スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ember その9(完)

divinity001981.jpg
Darkbringerと二人旅

前回から続けて、全ての祭壇を訪れ終わった主人公。いよいよEmberの女神がいる世界へと飛ぶ事ができるようになりました。そうそう、長々と続くチェーンクエスト相手にしてすっかり忘れてましたが、世界中で使われていたEmberの力の異常を調べて食い止めるのが主人公の使命なのです。というわけでこれで全ての謎が解けるはず。

ポータルに入れるのはEmberの力を身に着けた主人公だけなので、仲間とは一時的に別れて一人だけでポータルに飛び込み・・・抜けるとなぜかDarkbringerがいました。身構えるこちらに対して彼は、「自分の目的はそちらと一緒だ、この先は二人の力を合わせないといけないぜ」と、妙にフレンドリーに話しかけてきます。なんなのこれ。確かに現れた時から完全に敵対しているというわけではなく、からかうような感じはあったのだけど。騙されているような気がしてたまらないものの、彼と二人で旅をする事になってしまいました。



divinity001980.jpg
囚われのEmber Goddess

二人で歩いていったすぐ先、あっさりとEmberの女神に出会えました。彼女も地上のEmberの力が失われているのは感じていたものの、ここに封印されて力を制限されている状態ではどうする事もできず、ただただ哀しんでいたそうです。という事は封印を解けばいいのね。周囲にあるポータルから飛んで、各所の封印を行っている石を破壊していきます。

なお、封印の先ではそれぞれ何度かの戦闘があります。そこで問題になるのがDarkbringerのあまりの弱さ。前の画像の通りDEXタイプの仲間なのですが、ステータス振りがバラバラすぎるのと、装備が2ランクくらい下の貧弱な物での参戦で、徹底的にお荷物になってくれます。足を引っ張る罠かと疑うレベル。幸い装備変更とステータスの再振替は自由なので、ここに来る前に何か適当な装備を見繕っておくのがよいでしょう。



divinity001983.jpg
騙されて決戦

封印を全て破壊し、自由になったEmber Goddess。主人公達と地上に戻って最初にやったことは、ポータルの周囲にいた各地域の代表者達の抹殺でした。ええ!?

Ember GoddessがもたらしてくれたEmberを有難がって行使し、その力がなくなっていく脅威に対して創造主である彼女が助けてくれると思っていたのは人間達だけのようです。当の女神からすると、Emberは自分の為にだけで作ったもので、封印されて動けなくなったあげくに、人の力を勝手に使いまくられて怒り心頭だったそうで。そうして怒りながら長い年月を過ごしているうちに、地上のEmberに対して影響力を発揮できるようになった彼女は、自らそれらの力を弱めていき、誰かが自分に助けを求めて封印を解き放ちに来るのを待っていた。というのが今回の事件の真相とのこと。

Darkbringerも計画の全貌は見抜いていなかったものの、女神が善の存在ではないとは疑っており、これまでの行動は主人公の人助けスタイルとは別のアプローチで、女神の元に行き、それを倒す方法を探っていたらしいです。なんと紛らわしい奴だ。何はともあれ人間に敵意むき出しの女神によって地上は滅亡の危機、それを止める主人公達の最終決戦が始まります。

ここでは再びパーティーは元の仲間二人を加えた3人に。それにNPCとしてDarkbringerが加わります。彼に着けていた装備はここまでくるともう戻せないので、元の仲間から装備を剥がしていたような場合は、ポータルをくぐる前にまた元通りにしておきましょう。戦いはとにかく攻撃が激しいけれど、基本的な作戦はこれまでと変わらないのでただただ全力あるのみ。スタンは当然のように効かないので、スローをかけ続けてスキルを猛連打です。範囲攻撃が痛いのと、定期的に出されるEmberを破壊するまで本体が無敵という技を使うので、移動系のスキルも持っておくと便利かもしれません。クリスタルやポーションも全て使い切る気持ちで戦えば、スキル連打をしながらでも倒すまでマナを持たせる事ができるでしょう。倒せばそのままエンディングです。



クリア。プレイ前の見た目からは、Divinity Original SinやPillars of Eternity系統の物かと思いましたが、かなりカジュアルな方に舵を切った作品でした。プレイしながら何度もMMOみたいだなと思う所があったように、マップやクエストの構成を中心としてかなりの部分に近年のMMOのシステムを取り入れており、チェーンで流れるように続くクエスト、レベル別に分けられたフィールドによって、進行ではほとんど迷う事がなく、するするとクリアまで行けてしまいました。親切です。

