FC2ブログ








大団円の二巡目

divinity002128.jpg
怒れるグレイブンアッシュ

二度目のセンチネルスタンドに突入。ここは風の布告とアメリアの件で厳しい二択を強いられるエリアでした。今回はさてどうするかと思いながら進み、やはりアメリアとその赤子の所で究極の選択に・・・と思いきや、回答を保留にして動き回れました。グレイブンアッシュ本人に相談してみる選択もできます。いいねいいね。

アッシュの所に行くも、彼もこれまでの戦いで出してきた、アメリア以外の子供達や部下達の犠牲の事もあってどうにもならん状態。それでも何か方法はあるはずだと食い下がってみると、灰燼の宮殿にある知識ならあるいは?との情報を手に入れる事ができました。そちらも一週目で行ったところですね。そうつながりましたか。確かあそこはスカーレットコーラスが先行していて、率いている幹部は串刺しセンソールさんだ。



divinity002129.jpg
こいつはいい品

書物庫を手慣れた動きで駆け下り、最深部の禁断の書を入手。前回自らが串刺しになっていたセンソールさん、今回はこちらを串刺しにしようと襲い掛かってきました。戦ってみるとこれが思った以上の強キャラで、一進一退の大苦戦。最後には無事かったもの、珍しく戦闘前の会話に恥じない強敵でした。言うだけの事はあるなあ。

そして灰燼の宮殿を全て探索し、ついでに禁断の書を手に入れたものの、肝心の解決方法は結局分からずじまい。どうしようかな、やはり布告放置で赤子を生かすルートか?しかし布告を解くまでは地域丸ごとがぼろぼろな状態になるなと思案しながらアメリアの元に戻ると、ここで新たなアイデアが湧いてきました。監督官の血統が途絶えるまで布告が続くというのなら、監督官を辞めればいいのでは?というものです。

それで解決するなら話は早いけれどもそうは上手くいかんだろと思いながら、アメリアさんに宣言、「私、監督官をやめます!」としてもらうと、閃光とともに辺りに渦巻いていた風の音が消え、布告が解除されました。それアリなのか・・・以外と布告の解除にはトンチも効いてしまうようです。例えば「社員にボーナスをあげるまで会社が暴風に包まれ続ける布告」の場合だと、上司が棒に茄子を刺したものを上げれば解除されてしまう可能性があるわけです。ブラック企業歓喜。なんか混乱してよくわからん事を話しているけど、それだけこの解決方法は衝撃でした。一周目の葛藤はなんだったんだという。コロンブスの卵を身をもって実感しました。



divinity002130.jpg
ホラティアって誰だい

その後順調に進んで、ボイスオブネラットとの対峙。今回はこれまで犠牲になった者もいないからし召喚できる奴もいまい、軽くひねってやるぜと挑むと、物語には出ていないオリジナルな名前の方々を呼び出してくれました。結局大苦戦。そして道中何度も感じていたことだけど、ここでもネラットは初めて目にするスキルを使っての攻撃をしてきます。2週目は敵のレベルも高いのは確定ですね。こちらも高レベルの技を使えるから、難易度的には互角かすこし楽くらいかなと思うけれど、何週目でも油断はできない戦いになるようです。4人パーティー制とこのタイプのRPGでは少ない人数でのプレイになる本作ですが、ここだけは6人くらいの人手が欲しいですね。召喚とかあればいいんだけど。



divinity002131.jpg
また新たな戦いへ

ボイスオブネラットを倒してスカーレットコーラスを下したら、残る勢力はディスフェイバードのみ。前回の流れを踏襲するならば、頂点となるアルコンは一人だけという意識の元に戦いとなるところ。ただグレイブンアッシュはネラットと違い話が通じる人物であること。そしてこの2週目の戦いの中で、彼と培ってきた友好があります。バリックにも間に入ってもらい大局を見据えての説得。やがて自分がディスフェイバードの部隊を、指揮官としては愛しすぎている事を認めた彼は、指揮官の座を自ら降り、新たなアルコンに忠誠を誓うのでした。



駆け足ながら二週目をクリア。今回は道中から終わりまで後悔もなくすっきりとした終わりを迎える事ができました。アッシュ仲間ルートもあるということはネラットを配下にすることもできそうですね。分岐の条件としてはおそらく評判パラメーターの管理になるのだとは思いますが、別に意識しなくてもがらりと変わった展開は、物語として何度も楽しめるものになっていると思います。他にもさまざまなルートがあるようで、極めようと思ったら相当長い事やりこまないといけないでしょう。

