FC2ブログ








DLCの罠

divinity002809.jpg
ファイナルショウダウンは飛行船とのレース

Farza Horizon 3も何気にずっと続けています。レースゲームという奴は自分の中では気分転換ポジションであって、ちょっとした時間に2,3回軽く流して、また別の作品へという楽しみ方がメインになっていますからもともと飽きにくいという事もあり、延々と楽しめています。

かつての似たポジションではWarthunderがおり、あちらも非常に楽しかったし、1戦闘が10分程度で終わることもあり気分転換に重宝しておりましたが、やはりそこは対人対戦ゲーム。気分転換のつもりがストレスマックスになる事もそれなりの確率でありましたから、それに比べると実に平和でいい世界です。やり直し機能もあるから、レースゲーにありがちなコーナーをミスってのストレスなんてのも無縁ですしね。

あと何がいいかって、コース種類の豊富な所ですよね。シンプルな周回タイプのレースコース、変幻自在なオープンワールドでのレース、そのどちらも備えているだけに、どちらかにマンネリを感じてきたらまた別の方をとやっていると延々と遊べてしまいます。さらにオンロードオフロードにその混合もありでシチェーションが本当に幅広く、このコースはもう飽きたよとか極めたよなんて事になるまでにはまだまだ遥かな時間がかかりそう。

ちなみに前回、ファン数1,000万人達成間近でファイナルショウダウンが起こりそうだと書いており、そのままファン数を増やしてイベントを無事開催する事ができております。ファイナルイベントは飛行船と競争というもので、ジェットに比べるとちょっと弱まってるんでないのと思いながらも、その巨体が大空で圧倒的存在感を放っている中、全速力で疾走するのはテンションが上がるものがあり、最後まで盛り上がりながら終える事ができました。



divinity002810.jpg
サイトとコースの拡張はまだまだ続きます。

そして現在、なんかファイナルを終えた後も普通に、フェスティバル拡張のためのファン獲得数目標が更新されて出てきました。おう、全然ファイナルちゃうやんけ。どうやらショウダウンイベントとしてはファイナルだけど、それ以外のイベントなどゲーム的にはまだまだこれからも続くらしく、まだまだ圧倒的なボリュームを見せつけてくれます。

そういえばフェスティバルサイトは四カ所にあって、最高の拡張状態がLv5なのですが、まだ2カ所ほどLv3止まりになっていてこれどうするんだろうと思っていたんですよね。そう考えるとあと4レベル分だけファン獲得をしなければいかんというわけか。1レベル上げるのに10数回は走りこまないといけないので、そう考えると先は長いな。一度にやろうとしたら、ノルマ感が出てきてダレてくる流れになりそうだから、ここはこのままのペースで好きな事をしながらじわじわいきましょうかね。

今や第二の愛車となったアウディRS4を駆って適当に走り回りつつ、各所のレースを走り込みながら日々を過ごしているという所。実物は知らないけど、この車は扱いやすくていいね。海外の車は全く知らずに過ごしていましたが、この作品のおかげで気持ち詳しくなっているような気がします。色々な車に乗っていけば、そのうち見ただけで車種が分かるくらいになってくるのだろうか。いつか街を行く高級車を一目でわかる男になれるまで、色々な車に乗り続けていこうと思います。カタログ見て覚えるとか学習に繋がる事はしたくないので、数年くらいかかる見込みの長期計画ですが。

あと個人的にはもうちょっとゆるい系の車に乗ってみたいという気持ちも強くあります。やっぱりゲームが進んでくると、どんどん性能が向上していき、200km300㎞は余裕そうなレーシングマシンみたいなのが増えてくるわけですが、その分どんどん馴染みがなくなっていきますからねえ。この作品だとクラッシックカーレベルの車がDクラス以下に用意されていて、そのあたりも楽しめそうで分かっているなと感激するわけですが、欲を言えばさらに一般カーが欲しい所。その点プレステであったグランツーリスモの1や2辺りは面白かったですね。フィットやマーチなどで楽しく疾走していた思い出があります。まああちらの方もその後のシリーズではその辺りを捨て去ってしまったみたいですから、そう考えるとやはりこのFHがそのような一般カー欲を満たす最高の品と言えるのかな。よっしゃ、とことんゆるく走るぞ。



divinity002811.jpg
DLCの罠。ついてると思ってたのに。

そんなゆるい覚悟を決め、もうそろそろDLCにも手を出してみようかなという気分になってきた所で衝撃の事実が判明。なんとアルティメット版にはDLCコースは含まれていないようです。なんかDLCをダウンロードできないなあと思って調べてみたら、このアルティメット版に含まれているのはいくつかのカーパックだけで、拡張コースに当たる部分は別売りとなっておりました。おう、全然アルティメットちゃうやんけ。

