FC2ブログ








Willy-Nilly Knight でハマる

divinity002340.jpg
ちょっとトーチライトっぽい?

Steamに推薦された作品をやってみよう活動として、Willy-Nilly Knightをプレイしていました。見下ろし視点のRPGで、戦闘はアクションポイント制のタクティカルバトルとDivinity Original Sinを意識した作品ということで、これなら大きくハズれる事はないだろうとさくっと購入。購入の基準がAzure Sagaと一緒なのに少し不吉な予感を感じたわけですが、それでもまあまったりとプレイができていました。

作品としては予想通り普通に遊べるRPG、他のゲームや映画などから色々なパロディ、オマージュをちりばめた、インディ―スタジオらしいといえばらしい仕上がりになっています。トリストラムから逃げてきた義足の小僧や、ハムスターを相棒にしている戦士もおり、RPG好きな人が作ったんだなあという部分は随所に感じることができました。



divinity002343.jpg
またしてもハマる。

しかしながら7時間ほどプレイをしたところで進行不能バグに遭遇。必須イベントでの会話後、自動で次に進む場所への鍵が手に入るはずが、アイテム欄には何も入っていないという状態になってしまいました。フォーラムをみると何人か同じバグに遭遇してハマっている人がおります。Azure Sagaの悲劇再び。不吉な予感は大当たりしてしまいました。一応開発者へセーブデータをメール送付すればデータ修正対応をしてくれるようですが、気力が不足しているのといろいろ思う事もあって、プレイはここで終了することにしました。



divinity002341.jpg
Divinity:OSリスペクトの画面。似てる。

いろいろ思う事の内容、ゲームを作るのって難しいなと。フォーラムでは開発者が積極的に返信を投稿しており、それを見ていると、やはり開発者はRPGが大好きで、特に昔ながらのCRPG、そして近年にそれらをより洗練させたDivinity Original Sinに大きなリスペクトをしており、これこそが本物のRPGなんだ、自分も本物のRPGを作るんだという気持ちで作成をしているようです。ただ、それが遊び手の視線からだと結構ズレているんですよね。

この作品では、敵は復活しないので経験値稼ぎプレイはできない、もちろん金稼ぎも不可でリソースの管理が必要、そして敵は強めで一戦一戦でやるかやられるかのシビアなバランスとなっています。ここまで書くとまさに昔ながらの骨太RPGと言った様子で開発者の理想通りなのですが、その実態はと言うと。

戦闘ではスキルツリー制でのスキルを使って戦うのですが、スキル数が10個程度、ツリーも3股程度で数が少ないのと、レベルで順番に解放されるタイプの為にビルドと言ったものはほぼ無く、決まったスキルで戦うのみになってしまいます。またスキルの強さはすべて武器に依存しているのと、レベル毎の武器攻撃力の差がとんでもないため、要求レベルに達したらすぐに武器を買うのが鉄則で、逆にそれをしないとどんな工夫をしようが通用しないという状態になってしまいます。ですからお金は武器防具のためにプールすべきで、あまり消耗品に金を掛けると詰みます。また戦闘は有限ながら、かといってDivinityのように大量のクエストとそれらからのExpがあるわけでもないのに、鍛えないと次エリアの敵には勝てないこともあって、結局エリア内に配置された敵をしらみつぶしに倒して回る必要があります。



divinity002342.jpg
性能差がデカいんですわ。

そんなわけで少ないお金をやりくりして武器を買い、その武器で最強スキルを連発し、クリティカルやスタンが発動するのをただ祈るというジャンケンのような戦いを繰り返し、エリア内の敵を根絶やしにする作業を行い、終わったら次のエリアへ行き同じ工程を繰り返すという、上記の例に挙げたオールドスクールRPGとは全然違うプレイ感をになってしまっております。

理想は分かるんだけど、遊ぶのと作るのはほんと別モノなんだなと考えさせられる作品です。自分もRPGはかなり遊んでいるし好きだけど、もしも作ると理想とはかけ離れてこんな風になってしまうのでしょう。言うは易く行うは難し。自省させてくれます。

けっこう厳しい事を書きましたが、プレイが苦痛というほどではなく、進行はほぼ1本、クエストもシンプルな物ばかりで、バグに合わない限りは困る事なく最後まで楽しめるでしょう。その辺もAzure Sagaと一緒ですね。最後までやってないから、ここからすごい分岐とかあるかもしれませんが。シンプルなのも、挫折するかどうかわからないけど英語のRPGに挑戦してみるぜというような方には、読まなくても何とかなるくらいこの塩梅がちょうどいいのかなとも思います。戦術面ではGrotesque Tacticsなどの方が面白いしデキがよいと思うので、総合的に見てそれほどのオススメはしかねる作品ではありますが、RPGの理想と現実というものを実感できるという点では得るものがあります。気になる人はやってみるのもいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2019/08/16 09:13 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

