King's Bounty Warriors of the North その13 (完)

divinity001805.jpg
決戦の時

前回から同盟を得る為の戦いとクエストを延々と続け、ようやくデーモン、ドワーフ、エルフ、ヴァイキングの4勢力と共同戦線を張ることができました。デーモン以外の3勢力は組むまでにかなり引っ張るけど、その後組み始めてからは雪崩のように3勢力一気に同盟が進むという極端な流れになっていますから、全然話が進まなくてイラっとした人もそういうものだと思って取り組んでみてください。

同盟を組み終わってからEric達がいた城の前に行くと、各勢力の軍がスタンバイしています。話を聞いてみると、Ericが連れている他の4人のアンデッドは、こちらの4勢力にそれぞれ因縁を持っている相手のようですね。なるべく望む相手と当たるようにしてあげますか。



divinity001806.jpg
先鋒、ドワーフ軍!

決戦は5vs5、お互いに一軍ずつ出し合ってぶつかるという団体戦になります。少年漫画っぽくて燃える展開だ。ただし勝ち抜き制ではないので、強い軍で5人抜きなんてプレイはできません。使ってなくて馴染みがない種族も操らないといけませんが、なんとか頑張っていきましょう。あと憤怒スキルは共通で使えるけど、所持魔法は各ヒーロー毎に決められたモノになってしまうようなので、特定の魔法に頼っていた場合はかなり苦戦する事になると思います。

一戦目の相手に因縁があるのはドワーフ軍。しかしながらこの戦い、この決戦中で一番じゃないかってくらいに苦戦する戦いになります。まずはドワーフだからかヒーローの所持魔法がいまいち。そしてこちらの編成に、弱めのメカユニットとエンジニアが2枠を使っていて打撃力不足です。さらに敵ヒーローがこちらのユニットのスキルを封じてくる攻撃を多用してきて、大抵ターゲットがエンジニアになってしまうので、この2体の役立たずからどんどん穴を開けられてしまう事でしょう。せめてアルケミストなんかがいればずっと楽になったのに・・・

この軍ではLv5ユニットのジャイアントと、飛び道具のキャノン部隊に頼るしかありません。あとは共通で使える憤怒スキルですね。最初から攻めに行く余裕はほとんど無いので、相手の飛び道具を削りつつ持久戦でなんとかしていきましょう。因縁通りに戦った場合はおそらく実績があるだけで、ボーナスなんかは何も無いと思うから、それを気にしないならドワーフ軍は2戦目に持って行った方がいいかもしれませんね。そちらの方がフィールドが狭くて守りも攻めもやりやすいです。



divinity001807.jpg
副将戦、囲まれたエルフ軍

1戦目のドワーフ軍の苦戦で先行きが不安になりますが、その後の戦いは戦力が充実しているので安心できます。初戦がヤマですな。Xeona率いるデーモン軍はユニット自体が激強で魔法も充実と隙無し。ヴァイキングも強力ユニットが多目で、序盤から使っていた慣れもあり、手足のように操って敵を打ち破る事ができるでしょう。エルフは少々地味ですが、Lv5ユニットのエントに、アンデッドにボーナスを持っているユニコーン2種がいるので何とかなるはず。

4戦目のエルフ軍だけは画像のように囲まれた状態で始まるので、ここに強いデーモンやヴァイキングを投入するのも手ですね。もちろんエルフでも、充実している魔法を活用すれば勝機は十分。ただ間違ってここにドワーフを投入すると相当な修羅場になると思うので、それだけはやめておきましょう。一番弱い彼らをどこで通すかがこの戦いのキモになります。ドワーフばかりこき下ろして申し訳ないけど、ほんとウリが無いんだよなあ。



divinity001808.jpg
最後はEricと協力

五決戦の最後はEricと主人公の対決、これまで慣れないユニットを使っていたストレスを解消するようにして、使い慣れた軍団でEricを徹底的にボコボコにしてやると、彼は「今まで操られていたけど、お陰で呪いが解けたよ」とゲーム開始時以来のすっきりした顔に戻りました。正気の時から非友好的だったしここで永遠の別れもやむなしか、死に際に改心する可能性があるくらいかな?と思っていたらあっさり元気ないい人になってマジかよという展開です。ただ最後にはまだGuilfordが残っているし、疑問は保留しておいて二人で城に攻め入る事となりました。

