FC2ブログ








Avernum 3 Ruined World その7(完)

divinity002082.jpg

帝国の指導者と会合

Avernum3はマップ最終エリアである最北部を進めています。ここではこの地域を統治するEmpress Prazacとの会合が目的。Avernumとは1、2で激突した仇敵なわけですが、現在の非常事態と、この旅で稼いだ名声もあって、こちらでもTrevonoなどと同じように和解の方向で話が進んでいきます。AvernumのAnaximanderに書簡を届けてくれと言われ、飛脚クエストをやることになります。途中で反対派の襲撃なんかもありますが、今のパーティーの敵ではありません。撃退しつつさくっと往復。

今回はマップ広めで戦闘も多いので、それに合わせてお金の貯まり方も相当なもので、終盤ではトレーナーからスキル購入でパーティーの戦力をいいように伸ばしていくことができます。レジストは最後の仕上げとして全力で上げておきたい所。



divinity002083.jpg
Crystal Soul達との戦い

Empress Prazacからの許可をもらって、マップを塞いでいた長大な壁の向こうへ。この奥が今回の災厄が最初に広がり始めた場所で、最も危険な所だそうです。確かに壁の中にある町はどこも壊滅状態、廃墟に怪物だけが巣くっているという状態になっていて、補給や買い物は何もできません。準備万端でいきましょう。

そうして激しい戦いを続けてたどり着いたとある施設の奥、もう隠す気もないVahnatai様式の建物の奥で、数体のCrystal Soulと出会いました。そのまま戦闘に突入するわけですが、前回ゴーレムファクトリーで戦ったボスがいきなり複数になっているわけで、結構無茶な乱戦になります。バリアが無いのが救いだけど、攻撃の、特にDebuff地獄がひどすぎです。敵が移動できないのを利用して、こちらが部屋の隅に固まって標的以外を射程外にするようにして戦えば、いくらか被弾を抑えていけるので頑張りましょう。

そんな乱戦の中で、Crystal soulの一体がこちらにテレパシーで話しかけてきました。彼の口?からは、なぜVahnataiが帝国に攻撃を仕掛けたのかの真相が語られます。発端は前作で帝国がCrystal Soulを奪ったり破壊した事。Vahnatai社会では神に近い存在として大切にされ、崇められているそれらを汚した事で、一部の狂信的な一派が行動に出たというのが、今回の騒乱が起こった原因のようです。おお、そういえば2でクエストをやりましたよ。頑張って取り返しはしたんだけどなあ・・・

そして裏にいる中心人物の名前も判明、判明というか2でそのクエスト関係で絡みがあって、かつこちらに対してかなり敵対的だった人物です。Renta-Ihiro、狂信的かつ最強クラスの力を持った魔術師です。正体が分かった途端に本人の幻影も登場。さらにCrystal Soulを壊そうとしているこちらに対し、憎悪を振りまきながら消えていきました。これは和解はなさそうだな。激突必死です。



divinity002084.jpg
最終決戦

終わりが近づいてくるのを感じながらさらに進み、Renta-Ihiroの本拠地へ。彼女は入口から入ってまっすぐ、わりとすぐに到着するところに陣取っています。ただここに来る前に穏健派の方、Bon-Ihiroに聞いた情報によると、この本拠地全体がスペルエネルギーの供給装置になっており、彼女は無敵のパワーを持っているそうで、マトモに突っ込むのは得策ではありません。じゃあどうするかというと、それも教えてくれました。エネルギーをあえて全開にさせてのオーバーフローをすれば、施設ごと彼女を消滅させる事ができるだろうと。・・・自分たちはどうなるのかが気になるけれど、最後だしそれくらいの覚悟は必要なのでしょう。

彼女の居場所を避けて、フロアの四隅にある階段から地下に行き、エネルギーのレーザーを集中するように当てていきます。全ての準備が整ったら、いざ最終決戦へ。予想通り、彼女の怒りはこちらの話が通じるようなレベルではなく、どう会話を運ぼうが激突となってしまいます。

