FC2ブログ








牛野郎伝説へ(完)

divinity002200.jpg
これくらい囲まれても牛が敵陣を切り開く。

前回、牛ことTaz君を仲間に加えた一行の旅は続きます。Tazは仲間に加えた時の印象のまま、実戦投入時においても圧倒的な強さを持っており、なんだか余裕ムードが流れ始めています。あと主人公チームは師匠的ポジションのシャーマンも加わって、ヒーロー三人体制になっていますので、育つとデーモン軍団を上回るほどの強さを発揮していますね。シャーマンは地面にセットしておくだけで全体に回復をしてくれるトーテムなど、面白くも使い勝手のいいスキルを持っていてパーティーに貢献してくれます。隙がないな。



divinity002201.jpg
育ち切ったゴブリン、後衛でATK8、DEF7は脅威の高さ。

お荷物であったゴブリン軍団も、育ち切ってかなりの強さになってきました。弓ゴブリンの方はアサシンに。毒矢を覚え、相手が生物であれば攻撃してダメージ、毒でさらに持続ダメージと相手のライフをぐいぐいと奪える嫌がらせユニットです。ステータスもかなり高くなり、暗闇対応もついてまさに暗殺者のイメージ。毒主力なのと飛道具である以上、アンデッドにはまるで無力ですが、そこは他キャラでカバーですね。また網ゴブリンの方も順調にパワーアップをはたして、鉄製ネットで獲物を2ターン拘束できるようになりました。この1ターンはたかが1ターンと見せかけて非常に大きく、敵1体を拘束したままで次のポジションへ移動したり、1人で敵2人まで拘束したりと、戦術の幅が一気に広がります。最初はどうなることかと思ったけれど、いいじゃないかこいつら。

そんなエース軍団を操って、敵を蹂躙する一行。Tazは新たなスキルとして2回攻撃を手に入れました。より手が付けられない強さになったところで、ダメージ2倍の効果がある装備を拾ってしまったので、これも牛送り。相手に恐怖を与え、士気をより下げられる装備もあったので牛送り。ついでに魔法耐性の防具も牛送り。最後にリジェネレーション効果がある物まで手に入れてしまったので、やりすぎかと思いながらも牛送り。



divinity002202.jpg
ドラゴンvs牛。奥にもう1頭いるのを牛が単独で仕留めました。

戦場でこのミノタウロスに出会った相手は、もう不運であるとしかいいようがありません。オークの群れの先頭に巨大なミノタウロスが立っているのが見えたかと思いきや、次の瞬間、その巨体は弓兵の射程外から騎馬以上の速さでこちらの陣に突撃してきます。繰り出される戦斧はひとふりで複数人をまとめて、しかも通常の斬撃を倍する傷を与え、さらに返す斧がもう一振り。前線を守る屈強なはずの兵士達は、瞬く間に4ダメージを受けてぼろ雑巾のように引き裂かれてしまいます。返り血にまみれて禍々しいオーラを発するその姿を見て、その他の兵士達は恐慌状態に陥り指揮系統は瞬く間に崩壊。兵士達は我先にと必死で逃げるも、牛は易々と追いついては数人まとめて首を刎ね、その都度戦場に響く恐怖の叫びに恐慌はますます拡大。一部の勇気ある兵士達が決死の反撃を試みるも、その牛は魔法の大半を無効化し、竜並に鍛え上げられた肉体はほとんどの攻撃を通しません。ようやく一撃を見舞えたと思ったのもつかの間、みるみる内に塞がっていく傷口、そして牛は再び斧を振り上げる・・・。

戦場の悪魔とはこの事です。そうしてTazが加わった途端に、ほとんどの戦いはほぼ彼一人で圧倒するような状態に、この作品ではキャラクター毎にどれだけ敵を倒したかのキルカウントがついているのですが、その数字があっという間に全軍のトップに躍り出てしまいました。1ターンで3とか増えるからね。ストーリー後半ではドラゴンと戦ったりもしますが、そのドラゴンさえも1vs1で葬り去る始末。誰が止めるんだ。

ストーリーは進んでいるけれども、牛無双に心を奪われすぎて、それしか頭に入っていないくらいの勢いです。最後には人間の騎士団と王との戦いになりますが、その精鋭ですら牛を止める事は敵わず、軽く一掃されてしまいました。オークシナリオと思ったら牛が主人公だったとは。このHordeはやがて世界を呑み込むでしょう。牛野郎伝説の幕開けです。