真の最終決戦、主人公の軍は右手に、Eric軍は左手に配置されます。二軍で力を合わせて、画面奥にいるGuilfordを倒せば勝利となります。これまでの大型ボス戦と同じように飛び道具に対しては専用のカウンターが用意されている為、やはりここでも接近戦が効果的ですね。ただEric軍はオートで移動し、主人公の軍よりも攻撃力が弱めなので、向こうの軍に先に攻撃できるポジションを奪われてしまうと、全然有効な打撃を与えられなくて戦闘が長引く恐れがあります。やっぱこいつは足を引っ張るのが目的の敵方なんじゃないのと疑いつつ、急ぎ気味に攻撃位置につくようにしましょう。

ちなみにここでのカウンターは他のボス戦と違ってDOTなどの追加効果もなく、食らったユニットから6方向に小ダメージを食らうウェーブが走るというものですから、立ち位置を調整しながらカウンター覚悟で遠隔攻撃を叩き込むのもありでしょう。Guilfordが正体を現したら、全員が全力で攻撃をしましょう。倒せばそのままエンディングとなります。



クリア。安定のKBシリーズで、Legendや姫をプレイした人ならそのまま同じように遊ぶ事ができます。DLCもこれまでの面白さを崩すような事も無く、純粋に楽しめる追加要素を提供してくれました。ユニット毎のレベル制は高いレベルになると驚くほどの効果がついたり、愛着を持ったユニットがずっと一線で使えるようになったりと、冒険にいい変化を加えてくれたと思います。

次のDark Sideで加わる便利な本拠地システムが無いから、兵団の補充で歩き回らないといけないのが多少手間ではありますが、これは船での島移動システムと、海岸沿いに施設を多目に配置したデザインになっているので、慣れればそれほど困ることはないでしょう。今回は海岸すぐの店で無限エルフが雇えたのでそこにしょっちゅう通っていましたが、本当に移動距離が短くて面倒に思う事はありませんでした。

プレイ時間はDLC込みで大体70時間前後になるでしょうか。この長さが人によっては欠点になり得ます。テーブルゲーム系のこじんまりとした戦いが何局もずっと続く作品なので、毎日何時間もプレイするような人だと途中で繰り返しにだれてくる可能性があります。多くのレビューで挙げられていますが、後半は消化試合気味になってしまうから特にその傾向が強いですね。ここはもう各自のプレイスタイルと調整によります。だるくなってきたら休みましょう。

個人的には好きなシリーズというのもあって、十分に楽しんで最後までプレイできました。PC洋ゲー色々さんの日本語化によって、ほとんど日本語でプレイできる点も大きいですし、前シリーズをやって楽しめた人ならプレイして損する事はないでしょう。良作です。
スポンサーサイト

King's Bounty Warriors of the North その12

divinity001802.jpg
デカァァァイ説明不要!

ドワーフ国を抜けて、ようやくお日様が見える場所に出てきました。さっそく飛びながらずんずん攻略していきます。主人公のLvはもう60の大台に乗っていて、この先はほとんど誤差なんですよねえ。Lv50かそれくらいを越えると、レベルアップで手に入るルーンの数も半分になってしまいますから、そこまで血道を上げて殲滅しなくてもいいように思います。そんなこと言いながらも埋めたくなってしまうタイプの作品なのですが。

今回来たのは主人公のいたところとは別のヴァイキング島、こことドワーフ国の中を取りなせば、両方とも同時に同盟を組んでくれそうな気配です。あっさり交渉が済むといいなと思いながら城に向かうと、その手前で異様に大きい人が道を塞いでおりました。彼の名はロキ、名前も見た目も神っぽいけどれっきとしたヴァイキングの戦士だそうです。ちゃんと話が通じるし別に敵対的というわけでもない人だけれど、力比べのノリで戦う事になってしまいました。

