Avadon 3 その18 (完)

divinity001910.jpg
罠からの脱出

前回から変装が効かないゴーレムやらデーモンをいなしつつ、居住区エリアへと侵入。出会った人は全員友好的に応対してくれるので、これは首尾よく成功しそうだなと思いながら案内された部屋に進んでいくと、そこは鉄格子付きの牢屋でした。やはりこうなるのか。案内してくれた人は急なことでここしか部屋がないのでとか言っていたけど、入ったらきっちり鍵までかけられたし、このままいたらどう考えても危ないので脱出します。こういう時は探せば隠し通路があるもんさ。

クエストとしては逃げ出さないとだめと表示がでるのですが、入ってきた方向に逃げ出すと戦闘なしで逃げれるけれどストーリーが進みません。奥へと逃げましょう。ホラー映画でわざわざ地下室とか下水道とか薄暗くて危険そうな所に逃げる犠牲者の気分です。今度は人間タイプの相手でも、こちらを見つけると襲い掛かってきますから、前のゴーレム相手の時と同じように相手の隙をつきながら移動していきましょう。鍵開けスキルがあるか鍵が余っているなら、空き部屋に身を隠しながらという作戦も取れます。



divinity001911.jpg
Daheless、あっさりと墜つ

建物から逃げ出し、もう少しで逃げ切れるという所でTawon側の部隊に囲まれてしまった主人公。さらに相手からはまたも、お前はRedbeardに捨て駒として使われたんだよと言われてしまいます。そんな絶体絶命の場面で、別方向から戦いの音が響いてきました。Avadonの、そして仲間達の攻撃です。仲間と合流して目の前の部隊を打ち破りましょう。ここでは複数の敵がこちらと同等のクラススキルを駆使してくるボス級の相手になっていて、これが実質的な最終決戦になるみたいですね。

敵を倒した後、奥に進むとそこにはDahelessの姿が。自分が人生をかけて取り組んだ反Avadonの取り組みが完全に瓦解してしまった事を認める彼は、もはや戦意はない様子でこちらには問いだけを投げかけてきます。Pact外の彼らにとってだけではなく、Pactにとっても真の敵はAvadonであると。その強大すぎる力の為にさらなる戦乱が起こっているのだと。お前たちを駒としてしか見ていないRedberadに仕えるのかと。それだけをこちらに含めるようにして言い終わると、彼は懐に持っていた小瓶の中身を飲み干し、そのまま絶命してしまいました。



divinity001912.jpg
Black Fortressにて

すっとしない物の残る結末ながら、最後に残ったTawonもリーダーが居なくなったことで戦争は完全に終結。Redbeardは最後にBlack Fortressを取り戻すべく、こちらに同行を命じてきました。ここで主人公と共に行く仲間を選ぶ事になりますが、これまでの仲間別のクエストで信頼関係になってくれた人だけしか連れて行けません。冒険の中でRedbeardに対する疑念も湧いてきて、このまま従うか、それともいない方がいい世界になるかを迷っている人も多いかと思いますが、この仲間達ならどちらの選択をしても主人公を喜んで支えてくれるでしょう。



divinity001913.jpg
Avadonの、Black Fortressの支配者

最後の最後の選択。後半で暴走気味だったRedbeardにどうしたものかと迷ったけれど、私は彼を支持する結論をだしました。これまで支持する側だったというのもあるけど、実際に戦いは終わったわけですしね。トップの首はすげ変えたらより良くなるものだと思いがちだけど、より悪くなる可能性だってあるわけで、そこそこの結果が出ていればそれでよしとする精神です。Redbeardもだんだん弱っているので、時が来れば自然に変わるという形になるはず。

全てが終わった後、主人公達はいちHandとして過ごす選択を取りました。それから相応の年月が過ごしたある日、Redbeardは案の定で倒されて代替わりする事に。暗殺のようですが、こちらは政争から距離を置いてHand生活を続けます。歴史の主役ではないけれど、こういうのもなかなかいい人生です。地上の星になるんだ。こうしてAvadonとPactの歴史は流れ続けていくのでした。



クリア。これまたいつものSpiderweb Softwareのテイスト満載で、これまでの作品と同じように今回も非常に楽しむ事ができました。ほんと毎回同じような感想になってしまうので、前と同じの一言で終わって、投げやりであんまり楽しんでなさそうだなと思われそうですが、たっぷり楽しんだ上でこういう感想になってしまうのがここの作品なのです。

ただストーリーの方は完結編ということで全てにケリをつける必要があったのか、かなり急ぎ足だなという印象を受けました。これまでの戦いで叩かれて服従を装いつつも、裏で反乱を企てていたようなタフな連中が、みんなあっさりと降伏したり滅んでいきましたからね。Dahelessは2だと神の力で死んでも蘇るような男だったのですが。