いわゆるMMOみたいなシステム自体は、World of Warcraftで革命が起きて以来、その後のフォロワーがみんな参考にするほどに完成度の高い物で、私自身もWoWや他MMOはかなりハマっていた経験があって本当によくできていると思うのですが、やはりソロRPGとしてこれらを丸ごと導入すると少々寂しく、この作品はMMOの序盤地域をソロでプレイするような感覚になってしまいました。

スキルは装備に付くもので、アクティブに使えるのは一人3種類だけというのも、シンプルで分かり易くはあるけれど、同時に考える事や取れる戦術も少なくなるので、こちらでもあっさり風味になってしまいますね。スローがあればなんとかなります。

これぞというウリや尖った部分がなくて地味な評価になってしまいますが、上記のようにシステム面は文句無しであり、ストレス無くプレイできて英語が苦手でも平気な、軽めに遊べるRPG。そう考えれば十分アリのように思えます。気分転換や洋RPGの最初の一歩にいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2017/03/16 00:03 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その8

divinity001977.jpg
祭壇探しの旅

各地に散らばった祭壇を探しています。祭壇を見つけたら属性に合ったペンダントを捧げていきましょう。ペンダントは祭壇のある地域のクエストを進めていれば自然と手に入るから、とにかく突き進んで祭壇まで行けばOKですね。最後にアイテム欄から祭壇に直接ドラッグをする必要があるのだけ少々分かり難いものの、これまでのサイドクエストでもいくつか同じ物があったからなんとかなるでしょう。

画像はこれ以上ないほどのアピールで迫る赤Emberの祭壇。赤いねえ。像の前にあるのが祭壇ですね。これで1か所完了っと。



divinity001978.jpg
巨人の地へ

さらに別の祭壇のある場所へと移動。Cliffs of Giantsの名の通り、ここにいるのは巨人達。氷の地+巨人とくればこれはもうゲーム終盤の合図ですな。ただここの巨人達は終盤にふさわしい強敵というわけではなく、かつての戦争で人間達の連合に敗れ、陸地からは行き来できない地追いやられて細々と暮らしているという境遇にあるようです。受けるクエストも、人間の船がこの地までやってきて食料の魚を獲っていってしまうので、それを何とかしてくれなどと、どことなく悲壮感が漂うもの。これは助けておこう。

そういえばここではミスリルの鉱石が手に入りますが、それをインゴットにするレシピが見当たりません。どこかで取り逃がしたかな。もっともクラフトで作る物と、敵から手に入る低クオリティの装備にそんなに大した性能さがないのと、最大の利点であるスキルを自由につけられる事が、ルーンの付け替えで代用できてしまうため、装備のクラフト自体何もやらなくていいかもしれません。調理系も味無しで焼くだけのが一番重宝するし、クラフトは不遇です。ポーションだけは値段が高いからクラフトした方がいいですけどね。



divinity001979.jpg
敵が強い

前のネクロマンサー戦のあたりから雑魚も非常に強くなっていますね。特に耐久力が高くて速攻がしにくく、戦っている内に貴重なスキルポイントを減らしてしまうのが厳しくなっています。敵1体を固めるスタン系スキルは役に立つけれど、消費ポイントが多くて長期戦がつらいのと、ボス系には無効化されてしまうのでそろそろお役御免か。

ここでメインスキルになったのは範囲でスロー効果をかけるもの。効果時間は4秒と短く、相手もスローながらも動いてしまいますが、消費ポイントが少なくて常にかけ続ける作戦が可能で、結果大幅に被ダメージを減らす事ができてしまいます。これとスキル封じを組み合わせるのが鉄板ですね。どのタイプのクラスでもこれらのスキルは持っているので、常に誰かが使える状態にしておくのがいいでしょう。攻撃面では最初期からあったスキルであるダブルアタックが一番使えますね。危険な相手がいる場合は、ポーションがぶ飲み覚悟で連打すれば、すぐにそいつだけを排除できます。
[ 2017/03/11 11:56 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その7

divinity001974.jpg
王子と対決

White Emberを探してPinnacleをうろうろ。ここは普通に買い物ができる街なので分かるように友好的な国なのですが、それでもここからEmberを取ってこなければいけません。今はネクロマンサーの手先として働いているようなもので、こんなことしてたら極悪人の烙印を押されそうだなと心配しながら情報を集めていると、ここの王子であるSyrionが乱心したのかEmberを使って怪しい実験を繰り返しており、人体実験まで含めて暴虐の限りを尽くしているという話が、そこら中から飛び込んできました。おお、それは好都合だ。と言ったら怒られそうだけど、彼を止める為の戦いと言えば悪評は避けられそうです。