Azure Sagaでハマる

divinity002319.jpg


Steamから勧められた作品に手を出してみようと、Azure Saga: Pathfinderをやっていました。開発はインドネシアで活動をしているインディースタジオで、SFC~PS1時代のJRPGに影響を受けており、特にPS1のスターオーシャンに強く触発されたとインタビューで語っていた記事を読んだ記憶があります。そんな彼らが開発したこの作品は、ファンタジーとSFを融合させた舞台でのRPG。ひねっているようでよくあるといえばよくある。でもそれがかえって安心できるというような設定です。作品はクォータービューのフィールドを歩き回り、戦闘は画面を切り替えてのコマンド入力をするターン制戦闘。というわけでまさにコマンド式JRPG全盛期の作りとなっています。これなら大きく当たる事は無くても大きく外すこともあるまいと、購入してしばらくやっていました。



divinity002321.jpg
奇をてらわない戦闘

そしてその結果はというと、8時間ほどプレイして中盤を超えたかなというあたりで、ハマり終了となってしまいました。なんてこったい。フィールドでは丸太を転がして道を作るなどのギミックが用意されており、片方からしか押せないような配置になっているそれを使いながら、パズルのようにして道を作っていく必要があるのですが、進んだ後に画面を切り替えると初期配置に戻るという設定のおかげで、ものの見事に戻れなくなってしまいました。ダンジョン内ではワープポイント間で瞬間移動ができるという仕掛けもあり、入口近くにあったであろうそれを取っておけば、パズルエリアを超えた先にあるポイントで戻れたのだと思いますが、最初の探索でそれがあった方の道を取らずにぐいぐい進んだ結果、手の内にあるのは、ダンジョン奥のワープポイント-ひとつでは意味をなさないもの。そして戻れない陸路。というこれ以上ないくらいのハマり。こういうのはテストプレイやデバッグで発見するものでしょうけど、インディーの弱みが出てしまったというところでしょうか。

作品の内容はというと、悪い所はそれほどなくとも、この作品ならではという所も特になく、まさに普通と行ったところ。一応戦闘では特定の技を組み合わせるとコンボ技が発動し、ダメージ倍率が跳ね上がるという仕掛けがあり、それを使って強敵を倒していくところに面白みがあります。ただコンボ絡みではやはりJRPGの方に一日の長があり、もっと面白いシステムの物が色々ありますしね。似たような世界観の作品だと旧ファンタシースターシリーズなんかがそれっぽい所ですが、あれの4でも同様のシステムがあり、そちらではコンボ技の場合だと、単体で技を使うのとは全く違う特殊効果を発揮するような技が多く、ただダメージ倍率が変わるよりはさらに奥深く楽しい物でありました。やはりもう一味欲しい所です。



divinity002320.jpg
見た目はいい感じなんだけど

グラフィックやデザインは丁寧には作られており、その見た目からなかなか面白そうじゃないかと気持ちになるけれど、その中身は普通で何か足りないなあという気持ち。これをプレイしている時に、昔SFCで出ていた「レディストーカー」という作品が脳裏をふっとよぎりました。あれもちょうどこちらと同じクォータービューでグラフィックは面白そう、しかしその中身があまりにも普通というもので、なんとも言えない物足りなさを感じたものでした。マイナーな作品を出して申し訳ないが、プレイしていた人にはその普通感を感じてもらえると思います。

色々厳しめの事を書いてしまいましたが、古き良き時代のJRPGが好きでそんな作品を作った、それも海外の方が。そんな事実と志に関しては応援したい気持ちが強いので、同じような気持ちになった方は試してみるのもよいではないでしょうか。あくまで普通であり、悪くはないので。進行不能にだけ気を付けて、セーブを複数持ちながら、かつダンジョンでは最初にワープポイント探しをするように進めていきましょう。
[ 2019/07/22 06:24 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

仮面舞踏会

divinity002203.jpg

Masquerada: Songs and Shadowsをクリア。しばらく前からSteamでは自分がプレイした作品と同系統の物をお勧めしてくれる、ネットショップでよく導入されている機能と同様の物が実装されています。Amazonみたいに洗濯機を買ったら、その後も毎月買えと言わんばかりに延々と洗濯機を勧めてこられたりすると迷惑ですが、ゲームだとタイトル数もジャンルも非常に多いので、これは便利な機能な機能だなと思いながらリストを眺めていた時に、これが目に留まって購入した作品です。



divinity002205.jpg
戦闘はリアルタイム。仮面の能力で敵を倒せ!

