですが、悪人じゃなさそうですしね。Fury軍団で敵軍を一掃すると、僧兵は助けてもらった感謝の印に鎧をくれました。


divinity000252.jpg
Sohei Clothes!

アレクサンダー王、僧兵になる。シュールな図ですが、この鎧は強烈です。攻撃防御の数値は他の鎧よりも数段階劣るものの、自分自身のSpeedが1段階上がり、さらにフィールドの移動速度まであがるという効果があります。Speedリング等であがるのは仲間のSpeedだけで本人には効果がなく、自分のSpeedがあがるのはこれだけなんですよ。今回は魔法タイプの育て方で、後方で魔法を撃つのが仕事ですから、相手より素早く魔法を撃ち込めるSpeedアップの恩恵が凄まじいです。


divinity000253.jpg
2つ目の心臓を守っているVeliarの元へ。

武装した人間は城から締め出されていて入れないのですが、先ほど助けた僧兵の仲間がおり、彼から巡礼者の服を借りて侵入に成功しました。装備は別ルートから城の中にいれて後で受け取る計画です。せっかくの僧兵服が!歩くのが遅くていやになりますが、ちょっとの間なので我慢です。


divinity000254.jpg
ばれてた!

進入に成功したと思いきや、Veliarには始めから解っていたようです。合流し装備を受け取る前に捕まってしまいました。こちらは巡礼者の服だけで大ピンチ!・・・と思いきや、仲間の部隊はそのままだったので、意気揚々と襲い掛かってきたVeliarはFury軍団に蜂の巣にされて一瞬のうちにご臨終。

異常に露出度の高いアマゾン軍団が入れるなら、僧兵姿の謎のオッサンくらいは余裕で入れてもらえそうですけどね。変装したり装備を別で運ぼうとした苦労はなんだったんだと少し空しくなりましたが、2つ目の心臓は無事破壊できたので結果オーライとします。さて、RafaelとEneyaの首尾はどうかな?二人と合流すべく出発します。
[ 2014/04/20 22:09 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)

Ascension to the Throne その10

いざWarlandへ!と道を駆ける一行。途中に城を見つけたので立ち寄ってみます。


divinity000246.jpg
どうやら巨人族の城みたいですが、全員が石になっていました。

メデューサでも出たのかな。まあでも今のこちらには関係ないよね。Warland行ってRafael助けるのが先だし、そのうち何処かの誰かが治してくれるでしょ、と軽やかにスルー。先を急ぎます。

城を出てWarlandへの道をさらに進み、山間の道に出ると、そこは巨大な落石で道が塞がれていました。「これは巨人族でもないと動かせそうにないわね」とEneya。・・・なんて解りやすいイベントフラグなんだ。こういうベタな展開は今の時代は中々見られないぞ。でもそのストレートさがいいね。というわけで情報収集をすると、巨人が石になったのと同じころにあちこちに怪しいオベリスクが出来ているのを見たとの情報が。これまた解りやすい、要はそれを壊せばいいわけね。


divinity000247.jpg
一本発見。叩っ斬れ!

このゲームはひたすらシンプルでストレートなイベント進行で、小気味よくポンポンと進んでいくのですが、このクエストだけはきつかったです。マーカーが出るのは1,2本だけで、あとはヒント無しで自力で見つけなければいけません。このエリアに渡って序盤のほうでちょこちょこ見かけるので、メモを取っておくと楽かもしれないです。私は完全に忘れきっていたので、しらみつぶしに走り回りました。アサシンの罠にかけられた所に1本、最初の町~城の周囲に2,3本、Eneyaのいた町~巨人の城の周囲に1,2本くらいだったと思います。