そうしてクエストやダンジョンを潜り抜けて、Syrionとの対決。彼は周りにある祭壇から護衛による魔法防御を受けており、まずはそちらを片付けるまでは手出しができません。この作品では戦闘中の移動指示のやりかたが少々手間で、普通のRTSのような操作ができずにドラッグしていかないとダメなのと、経路に移動中の味方がいたりするとすぐにその場に立ち止まるなどするので、戦闘とは別の部分でイライラしてくるかもしれません。時間制限などは無いのでじっくりと追い詰めていきましょう。



divinity001975.jpg
続いてネクロマンサーと対決

ネクロマンサーの所にWhite Emberを持っていくと、案の定襲い掛かってきました。しかも渡したEmberの力で作った、強力なクリーチャーとセットです。言わんこっちゃない。どうせこうなるから取引なんてせずに襲い掛かっておけばよかったんだよ。

愚痴りながら戦闘に入ってみると、いきなりパーティー全滅しそうに。これまでのボス戦とは桁の違う難易度です。クリーチャーとネクロマンサーの二体はどちらも、今までのボスではこれで固めとけばOKだったというスタンを無効化してしまいます。そうして行動を止めにくい状態で範囲攻撃や、1体を瀕死にする攻撃を放ってくるので、タイミングが悪く重なるとライフ満タンから一瞬で殺されたりする危険があります。2体いる弓スケルトンも、普通の雑魚ながらけっこう痛い範囲攻撃スキルを持っており、とにかくライフの減少速度が半端じゃありません。

スタンが効かないのでそれ以外の手段で戦っていく必要がありますね。相手のスキルを封じるカウンタースペル系のスキルは必須かと思われます。持ってない場合は、下手に何度も挑戦するより、一旦戻ってルーン屋でスキルを仕入れたほうが断然楽に戦えるでしょう。ネクロマンサーはどうも数回か最後に倒すまでは生き返ってくるようなので、最後に回しましょう。



divinity001976.jpg
旅は最終局面一歩前?

心臓を取り戻した主人公、次はEmberと完全に調和しその力を引き出すのに、各地にある祭壇を訪れる事になりました。行くべき場所は3か所、マップを見るとこれまで訪れた事がなかったエリアにマーカーが表示され、全てのマップが埋まりました。ここからまた外の世界編に突入するかもしれないけど、おそらくこれをすべて終えれば最終局面になるのでしょう。ネクロマンサー戦でいきなり難易度が跳ね上がった事だし、気を引き締めて掛かろうと思います。
[ 2017/03/07 00:45 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その6

divinity001971.jpg
心臓の持主

まだ心臓探してます。これで最後まで引っ張るのかなと心配しはじめた頃に、とうとう今の持主の情報を入手できました。巡り巡ってネクロマンサーの手に渡ってしまっていたようです。よりによってそんな怪しい奴の元へ。また一波乱ある予感しかしません。彼の住むエリアは、いつだったか強すぎるゾンビが大量で進めずに諦めていた洞窟を越えた先ですね。今回は適正レベルだからか順調に進むことができました。

いかにも悪の魔術師がいますよという趣のガスの沸き立つ沼地、ゾンビやゴーストを倒しながら最深部にあるネクロマンサーの元にたどり着き、心臓の件を尋ねてみます。こんなシチェーションだしボス戦だろうなと準備万端で挑んでみると、意外にもまた、渡してもいいけどその前に○○してよという流れになってしまいました。今度のターゲットはWhite Ember、さっきまでいた大きな街とはまた別の国、Pinnacleにあるそうです。面倒だしもうボス戦気分になってるからとにかく返せやと、力づくで奪い取ろうとしてみたのですが、ネクロマンサーはこちらの気配を察して消えてしまいました。行くしかないのか。



divinity001972.jpg
装備も充実

このあたりまで進むと、装備もスキル付きの物が溢れんばかりになっていて、有用な物を選んでいく余裕ができてきます。武器防具に付くアクティブスキルは、スタートすぐからお世話になっていて効果もなじみ深くなっているのですが、このあたりからリングやアミュレットに付くパッシブスキルの存在が増してきますね。特定の条件でライフやエネルギーを回復する効果の物があり、特にスキルで消費するエネルギーが回復する物は、それさえあれば無限に戦闘できて宿屋いらずになるくらいの大活躍をしてくれます。

