FC2ブログ








肉を煮込む話

divinity002581.jpg
肉をトロトロに仕上げる。

コロナの影響も収まり気味となり、基本的な生活自体はなんとか戻りそうなのかなという状態。もっとも完全に収束というのはなさそうで、また皆が行き来するようになると再び感染爆発なんてことになりかねず、実際にそんな事も起こっているのでまだまだ油断はできない状況。たまには旅にでも出たい気分もありますが、そこはまだ抑え気味にしておいて近場をうろうろするくらいか、料理やDIYなど自宅でできるような事を行っていきます。そういえば網戸を張り替えようと思っていたんだ。知らない間に穴が開いており、寝ている間に蚊に刺されてるんよ。

そんなこんなでなるべく動かない形で過ごしていた結果、プラス方向の副産物として料理スキルが上昇。レシピが増え、段取りや速度、味の安定度などが全体的に知らぬ間に上がっていたといううれしい現象が起こりました。元がそんな大したレベルじゃないというのもあるけれど、人間やっていれば上達するものですね。料理はなかなか楽しいのでおすすめです。最近はクックパッドなどがアレンジ料理だらけで基準の味が分からなくなりがちですが、味の素やキッコーマンなどの調味料企業のレシピサイトを参照し、その通りに作っていればなんとかなります。レシピ大事。

興味のない人には完全にどうでもいい話ですが、肉類は意外と低温でも火が通り、かつその方がかえって柔らかく仕上がるというコツがあります。料理業界だと低温調理機、真空調理機なんてものはけっこうな前から出ており、今だと一般消費者向けのものもAmazonなどで普通に買えるような時代になっていますから、知識がある人には当たり前な話ではありますが、知識ゼロからのスタートだとこれを知っているかいないかで世界が変わってきます。

科学的な話では低温調理や肉料理、化学などのワードで検索すると沢山サイトが引っかかるわけですが、簡単に言うと肉のタンパク質は60度くらいでも徐々に分解されていく、そして高温すぎた場合は分解より前に硬化が進み、ただ硬いだけの肉になってしまうというものです。それをフル活用するのには前述の低温調理機や保温調理グッズなどが欲しいところですが、普通の鍋でも十分に利用をすることは可能です。

肉類の調理をするときは煮物系の場合だとあんまりぐつぐつと煮込んだりはせず、また弱火で煮込むとあっても火を出し続けるというまではせず、少し煮立ってきたらもう火を止める、そして蓋をして保温をした状態でしばらく置いておき、60度くらいに下がってきたかなというくらいでまた少し煮えるくらいまで火を入れるを繰り返す。それくらいでも十分に火が通りかつトロトロに柔らかく仕上げることができます。この方法がテキメンに効くのが手羽元の煮込み。鳥は他の肉に比べてより柔らかくなりやすいので、誰にでも達人級の絶品煮込みを作ることができます。

そこまで火を通さない種類の料理でやる場合は、ある程度慣れてないと生になったりして少々危険なのと、これからの季節に低温で長々と料理するのは事故のリスクが出てしまいますが、自分の経験でも初心者が分からないうちは、とにかく火の入れ方が強く長くなりがちになってしまうので、この知識を知っておくだけで確実にレベルアップをすることができます。
スポンサーサイト



[ 2020/06/30 09:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

Steam サマーセール

divinity002577.jpg
サマーセールきました

PoE2をやっている間に、いつの間にやらSteamのサマーセールがスタートしておりました。そういえばもう6月も終わりだしそんな時期か。時が経つのが早すぎ問題は今も継続、というか年々加速度を増しているようにも感じられるくらいの勢いになっております。今回のサマーセールは購入時に貰えるポイントでプロフィール周りの装飾をゲットできるというもの。日替わりや時間限定のフラッシュセールなどがなくなった後の定番になっている、いつものやつですね。

セールの方はというと、RPG系に関しては自分好みの物の大半を既に所持していることもあり、まあ勢いで買っていこうかなという感じ。最近になってEAがSteamに合流をし、そちらの作品が大量に入ってきているのでちょっとそそられていますね。Dragon Ageシリーズに手を出してみようか。ただ2に関しては日本語が含まれていないようなのと、起動には結局Originのアカウントが必要でしかも動作が安定していないというレビューが結構な割合で入っているので、もう少し様子を見た方がいい気もしますな。