クリア。作品としてはAge of Fearの1と同様。ボードゲームタイプの配置とロールに賭ける戦術シミュレーションRPG。ワールドマップが追加されてよりRPG感が増えたほかは、基本ルールはほぼ変わらず、使用キャラクターを増やしたという純粋に1のアップグレード版、または別シナリオとして遊べます。この辺King's Bountyシリーズに近いですね。ルールは完成してるし奇をてらわず変えずにいこうという精神で、安心してプレイできます。

前作と同じく見た目は地味ながら、作品の中では牛をはじめ新スキルや装備で強烈な性能をもったものが加わり、プレイ感としてはかなり痛快爽快に感じる場面が増えたように思います。また制限なくいくらでも戦って自軍を育て上げることもできますから、とことん育て上げたい人も満足できますね。その分敵も強くなって、時々なんじゃこれというような能力の敵と戦う事になりますが、そこは前者2つの部分でカバーできますし、総合的な満足度は高いです。前回も書いたようにシンプルなルールではあっても奥が浅いというわけではありませんし。

このシリーズは最近加わった無料タイトルのFree Worldの他は、1~3の3作が出ています。今回2をやったから後は3とFreeです。安心して遊べて重くないプレイ感で、かつ満足できるという非常にバランスに優れた作品ですので、残り2作品もまた手を出していこうと思います。オススメです。
スポンサーサイト



[ 2019/03/13 07:50 ] PCゲーム Age of Fear 2 | TB(0) | CM(0)

ホード結成

divinity002196.jpg
自動回復が光るトロル、でもステータスは低め。

なんとなく春めいてきたこともあってか、また花粉が盛大に来ましたよ。花粉症はもう毎年毎年前年を超えているという報道が続いているようなイメージがあるけれど、どうなっていくんでしょうね。自然のままでその増加傾向なのが植物のパワー恐るべしというか、メカニズムがよくわからなくて不安になります。麦やトウモロコシみたいに品種改良をしていったら、そのうち粉を収穫して食料にできるレベルになるんじゃないだろうかなんて、それらの原種を見ながら思ったりもします。テオシントスからよくぞここまで、と別に自分が育てたわけでもないのに変に感慨深い気持ちになったり。でも花粉でそんな品種改良の研究し始める奴がいたら、人類の憎悪を一身に受けて暗殺の可能性すら出てくるでしょうね。

Age of Fear 2はじわじわ進行中。オーク軍団も相変わらず地味だなと思いながらも、それなりに育って特殊能力が増えてくるとかなり楽になってきました。前線ユニットでトロルが加わったのですが、こいつはトロルらしくリジェネレーションの能力を持っており、ターンごとに自動回復してくれる便利ユニット。これはいい。その代わりオークに比べると能力が一回り低く、どちらを取るのかが迷うところです。とりあえず2体ほど導入してみました。こいつを壁にしながら戦っていこう。



divinity002197.jpg
洞窟を進む。総当たりでも大丈夫なくらい。

メインではないクエストで稼ぎでもするかと何回か戦っていると、そのうちに地下遺跡探索のイベントが発生しました。文章を読みながら選択肢を選んで奥へ奥へと進んでいきます。ゲームブック風だけど、道をまちがえてもいきなり死んで終わるような事はないので、あせらずに選択肢をつぶしながらじっくりと進んでいきます。道中に巣くっているアンデッドなどを倒しながら、とうとうたどり着いた最深部、主人公達の存在を感じて、異形の巨体がのっそりと動き姿を現しました。牛頭の獣人、ミノタウロスです。


divinity002198.jpg
ミノタウロスだ!

迷宮の番人にミノタウロスとは古典だねえと思いながら激突。トロルを前に出して後ろから射すくめるという方法でさっと倒すと、その後で会話イベントがあり、このミノタウロス君は主人公達に同行を申し出ました。おお、牛キャラは大歓迎だよ。そして新たな仲間として牛が加わりました。これで我が軍はオーク、牛、トロルが同一の陣営になったわけで、これはもうThe Hordeと名乗っていいレベルでしょう。最強同盟が結成されました。