二週目で相手も一緒に強くなるのは賛否あるかもしれませんが、こちらも知らないスキルを使われるのは単なるイージーモードにならない緊張感を与えてくれていいのではないでしょうか。こちらも新たな戦法が生まれていくし、物語と同じく何度も楽しめる展開が待ち受けることになります。

2週3週しても満足できる良作ですね。しかしやればやるほどカイロスとの戦いがやりたくなってくるぞ。この分岐量のままで続きを作ろうとすると、どれだけの労力と費用が発生するのかが怖くて2は危なそうかとも邪推してしまいますが、少々問題が発生しているようながら最近またアップデートが入るなど、開発もやる気は出しているので2が出るのを楽しみに待ちたいところです。
スポンサーサイト



[ 2018/11/11 21:43 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(4)

二巡目の世界で

二週目のTyrannyをスムーズにプレイ中。前回紹介した通り色々引き継いでいるのと、システム上の勝手もわかっているので、一週目の倍以上の進行速度が出ています。魔法は一週目では全然攻撃攻撃魔法が手に入らなかったのだけど、スタート直後の数件分のショップで、攻撃から回復の基本印章がほとんど網羅されていました。始めたばかりでシステムが分からないうちに、通り過ぎて忘れてしまったようです。これもあって相当楽になってますね。ただ相手も見たことが無い技を使ってきたりしているので、どうもレベルに関しては相手も同じ条件になっているような気がしないでもありません。でもまだこちらの方がアドバンテージがありますけどね。


divinity002126.jpg
エブがいれば霊体も楽々

今回はラントリィの代わりにエブを採用。他のキャラクターもいれかえて遊びたい気持ちはあるけど、バリックとヴェリスはいいキャラクターしてるし、互いに絡みのあるいいコンビでもあるので、なかなか手放し難いものがあります。さてそのエブですが、タイドキャスター、攻撃系魔術タイプだけあって、回復系であったラントリィよりもかなり使いやすいですね。属性系の攻撃が手に入りにくい作品なので、自由自在に攻撃や属性Debuffを操る彼女がいるだけで、敵の崩しやすさが段違いにあがります。ラントリィは回復以外のツリーが、主に投擲武器を使ったスキルなので、回復+物理という組み合わせになり属性技が稼ぎにくいです。スキル自体にはけっこうエグい効果もあるし、2週目は羽ペンも紫ランクになってるから強そうではあるんですけどね。



divinity002127.jpg
スカーレットコーラスの皆さんとは殺し合い

シナリオは予告通りディスフェイバード寄りの選択で各地を転戦しています。やはり相手がスカーレットコーラスであるのと、クリエイター側の労力の問題もあって、行先になるエリアはほぼ同一ではあります。マップのサイズ感はこじんまりとした印象のままかな。展開の違いが楽しめるので飽きなく楽しめはできていますが、新エリアとかあったらなおよかったのになあ。

そして行く先々のマップでは、予想通りスカーレットコーラスの幹部連との戦いになる事が多いです。前回は割と仲良くやっていけただけに、いきなり戦いになるのは少し躊躇してしまうけれども、助けた所でネラットに串刺しにされる人生だしなあ。何巡目の世界でもやられるのが運命だったと諦めてもらおう。運命を覚悟できる者こそが幸福なのです。
[ 2018/11/04 20:29 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(0)

Tyranny 周回をしてみる

divinity002125.jpg
持ち越しをチョイス

Tyrannyの二週目をゆるくスタート。一周が割と短めにまとまっていたのと、やはりネラットルートはすっきりしないものがあったから、もう一回くらいは回っておこうかなと考えての再戦。

スタートすると引継ぎのセーブを選んで、ニューゲームプラスの始まり。周回するにあたってのオプションが多数あり、まずはそれを選びます。

・レベルはクリア時の分を引継ぎ、キャラ設定やプライマリステータスはそのままでも、振り直しでもどちらも可能。
・呪文の印章は全て引継ぎ。
・主人公のみ熟練度はそのまま。
・ユニーク装備をいくつか持ち越せる。周回によって持ち越せる数が増えていく模様。
・各勢力への名声は初期値に。ただ前周で一度アンロックした名声スキルを、いくつか選んで最初からアンロックすることが可能。こちらの開放可能数も、周回で増えていく模様。
・初期装備は全て紫のエピックランクまで鍛えられている。
・お金は全額持越し。