また最近は国産ゲームがずいぶんと大量にSteamに入っているのを見かけるようになりました。ちょっと前まではおま国やおま値、日本語は別売りなんてやっていたスクエニも、普通にFFやら聖剣伝説やらを日本語入りで売っていたりします。またセガなどはSteamの売上が家庭用機(1機種分?)の比率を超えたなどというニュースがでたりと、国内メーカーが舵取りを変更してPC版の売上も意識した動きを取っているのを感じますね。時代は変わるものです。

あとペルソナ4がSteamに出たというニュースもあり、それもちょっとした騒ぎとなっていたみたいですね。ペルソナは1と2しかしたことないけれど、なにやら今も高評価を得ているシリーズらしいのでこれもまた気になる存在です。ただ過去作から大分と方向性が変わっているみたいですから、手を出してついていけるかどうかは心配ですね。いや1の地獄のように長いダンジョンと即死しまくりの戦闘の方向性でさらに尖られててもそれはそれで困るのですが。2時間くらいプレイしたあとバックアタックからの即死攻撃で全滅やり直しとかしょっちゅうだったからなあ。

などと書き連ねてみると、今年のサマーセールは国産ゲームの強化期間にするのがいいのでしょうか。ストアを眺めつつ、また散財をしていこうと思います。たまにはアクション系もいいな。
[ 2020/06/26 09:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

気分転換を考える

世間はどこも自粛で自宅待機でという流れで、SNSなんかを見ると動けないことによる息苦しさに参っている人をよく見ます。自分の周りでも暇で死にそうなんてSNSが入ってくるのですが、こちらは相変わらず週1日休み程度のペースで過ごしており、ちょっと殺気を込めつつテキトーに流す返事をする日々が続いています。やる事に関しては困らないというかうんざりするくらいあるわ。助成金関係の手続きも全部こっちに回ってきたぞ。

それでも確かに日々の息苦しさは感じる今日この頃。こういう息苦しさを感じるのは、やはり自分が思う時に自由に動けないという状況にあるのが大きいのでしょうね。家にこもってゲームばっかしていたいとはいつも思うけれども、いざ家に閉じ込められてゲーム以外を許されないなんて状態になってしまうと、急に外に出たくてしょうがなくなるという奴です。精神の安定という奴はなかなかやっかいなものですな。サブスクで映画も音楽も一生かけても消化できないくらいあっても、それだけで満足し続けるのは難しいと。

こういう時は気分転換で新しいことや関係ないことをやってみることがベストであり、パンを焼く人が増加中なんてニュースが流れてたりする所を見ると、皆いろいろと工夫しては新しいことを探している模様です。自分の場合だと料理をするのはそこそこに好きだけれど、後片付けをするのが嫌いというダメ人間らしい問題があり、時間の問題もあってそんなにはできておりません。パンなんかは発酵待ちとかでけっこうほったらかし待機時間がありますから、のんびりできて楽しそうではありますがね。

ほったらかしと言えば炊飯器で甘酒作りはちょこちょこやっていますが、あれものんびりできてかつ美味しく、その上失敗はめったなことでは起こらないのでお勧めです。米麹のつぶつぶ触感がまた美味いんだ。飲料だから多少作りすぎても消化に困らないところもまたいいですね。昔、国産ブランド牛スジが安く売っているのを見つけて興奮し、勢いで2kg買ってきて煮込みを作った時は食べきるのが大変でした。めちゃめちゃ美味しいのだけど、やはり脂モノは量を食えないので、ちょっと食い足りないなという所で押さえておくべきです。あと1パック買っていたら一生牛スジ嫌いになっていたかも。

あとは帰り道に、あえて普段通らない道を選んでいくのも地味ながら最近のお気に入り。一人車に乗って走り回る分には、感染リスクがどうこうなるわけではないしで、日々アスファルト、タイヤを切り裂いて楽しんでいます。こちらはガソリン代も安くなっており動き回りやすい環境が整っているのもいいですね。ただこれからの季節に行楽する人は一定数でるだろうから、そういう人が動きや回りやすくなるのも問題ではあります。