いい作品だし買ってもいいなと思ったのですが、このDLCは本編と同様、既にライセンス切れで販売停止をしており、もう手に入れる事ができません。そんな罠が仕込まれていたとは。まったく気が付きませんでした。DLCもやって延々と楽しめるなあと考えていたのだけど、ちょっと残念。もっとも本編はまだまだやれる事が大量に残っていますから、そちらをゆるく走り続けていこうと思います。
スポンサーサイト



[ 2020/12/30 09:31 ] PCゲーム Forza Horizon 3 | TB(0) | CM(0)

フェスティバルは最高潮

divinity002778.jpg
ジェット機との競争なんてイベントもあり。スケールがでかい。

FH3を走り込み中。スタート時には慣れないアナログコントローラー問題もあって、タコ踊りをしまくっていたものでしたが、今ではかなりの慣れがでてきて、手足のようにというほどではないものの、それなりにアナログ度合いをコントロールしながら制御できる程度にはなってきました。

それでもどうも手に馴染んでいかないというか、そのデカさと重さにやや戸惑いがち。ずっとキーボードとマウスだけでやっていたし、コントローラーを多用していた時期は、ほとんどのコントローラーも震動機能なんてなくて軽かったからなあ。ううむ、すっかり時代に取り残されてしまっているな。ただ震動は別になくてもというのが正直なところ。モーター無くして軽くしてくれるほうが助かるぜ。

ちなみに使っているコントローラーは昔に友人から貰ったもので、側面にXBOX360と記載があるのでその世代の純正ものと思われます。コントローラーも大概なほどに時代に取り残されてるな。なんせ全く使っていなかったから今だに新品同様ですぜ。もしかしたら新しいコントローラーにしたらもっと軽くて小さくなってしっくりくるようになっているのかも。俺、XBOXSXを手に入れたら、新コントローラーデビューするんだ。

あと次世代機と言えば、近所のリサイクルショップに言ったらPS5が5台ほど並んで陳列されていたのでちょっとびっくり。ただし金額は当然のごとく定価オーバーの9万円という価格でした。あるところにはあるというか、転売屋のサイクル内だけで回っている感じですねえ。素性の怪しい転売屋どころか、店を構えているような所までもがそれに食い込んでいるご時世なので、安定供給はまだまだはるか先になりそうです。



divinity002780.jpg
知らない車に乗り換えてみました。

そんなことを考えつつも走りに出ます。使っている車両はランエボをメインとして、馴染みのある国産車を色々乗り換えながら楽しんでいたわけですが、ここらで全然知らない海外の車も乗ってみようと、そちらにも手を出してみました。グローバル作品だけに当然のごとく海外メーカーの方がラインナップ豊富ですからね。沢山あるしせっかくだから使わねば。

そして選んだのはアウディのRS4なる車。全く知らない車だけど、あんまりゴリゴリなスポーツカーしていない4WDという所で、使いやすそうな気がしての乗り換え。走ってみると同じ4WDだけにそれほど動作の違いなどもなく、それほどの違和感もなくあっさりと乗り換えができました。ただ違うのはやっぱりその速さ。Sランクに入ってくるレベルになってくると、加速も最高速も一回り上がって、これまでアクセル全開で抜けていたような所も細かい制御が必要になってきます。最も速くなったら制御のテクニックが必要になってくるのはどのレースゲームでも現実でも同じか。精進せねば。



divinity002779.jpg
絶景の中をひた走る。

早速レースに繰り出していくと、ライバルカー達も同ランクの物となりなかなか苦労をする戦いになってきましたね。ガチなレースゲームじゃないこともあって、ライバルカー達の速さはそこまで激烈という事はなく、むしろこちらに合わせてくれるやさしさのある設計になっているものの、やはり上のランクになってくると油断はできなくなってきます。AI達は細い公道レースでもミスをしないからなあ。そのソツの無い走りが強敵だ。

