スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トヨタへの旅

divinity001849.jpg
ここが気になっていた

週末はちょいと遠出して、トヨタ自動車のお膝元にあるトヨタ博物館を見学してきました。豊田市じゃなくて長久手市のようですが、愛知県民以外は愛知の市を使い分けられないと思うので、細かい事は気にせずいきます。名古屋市以外の全てもナゴヤナゴヤと言うのが他県民スタイル。



divinity001850.jpg
元祖自動車

博物館に入って2F展示室へと進むと、図鑑でしか見たことがないような元祖の自動車がお迎えしてくれます。ここの展示は2Fで世界、3Fで日本の自動車に分けて、それを年代別に順々に、進化の過程が分かるような形で見る事ができるようになっています。最初期、馬車にエンジンをくっつけてみたスタイルから始まって、100年少々で現代の形にまで進化するのだから、改めて通して見ると先人の知恵と努力に驚かされますね。



divinity001851.jpg
だんだん進化

ここの博物館の特徴は、圧倒的な実車の展示数。パンフによると160台ほどもあるそうで、さらにその大多数が実際に動く状態にメンテナンスされているというのがまた驚きです。自動車メーカーだけに恐ろしいほどの気合の入りよう。特別なイベントの時だと、自分が運転するなんてこともできるみたいですね。ぶつけたら焼き土下座コースになりそうで怖いですけど。

そんな実車群の迫力は素晴らしいもので、ミニカーや写真ではピンと来ないような車種でも、ついつい見入ってしまいます。写真でも分かるように、内部のメンテナンスだけでなく外側も顔が映るほどのピッカピカにされており、このあたりのクラッシックカーなんて本当に芸術品に思えてきます。



divinity001852.jpg
コスモスポーツ!

3Fの日本車展示へ。こちらも進化の過程を見ながら進んでいきます。世界の時もだけど、そういう趣旨なのでトヨタ以外の車もふんだんに展示されていますね。これはマツダのコスモスポーツ、こち亀で作者のかつての愛車だったとかで、漫画内でよく登場していたのを覚えています。そこでの評価はあまり高くなくネタ的な扱いだったけど、これは現代でも通用するかっこよさ。



divinity001853.jpg
トヨタ2000GT

日本スポーツカーの歴史には必ずといっていいほど登場する名車、トヨタ2000GT。見た目からしてオーラがあります。現存する車両のお値段は軽く数千万、海外のオークションでは1億2000万円で落札されたのがニュースになっていたので、その辺から来るオーラにも圧倒されて拝みたくなってきます。賽銭箱があったらお金を入れてたな。

やっぱり立ち止まっている人が一番多いのもここで、本格派なカメラを持った人がバシバシ写真を撮りまくっていました。こういうのを見るといいカメラで写真を撮りたくなる気分も分かりますね。



divinity001855.jpg
続いて桑名へ

桑名で村正展がやっているというニュースを見ていたので、わりと近めである事だし一緒に見に行ってきましたよ。ここは国立や県立ではない市立博物館であって、建物も駐車場もかなりこじんまりとした作りで、はっきりいってしまうと普段は閑散としているんだろうなあという雰囲気の場所でしたが、村正とニュース効果かひっきりなしにお客がきていました。



divinity001854.jpg
妖刀

真剣自体を滅多に見る機会が無い為、比較対象が普段見ている我が家の包丁になりますが、当然のごとく比べものにならないレベル。氷で張らしたような輝きを放っています。これは妖刀と言われるのも納得。刀から短刀まで村正とその一党の作品が四十振ほども一度に展示されており、刀の構造や装飾の解説や展示もあるので、刀の知識が大してなくても十分楽しめます。いわゆる歴女なのか、若い女の子もけっこうおりました。