などと気分転換をしたところで最後にもちろんゲームも。こちらもQueen's WishとMegaqualiumだけでかれこれ一ヶ月が過ぎており、進みが悪すぎて我ながらもどかしい思いをしているのでなんとかプレイを進めていきたいところ。その間もストアを見ては気になるものを買い足ししており、なんかもうすっかり積みゲーマーとなってしまった感がありますが、ゲームに関しては今までプレイ途中で放置ヤメしてしまったというケースは数えるほどしか起こっていないので、ペースを維持しつつ持久作戦で楽しんでいこうと思います。
[ 2020/04/27 06:06 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

カフェインよさらば

divinity002353.jpg
美味いんだけどね


前回にカフェインと謎の頭痛の件から、カフェインコントロールを始めて一ヵ月ほどが経過。その後どうなっているかというと、順調に結果が出ております。

まず頻発していた頭痛は、この1か月ほぼ無くなりました。完全には断っていないのもあって、1日だけゆるめのがあったかな?という日はありましたがその程度。毎日を頭痛なしの快適な生活で過ごせています。おかげで集中力もいい感じにキープできており、仕事中のそれはもちろん、帰宅後のゲームや読書なども寝る前まで満足して楽しめてます。あと寝つきもよくなりましたね。カフェインはカフェインだけに睡眠にはかなり影響を与えていたみたいで、ぐっすりと寝て、ダルさを感じることもなくぱっと目が覚めます。まさにいいことずくめ。カフェイン断ちをしたおかげで幸運が舞い込んできて宝くじが当たり、パチンコ屋では座った途端に連チャンが始まりそうな勢いです。

そうは言いながらも完全にコーヒーを止めたわけではなく、一日1,2杯程度であればこの状態にはならないので、ぼちぼちと飲んだりはしています。ただそれだけでは間が持たないのもあり、いろいろと代用品のドリンクに手を出して開拓をしていました。試してみた感想は以下の通り。


・カフェインレスコーヒー
 カフェインレスながらおいしいコーヒー。やはり普通のコーヒーに比べて風味が落ちてるなあという所はあれど、出先などで市販のコーヒーも飲んでいて、別にコーヒー通でもなんでもない自分としては美味しく飲めます。缶コーヒーの過剰すぎてトイレでそのまま出てくる香料や、ペットボトルコーヒーの色付き水かというレベルまで癖を無くしたものも、なんやかんやいいつつ普通に飲んでいるので、それに比べれば全然あり。品によっても味もいろいろ違うので、今後も開拓をしていこうと思います。

・麦茶
 鶴瓶。焙煎したものの汁ってことでコーヒーみたいな物だと言ってもいいじゃないでしょうか。第二次世界大戦のドイツでは大豆を焙煎したものを代用コーヒーとして飲んでいたそうですし、同じような物なんだと信じ込めばそれなりにいけます。ただやはり夏のがぶ飲み飲料という扱いで、ぐびぐび飲んで喉を潤すのにはいいけれど、リフレッシュ時に一口飲んだ時に欲しくなるような、目の覚めるような味のインパクトと、後口の爽やかさなんかは足りないなあとも思います。飲み物として方向性が違うものだから無茶な要求をするなという所ではありますけど。でもやはり子供の頃から飲みなれてるし、どこでも売ってるしでよいものです。

・ルイボスティー
 最近一番飲んでるくらいのお気に入り。麦茶に比べると一口含んだ時に溢れる芳香と、口が完全にリセットされるような後口のさわやかさがあり、テイストはちがっても、自分が求める要素としてはコーヒーに近いものを感じます。マメ科らしいけど、やるな豆。大手からペットボトル飲料が出ているので割と求めやすいのもいい感じ。自宅では茶葉でより美味しいのも作れますしね。あとコーヒーに甘い物をつけるのが大好きな自分としては、甘味に合うのも高評価。

・グリーンシャワー
 ポッカサッポロから出ている謎の飲料。ポッカサッポロというメーカーはB級ドリンクでやらかす時が多く、これもそう受け止められがちなもので、かつ周囲の評判は最悪だったこともあって早々に消滅。そのままなかったことリスト行きしたのかと思いきや、意外と生き残っているようで業務スーパーなど売れ筋メーカー以外の飲料を仕入れているような所でちょくちょく見つけます。味としてはホップ風味がうっすらするフレーバーウォーターで、ホップの香りは好きでビールはほどほどに好きという人であれば受け入れられるという、実に微妙なストライクゾーンを持っています。ビール好きな人だと多分飲んだら怒るレベル。フレーバー系なので味は極薄ですが、ホップの爽やかさはあるのでなかなかいいです。