これを超えるS2ランクの車両も、前回に走り屋バトルとので乗った車などで複数台を所持しているけれど、速いのに乗るのが目的という訳でもないので気に入った車を見つけては楽しんでいこうと思います。そういえばアルティメットエディションだから、DLCの車もいくらかついていたような気がするぞ。全く手を付けていなかったので、そちらも引っ張ってきたら速い車に関しては全く困らなくなると思われます。それか時々値札が無料になって貰える車に出くわしていたけれど、あれがボーナスとして貰える車だったのだろうか。深まる謎。でも別に解かなきゃならん謎でもないし、そのまま突き進もうか。

そんなこんなで走りこみ、ファンを増やしてフェスティバルを拡張するという事を繰り返しているうちに、次回の拡張は節目となる1,000万人達成が目標となりました。なにやら達成時のイベントはファイナルショーケースという文言も見えるぞ。その名の通りファイナルなのかな。メインストーリーのイベントだけで、それ以外はそのままずっと続けられるのだろうとは思いますが、長々と遊んで多分もう20時間くらいは遊んでいるこの作品にも、とうとう一旦の区切りが見えてきました。レースゲーをこんなに長く遊ぶのはどれくらいぶりだろう。最後までがっつりと楽しませてくれそうです。
[ 2020/12/03 08:51 ] PCゲーム Forza Horizon 3 | TB(0) | CM(0)

目指せ峠のカリスマ

divinity002764.jpg
野良レースは車種混合でのバトル

FH3は毎日ちょびちょびと。メニュー画面で全体の進行度が確認できるのだけど、それを見たらまだ20%程度でしたよ。むう、もう10時間くらいは軽くやっていると思うのだけど。普通のレースゲーなら、これくらいまでプレイしたらコースやレースは一通り経験し終わり、あとはどれだけ走り込み、やりこみを行うかという話になっている段階かと思いますが、なんとも恐るべきボリュームです。1,2か月くらいはやっていそうといったけど、さらに長期間に上方修正が必要なくらいの状態になっています。今もプレイしている人がそれなりにいるのも頷ける作品ですね。

前回からFF車の可能性を探りつつ走り込みを続け、それなりに習熟し、いくつものバトルで勝利をおさめております。ただ相手がいい車だと、加速力の差がもろに出てかなりギリギリの戦いになってしまいますね。これまで乗っていたランエボやS級車両であれば、多少強引な仕掛けやミスをしても加速力でカバーできるのですが、シビックだと立ち上がり勝負でみるみると離されていってしまうのでしんどいです。

修行をしつつ苦戦をしつつのストリートレースを数戦。こちらは主人公が主催しているホライゾンイベントとは別枠で、夜の山道などで個人が集まってやっているという設定の草レース、まさに峠の走り屋達の世界です。熱いじゃないか。それもあってか出場する車両も色々な種類が混じっており、イベントレースの方だと皆が同系統の車両で合わせてくれるのに比べて、駆動方式や性能の違いが出やすい戦いになっています。峠のレースにはレギュレーションなどないという名言が頭に浮かびます。



divinity002765.jpg
1vs1の峠レース。スタート担当の人もいて気が高まります。

そうしてストリートレースをこなしていると、突然何者かから挑戦状を突き付けられたと連絡が入りました。峠最速の走り屋からの挑戦状のようです。分かっているツボを突いた展開に、ないはずの走り屋の血が騒いできたぞ。峠最速は俺たちホライゾンチームだぜ。

いざバトルへ突入。相手は黒のBMW。峠の死神とか異名を持っていそうな相手なので油断せず挑みます。ところがこいつが馬鹿っぱや。開幕スタートダッシュでは圧倒的な加速で走り去ってしまい、カーブで無理をしながら必死で追いすがるも、また立ち上がりで置いて行かれるという展開で、これまで割とゆるやかに進んでいたこの作品の中で死闘と言ってもいい勝負へ。