ここは彼女を物理攻撃でどうこうする戦いではなく、施設を暴走させるのが目的の戦いとなります。優先順位を誤らないようにいきましょう。まず狙うべきは移動の邪魔となる取り巻き達、こちらは上級モンスターそろい踏みで、これをどうにかするのが実質のラストバトルといえるでしょう。取り巻きを倒して移動の自由を手に入れたら、彼女が陣取っているコントロールパネルへ駆け寄る主人公達。しかしパネル自体がバリアに守られていて手出しができず万事休す!

その時、魔力とともに空間に歪みが生じ、何者かがテレポートして戦場に飛び込んできました。Erika、Avernum最強の魔術師、彼女は自分を陥れようとし、さらにAvernum全体を危険に晒そうとしているRenta-Ihiroを倒すのに参戦となります。Erikaの協力があっても、Renta-Ihiro本人を倒すことはできませんが、コントロールパネルへアクセスするチャンスが開けました。根性で噛り付いて、パネルを操作、施設の暴走が始まればそのまま終わりへと一直線です。

その後の展開は各自確かめてもらうとして、コントロールパネルには安全装置作動のボタンがあるのでそこだけは注意が必要です。これを押すと、また地下へ行ってそれぞれのレーザーを操作しないといけなくなります。戦闘が始まってからそんなことをしている余裕はかけらもないので、押したら最後、リセットしてのやり直しコースとなりますよ。



divinity002085.jpg
戦いの終わり



終了。今回もSpiderweb Softwareらしさがよくでた作品で、軽快なシステムと壮大な冒険をたっぷりと楽しむことができました。過去の記事を見直すと、休止期間も含めて5か月くらいかかってのクリアで、よくできたもんだなと思いましたが、やはりこの軽快さが続いた秘訣でしょう。

全体の構成としては、自由な1とストーリ重視の2との中間という感じでしょうか。自由なオープンワールドにしつつ、その地域地域で大きなクエストがあり、適度な誘導で世界に入り込みながら、冒険と成長を楽しんでいくことができます。最初にいきなり地上に出た時だけは死ぬほどきつかったけど。

Avernumの冒険と帝国への復讐、帝国の侵略ときて、次はVahnataiとの絡みが続きそうな気配です。シリーズの完結は6なのでようやく折り返し地点まで来た事になりますね。このシリーズは非常に気に入っているので、完走目指して頑張っていきます。

Avernumリメイクシリーズは1からスタートして3まで終了。公式サイトによると、Avernumのリメイクはこの3で一旦の停止となる模様です。今はエンジンとシステムをまるっと変えての新作を作っているようですね。Queen's Wish: The ConquerorというタイトルでKickstarterを行っていました。その次はGeneforgeのリメイクを考えているとのこと。

ですので続きをやるとすると、次は旧Avernumの4,5,6をやるしかなさそうです。もっとも、旧も4までいけばエンジンも新しくなっているようですので、今やってもそれほどきついということはないはず。Geneforgeもシリーズ最後までやってないし、まだまだ楽しめそうです。完走まで何年かかるかは不明ですが、これからもこのシリーズは楽しんでいこうと思います。
スポンサーサイト
[ 2018/09/04 06:29 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その6

divinity002079.jpg
ゴーレムの本拠地

各地で湧いているモンスターのトラブルを解決しながら、北へ北へと進む一行。だんだんと終わりが見えてきた気がします。そうして到着した都市Tevrenoでは、ゴーレムの大集団に包囲攻撃を食らっていて、これまでに攻略したエリア以上のピンチを迎えている様子。もちろん助けていきますとも。

ここまでの危機を迎えると、帝国の戦士たちとも手を組んで戦うような場面も増えてきました。会う人には半分かそれ以上くらいの確率でAvernum人とバレてるような状態だけれども、各地で上がった評判のおかげでわりと普通に受けれてもらっています。いい感じじゃないか。