最初にトヨタ博物館に行っていたのもあって、じっくり見ていたら閉館時間も近くなってきたので帰宅。車→刀と男のロマン的な要素を詰め込んだ、実に充実した旅でした。旅をするとゲームをする時間がガツンと減って、Avadon3も全然進めてないのが痛いけど、また隙を見てはちょこちょこと旅に出ようと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/09/27 22:38 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3とDivinity: Original Sin 2を入手

divinity001838.jpg
待ってました

Spiderweb Softwareの新作、Avadon 3: The Warbornが本日発売になりました。Avadonシリーズは1,2とやっているし、ここの作品とは個人的に相性がよくて毎回楽しめているので迷わず購入です。Avadonシリーズはこの3で完結となるようですから、物語の最後までをきちっと見届けていきたいですね。他にもまだ手つかずの旧作が多くて、AvernumもGeneforgeもシリーズ制覇をしたいと思っているのだけど、まずはこれからいってみよう。



divinity001839.jpg
こちらも楽しみ

Divinity: Original Sin 2のアーリーアクセスも案内が来ていましたよ。前に書いたようにどうせなら製品版で遊びたいし、今やっているVictor VranにAvadon 3まで重なって、どうやっても時間が足りないから参加するつもりはなかったのだけど、あまりに放っておいてメールやコードを紛失するような目に合っても嫌だから、先にSteamに登録までしておきました。ここまでしておけば困る事はあるまい。

どちらも余裕で数十時間はかかるような重厚RPGだから、今後も延々とRPG漬けの毎日を送れそうです。消化しきれるかという不安もありますが、それ以上に楽しみの方が勝っているし、じっくりマイペースで楽しんでいこうと思います。長い休みが欲しいなあ。
[ 2016/09/14 23:03 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

牡蠣食べてきた

週末に牡蠣を食べに三重県は鳥羽まで出かけてきました。鳥羽、牡蠣というワードで検索すると、焼き牡蠣、牡蠣小屋や食べ放題に詰め放題といういかにもそそる検索結果がずらずらと並び、けっこうな有名どころになっていますね。前に行った広島~瀬戸内海エリアも牡蠣の有名どころですが、あちらは何度も行くのが不可能な距離だから、まだ近めの鳥羽を採用します。



divinity001627.jpg
牡蠣!

他いろいろ観光要素はあれど、主役は牡蠣なので一心不乱に牡蠣を食います。場所によってルールが違い、食べ放題系の所は予約が必要な場合が多いので事前に確認が必要になります。それ以外の所でもある程度南の方まで行けば、1個100円くらいのレートに落ち着くようになっていますから、食べ放題の予約が取れなかったという場合でも落ち込むことはありません。飛び込みでも十分に満足できるでしょう。自分は食べ放題だと元を取ろうとして気持ち悪くなるまで食べるタイプだし。

ここは1個100円で焼き牡蠣、生牡蠣でした。とりあえず10個、焼き立てのアツアツを頬張ります。飲み物は近くの自販機から、牡蠣小屋系の半屋外のような店だと、飲み物はなんでも持ち込みOKですね。周りを見てみると酒を持ち込んでプハーっとしてる人もいました。それもいいなあ。



divinity001628.jpg
オイスター!

プリプリですよ! 魚介系はやはり鮮度が大事ですね。何もつけずとも生臭さも無く、牡蠣の旨さだけが口一杯に広がります。同行者もいたので最初の一皿は瞬く間になくなり、追加に追加を重ねて一人10個以上をぺろりと平らげました。タウリンとりまくりです。

詰め放題でお持ち帰りや宅配便でお土産にしている人も多くいました。こちらもせっかくなのでお土産に牡蠣の佃煮を購入。生より日持ちするし、産地価格でたっぷりと入っているのに格安でした。運転中で飲めないし、帰ってから酒のつまみとしてゆっくりと楽しもう。



divinity001626.jpg
牡蠣の殻で龍

帰りに寄った海の博物館。場所的に人がいない寂れたB級スポットだろうと思っていたら、海に生きる人々の民俗博物館といった感じで、思った以上にまじめで充実している場所でした。漁具や漁法の歴史、祭事なんかの展示ですね。入館料800円が微妙な価格設定だけど、興味がある人は行っても後悔はしないでしょう。