結局一戦目のバトルはこちらの負けで終了。リザルトから相手の車両を見てみると、相手はS1ランクの車ですね。こちらはAランクのシビックであるので、ランクひとつ違いの性能差を覆せずに負けてしまったという感じですね。今に見てろよ、とフェスティバルサイトへと戻って車の乗り換え。選んだ車はこれまで乗ったことのないUltima GTR720、S2ランクです。そうさ俺は大人げない男。峠のレースにはレギュレーションなんか無いんだよ。



divinity002767.jpg
ライバルを下し車を鹵獲。けっこう酷い事してるな。

初めてマトモに乗るS2ランクの車はまさにモンスター。4WDのランエボを軽く超えるような加速に、嘘のように曲がるハンドリングにグリップ力と、ジェットコースターのような異次元の動きをしてくれます。ライバルであるBMWは苦も無くちぎれるくらいの性能ながら、一瞬でも操作をミスるとそのままコース外に飛び出してクラッシュしてしまいそうになるので、自分自身の操作が最大のライバルとなります。こんなの峠で使うような車じゃないぞ。

レースよりも車の制御にびびりながら勝利。報酬として相手の車両を譲り受けることに成功しました。奪い取ったのかも。勝負に勝ったら相手のモノを奪うのはコロコロに載ってるような漫画のデュエルならば当たり前だけど、車レースで適用すると修羅場が展開されますな。下手すれば裁判沙汰になるような気もしますが、ありがたく新たな車を入手し、さらなる走り込みを続けていきます。
[ 2020/11/21 10:14 ] PCゲーム Forza Horizon 3 | TB(0) | CM(0)

FF車の可能性

divinity002742.jpg
シビックはかっこいい。馴染みがあるのは前の型だけど。

今日も楽しむForza Horizon 3。イベント進めつつの、フリー走行で散策を楽しみので自由にやれています。前も書いた事だけど、やれる事は唸るほどに大量にあり、かつそんな急かされるような感覚にもならないので、飽きる事も気負う事もなく長々と続けられ今の調子だともう1,2か月くらいはこれで遊んでそうな予感がします。

でもまあ、ちょくちょく書いているけれど、周回遅れになるのは今に始まったことじゃないしゆっくりいきましょうか。マイトマ6を楽しんでプレイしているのもそうですが、本にしてもこれまで知らなかった面白い本を興奮しながら読み終えて、ふと発行年を見ると40年以上前の物だったなんてこともゴロゴロありますし、歴史が積み重ねたコンテンツ量はあまりにも莫大すぎるのであまり気合を入れてもしょうがないのです。



divinity002743.jpg
新しい車ではこんなのも。恐ろしい性能です。

そんな流れで今日もゆっくり進行。車の方も余裕ができたお金を使って新しい車を購入し乗りこなしています。今回購入したのはホンダのシビック。なんやかんやで知っている国産車が優先になってコレクションが増えてきました。それ以上に強力な性能を持つ車はゴロゴロとあり、最初にシルビアを手にしたときの予測通りこの辺りの車は中の上くらいのランクだったりするのですが、今の所フェスティバルを拡張してゲームを進めるという点に関しては、強い車を強制される事はないので普通に楽しみながら進めていけます。エキシビジョンのレースであれば、相手の車両ランクはこちらが使っている車両のランクに合わされているっぽいですね。いつもいい戦いが楽しめます。

ただバケットリストという、レース以外のアクションを行うイベントがあるのですが、こちらの方はちょっと苦手。ジャンプを規定回数とか、ドリフトを規定ポイントするなどの条件を与えられて、それをクリアすれば終了となるのですが、何がつらいって、クリアできないとその道中で稼いだ経験値などは全てゼロになって、またやり直しになってしまうという事です。普通のレースの方だと、例え大差で最下位であったとしてもレース中に得た経験値はそのままで、さらにお金とファンの数もいくばくかは貰えるという努力賞システムを採用しているために、最下位続きであってもじわりじわりと強くなっていくことができるのですが、バケットリストの方は失敗すると全てが無かったことになってしまうため、失敗が連続した時に虚しく非常にへこんでしまう事になってしまうのです。