ようやく全てのオベリスクを破壊すると、巨人の石化が解けました。道を塞いでいる岩をなんとかしてくれと頼むと、あっという間に片付けてくれました。思わぬことで時間をとられましたが、引き続きWarlandへと急ぎます。


divinity000249.jpg
ようやくRafaelと合流。

Samaelの事を話し合う前に、まずはWarlandを包囲している敵を一掃します。ここは敵の数こそ多いですが、イベント戦でありがちな補給無しの連戦はなく、途中で帰りながら一戦一戦こなすことができるので、割と楽勝です。レベルがガンガンあがり、宝箱もけっこう落ちていますから、Fury部隊を補充しながら戦ってきましょう。Fury部隊が揃いきっていれば、補給無しで10連戦やって無損害とかできるから楽しいです。


divinity000248.jpg
とはいえ敵も強敵、前回に引き続きSpeed15の敵がいる編成が多いですので、敵のステータスを確認して速い相手から優先的に倒していきましょう。とにかく速度が大事なゲームですので、この辺まできてもWerewolfなどの中級ながらSpeed15あるユニットは結構使えます。数の少ない後衛や、Furyの討ち漏らしの掃討なら、十分役立てますからね。

戦いが終わりWarlandは安全になりました。RafaelにSamaelを倒す方法を聞くと、殺すのは人間の力では不可能ながら、地獄に送り返して、二度とこちらに戻れないようにする手段はあるそうです。どうやらその案をとるしかないようですね。Samaelはこの世界での活動をするのに3つの心臓に力を蓄えており、それを破壊した上でSamael本体を叩けばいいみたいです。心臓の1つはRafaelが既に破壊済で、もう一つはAirath領主の一人が、最後の一つはWolfguardの本人のものですから、Airathに乗り込んで領主を倒し、続いてWolfguardを倒し、彼に乗り移っていたSamaelが出てきたところを叩けばなんとかなりそうです。いよいよ最終決戦、準備を整え、Airathへと出発します。
[ 2014/04/19 19:08 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)

Ascension to the Throne その9

Annarothに到着するとちょいと小競り合いがありましたが、すぐに迎えの人に会うことができました。Eneyaのキャンプまで案内するよと言われたのでついて行きます。簡単に合流できそうな感じ。


divinity000242.jpg
ところが道中に盗賊どもが、Eneyaがこんな連中を野放しにしておくなんておかしいな?と思いつつも盗賊を蹴散らします。さらに案内者の後をついていくと、さらに敵が現れます。なんとなく不自然に思えてきましたが、たまたまかEneyaからの一種の試練なのかもしれないと思い直して、ホイホイと後をついて行くことに。


divinity000243.jpg
この辺まで来ると、敵にもSpeed15かつ超強力なユニットが出てくるようになります。Speedがあがるリングを買っていないと、こいつらに先制攻撃されて大損害を食らい、しょっちゅう補給に帰る事になってしまいます。ここではポータルの魔法を使えるものの、大陸移動するためには歩いて船着場まで行って、船で移動をしなければいけませんからけっこう不便です。なるべく帰る回数を減らすためにもスピードリングを忘れないように。ここらで、最初の町で売っているもの以外にも、追加効果がついたより良い物が売り始めていたと思います。


divinity000244.jpg
ようやくキャンプ地に到着。現れたのはアサシンでした。

いや、最初から怪しいと思ってたんだわ。騙されてなんかないですよ。アサシンからはこの戦いの裏にいるSamaelという存在の名を聞かされます。ちょこちょこと聞こえてきた名前ですが、元家臣WolfguardはもうSamaelに乗っ取られたような状態みたいです。アサシンは話し終わると武器を構えてきました。「お前はもう終わりだぞ、俺は最高のアサシンだからな。」と言われて、「最高の“死んだ”アサシンだろ?」とキメ台詞。スパイ映画のパロディみたいなやり取りがちょこちょこあって、無駄にかっこいいですこのオッサン。