見下ろし視点のRPGで文章多め、戦闘はリアルタイムで進行していく中、ポーズを交えながら4人のパーティーに指示を出し、様々なスキルを使いながら困難な戦いを潜り抜けていく。ここまで聞いた時点でこれはもう大好物ですよ。レビューにストーリドリブンだとかライナーだとかいう評価が結構あったのが気になったけれど、値段も確か1,500円くらいで安かったので、外してもダメージは少ないなとさくっと購入し、だらだらと遊んでおりました。

そうして終わらせた感想、確かにこれはドラマだなと。舞台は中世ヴェネチアあたりをモチーフとした都市。そこでは仮面を纏う事で超自然の能力を操る者達の組織が治めており、主人公達はその都市で起こった事件を調べていくうちに、その裏で進行している陰謀が明らかになっていく・・・。というぐっとくる導入から、途中に登場人物たちの葛藤や友情なども交えながら、ぐいぐいと引き込んで進んでいきます。タイトルにもあるMasqueradの名の通り、主人公達も皆、戦闘時は仮面を装着して派手なスキルを繰り出しての戦い、殺陣もかっこよくキャラクターも立っておりと、画像からもドラマ性の高さが伝わってきます。

ただレビューでいくつも指摘がある通り、進行は完全にストーリーを追うのみとなっています。マップ構成は小さめに区切られたエリア単位で、次に進むエリアへの切り替わりポイントがあってそちらに進むのみで、自由な行き来や後戻りはできません。またキャラクターにはスキルポイントとスキルの要素はあれど、戦闘時に使用可能なスキルは各自4種類のみ、それ以外のレベルやステータス、装備などの要素は一切ないので、カスタマイズ要素もほとんどないといっていいものです。ストーリー重視で進行がライナーな似たようなタイプということで、これまでに私がプレイした中で言うとAarklash LegacyやShadowrun Returnsシリーズ、あとBanner Sagaシリーズあたりが近いところでしょうか。そこからさらに成長要素などを削ぎ取ったようなスタイルになっています。確かにドラマはいいんだけれど、ちょっと削ぎ取り方が極端だよなあ。

あと地味に困るのが、文章が全自動で進むところ。早送りやスキップはできるけれども、ボタン押すまで文章を止めるという設定はありません。上で挙げているようにストーリー重視のおかげで会話イベントが非常に多く長めなのもあって、読み取り聞き取りには結構なエネルギーを使います。一文一文は短めなんですけどね。ただまあ、謎解きや選択肢なども特になく、きちんと読んでいないと詰むということも起こりませんので、気楽に読み流しながらのプレイも可能です。



divinity002206.jpg
ストーリーもキャラクターも存在感あり

世界観がとかストーリーがとか言うと、ダメな作品を褒める時の逃げ口上のようになってしまいますが、この作品に関してはその2点がかなりレベルが高く、作品の世界をもッと知りたいという気持ちにさせてくれました。これは何か原作があるんでしょうか?世界観だけでこのまま小説にしてもよさそうなくらいの出来になっていますし、仮面を装着しての能力バトルというのも漫画などにすると燃える展開になりそうに思えます。むしろ小説にしたほうが売れるんじゃないかなと思えるほど。これをプレイした後にミストボーンを読みたくなってきました。

ゲームとしては正直なところ微妙な点が多いなとは感じますが、操作性やUIはよく、進行フラグ建てや移動時間などのストレスになる要素も皆無なので、楽しくプレイをしながらストーリーを追う事に集中できます。たまには映画のようなゲームをしたいなという気分になった時には手を出してみるのもいいんじゃないでしょうか。