何故か牡蠣の殻で作った龍があったので撮影。賽銭箱やその周りに賽銭まで散らばって博物館なのに神社状態で、モノリス大明神のコピペを思い出しました。日本人の習性だなあと思いつつ自分も賽銭を入れて拝んでから帰路へ。充実した週末でした。
[ 2016/01/18 21:51 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

釣り

いきなりだけど釣りに行ってきました。11月末のほぼ冬の気候の中を夕方から翌朝まで夜通し釣りという、普段の休みは家に篭ってPCの前に座りっぱなしな事が多いインドア派の自分にはいささかハードルが高いチャレンジです。急に寒くなって大雪になっているような地域もあるようで、中止にしようか迷いながらの出撃。健康のためにウォーキング始めた人を冬山登山に連れてったみたいな状態です。



divinity001567.jpg
海はええのう

一晩の戦いを終えて、夜が明けて空が白み始めた頃に撮った一枚。海の雰囲気は好きだけど、やはり温度の低さと海風で容赦なく体温を奪い取られてしまうので並の厚着程度では命に関ります。昔いった時に死に掛けた経験があるので、保温蓄熱のインナーを重ね着して、防寒服を外に着込んで頑張りました。

防寒服はアウトドア用品や釣りの店くらいでしか扱っていないものでしたが、最近はホームセンターなどでも手に入りやすくなっていますね。別に釣りにはいかないよという人でも、バイクに乗る時や暖房代の節約なんかにも有効活用できますから、一着くらい仕入れておくのもいいんじゃないでしょうか。持ってないけどワークマンのイージスというのがコスパに対する性能のよさで評判らしいですよ。



divinity001564.jpg
カレイ

釣り始めて1,2時間ほど、いきなり大物がかかりました。30cm超のカレイです!船で沖に行くような本格派の人ならもっと大型を釣ったりしていますけど、陸地からなのと素人レベルなので、自分としては大物を釣ってホクホクの気分なのです。これで煮付けが食える。甘辛に煮付けると最高ですよ。今はネットでレシピなども大量に出ていますから、美味しく食べる料理法もすぐに分かるのが便利ですね。皆も魚屋で買ってきて作りましょう。

この調子で大漁を目指せるかなと思っていたら、フグの群れがやってきたようでフグばっかりかかるようになってしまいました。クサフグを自分でさばいて食ってる人なんかもいて、美味いという話も聞くけど、さすがにそこまでのチャレンジはなあ・・・ この後、クサフグを釣っては地面に叩きつけるようにしてリリースするという動作を数十回繰り返すことになります。



divinity001565.jpg
冬の糧食

日付が変わる手前くらいで。体温維持のために熱くてカロリーのある食べ物でエネルギー充填。本格派の友人が用意していたアウトドア装備にて休憩です。書いてあるけどジェットボイルという奴ですね。バーナーの炎があたる部分に見える独特の形状で、熱を逃がさずに素早くお湯を沸かせるのだそうです。

湧いたお湯で奥に見えるカップヌードルのカレー味を食べました。寒い中で食べる熱々の食べ物は最高の一言。あと寒い時はやっぱりカレー味が最強でしょう。トロミと辛味で体を温めて、さらに戦いを継続します。主にフグとの戦いですが。



divinity001566.jpg
アナゴ

ここで謎の物体をゲット。ニョロニョログネグネした何かですが、見てみるとアナゴでした。写真だと大きさが伝わりにくいけど、60cmくらいはある大物ですさまじい存在感です。店で食うならともかく、個人でさばくとなるとこれどうするよとなるシロモノだから逃がそうかとも思ったけれど、調べれば何とかなると思って持ち帰ることに。

結果としてこれは大正解でした。またネットのお世話になって検索すると、素人でもできるさばき方の解説がいろいろ出ており、その通りにやって凶悪にするどい骨の対処に成功。カレイや他の獲物とあわせて煮アナゴにして食べたら、脂がのっていながらフワフワな食感の白身という、素晴らしく上等な味わいでした。