それでもプレイ時間はこれまでの作品と同等かそれ以上だったので、急ぎ足には思えても短いというわけではなく、前作を楽しんできた人の期待には十分応える力がある良作だと思います。ここの作品はずっと追いかけていきたいですね。
スポンサーサイト
[ 2016/12/04 23:11 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その17

divinity001907.jpg
クエストで走り回る

Beraza WoodとTawonの神殿、行ける場所が2か所に増えてこれまでにないほどに走り回っています。特にこちらのBeraza Woodの方では、1やそれ以前からの因縁によってPact内2国の民族が深刻な対立をしており、表向きは収まっているという事になっているものの、現地に行ってみると今だに戦闘部隊が自国民を守るためという理由で自発的に陣取っていたりで、その和平の為により一層駆けずり回る事になります。

このサイドクエストでは探索も含めると両者の間を3往復くらいはしたでしょうか。どちらの陣営も相手がいるから引かない、向こうが先に引いたらいいよとか言うから撃破したくなるけど、粘り強く対話をしてみました。どうも今作でマップ自体がかなり広くなっているか、それともここのマップのデザインが曲がりくねっているからか、ずいぶんと歩くのが大変になっているように思います。クリックしてほっとけばいいとは言え、少々歩き疲れましたよ。



divinity001908.jpg
Pactの反逆者Gryfyn

マラソンかというくらいに走り回って、両方の部隊を解散させてすっきり。ただそこで思い出した事が。このクエストに入る前に、Gryfynは用心深く隠れていて、Avadonから来た人間がいるとばれたらあっという間に見つからなくなるだろうから、探索中は決してAvadonの人間だと話すんじゃないぞと言われていたのをすっかり忘れていました。説得中に話しまくってしまったがな。

1時間くらい調べまわって進展なく、これはクリア不可になるものでもう片方のTawonで進めないといけないものかと諦めかけていたら、普通に建物内にいたとある人物に再度話しかけたところで、有力な手掛かりを引き出す事ができました。最初話しかけた時はいきなりAvadonの者だと名乗ってしまっていたようで、それでももう一度話し直してそれを言わなければ大丈夫みたいです。シビアなルールじゃなくてよかった。

追い詰めたGryfyn、身分をごまかしながら話していくと、何やらProtus側の勢力であるHanver's Councilには割と友好的で手を組んでもいいよという素振りを見せてきます。なんだかきな臭いな。彼の立場としては自国民を守るのが第一で、その為にTawonと手を組んだりAvadonに敵対をしたというのがあるから、Pactとはまだ繋がりや修復する気があるのかもしれません。でも1ではその行為で何人もの人が無念の死を遂げているからな。取り入って情報を得るよりも、ここで全てを終わらせようと戦いを挑みます。



divinity001909.jpg
最終ミッション

Gryfynを倒してDhelessへと繋がる会合の情報を得た一行。よっしゃ、乗り込んで潰せばいいのね。と思ったら、今回はRedbeardの作戦により、一人だけで魔法の変装をして潜入することになりました。猛烈に悪い予感がするな。

このミッションに入る前に、これが最後のミッションだから準備や他のクエストとかやっといたほうがいいよ?と断りが入ります。これまでの作品でもあったから、ここからは自由な行動はできずにエンディングまでの戦いが続くのでしょう。セーブを別に残していざ出発。

侵入したところ、変装魔法のおかげで見張りの人間は避けられるのだけど、あたりを巡回しているゴーレム系の無生物はごまかせないようで、思い切り攻撃をされてしまいます。誰だこんなポンコツ魔法を作った奴は。ここで戦闘になる相手は最終ミッションだけにかなり強めで、さらに仲間も呼びよせてくるので、見つかると強いの数体と一人で渡り合う事になってかなりきついです。ブレードマスターだから自動回復モードでなんとでもなるけど、他の職業、特に後衛職だとこれは勝てない可能性も出てくるんじゃないでしょうか。無理そうな場合は素直に巡回の隙をついて躱していきましょう。こういう時は戦闘モードで歩くのがいいですね。
[ 2016/11/28 22:48 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その16

divinity001904.jpg
新たな拠点で買い物

一行を拒絶する拠点、Fort Foresightは、一波乱あった後でなんとか入場しこちらの拠点に。平和的に言いくるめて入場しようと思っていたのに、その前にRedbeardが「入れないのなら皆殺しにするぞ、こちらのHandを差し向けるからな」などと脅していたおかげで、向こうも追い詰められての臨戦態勢になっており、Protus派のHandと殺し合いをしてねじ伏せての入場となってしまいました。これはさすがにRedbeard株がダダ下がりです。調子悪いなら大人しくしてろと。