大型ボス戦扱いの一戦となる今回ですが、これまでのボス達とは比べものにならないくらいに苦労する戦いになります。というのもこのロキの防御力が異常なまでに高く設定されており、攻撃しても攻撃してもダメージが通らなくてターンばかりがどんどん経ってしまうのです。大型ボス扱いだから憤怒スキルも使えず、魔法も基本的には対象にできず、さらに飛び道具に対してはDOT付きの面倒な反撃をしてくるのでとにかく殴るしかありません。今回は飛び道具にだけ特別なカウンターをする大型ボスが多くて、こういった戦いでは今一つ活躍させにくいですね。長引いて損害ばかり膨らむようなら、殴り専門のピンチヒッターを雇って挑んでみましょう。

倒すと彼の憤怒スキルを習得できました。最後の真ん中に空いていた奴で、指定した方向の幅広い列全てにダメージを与える強力スキルです。あんたやっぱ人間じゃないだろ。



divinity001803.jpg
なおもお使いは続く

ヴァイキングとドワーフを同盟させるのに二国間を走り回っております。別の島にある金鉱を渡せばいいという所まで交渉を煮詰めることに成功しましたが、そこにはアイスドラゴンが巣くっており、やはりというかお約束通りに主人公が討伐しに行きます。ちょっとこの辺、引き伸ばし過ぎで後半の中だるみモードに拍車をかけていますね。次回作ではさらにはっちゃけているし、ここでもう悪い癖が出ていたようです。最新作が出るなら、今度は上手く調整してくれよと。

最もこの作品は、ルール自体がテーブルゲーム系だし、コツコツと少しずつ繰り返して遊ぶのがベストなのですけどね。だるく感じて来たらペースを落としたり他の気分転換をすればいいのです。



divinity001804.jpg
アイスドラゴンとの激戦

Lv5ユニットはもりもり登場します。最初の内は強いけどスタック数が少ないという弱点を攻めて行けばよかったのが、ここまで来ると数も瞬殺できるようなものじゃなくて苦労しますね。こいつは魔法無効だからなおさらです。あとしばらく前から気になっていたのだけど、なんとなく敵もユニット毎のレベルボーナスがついているように思います。地形ボーナス以上にいろいろ上がっているような・・・ DLCのレベル制はこちらだけがボーナス貰って楽勝となるわけじゃないみたいですね。

Lv5ユニットではドラゴン系が一番種類が多く、ここでも各種ドラゴンのみの詰め合わせ編成などが出てきますから、装備でドラゴンへの特殊効果があるものを揃えておくとかなり楽ができるようになります。DLCで追加されたアイテムに、敵ドラゴンの攻撃力-50%なんてのもありましたからね。対ドラゴンは中盤以降で意識していきましょう。

King's Bounty Warriors of the North その11

divinity001799.jpg
トカゲ国も攻略

暑すぎて夏バテ状態になりながらも、ドワーフ国と平行して後回しにしていたトカゲさんの方も攻略していました。こちらは少々寝かせ過ぎたのか、入口のヒーローを倒した後はほとんど無双状態で駆け抜ける事ができましたね。レベル差がありすぎると経験値が全然貰えないのでもったいないですが、楽にメダル条件を増やしていけるからよしとしますか。

トカゲ軍団は前に言ったように優れた防御能力を持ち、さらに再行動など他の種族でも十分使えるようなスキル持ちがいて、人によってはレギュラーに入れてもかなり活躍できそうな感じですね。それにしてもこのアドバイザーの再行動スキルは複数ユニットが対象になるのでしょうか? なるとすると恐るべき凶悪スキルになりそうだけど・・・ でも今主力がLv5ユニットだから微妙か。とりあえずこういうユニットもいるということで。



divinity001800.jpg
ドワーフ国も頑張る

こちらは行けるようになったばかりのところだけあって敵もかなり強め。ただこちらの編成やスキルもほとんど極まってきましたからね。速攻で始末をつけながら駆け抜けていきます。てか空を飛ばせて!