一晩釣り続けて朝に帰って、さらにそこから死んだように眠っていたお陰であっという間に土日が終わってしまいましたが、なかなか実りのある週末でした。
[ 2015/11/29 21:22 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

明野への旅

先月の呉への旅に続いて、週末は三重県の明野まで旅に行ってきました。



divinity001489.jpg
到着

ここには陸上自衛隊の航空学校があり、年に一回航空祭をやっているのです。あんまり体調はよくなかったのだけど、前回と違ってそれほどの遠距離でもないのでなんとか持つかと見学へ。看板はみんなが撮っていたのでとりあえず撮ってみました。流されやすいタイプです。

年1回のイベントだからなのか凄まじく大勢の人が訪れていて、最初から用意されている駐車場は開場の2時間前、朝8時前後で埋まってしまいます。近くに止めたいという人はその辺も計算して、朝早くに到着できる形で予定を組むのがいいでしょう。私が到着した時はバイパスである国道23号から、こちらの方面に曲がる地点で既に渋滞が起こり、右折車線はおろか、その後方の右車線まで車がびっちりと詰まっておりました。ここは急がば回れということで、1kmくらい歩くつもりで駐車場所を探したほうがいいですね。国道沿いの遠めの場所なら車をとめられる場所が見つかるでしょう。



divinity001483.jpg
そして入場

てくてく歩いて入場すると、さっそくイベントで落下傘降下が始まっておりました。空に豆粒のように見えているのが降下中の隊員です。あいかわらずスマホで撮っているので、肉眼よりもさらに小さく見えてしまう写真しか撮れません。この後、メイン会場である滑走路側では、さらに地上車両の紹介や、ヘリコプターがさまざまな機動を見せる飛行展示が行われており、肉眼ではものすごい迫力だったのですが、写真では全て豆粒コースでした。やはりレンズか。



divinity001484.jpg
こちらは近いので大丈夫

飛行しているのとは別に、地上展示されている機体も沢山あるのでそちらも見ていきます。これくらい近ければスマホでもなんとか。

これはAH-64アパッチですね。がっちりとしたごっつい機体です。こんなのが飛び回りながら30mmやミサイルを撃ち込んでくるんだから、そりゃ地上車両は勝ち目ないよなあと思います。



divinity001485.jpg
なんだかいい色合い

これはOH-1、国産のコブラっぽい見た目の偵察機というのがニワカである自分の認識。迷彩じゃないなーと思いながら説明版を見てみたら、試作初号機と書いてありました。OH-1はアクロバット飛行もできるほどに機動性に優れた機体で、この航空祭でも飛行展示でその機動を見せてくれるのですが、今回は機械トラブルで飛行の方は欠席になっていました。その分地上展示の方に二機回っていたので、近くでじっくり見ておくことにします。



divinity001488.jpg
まぎれもなくヤツ

こちらはAH-1コブラです。OH-1もですが横幅が非常に狭く、正面からの被弾を抑える形状になっています。横からみてもなんか薄そうというのが伝わってくるでしょうか。今回はエンジンのカバーが開けられていて、内部構造が見えるようになっていますね。エンジンの隙間から向こうの空が見えるのがまた薄さを際立たせています。望遠レンズで撮りまくっている人がいましたが、メカ好きにはたまらないものがあるのでしょう。



divinity001486.jpg
活動記録も

明野航空自衛隊の歴史や活動記録を写真で紹介する展示もありました。これまであった大地震や、つい先月の鬼怒川洪水などの天災では、ここの部隊からも救助に出動していたそうです。最近は妙な天気が多くて、そこから突然の災害になる事も多いですから恐ろしいですね。交通まで遮断されるような場合だと空からの救助がどれだけ効果的なのかがよくわかります。私の場合、地理的に見てイザという時はここに助けてもらう事になりそうなので、普段から応援しておこうかと思います。
[ 2015/10/19 22:29 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。