divinity002199.jpg
牛スキル、自分でQuicknessも覚える動ける巨体。

この牛君、Tazは名前アリで主人公と同格のヒーローユニットとして加わります。ヒーローという事は武器防具が装備できるというわけでさっそく強化していこうとステータスを見ながら装備を考えていたのですが、このユニットけっこうとんでもない性能をしています。まず大型キャラで基本ステータスが高めなのと、デフォルトで範囲攻撃持ち。高ステータス範囲攻撃持ちなのは大型ユニットにはそこそこいるタイプながら、やはりそういうユニットはデカくて遅いという設定で移動力がかなり低めになっているのですが、この牛君に関してはなぜか騎馬ユニット級の移動力に設定されています。まさに動ける重戦車。この方向性のまま強化していくだけですごいことになりそうだなと、攻防とさらに速度の上がる装備をセット。その結果、ドラゴン並みの攻撃防御力に騎馬以上の移動力という、僕の考えた最強ユニットのようなインチキステータスのヒーローが完成しました。Tauren最強伝説が始まりそうな予感です。
[ 2019/03/10 08:48 ] PCゲーム Age of Fear 2 | TB(0) | CM(0)

やられ役奮闘中

divinity002193.jpg
オーク前衛チーム、華が無い

オーク軍団のスタート。スタートしての第一印象は、弱い。弱いです。前衛のオーク達は初期ライフがそこそこある信頼できる歩兵ユニットながら、特殊能力と言えるような尖ったスキルは何もなく、現状ではただ殴るだけが仕事という感じ。前衛ユニットとしては十分と言えば十分だけど、デーモンの初期歩兵ユニットが2回攻撃デフォという強烈さだっただけに落差は大きいかな。これから成長して覚えるスキルに期待。馬乗ったりし始めるとうれしいな。

弱さを実感させるのが後衛のゴブリン達。足止め係の網ゴブリンと、遠距離攻撃担当の弓ゴブリンが初期でいるのですが、初期ライフが1。当然一発食らえば死亡なので、育てる事もままなりません。細心の注意を払って敵に攻撃を加えていく必要があります。ちなみに今回は、マップクリア後に全員がもらえる経験値がかなり少なくなっているようで、戦っていないと全然経験値が貯まりません。フリー戦闘が追加されたから、それで稼げる分を含めてのバランス調整されてる感じですかね。意識してないとすぐに死ぬか、全然育たずにいつまでたってもお荷物かの二択になってしまうので、ライフ1でも安全を確認しながら敵を射程内に収めての射撃をしていきましょう。遠距離攻撃キャラながら、相手の遠距離ユニットの射程に入って撃ち合いをするのは厳禁という、なんとも微妙な陣営になっています。経験値を貯めてランクを上げるまでがかなりきつそう。



divinity002194.jpg
育成中、ライフ1を脱したい

レベルアップ時のスキル取りは、やっぱりランクアップからですね。どうもこちらも調整が入っているようで、少しステータスの上がり幅が減っているような気がしますけれども、一ランク上げるだけでHP、攻撃、防御が全て上がるチャンスがあり、さらにランクアップで解放されるスキルも増えるしといいことずくめ。必要経験値がかなり多めになっているから他を優先したくなるけれど、ここは我慢して最優先でとるべきスキルです。取得経験値アップのIntelligentスキルとどちらを取るかが悩むところですが、弱いユニットほどまずは戦闘力を上げたほうがいいんじゃないでしょうか。最初から強ければそのままで我慢できるけれど、なんせライフ1ですしねえ



divinity002195.jpg
アンデッドの襲撃、網で絡みとれ

オークシナリオは戦闘の難易度もデーモンに比べると高め。メインストーリーを進めて早々、野営中にアンデッドの襲撃をうけてしまいました。夜の闇の中、知らぬ間に周囲をアンデッドに囲まれて、包囲奇襲されるという厳しいスタートです。まだユニットも育っていないので信頼できる壁もおらず、そもそも頭数も足りない状態で周囲を囲まれているので、壁に隙間が空きまくりの乱戦となってしまいました。こちらはライフ1多数だっていうのに。ゴブリンを守るんだ!

おまけに夜のシチェーションなので戦場は闇の中。暗闇では対応するスキルを持っていない限りは攻撃にマイナス修正を受けてしまうので、なかなか攻撃が当たりません。これもデーモンなら結構な割合で対応スキルを持っていたような気がしたけれど、オークでは誰もいません。次々と傷つき倒れていく仲間達と、それに合わせてみるみるうちに下がっていくオーク軍団の評価。