divinity002744.jpg
安定のFF車。多少のハンドル操作ミスではへろへろしません。

シビックで走ってみてすぐ気が付いた事。カーブの安定感か非常によく、多少挙動が乱れた状態であっても普通にアクセルが踏めて、なおかつ簡単に姿勢を回復できます。こりゃあ楽だ。ダートが多いゲームだから4WDが安定かと思っていたけれども、地面に駆動力が伝わらなくて制御不能になるとかスタックだという状況にはならないので、ダートでもFFの利点が大きく出ていて非常に安定した走りができるようです。やるなFF、しばらく使ってみるか。ゲームスタート時は慣れるまでFF車の方を使った方がいいかもしれません。ただ加速は他の車種に比べるとやはり遅めなので、その点で他の車種との戦いで苦戦してしまいますね。

カーブではあまり突っ込みをせずに最低限のスピードダウンだけでゆるりと入り、立ち上がりの安定を生かして早めにアクセルを踏み相手を追い抜くという走り方が効果的な感じ。そういえばカペタでそんな走り方をやっていたな。まさにパワーの劣る車で有効なという奴です。もっと加速が鋭いFF車がいればいいんだけど。でもFF車だとシビック、インテグラあたりがもう最速のランクなのかな。海外メーカーは全然知らないので、そちらでなにか凄いのがいたら買って試してみようと思います。

などと新たな目標もできた所でさらに走りこみ。こうやってあちこち走り回りながら色々なレースをするのもいいけれど、走りの練習用にどこかマップの一角にサーキット的な物も欲しくなってきますね。さすがにそれは無さそうな感じではありますけど。サーキットをやりたかったらモータースポーツの方のFarzaをやりなという事でしょうか。そういえばまだ手を付けてないけど、DLCも一緒に入っているんだった。雪山と別にあるもう片方の方が、なにやらサーキットに近いような感じもします。本編を終わるかそれに近いくらいになってからと思っていたけど、また手を出してみようか。

そうそう、そういえばしばらく前からネットで話題になっている、MSのGamepassが、Xboxのネット対戦サービスであるXbox Live Goldから乗り換えると、1回だけ全期間がそのまま引き継がれるので格安でGamepassに加入できるという裏技。そこまでやるかやそもそも次世代機買うかが微妙ながら、最悪PCでもできるしなと思って勢いで加入していたのでした。

だからやろうと思えばモータースポーツのフォルツァもできるようになるはず。割とその場のノリで15,000円ほどを投入してしまった気はしますが、自分からはあまり買わないアクションやシューティングなどのジャンルが気軽に試せるのはいいですね。なにやら着実にMS圏内に取り込まれている自分がいます。といってもずっとWindows使っていて、MSアカウントもOnedriveなどで通常利用しているから、既に取り込まれているといえばそうなのですが。GoogleやAppleなど巨大企業はみんなその方向ですが、普段使っているデバイスにそのまま紐づけながら勢力を拡大していく作戦は、一度入るとなかなか抜け出せなくなりますね。上手い商売だ。
[ 2020/11/04 10:00 ] PCゲーム Forza Horizon 3 | TB(0) | CM(0)

ハマれる楽しさFH3

divinity002722.jpg
新たな会場は荒野のど真ん中

Forza Horizon 3 を楽しみ中。車繋がりの話題で、ふと覗いたはてなでは地方は収入が少ないのに車必須で金がかかるからあかん、というよくある話題が出ておりました。車がそこまでお金がかかるイメージはないけどなあ。地方なら駐車場代もゼロかそれに等しいくらいだし、車両本体も収入に合わせていくらでも変更可能だしで、金のない単身者なら中古の軽なりと選べば別に困るような事はないかと。そもそも別にそこまで必須ってわけでもなく、よほどの積雪地帯でもない限りは原付一本でも十分いけますしね。5年くらい毎日原付で20kmの道を通っていた自分がいます。金が無いときはそれに合わせて対策せんとね。

ちなみに今は車を使い倒しております。電車通勤をしていた時期も一時期あるけれど、それにくらべるとやはり完全プライベート空間で音楽や映像をかけながら飲食も自由にでき、冷暖房の調整も自由にできるという空間が持てるメリットは計り知れないものがあります。電源もあるし、替えの服や靴なども積んでいるので、動く自室という状態。でもまあ都会に行ったら、自宅駐車場代やら行き先の駐車スペースの無さでデメリットが増えて、価値は目減りするのでしょうね。出かけた先の駐車場が1時間1000円なんてレートだったら、そりゃあ使わないようになりますしね。