終わってみてつくづく思う事、やっぱり完全に中毒になっていたんだなあと。かつては朝はだるくて疲れを引きずっているのが当たり前で、そこでシャッキリと目を覚ますためにとコーヒーを飲んでおり、そのあともだるくなってきたときはカフェインパワーで復活、コーヒーで平常状態の自分を120%に引き上げているのだと考えていたわけですが、冷静になってみると、平常時は頭痛が無い時であってもコーヒー離脱状態でマイナス修正を受けていたのが、コーヒーを飲むことで一時的に普通状態に戻っていただけだったようです。アルコール依存症の人が飲むと手の震えが止まって、普通に体が動くようになるのと同じような感じでしょうか。知らぬ間に平常時80%以下の性能に落ちていた自分が、一時的に100%になっていただけだったようです。なんかもうすっかり元気に。頭痛に悩まされている方は、ほんとカフェイン断ちオススメです。
[ 2019/08/27 12:08 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コーヒーと謎の頭痛

divinity002326.jpg
コーヒーは美味い。

コーヒーが好きだ。朝に起きてから一杯、出勤中に一杯、仕事中に2~3杯、夕食時に1杯だけ飲むかどうかというペースで飲んでいる。夜が少し弱気になっているのは、飲むタイミングを間違うと眠れなくなって後悔するときがあるからなるべく我慢しているため。でもまあ注意すべきと言えばその夜に飲むタイミングによって眠れなくなることと、あとあまりにもコーヒーだけで飲み過ぎると胃が痛くなってくるくらいで、それ以外はまったく問題がないものと思ってぐいぐい飲む生活を10年以上続けていました。

ただ数年くらい前から時々、夜に原因不明の頭痛がするようになってきていたんですよね。それもただの頭痛じゃない、頭を鉄の輪でぐいぐいを締め付けられているような痛みで、体を動かすとその振動が倍増して鳴り響いてくるという凶悪な奴で、最初のうちは風邪かなと思って臥せっていたのですが、それにしても熱は全く上がらない。そして何もかも諦めて寝ていると、まず確実に翌朝には全快して、決して丸1日やそれ以上は続かないという変な症状なのです。

ここの所は慣れてきて、あ、またこれが来た。もうダメだ寝よう。と諦観して眠りについていたのですが、それでも布団に潜り込んでいても眠りに入るまでは死ぬほど苦しいし、こんなに毎回定期的に同じ症状が起こるのも変だなと思い始めてきました。それにこれが始まってしまうと、ゲームのプレイ時間がまるっと取れなくなり、問答無用で帰宅後即睡眠、そして目覚めたらまた出社時間と、家には寝るためだけに帰る社畜タイムテーブルになってしまうので、続くとかなり苦しいのもあって、ちょいと原因と対策を考えていたのでした。

そしていろいろ検索をしながら、ふと疑いを持ったのが、これってもしかしてカフェインの禁断症状なのでは?ということです。どうもカフェイン中毒というやつはコーヒーを習慣的に飲んでいると知らぬ間になっているもので、なってしまった人が一定期間カフェインを飲まないでいると、概ね6~24時間程度で離脱が出てくるそうです。その出方も人によって個人差があるものの、頭を締め付けられるような頭痛や風邪に似た症状が多いそうで、もしかしてこれかなと。ただ最近は誰もが困っている通り胡散臭いキュレーションサイトやらばかりなので、これが答えではない可能性も十分にあるのですが、自分の症状経緯を考えると正解率は高そうな予感です。

そうして、ここ最近から少しずつコーヒーを減らしてのコントロールを始めてみました。いろいろ試してみた結果、自分の場合だと最後にカフェインをとってから9~12時間くらいで頭痛がスタートという周期にぴったりはまりました。やっぱりこれが最近悩まされていた頭痛の正体のようで、急遽健康と活動時間増加のために、カフェインコントロールを目指すことになりました。ただこれがなかなか難しい。コーヒーの替わりにお茶にしても、カフェインは含まれているわけで、どうも自分が好きな飲み物はカフェインありのものばかりなのです。思い切り意識しないと全自動で摂ってしまうような状態。鶴瓶麦茶だけで過ごすくらいの気持ちじゃないとだめそう。辛い道のりですが、なんとか頑張っていこうと思います。依存はダメだ。
[ 2019/07/29 07:51 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)