そんな窮地を脱したのは網ゴブリンことGobrin Catcherの大活躍でした。このユニットはダメージの無い網を投げるだけの足止め担当ユニットで、ステータスも低く、同じ役割であるデーモン軍の蜘蛛の下位互換といった感じのユニット。正直あまり活躍できるイメージを持たずに入れていたのですが、劣勢で防衛ライン作りもままならない状況では、敵一体の行動を止めるという網が強烈に効果を発揮します。同陣営のユニットでも乗り越えての移動はできないルールですから、うまい位置で敵を絡めとれば、後続の敵の移動も妨害できていい壁になります。さらに網を食らった敵はDEFにマイナス修正が入って回避力がダウンするのも大きく、暗闇で攻撃を当てられない仲間達に大きな助けとなりました。

画像はアンデッドのヘビー級ユニットAbomination、動きは遅いけれども強烈な攻撃力と耐久力を誇るユニットで、まともに当たるとオークでも太刀打ちできずに後衛まで突破蹂躙されてしまうような相手ですが、網で絡めればこの通り。他方面が片付くまでは動きを止めておいて、最後に戦力を集中させて一気に叩くことができてしまいます。足止め系ユニットの基本的な運用と言えばそれまでの話ですが、ここまで理想的に活躍できるのはなかなか珍しいです。この軍では網ゴブリンの使い方がキモになりそうですね。増員しておこうかな。
[ 2019/03/03 07:52 ] PCゲーム Age of Fear 2 | TB(0) | CM(0)

デーモン旅終了

divinity002189.jpg
マルチターゲットが鬼

Age of Fear 2も快進撃を続けています。強いなと思いながら使っていたデーモン軍団は、進むごとに手が付けられない強さになってきました。主人公と同クラスであるサキュバスも雇えるようになってサキュバス部隊も組めるようになりました。このクラスは前線でもそれなりに戦える能力を持ち、さらに攻撃魔法も使えるという万能タイプ。範囲攻撃のファイアボールを集団で投げれば、大抵の相手は1ターンで壊滅状態にできます。さらに陣形を組んでいてもすぐに攻撃に転じられるワープ移動などもあり、攻守ともに隙がありません。そういえばファイアボールは以前のバージョンだと、MPが続く限り投げられたのですが、今は他の魔法も含めて一度キャストした後に数ターンのクールダウンが必要になりました。細かいバージョンアップの間に、バランス調整もしているようです。

さらにバリスタ系遠距離ユニットのHellblazerも加入。こちらは足は遅いながら、長距離射程を誇り、さらに1ターン中で射程内にいる敵ユニット複数体に攻撃をできるというマルチターゲット能力を持っています。これもまた壊れ性能のような。例えば3台もいれば、射程内に複数の敵が同時に攻撃を仕掛けてきても、1体に3回ずつの攻撃を打ち込んで瞬時に撃退できてしまます。どの種族でもユニットが揃って育ち切れば、圧倒的な戦力で相手を蹂躙できるくらいにはなるのですけれども、デーモン軍は飛びぬけている感があります。あとは足の速いユニットがいれば完全無欠なんだけど。まあPercival君がいるから大丈夫か。



divinity002190.jpg
これくらいの集団でも楽々。血の染みが射程内に入ったその結果。

なお新しいユニットはメインストーリーが進むと雇えるようになりますので、自軍を強化したいと思ったら、フリーバトルで稼ぎを続けるのではなく、あえて先に進んでみるのもひとつの手ですね。メインクエスト開始前のブリーフィングでは雇えるけど、その後フリーで雇えるようになるのはまだまだ先になるというパターンも多いので、メインクエスト前にはある程度資金を蓄えておいたほうがよいでしょう。まあお金は有り余るようになってきて、そこまで稼ぎが必要な作りにもなっていないので、ほどほどでも大丈夫。



divinity002191.jpg
ボーンドラゴン討伐、召喚獣で足止めをかけてます。

そして二人の旅は続いていくのですが、シナリオを進めていくとPercival君に不穏な動きがちらほら。雪山ではアンデッド討伐をしているパラディンの一団と出会い、Percivalの仲立ちもあって一時的に共闘をする事になりました。パラディンは隣接しているアンデッド、デーモンの能力を下げるオーラーを持っているので、共闘だといいながら陣形に組み込んでひどい目にあったりしましたが、途中で別動隊に切り替えてなんとかボーンドラゴンを討伐。その去り際に、仲間のパラディンからそのままでいいのかと言われたPercival、含みを持った視線を返します。別に洗脳とか支配しているわけではないですしね。彼の狙いはこの後最終盤にかけて明らかになってきて、選択肢でストーリーが分かれたりします。そこは各自で選択してもらうとして、別に悪だくみというわけではないので、幸せになりそうな方を選んであげればいいんじゃないでしょうか。