divinity000245.jpg
アサシンを返り討ちにし、さらに城をひとつ開放、さらに戦い続ける戦場の中でようやくEneyaと合流。

Eneyaは主人公をこちらに呼んだ理由を語ります。先ほどアサシンから聞いたSamaelはかなり上位のデーモンらしく、普通の攻撃で倒す事は不可能で、おまけに日ごとに強大になっており、このままだとなすすべも無く世界が滅びてしまうとの事。これを止めるには魔術師Rafaelの力が必要だと彼女は語ります。Rafael序盤から何度か名前が挙がっていましたが、いつもすれ違いで会えなかった人ですね。彼はこのエリアのWarland城に居るのですが、そこは今敵軍に囲まれ、攻撃に晒されてるようです。次の目的はRafaelの救出と合流ですね。再びEneyaを仲間に加えて、Warlandへと向かいます。
[ 2014/04/17 19:28 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)

Ascension to the Throne その8

今回はEdwardのエリアへ。そこにはAirathへ帰るのにも必要な海図もあるらしいですから、ここを治めれば後は国に帰って王座を取り戻すだけになります。彼の領地には船じゃないと渡れない島にあるので、造船所へ。


divinity000232.jpg
と、そこでEneyaが自分の国Annarothに帰ると言い出しました。

彼女の第一目的はそれでしたからね。今までは船を手に入れるという目的が一致していただけで。名残惜しいですが彼女とはここでお別れです。ぶっちゃけた話、NPCは1人単位で1枠を取るので、10人のノーマルユニットを入れられる状態のほうが戦闘が楽だったりするわけですが。彼女と別れてEdwardの島へと乗り込みます。


divinity000233.jpg
Edwardさんと対面。

こんな時代でもニュースが駆け巡る速度は人の足よりも速く、彼はこちらの事や今までの戦果をよく知っていました。しかし彼もこちらより先にArthurの忠誠を勝ち取った男だけの事はあり、自分が劣るとは微塵も思ってない様子です。Edwardはどちらが真の王たる者か、軍隊をぶつからせて試してみようじゃないかと言います。無駄な損害を出さないように1vs1でいいんじゃないの?と思いましたが、軍隊を率いての戦いこそが王の戦いだとの理論に押し込まれました。後ろに従えた巨人族を見るに、軍隊も相当強力そうな予感。


divinity000235.jpg
指定された場所に行くと、手幕まで張って準備万端です。

こうなっているとなんか模擬戦っぽいですけど、これ実戦なのよね。この世界のノリはいまいちついていけない時があります。王の都合のために命を失う事になる部下達・・・かわいそうに。今まで自分が盾にした100人以上の農民の事はしっかり忘れて、きれいごとを言ってみたりします。


divinity000236.jpg
ここもボス戦らしく何回かの連戦をやることに。しっかり準備して、損害が次戦に響かないように戦っていきましょう。敵は肉体派がかなり多めで飛び道具のいい的になりそうですが、能力自体は上位の連中が揃っており、油断していると食いつかれます。画像のKnight of the sunはArthurのところでも雇える上位直接攻撃ユニット。アマゾン最上位ユニットFuryの一斉射撃でも2体しかやられない硬さを誇ります。2スタック以上での集中攻撃をして早めに倒しましょう。

敵にカーソルを合わせればその攻撃でどれくらいの損害を与えられるかがわかります。倒せる場合はこのようにドクロマークが出て、倒せない場合も体力がどれくらい減るかも解ります。10人vs10人でボコスカやりあうという戦闘ですから、こういう機能はうれしいです。


divinity000234.jpg
なんとかEdwardを下して大陸統一。海図も手に入れたしあとはAirathに戻って自国を取り戻すのみ!というところで、船で待っていたFrederickがやってきました。Eneyaから伝書鳩が来て、助けを求めているとの事です。手紙に書かれている事によれば、Airathで起っていることにも関係しているらしいので、まずはAnnarothへ渡る事にします!
[ 2014/04/15 19:32 ] PCゲーム Ascension to the Throne | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。