などなど、いたせり尽くせりの仕様で、思う存分俺ツエーが楽しめます。やっぱり周回前提という感じですね。1週目は金欠に泣きましたが、二週目はお大尽旅になりそう。熟練度が持越しなのは面白く、2週目はウェポンスワップをフル活用したり、魔法剣士をしたりと、マルチクラス的な楽しみ方もできそうですね。あと地味に嬉しいのが初期装備の紫化。これにより初期装備が固定だったり、専用装備になっているキャラクターがかなり強化されます。バリックの硬さはもはや人の域を超えてアイアンゴーレムかというほど。

そして再び混沌の世界へ。今回はスカーレットコーラス敵対して行こう。ファックマン氏より、どちらにも属さないレジスタンスルートもあると聞いたので、そちらも気になります。アンブロークンあたりに与するルートでしょうか。戦いはすいすいと進むので、二週目はそれほど時間もかからずに終わりそう。ストーリーの変化を楽しんでいきます。
[ 2018/10/31 21:23 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(0)

Tyranny その9(完)

divinity002120.jpg

アルコンとの対決

激突の予感を感じながら、ディスフェイバードの駐屯地ストーンハースへ。ここまでこじれるともう修復は無理だろうと考えていた予感通り、出会う相手とは問答無用での戦闘が始まります。そうして砦の中まで進んでグレイブンアッシュと対峙。ここではいくらかの会話がありましたが、やはり相手の結論は決まってしまっており、彼は配下へ攻撃の号令をかけました。

戦闘開始。ただ規律を重んじる集団だからか、全軍でのフクロにされるという事はなく、数人単位の小隊を繰り出しくる形でのバトルとなります。なかなか騎士道をわかってるじゃないか。それでも一波を撃退した途端に次が来るから、しんどいことには変わりないですけど。新手はマップ奥の方から出てきますので、全員が奥に固まっているような状態で次のを呼ぶのは危険です。相手が残り1人になって勝ちが見えたら、一旦距離を取って体勢を整えてから戦うのがいいですよね。

幹部クラスを全て撃破したら、いよいよグレイブンアッシュとの戦い。鋼の集団ディスフェイバードのボスだけあって肉弾戦に特化した彼は、手にした戦槌から凄まじい威力の攻撃を繰り出してきます。特にスキルとして、しばらくのタメ時間をおいてから打ち込んでくる攻撃は強烈の一言。これは移動することで避けられるタイプのスキルなので、相手が溜めだしたら脱兎のごとく逃げ出しましょう。立ち止まり殴り合ってると死にます。

divinity002118.jpg
多対多の混戦

戦のアルコンを打倒し、ボイスオブネラットの元へ。宿敵が滅びてパワーバランスが崩れたからか、ここで彼の態度が豹変。自分の僕になれと高圧的に迫ってきます。手を切ろう手を切ろうと思いながらここまできてしまいましたが、これでこちらの肚も決まりました。やってやろうじゃないか。第一相手の言い分を聞いても串刺しコースだしな。

そしてスカーレットコーラスを統べるアルコンとの決戦。こちらは見た目の通りの魔法タイプで、グレイブンアッシュとは真逆の戦いになりますね。戦いが始まるとすぐに、フィールドを囲む串刺し遺体から彼の犠牲になったものの幻影が召喚され、こちらに攻撃をしかけてきました。魔法タイプ1体だけなら、追いかけて囲めば好きなように料理できそうだけど、そこはさすがアルコン。いやらしい攻撃をしてきます。幻影は全員が名前アリだけに耐久力、攻撃力もあり、さらに倒しても倒しても湧いてくるという極悪さ。魔法タイプから近接タイプまで揃っているので、何が召喚されたかを見て、最適な対処しなければいけません。その間ボイスオブネラットは好きなように逃げ回り、攻撃魔法を打ち込んでくるとあって、これはグレイブンアッシュ戦より数段きついです。どちらかというと遠距離タイプのキャラクターのほうがネラットへの攻撃チャンスが多いので、近接チームを幻影にあてたほうがいいのかな。


divinity002119.jpg
戦いの終わりと始まり

ボイスオブネラットも葬り、スカーレットコーラスの歓喜の声に迎えられる一行。やっぱりみんな怖がってたのね。これで激突していた二大アルコンを下した事になります。その前の段階では、司法と暗殺を担っていたアルコンも下していた事で、名実ともに主人公がこの地の支配者となりました。そんなつもりはなかったけど、いつの間にやら国盗り物語になったぞ。