そしてゴーレム対策に乗り出しています。本拠地を探るために人やドラゴンから情報収集を続けた結果、北の森の中に謎の建造物があり、そこが本拠地だろうと言う事が判明しました。中央の青い柱の建物がゴーレムの製造本拠地で、周囲にある4つのストーンサークルがそれにパワーを供給しているので、まずは周囲から攻めて止めればいいそうです。サークルはパワー供給源だけに、破壊すると豪快に燃え広がったりします。上手く逃げながら壊していきましょう。


divinity002080.jpg
ここで1週間詰まる

ストーリー的にも山場なのか、ゴーレムファクトリーは内部も相当な規模地下地上ありの広大な空間で、さらにパワーの供給を切るまではゴーレムの製造が続くため、何度も湧いてくる敵を倒しながらの探索となります。あとパワー供給用のレーザーがそこら中を飛び交っており、ダメージ床的なそれを避けながらの探索もあるので、そちらも厄介。コンバットモードへの切り替えを上手く使う必要がありますね。

まず入ってからやらないといけない事は、サークルへの道探し。周辺にある4つのサークルのうち一つだけは、崖に阻まれていて外からは破壊ができていないのです。これをやらないことには本拠地の破壊もできないので、まっさきに取り掛かりましょう。と、そこまでは分かっていて地下からサークルへ通じる道を発見し、攻略していたのですが、どうしても道を塞いでいるレーザーの突破ができませんでした。

スイッチやレーザーの軌道を変えるミラーがいたるところにあるのを、道を作りながら隅々まで探索してもだめ。どこかの壁に隠しスイッチが無いかを知らべて歩き回ってもだめ、スイッチを操作する順番があかんのかと、メモを取りながら全ての順番を試してもだめ。万策尽き、バグでクリアできないクソゲーだと半泣きでレビューを書こうという段階になったところで、別フロアにバリアを切るスイッチがあるのを発見しました。困ったら一度現場を離れて頭を冷やす必要があるという教訓です。


divinity002081.jpg
制御クリスタルと対決!

痛いレーザー網をかいくぐりながらたどり着いたファクトリーの最上階。そこにはこの施設全てをコントロールしている、Crystal Soulが鎮座しておりました。Vahnataiですな。しばらく前からクエスト内でいくつか証拠や、それらしい建造物に行きあたっていたのでそうかなーとは思っていたわけですが、今回の騒動の裏にいるのはVahnataiの勢力とみて間違いなさそうです。この施設の造作なんて、まんまソレですしね。やはり終盤か。

さて戦いになったものの、このCrystalはバリアで守られいて一切の攻撃が通じません。攻撃が通じないまま、相手が無尽蔵に生み出してくるゴーレムや、精神魔法にいいようにやられてしまいます。何か凄い高出力のエネルギーさえあれば破れそうなのですが・・・とここでこれまで苦しめられたレーザーに意識が行き当たりました。このレーザーを浴びせてやればなんとかなりそうです。ちょっと離れたところにある、移動可能なミラーを持ってこれれば勝利は目の前。Tevrenoを救い、事件の解決へ向けてさらに旅を続けていきます。
[ 2018/08/23 20:23 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(2)

Avernum 3 Ruined World その5

divinity002073.jpg
亜人との争いと交渉

最近少し早く帰れるようになって、Avernum3の進みも気持ち順調になってきました。ようやく改善が形に出てきたといいましょうか。いい流れです。せめてひとRPGは2か月以内でクリアできる体制を整えたいですね。なんせ過去の記事を見ると、これ3月にスタートしてますし、こんな状態が続いてたらどうにもなりませんわ。人間らしく生きるために社会の歯車としての性能を高める。なんていうとちょっとかっこいいな思いながらプレイを続けていきます。