そうして若干冷ややかな視線を浴びながら情報収集と買い物に勤しみます。かなり終盤になってきたのもあって、ここは店売りにもなかなかいい物が並んでますね。Titansteel製の武具は基本性能がとびぬけて高く、半端なマジックアイテムを付けている部位があったら切り替えたほうがいいかも。オーブでエンチャントもできますし。


divinity001905.jpg
乱心のRudow

ここでまたも仲間クエストが入ってそちらへも。今回はRudowの2回目・・・こいつ、Redbeardにぴったり寄り添って護衛をしていたのだけど、その実、Protusに情報を横流ししているスパイなんですよね。前のクエストでは完全に反対するほどではない替わりに、苦言とちょっと距離を取るくらいで済ませていたのだけど、今回もまだ懲りずに活動を続けている様子です。

Rudowを連れて情報交換用の場所に近づいた所で、一行とは別のシャドーウォーカーが素早い動きで近づいてきました。お、見知った顔だぞ。彼の名はZaren、Redbeardに心酔している男で、ここの一つ前の拠点で一緒に過ごしていたのです。まずい人物に見つかったもんだ。ただ彼はRedbeardに心酔はしていても狂信者ではないようで、ここで仲間同士で争って戦力減をするのもつまらんと、穏便にすませようという流れで話が進んできました。

そこで取り乱した声を上げたのがRudow君、「Zarenをこのまま帰したら、この事は絶対にRedbeardに伝わってしまう!そうなったら身の破滅だ!見られたからには奴を生かして返すわけにはいかない!殺すんだ!!」

・・・いやいや、すごいこと言ってるよこいつ。セリフだけ聞くと純度100%の紛れもない悪党です。時代劇に出てきそう。ここまで来ると無理に仲間としての支持を得る必要はないかなと、彼を無視してZarenと和解して帰ることにしました。さっきのRedbeardもだけど、両陣営で株を下げ合う争いとなっています。


divinity001906.jpg
そうしてメインへ

中々激しい寄り道でしたが、ようやくメインクエストに取り掛かります。Dheless本人を追い詰めるのに、彼のいる場所を突き止める手がかりを探すという作戦で、探す候補は二か所。Beraza WoodとTawonその中にある神殿なので、とりあえず森から行く事にしました。ここにはPactの内一国の王でありながら、Avadonに反旗を翻したGryfynという人物が潜伏しているそうで、彼を見つけ出せばそこからDelessの居場所が突き止められるのではというわけです。その反乱は1での山場でしたね。彼には煮え湯を飲まされていたので、やる気満々で狩り立てていこうと思います。

あとここでは中々使い道がなかった緑色の革、Drake Skinを装備に加工してくれる職人もいます。装備ごとに1~3枚の革と300コインが必要ですが、これから激戦になりそうだし、よさそうな装備があったら切り替えておきましょう。
[ 2016/11/24 23:04 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その15

divinity001898.jpg
ひどい兵力差

前回にHigh Chief Golathと激突した一行でしたが、当の彼は撤退してしまい仕留める事はできなかったので、逃がすものかとさらに追跡をしかけていきます。道中はTitanまみれでとにかく体力がある彼らに四苦八苦。ただこの手前のGoldcragでTitanと同盟を結んでいたからか、一部の部隊とは話が通じて無血で通る事もできました。あと正門の方に近づくと、イベント用の倒せないほどに体力があるような連中とやり合う事になって大変にうっとうしいので、そこは避けておきましょう。Avadon1の終盤で追われた時の兵と同じで、倒したら何か実績があるのかもしれないけど、ここはストーリー優先で。

そうして砦の最深部で再びGolathと対峙。彼はこちらを誘い込む形で魔法のトラップに掛けて、動きを封じてきました。さらに本人の他に手下6体、ドラゴン2体という万全の布陣で勝ち誇ってきます。確かにこれは絶体絶命か? イベントでZhethronか誰かの助けがきて動けるようになるのかと思っていたら、主人公達はAvadon戦士として鍛え上げられた精神力でもって、自力で魔法のトラップを打ち破り動けるようになりました。なんて力技な展開だw 

最悪の状態は避けたものの、この後は相手の全兵力とまともにぶち当たることに。さらに後ろのピラーからは広がりっぱなしタイプの毒フィールドまで出てくるので、まだまだピンチは続きます。毒を避けながら戦うのならGolathの玉座の方が安全地帯だから、そちらの方に飛び込んでの混戦に、ただレジストに自信があるのなら、毒の中で敵のライフも減る状態にしながら戦った方が楽かもしれないですね。