しかしここで、大帝カイロスの軍がこの地に迫っているとの情報が飛び込んできました。カイロスの軍は戦いの終わった地を治めにきたものではなく、もはや部下のレベルを逸脱してしまった、こちらを討伐する構え。カイロスの恐ろしい力は嫌というほど聞いていますが、こちらも布告が発動できるようになっているから、条件は互角か?そうして迫りくるカイロスの軍をスパイアから眺めながら、一緒に戦ってきた仲間達の顔を見回します。見つめ返す視線は、いずれもこちらと運命を共にする決意に燃えたもの。それを確認すると、主人公はスパイアに力を集中し、眼下の軍勢に向けて布告を解き放ちました。カイロスとの長い戦いの始まりです。



クリア。プレイ前に見た目の印象で判断していた、どっしり安定したオールドスクール系の大作RPGかと思いきや、実際にプレイしてみると、思った以上に冒険をしている実験作という感想になりました。

まずPoEやBG等の上で言う大作RPGと比べると、なるべくわかりやすく簡便にという形になっているのが特徴。そう聞くと近年のカジュアル化作品にあるような、必要な要素まで削り切って名前だけが残ったようなRPGが頭に浮かんで悪い予感がしてきますが、この作品に関しては、そこを分かってる人がずいぶん上手く調整しているなと感じました。

パーティーを4名と少なくし、判定の種類や計算式をシンプルに。攻撃属性も少なく、スキルはパッシブ系の割合をかなり増やしています。また自分で選択する必要のない熟練度制度に、個人スキルはツリー制にして選べるように、さらに魔法は印章の組み合わせで効果を持たせる事で、基本スペルの数は少なく、そこに追加効果を系統立て幅広く増やす形にして分かりやすくしています。あとマップ面積も少な目。

こう並べると削りまくってるやんけと言われそうだけど、ここまで削っても普通のRPGよりちょい複雑なシステムだなーくらいになるのがこのタイプのRPGなので、いい調整じゃないかと思います。普段からこういったRPGをやってると感覚が麻痺しがちですが、やはり初めてやる人には敷居が高いんですよね。例えばBGなんかでも、基礎ルールや使える魔法を知っている人ならさっと入り込めますが、客観的にみるとあの基礎知識量やしょっぱなから渡される魔法の数と効果は、それだけでけっこう敬遠される物があります。人に勧めて挫折されたことは何度もありますし。十分な入り込み易さを確保しつつ、このタイプのRPGをプレイする楽しみを残して満足させるのは、なかなかできる事じゃないのではないでしょうか。

ただシナリオの駆け足感にはびっくり、中盤5本のスパイアが揃ったところで、いよいよ本当の戦いが始まりかなと思っていたら、打ち切りが決まった漫画かのような勢いで物語の要になるアルコン達を終わらせて、本当に別の意味で、本当の戦いはこれからだになりました。昔にちょっと書いたように、海外ファンタジー小説だと話の途中も途中でぶった切るように終わったり、激流から滝にダイブするような急展開はままあるのでそれなりに耐性はあるのだけど、それでもなかなかおどろくものがありました。小説だとハヤカワあたりは、続き物の一冊をさらに3分冊で発売したりなんてことをやりがちなので、そこまでいかなかっただけでもいいかなと前向きに考えれば、地域統一で終わりはまあありかなとも思います。

シナリオに関しては選択肢が非常に多いので、周回を楽しませたい意向があるのでしょうね。あとは2の作成を意識しているのか。今回はネラットべったりルートになってしまったのもあるので、もう一周くらいはしてみようかなという気持ちにはなっています。

それ以外の基本的なシステムやUIは洗練されていて、歩く速度を上げる機能等もデフォルトでついていますから、プレイ面は文句なしです。複雑化、高難易度化で先細りしないように、新たなユーザーを獲得しながら、かつこれまでのRPGユーザーも満足させようという意欲を盛り込んでいる。そしてシナリオを短めにし、周回して楽しめるスタイルを提案。その二つを取り入れた実験作という点を抑えた上で考えるなら、初心者から経験者までおすすめできる良作だと思います。
[ 2018/10/22 21:40 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(2)