前回に続きKarnold方面ではトログロさん達を攻略中。こちらはかろうじて話が通じるので、交渉次第では一時的に戦闘を止めることができそうです。ただ基本的には分かり合えない相手なので、やはり討伐してしまった方がいいのかなという気持ちもあり。彼らは北にいるジャイアント達を不倶戴天の敵としており、互いの領域を寸断しているバリアを取っ払ってしまえば、それで互いにつぶし合って漁夫の利も取るという策もありっぽいです。こういういろいろな解決策がありそうな流れは楽しくなりますね。



divinity002074.jpg
こちらはGolem地獄

亜人の争いを一旦収めて、さらに旅を続けます。これまでのパターン通り、この先も平和になっているはずもなく、北の方ではゴーレムとアンデッドが暴れまわっているようです。とある港町にお邪魔したら、突然ゴーレムの襲撃を受けてしまいました。

とにもかくにもやるしかない状況なのでそのまま戦闘に突入するも、こいつらがまた強い強い。使ってくる魔法攻撃が、範囲ダメージ+ダメージ床化になる物で、2ターン目にはもう画像のような状況に。今回は全体的に受けるダメージが大きいのと、シリーズを通じて氷属性はレジストが稼ぎにくいのが合わさって、立ってるだけで死にかけてます。

4人だけだとボス戦以上に苦戦しそうな相手でしたが、町中だったので付近の帝国兵達も加わっての乱戦になり、ひとまずの撃退に成功しました。こんな襲撃を毎回受けてたら、それは街もズタボロになるわな。原因を取り除く為に頑張っていきます。


divinity002075.jpg
装備を強化

北へ北へ旅してGaleの街に到着。今回はマップが大きいのもあってか、小さくて特にイベントがない村がいくつもあったりしますが、ここはきちんとした街ですね。モンスターの襲撃を恐れて街ごと籠城していたり、怪しいハーブが流行っていたりで中は全然きちんとしてない様子だけど。

とりあえず売っているものはかなりいい物が揃っているので、頼まれたアンデッド退治に行く前に装備を強化しておきます。特にこのRuned Plateはこれまで見た装備の中でも破格の性能です。高いArmor値に加えてMind resistが付き、何より大きいのが命中率ペナルティが全くなしという点。今回とにかく重装備化による命中率ペナルティが大きくて、序盤では少し装備を固めると全然攻撃が当たらなくなっていたので、こういうのは助かります。財布は一気に軽くなるけど、今回は金銭的には割と緩めだし、ここは限界まで買い物をしておくことにします。
[ 2018/08/03 05:52 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その4

divinity002071.jpg
ゴキブリ天国

前回から引き続き、ゴキブリの猛威に晒されているBigailエリアにて、来る日も来る日もゴキブリ狩りをしています。こちらもスライムと同じでどこかに巣があるようで、それをつぶすのが目的になります。島を歩いているとそれっぽい怪しげな場所もすぐに見つかるのですが、入口は見当たらず、まず入るまでの方法を探さなければいけません。くまなく歩いていれば分かるくらいではあるものの、今回はクエストがちょっと複雑になっている感じですね。ログとマーカーだけではクリアが難しいものもあり、プレイ感覚が空きまくっている現状では、記憶力の点でけっこうな苦労をしながら進めています。レコード機能の使用頻度が高いです。

道中出会ったいい蜘蛛からいいゴキブリの巣を教えてもらい、そこで見つけた本拠地の情報からゴキブリ総本山へと進む一行。文章にすると、なんだかカオスな事になっていますが、実際の流れです。中でもゴキブリまみれになりながら突き進み、最深部をどうにかして破壊すれば、ここでの冒険は終了。破壊の方法に関しては街で適任者を探しましょう。



divinity002072.jpg
こちらはトログロ天国

島の平和を取り戻したら、そのまま海を渡って東のKarnold方面へ。こちらの町はTroglodyteによる猛攻に晒されており、どこも防衛に汲々としております。唯一の帝国とはなんだったのかというくらい、全面的にやられてますね今回。