[ 2019/03/15 08:52 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

Cosmic Star Heroine

divinity002089.jpg

Cosmic Star Heroineをクリアしました。見た目の通り、インディーの2Dグラフィック、SFC時代あたりを彷彿させる、昔懐かしい計のRPGです。こういうのに弱いんだ。主人公は公的機関の女性エージェント、それがたまたま関わった事件で、恐るべき機能を持った装置とそれを巡る陰謀に巻き込まれて、仲間に助けられたり裏切られたりしながら過酷な戦いを生き抜いていく、という映画であるような展開のストーリーです。


divinity002088.jpg

ゲームとしてはZeboyd Gamesの直近2作、Penny Arcade's On the Rain-Slick Precipice of Darkness3と4の流れを汲んだRPGで、それのグラフィックとシステムを進化させた形とでもいいましょうか。それら2作は戦闘でターンが進むと、敵も味方もパワーアップしていくというシステムがとられていましたが、今作ではそれをさらに進化させて、行動してターンが進むと増えていくリソースで、パワーアップした状態での攻撃や、それを消費しての強スキルなどといった行動がとれます。

あとユニークなのはほとんどのスキルが1回使用するとロックされてしまい、1ターン防御をする事で使用回数の回復ができる所。強スキル連発という手は使えず、回復どころを考えながら戦う必要がでてきます。スキルスロットは8つで、戦闘に持っていくスキルを吟味しなければならなかったり、他アイテムや装備についているスキルもあるので、足りないところをカバーするなど、考えながらスキル構成を作って戦う必要があります。面白い。


divinity002087.jpg

この作品は最近ちょっとした騒動がありました。最近の作品らしく家庭用機SWITCHにもマルチで出ており、その売上に関して製作者が「Switch版は思ったより売れなかった、任天堂がもっとプッシュしてくれれば売れたのに非協力的だった。」という趣旨の発言をして、それがゲームハードユーザー間の争いの火種になってしまっていたようです。

この件に関して偏りなしの率直な意見を言うなら「売上はそんなもんちゃう?」というところです。むしろよく売れたほうかなと。ここの作品の大半をプレイしている自分から言うと、大作の後なんかにやると楽しく気分が軽やかになる作品としてかなり好きではあります。ただ軽めのインディーRPGとしてであって、そんなバカ売れするようなポジションではないですね。

今作のデザインは前に挙げた2作と同じく、かなりリニアな作りで、おおむね一本道と短い枝分かれの先に宝箱という構成のフィールドを進み、奥でボス戦してカットシーンなどのイベントを経て次にというのが大体のパターン。このデザインはインディーならいいけど、大ヒットするようなデザインではないと思うし、そこを宣伝力で無理に数を売ると、大抵酷評で荒れるパターンになりますよ。

などとちょっと厳しめに書きましたが、やはり応援したいのと、惜しい所があるゆえにそう思ってしまうのですよね。今回システムやUI等はずいぶんと気合が入っているので、Breath of Death VII、Cthulhu Saves the Worldの方向で、イベントより戦闘に次ぐ戦闘を前面に出して、もっと尺を伸ばして世界も広げれば、ブレイクするレベルの傑作になったんじゃないかと思います。なんでPenny Arcade's以下略のリニア方面にしちゃったんだろう。カットシーンも非常に多いし、いわゆる悪い意味での映画のようなゲーム方面に向かっているような気もします。

これからどうなっていくのか。今作もほどほどに軽いのがやりたいという気分にはぴったりマッチして楽しめたので、次回作以降も追っていくつもりではあります。頑張れZeboyd Games!
[ 2018/09/09 19:40 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

Epic Battle Fantasy 3

divinity002063.jpg
長々とかかりクリア

前回Avernmu3を購入するちょっと前、無料フラッシュゲームで出ていたEpic Battle Fantasy 3がSteamにでていたのが目に入り、あれけっこう楽しかったよなあとそちらのプレイを始めておりました。シリーズで次作にあたる4をやっていたのもあって、すんなりとはまって楽しんでいたのはともかく、やはり時間がなかなか取れないというネックがあり、クリアまでに一か月以上を費やしてしまいました。どんな大作のプレイ時間だよと。

作品としては見ての通りJRPG的な戦闘を楽しむことを第一にしたもので、属性やら追加効果が多々あるスキルを使って、適度に考えながら敵を打倒していくのが面白い一品です。英語もあってないようなもので、無料なのでまだの人は手を出してみましょう。ただ後半や最終の敵は、これまたJRPGによくある、Buffを切らさないようにしながら、無駄に体力の多い敵を延々と殴り続けないといけない傾向が強くなるので、そこだけちょっと注意ですね。

プレイ時間はゆるゆるやって15時間ほど。うむ、15時間を1か月か。SpiderwebのRPGって50時間くらいは使うよな・・・。現状でクリアまでたどり着くのにどれだけかかるかが怖くなってきましたが、次はいよいよAvernum3をインストールして、楽しんでいこうと思います。
[ 2018/03/13 13:13 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)