Tyranny その8

divinity002113.jpg
新たな力の発動

ケインの周囲で行われている儀式を阻止するための戦い。ディスフェイバードとアースシェイカーを下して儀式を止めると、元から瀕死だったケインはそのままお亡くなりになりました。そして彼の躯の脇にそびえるスパイアも入手。これで5本すべてのスパイアが主人公の手に入ったことになります。

これでスパイアに建設できる施設も全て作ったし、あとはぞんぶんに引きこもって研究と自動生成アイテムで荒稼ぎを楽しもうかなと思っていた矢先、急報がはいります。ディスフェイバードの軍団が、スパイアの一本に攻め込もうとしていると。なるほど、ここから陣取り的なストーリー展開が始まるのかな。

スパイア間ワープを使って攻められているスパイアの頂上に移動。さてこれからどうするかと下界を気にしながらあたりを見回すと、5本全てが目覚めた効果なのか、いつもと違う雰囲気が中央の装置から流れています。試しに触ってみると体に流れ込む不思議な力。その力の使い方についての解説は何もないながら、主人公は本能と感覚の中で、「布告」が発動できそうな予感を感じ取りました。

試しに眼下のディスフェイバードの軍団に向かって力を解き放ってみると・・・布告が発動!カイロスしか扱えないはずの布告が、どういう原理か主人公が発動できてしまいました。相手のディスフェイバードはもちろん、仲間たちも恐れ驚きの目を主人公に見せます。これは下克上がきたか!?



divinity002114.jpg
戦況は激変

布告で混乱し弱ったディスフェイバードを難なく撃退した一行。困難を制したのもつかの間、すぐに裁定者チュノンからの呼び出しの書状が届きました。内戦をやった上に布告まで発動したので、呼び出しが来るのは至極当然。立ち回りを少しでも間違えれば処刑コースも十分にあり得ます。ここは筋力ではなく知力が物を言う頭脳戦になりますね。私の弁護士並と呼ばれるほどの、匠のロジックテクを駆使します。当時は心神喪失状態だったんで~。



divinity002115.jpg

弁論の結果、チュノンからの裁決は「無罪」 ええっ!?無罪を勝ち取った本人が一番びっくりだよ。チュノンの中ではなにやら葛藤があったようですが、これまでの態度からすると、どう言い訳しても冷酷に処刑をしてきそうな人でしたから、突然の変遷に呆然としてしまいました。それどころかチュノンは主人公の下で法の番人として働く事を誓ってくれます。なんだこの人は。法に厳格すぎるゆえ、自分の中で理論が合ってしまった場合に一瞬で変わり身してしまうのか、元からメンタルが弱い人なのか。



divinity002116.jpg
暗殺されてなるものか

ひとまず無罪放免になったことで心が軽くなり、スキップしながら帰ろうとした時、今度は影のアルコン、ブレーデンマークが現れました。こちらも無罪になーれと祈りながら弁護をしてみますが、今回はこちらの弁護も実を結ばず、彼から下された判決は死刑。殺されてたまるかとこのまま戦闘に突入します。カイロスの法に背く者に対しての、暗殺者としての役目を持つブレーデンマーク。その役割の通り、影を用いた特異なスキルを使って一行を翻弄してきます。ワープ移動やシャドウ召喚なんかで陣形を保つのが難しいので、こちらも移動関係か防御系のスキルを取っておくのがいいですね。今作は、このタイプのRPGで主流な6人パーティー制ではなく、4人パーティーなので、防御完全無視で攻撃特化の後衛というビルドをする事はあまり無いとは思いますが、守りを意識しながら頑張っていきましょう。

ブレーデンマークを下し、アルコン二人に対する決着をつけた一行。なんか急に進行が速くなった気がするな。続いてディスフェイバードとも決着を着けに行きます。別にボイスオブネラットに対する忠誠心はかけらもないので、話し合いで済むならそれに越したことは無いのだけれども、布告まで使って敵軍を撃退してしまった今、おそらく激突以外に決着は無いでしょう。グレイブンアッシュの元へとむかうことにします。

[ 2018/10/19 19:48 ] PCゲーム Tyranny | TB(0) | CM(0)