画像の物は回避が発動した時で、他にも戦闘突入時や、敵を倒した時に発動などと種類があります。複数の敵との戦闘が多い事を考えると、敵を倒した時に発動のが一番効果的でしょうか。別々の種類でいくつかつければ、スキル使用は困らなくなるかな?



divinity001973.jpg
Pinnacleに到着

ファストトラベルで近くまでぴょんと飛び、そこから歩いて割とすぐに到着。大きい街なのでここでも買い物が充実します。装備品などの店に加えて、ここにもルーン屋がおりました。先ほど話したリングやアミュレットへのパッシブスキルもルーンで自由に選べてしまうので、お金と相談しながらここで一気に付けてしまうのもいい手です。1つの店ではスキル1種につき3個までしかルーンを売っていないけれど、これで2店合わせて6個まで買えるから、けっこう実験してしまえますね。装備のステータス修正値はもっと上の物がありそうですが、スキルほぼ使い放題は魅力なのでいくつか買ってしまいました。
[ 2017/03/03 23:56 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)

Ember その5

divinity001968.jpg
シーフギルドからクエストへ

心臓探しの旅が続いています。街に着いた時はシーフギルドの誰かが情報を持っているという話だったのが、○○してくれたら教えてやる→誰々に聞いてみな→○○してくれたら・・・という流れでの一連のクエストに突入中。早う教えてくれ。このMonteからは、街中の4件が持っているドクロのトロフィーを盗んでくれと言われました。盗みはLightbringerの仕事としてどうなのと思うけれど、それらは別に特別な価値があるものじゃなく、彼の個人的な望みで欲しいだけの物みたいなので、ここは受ける事にしますか。そもそも自由な解決方法ができるタイプの作品じゃなく、受けないと話が進まないっぽいからやるしかなさそうなわけですがね。



divinity001969.jpg
買い物も大量に

この街は広々しているだけにあらゆる種類の店があり、店売りの装備、またはレシピを買ってのクラフトで、一気に戦力を増強する事ができるのですが、その中でも特筆すべきはこのZazigodaというよく分からん生物がやっているショップ。ここではリング、アミュレット類に加えて、装備のスキルを指定した物に上書きできるルーンが販売されています。強い装備が手に入ったけれどスキルがいまいちだったという時も、これで好きなように変換できて安心という強力アイテム。

隠しショップでもなんでもなく、普通にマップに表示されている中でこんなものが売られているのはゲーム的にどうなんだろう。もっとも商品の単価はかなり高めで、買った後の補充もされないようなので、あまり気軽には使えない切り札的な存在として設定されているみたいですね。もう少し育っていい装備が手に入るまで取っておくか。切り札はクリアまで温存しっぱなしにする性格なのです。



divinity001970.jpg
クエストは続く

クエストを続け、ようやく事情を知る男の名前と居所が明らかになりました。やれやれこれで終わりかと思いながらその場に向かってみると、紹介してもらった事情をしる男、Zarekは盗みに入った先の失敗ですでにご臨終しておりました。なんじゃそりゃ。もはや冒険は終わりかとなる所ですが、主人公は死んで間もない死体ならその魂を呼び出して会話する能力を持っているのでした。そういえば郵便配達してる人の魂も呼び出して、サブクエストをやっていたんだった。調停者だ!すげえ!

そうして彼の無念を晴らすべくもうひとクエスト追加。ここで彼の妻であるZannonが、夫と最後のやり取りをさせてくれた事と、その遺言もあってで仲間になってくれます。彼女はこれまでいなかったDex特化タイプですね。ここからのクエストでは必ず彼女を入れる必要があるので、CorenとCorraのどちらかにはいったん外れてもらいましょう。外した方はRadianceのCorraの家で待機しており、いつでも入れ替えができるので、好きなチームを組んでかまわないと思います。そして新たな仲間を加えてクエストに出発。これでチェーン終わってくれよ。
[ 2017/02/27 00:36 ] PCゲーム Ember | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。