なんか脱線したけれど、車は便利だよということで、それはともかくFH3。自分でも意外に思うくらいにはまっています。レースゲームだとコースを周回してのレースが基本であり、集中力が維持できる体調の時しかできなかったり、また数戦して集中力が切れたら終わりなんて流れが多くなりがち。自分の場合は大体1アタック5分10分として、2,30分くらいしたらもうやめるという短期パターンが多いのですが、この作品では適度なゆるさとオープンワールドという要素があるおかげで、気が付くと1時間近く過ぎていたというような楽しみ方ができてしまいます。

弱っていてレースなんてする余力もないよって時は適当に街を流して、気持ちよくドリフトの数回も決めてから眠りにつくことができ、精神衛生上もとてもよろしいです。この目的無く過ごしているのに何か充実している気になれるのは、リアルでの夜のドライブに通じるものがありますね。ゲームでありながら、グラフィックや挙動とは別の不思議なリアル感。なんだかいいなあ。



divinity002723.jpg
悪路すぎる道をATVで挑む。悪路すぎて最下位争いの始末。

フェスティバルの方は今も順調にファンを増やしていき、3つ目のサイトを開設。今度は荒野の真っただ中の会場となり、オフロードレースがメインに。今までもオフロードでのレースはあったけれども、ここはそれをさらに突き詰めたポジションで、林道のような道でもない完全な荒れ野や川を渡り駆け抜けなければならないという過酷なレースが展開されます。

車の方も普通乗用車やSUVとはまた別にバギー系の全地形対応車が登場、より悪路走破性の高い車を駆りレースに挑むわけですが、これ滅茶苦茶に難しくて大苦戦中。これまでの経験でダート走行やドリフトの制御にもある程度慣れてきた積もりであったものの、ここは道もマシンもレベルが違いました。

車の方は小さいボディに高出力であることで、少しアクセルを踏みすぎるだけでも暴れ狂うというじゃじゃ馬であり、道も起伏が激しくて飛び跳ねまくるのも合わさって、カーブ手前で飛び跳ねて制御不能のままコース外に突っ込むような事態が多発し、結果としてレースは惨敗ラッシュ。チューンナップしてパワーを上げたのがまずかったのか? 今の腕ではとても制御できないようなマシンとコースになっています。まだまだ修行が足りないのか。

ただ通常のランエボを駆って挑むレースではその制御にも慣れてきて、安定して上位が取れるようになってきました。気が付くと同じ車にばっかり乗っているのでもっと他のにも乗っていかないといけませんけどね。アルティメット版を選んだからか、レース後のスロットボーナスで貰える資金が2倍になるVIP得点が付いているおかげで資金の方はどんどこ貯まっています。知らない外車にも手を出していこうか。



divinity002724.jpg
ソーシャル要素は非常に充実。まったりなクラブをおすすめされました。

段々とゲームの仕組みも分かってきて、レベルも車数も順調にアップ中。この作品では、というか近年のマイクロソフト作品ではソーシャル要素に力を入れており、この作品でもあちこちで他のプレイヤーとつながって楽しさを増やせるような作りになっていますね。マシン購入時のペイントも、他のプレイヤーが作ったものを選んでいるようですし、イベントの一部は自分で作ったり、他プレイヤーが作った物を遊べるようになっているようです。

なにやらクラブなる物もありますね。MMORPGでいうギルド的なもの? こちらもプレイヤーデータか何かから適切なものを紹介されるようで、マッタリレーシングジャパンなる如何にも自分の嗜好にぴったりあった名前のクラブがおすすめされておりました。うむ、まったりしてよさそうな名前だ。でも今は人との繋がりに疲れちゃってる部分があるからなあ。MMORPGは楽しいしハマリすぎるほどにハマっていたけれど、今はほぼシングルRPG専門になったのもそういう理由であるので、今はまだソロを楽しんでおこうか。
[ 2020/10/19 08:55 ] PCゲーム Forza Horizon 3 | TB(0) | CM(0)