divinity001899.jpg
Pact最大の敵

Golathを仕留めて、この地の敵Warbornは壊滅状態に。それだけではなく、これまでの冒険で治めた地も含めると、もうTawon Empireを軸とした反Pact勢力自体が本体だけを残して瓦解寸前という状態です。勝利は近いぞ!という所で、この地にやってきていたDhelessと遭遇。長年戦っていた彼も、ここまで追い込まれた現状にかなりがっくりきて弱っている様子ですね。逃げる直前の彼と少しだけ話をする機会があったのですが、そこでRedbeardに対する疑惑を掻き立てるような事を言ってきました。このような生きては戻れないような作戦に使われている事を分かっているのか?と。うーん、そう思わないでもないけれど、これは離反の計略っぽいし、実際生きてるし。聞く耳は持たないぞ。



divinity001900.jpg
野外でしょんぼり

今回の作戦は全て終わり、次の作戦が始まりました。いよいよTawon Empireを射程に捕らえた位置に本拠地を移動。ところがその場所に行ってみると、Redbeardとその一行は野外に陣を張っております。彼の様子を見ると顔色が悪くて震えており、薬で克服したかと思っていたCorrupitionの影響がぶり返しているのが見て取れます。さらに拠点の場所はProtusの指令に従っていて、彼の入場を拒否したそうで、野外で弱り切っているその姿を見て先ほどの戦勝気分が早くもなくなってきました。まずは拠点に入れるようにしないとだめだな。まだまだ苦労は続きそうです。
[ 2016/11/18 22:50 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)

Avadon 3 その14

divinity001895.jpg
これまたいい収穫

Avadon3は仲間クエストが次々と割り込んできて進行が遅れ気味。前に仲間が抜けないと言ったけど、段階を踏んでいくとそのうちに本拠地から抜けて、各自のクエスト場所へと行ってしまいますね。追いかけた先でパーティーを組みなおして助けていきましょう。今回はシャドーウォーカーのBotanを仲間に入れてのクエストを完了。Pact領内の片隅に居着こうとしている部外者の一団をどう裁くかが問題になります。連中には盗賊をしている疑いもあるけれど、話す分には居着いていくうちにPactに組み込まれて平和に暮らしていけるのでは考えており、盗賊疑いや部外者という点をどう判断するかですね。

ここではBotanのクエストだけに、このクラス用のいい武器を手に入れる事ができました。前回に手に入れたシャーマン用の杖と同じようなスキルのブーストが素敵です。これは本人に持たせるのがいいですね。あと使ってみて気が付いたのだけど、今回のシャドーウォーカーはめちゃくちゃに強いです。相変わらずの接近戦の攻撃力の高さと自動発動するBattle Frenzyがあるだけでも戦闘面では文句無しなのに、今回から新しく追加された残るタイプの地形ダメージがポット攻撃の上位スキル追加されて、遠距離や多数相手でもあっという間に倒してしまえる万能兵器になりました。地形ダメージは他数クラスにも追加されたのがあるけど、Mageのは属性面でダメージ少な目だし、Tinker Mageの方はタレット取るとスキルポイントがまるで足りないし。

そういやシャーマンは同じように残る形での回復フィールドを張れますね。もっともこのクラスはレジストや回避スキルがかなりしょっぱいのですが。ともあれみんな色々と進化しており、これまでとは違った色々なビルドやパーティーが試せそうです。



divinity001896.jpg
城攻め!

Warbornを取り込んだりして崩しながら、連中の聖地とされる場所へと攻めていきます。情報によるとここにはDhelessもいるそうで、仲間達が正面から陽動を仕掛けているうちに、背後から主人公達が潜入して彼を討ち取るというミッションになりました。困難そうですが頑張っていきましょう。戦闘モードにして戦いながら突き進んでいくと、Zhethronも飛んできて戦ってくれています。いつも巣穴で勝手言ってるだけの印象だったけど、やはりドラゴン、戦いだすと物凄い強さで敵のTitan集団を釘付けに。熱い展開だ。みんなの働きは無駄にはしないぞ!



divinity001897.jpg
Warbornのボス

仲間が頑張っている隙に裏口に殺到した一行、そちらにいるTitanを倒しながら奥へ奥へと進んでいきます。敵は結構な数が残っているからあまり潜入策戦が成功しているとは言い難いような、などと若干不安な気持ちになっていると、目の前にTitanの一団が現れました。連中を率いているのは中央に見えるひと際巨大な一体。High Chief Golathと名乗るこのTitanが、Warbornの長のようです。

Golathの顔グラを見ると、これはストアのバナーで描かれている人物ですね。サブタイトルのWarbornと繋がりました。LVも20台になって後半に入ってはいるけど、まだ最終決戦には早い段階だからラスボスではなさそうですが、どうなってくるのかな。彼は当然のように戦意に満ち溢れており、会話は出来てもいわゆる話し合いにはまるでならず、激突は秒読みの段階。取り巻きも6体もいるしちょっとまずいかなと思ったその時、上空からZhethronが舞い降りてきました。こちらは3人とドラゴン1体で、Titan軍団と激突です!
[ 2016/11/14 22:36 ] PCゲーム Avadon 3 | TB(0) | CM(0)