divinity002192.jpg
さて緑色行ってみようか

デーモンシナリオを終了、タイトルはDemon's Loverだったのを今になって気づきました。実質Percivalが主人公だった? 続いてもう一つのシナリオをのぞいてみます。こちらはオークのシナリオ。オークかぁ・・・。ちょっとテンション下がります。デーモンが持っている後半のボス感というイメージに対して、オークは前半のやられ役というイメージですしね。もしかしたらWarcraftみたいにオークが物語の軸になっていて、主人公級の魅力のあるキャラクターが勢ぞろいしているという可能性もあるけれど、まあそれは万に一つくらいの可能性かな。ゲーム自体は楽しいので、こちらも始めてみます。
[ 2019/02/28 08:01 ] PCゲーム Age of Fear 2 | TB(0) | CM(0)

デーモン軍団進撃中

divinity002178.jpg
いい装備も続々

Age of Fear 2もプレイ中。前回の記事で書いたように、マップからメインクエストとは別のランダム戦闘が選べるようになり、さらにその回数がおそらく無限ということで、のんびりとした稼ぎをしながら楽しめています。ヒーロー用の装備も集まってきて、コレクションするのも楽しいですね。有用な特殊効果のついたものがでるとわくわくします。画像のスタッフは攻防+とMAP+にくわえて、召喚ユニットを繰り出すスキルがついていて、さらに自分に隣接している敵に毎ターン炎ダメージを与えるオーラがまとえると、盛りすぎなぐらいに効果のついた逸品。稼ぎが楽しいです。

ただその為もあってか、取得できる経験値やお金はちょっと控えめになったかなという印象。この絞りパターンをやりすぎると、基本無料ソシャゲやMMOにあるような最低数百戦闘をしないと次のステップに進めないような、無駄な作業と時間の浪費を強いらせる引き延ばし地獄へとつながりますが、この作品ではもちろんそんなことはなく、あくまで気持ち控えめになったかくらいで、別にサブ戦闘をやらなくてもメインだけで進めるくらいの塩梅にはなっています。やられたユニットはそのまま消滅するルールですから、新規ユニットや育っていないユニットの育成用としての救済として入ったルールと考えればいいかな。



divinity002180.jpg
我が精鋭の面々。ポートレート左下の宝石アイコンがヒーローユニットの印。

このシナリオはデーモン主人公だけに、雇えるユニットも全てデーモン族なわけですが、これがまた非常に強力な兵団になっています。最初に使えるimpなどが弱くでどうなるかと思っていたら、続々と強力な兵達が加わってきました。近接主力のBerserkerは、デフォで2回攻撃が可能でライフも多めなユニット。1攻撃1ダメージが原則なので、一人で2ダメージを取れるという特性はそれだけで十分な強ユニットとなりえます。狂戦士スキルのせいで、隣接している敵がいると自動で攻撃して行動終了してしまうという弱点は困りものだけど、まあこの強さならなんとかなるというところ。

遠距離タイプは、Giant Spiderが糸で相手を移動不能にするだけでダメージを与えないので微妙だなと思っていたら、Beholderが新しく加わりました。こちらは相手を全行動不能にする麻痺光線で攻撃をするユニット。この時点で攻防一体の凶悪さながら、育つとさらに相手のマナにもダメージを与えるマナバーンや、追加1ダメージチャンスのスキルまで覚えるので、つけいる隙が見当たらない集団になっています。King's Bountyシリーズもそうだったけど、デーモンは腕力もあり魔力もあるという設定だからか、全体的に強ユニットになりがちですね。

唯一の弱点があるとしたら高機動ユニットがいないという点ですが、そこはヒーローユニットであるPercival君でカバーができます。そういえば今回の高速系ユニットは、ただ単に移動力が高いというだけではなく、一回目の移動を全移動力の50%以下で終えた場合、そのまま方向を変えて2回目の移動ができるというスキルが加わりました。この世界の住人は一度の移動ではまっすぐにしか進めない男らしい縛りを持っていて、そこがまた戦術を考えるポイントになっていたのですが、そのルールを覆す革命的闘争条件開放が起こってしまいました。これを用いれば、1ターンのうちに敵を通り過ぎて、その背後から一撃をくらわす事ができるようになります。当たり前のようなことを言っていますが、今まではその当たり前が当たり前にできなかったんですよ。というわけで今回は騎馬計ユニットの使い方や、相手にいる場合に細心の注意が必要になります。
[ 2019/02/09 07:29 ] PCゲーム Age of Fear 2 | TB(0) | CM(0)