時間制限にはまだちょいと余裕がありそうという情報ももらったことだしと、あちこち歩き回って過ごしています。こちらも情報提供してもらったことで、メインクエストをクリアしていくと、ゲームスタート地点に帰る事ができるアイテムが手に入るので、よりいっそううろうろとすることができるようになります。さらにオーブが盗まれる事件も発生し、それを終える事で空を飛んで高台や川を飛び越せるようにもなって一気に行けるところが増えるので、さらにアイテム回収が捗ります。

今回は野外を歩いているモンスターが多めで、かつ復活の頻度が高めになっているようで、時間経過に目をつむればそちらで稼ぐこともできそうですね。さらにクエストも同じようにリピートで受けれるものがたくさんあります。とは言っても普通にプレイしていたら、終盤くらいには一応のレベルキャップである30に届きそうな勢いでダンジョンや敵が配置されていますから、詰まった時用ですかね。とりあえずトラグロ達をなぎ倒していきます。

[ 2018/07/15 08:08 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その3

divinity002068.jpg
Erika様再び

スローペースすぎて自分でももどかしいながらも、Avernum3は継続中。仕事の処理効率は確実に上がっているはずながら、その分だけ新しい仕事が増えているような気がしてなりません。いわゆる仕事を頑張る人が損をする状態か。今は他の人にこっそりスルーをして、自分の負担を減らす作成を実行中です。目指せ週休二日。

そんなリアルの愚痴は置いといて、Avernum世界の謎を解き明かすのに世界をめぐっています。前回までのSlime事件では、原因にAvernumの魔法の存在が見え隠れしていて、地上の帝国に一番恨みを持っていて動機がありそうな人、ということで1から出ていた女魔術師、Erikaさんに話を聞いたりしています。当然彼女は否定するわけで、調査は続けていくよという段階で次へ。まあ各地で他にも事件が起きているようだし、まだまだ何か黒幕がいるのでしょう。



divinity002069.jpg
飛び回ってこの状態

ワールドマップはただいまこのような開拓具合。なんかあてもなくさまよったり、開拓した先で見かけたダンジョンを攻略したりなどとしているので、開拓範囲の割にはストーリーは進んでいません。無駄に日数ばかり経過しております。なんか日数がかかりすぎると町が壊滅したりするようなので気になるけれど、まあ1つ2つはしょうがないくらいの精神でじっくり構えていきます。

今はマップ南のKrizsanエリアはおおむね回り終わり、北西にある島、Bigailエリアへと進んだところです。



divinity002070.jpg
怪しい宗教の人

ここBigail島エリアでは、前のSlime事件と同じような状態でどこからか溢れてくるモンスターの脅威に晒されています。ちなみにそのモンスターは巨大なゴキブリ。島中いたるところゴキブリだらけで、精神的な脅威度ではSlimeをはるかに上回っています。さてさて、奴らの拠点と黒幕は何なのかなと。

さらにこの地ではAnamaなる宗教が大きな勢力を持っています。教義としては反魔法というもので、彼らの言い分を聞くと、魔法があるがゆえに戦いでの互いの被害が膨れ上がったり、今回のような不自然なモンスターの被害が生まれるんだから、魔法は禁止すべきだという感じです。言いたいことはわからんでもないけど、こちらもお世話になってるしなあ・・・

この魔法、反魔法関係の質問がいくつか出てきますが、これはゲーム内での主人公の立場に影響がでそうです。Geneforgeでいう質問への答え次第で、どの陣営寄りになっていくかと同じような感じですかね。結構気楽に答えたりしているけど、宗教にはうさん臭さを感じるタイプなので、あまり深入りしないように話を聞いていこうと思います。
[ 2018/06/16 22:37 ] PCゲーム Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(2)