ここには余ったルーンを他の種類へと交換してくれるルーンおじさんがいます。ルーンは職業ごとの専用スキルがあるツリーがプライマリになっており、今回はパラディンポジションのスカルドだから緑の精神ルーンが余りまくりです。レートは5個だすと別種類のが2個と中々のぼったくり具合ですが、余らしていてもしょうがないので交換して別ツリーのスキルを押さえておきましょう。多く出すと少しレートがよくなるから、なるべくまとめてやったほうがいいですね。

ただスキルやユニットによっては、余っているルーンで能力が変わるものがいくつかありますから、それらを活用している場合は使い切らないように手持ち数を調整しておく必要があります。憤怒スキルの再使用確率が付くスキルを取っているなら、発動するとしないとでダメージ量がかなり違うので常に確率マックスにしておきたい所です。



divinity001801.jpg
さらにDemonisにも

ここドワーフ国にいるサキュバスからのクエストを終えると、そこにあるポータルが使えるようになってDemonisに戻れるようになります。クエストを終わらせていなかった人はここでやっておきましょう。さらにXeonaにも会って、アンデッドと一緒に戦ってくれるようにお願いして同盟を組む事に成功しました。彼女は友好的でさくっと同盟が組めたのですが、他勢力がなかなか組んでくれませんね。あれをやってくれたら、これをやってくれたらとたらい回しにされております。

ここに来たついでに、移動中に遠くに見えていた巨大なデーモンAstarothにも戦いを挑んでみます。見た目は前作APのラスボスと同じ、名前は違うから別人ではありますが、それくらい強力なボスと思って万全の用意で戦います。だんだん足場が崩れていくので後ろでじっとしていないように注意、ガンガン前に出て殴りまくっていきましょう。勝利するとどれか一つのメダル報酬レベルを最大のLv5に上げてもらえます。育てにくい物はここで取ると楽ですね。トラップを上げようかと思ったけど、あれ味方にもかかるから邪魔なんだよなあ。コンプは諦めて別のにしておきました。

King's Bounty Warriors of the North その10

divinity001796.jpg
本性を出すGuilford

デーモンの世界での戦いを終えて、三種のアイテムを全て揃えた主人公。Draionの城に戻ってそれらをGuilfordに渡すと、彼はいかにも悪役めいた様子でこちらを嘲笑い始め、隠していた本来の目的を話し始めました。彼の目的は世界の支配者になることであり、アンデッドの軍勢と結びながらその計画を進めていたというのです。三種のアイテムは最強の力をもたらすアーティファクトで、主人公は彼に敵対する勢力を倒しながらそれらを集めて献上すると、騙されていいように利用されてしまっていたのでした。

いやあ、見るからに胡散臭いのは重々承知していたのですが、なにしろメインクエストですし。なお、この時点で画像のDarionの本城に入る事はできなくなります。売り物や預けていた部隊にもアクセス不可になるので、買い忘れや大事なユニットを預けてある場合はこの前に確保しておきましょう。Darion王国の城はイベントで行けなくなったりするものがいくつかあるので、他の島の城に拠点を置いたほうがいいかと思います。あとDemonisにも行けなくなってしまいますが、こちらは後からまたちゃんと行けるようになるのでクエストが残りまくっていても安心してOKです。



divinity001797.jpg
新たなヴァルキリーとそのスキル

Guilfordとの戦いに敗れそうになった所で、イベントとなり彼の所から撤退、5人目のヴァルキリーが仲間に加わりました。真ん中が空いていますが、これで仲間となる5人ヴァルキリー全てが揃ったことになります。ここからはシリーズ後半の恒例として、馬に飛行能力が付いて探索がぐっと楽に。あちこち飛び回りながらGuilfordに対抗する策を探していきましょう。

彼女の憤怒スキルはランダムで移動する雷球を召喚する技で、敵ユニット1スタックに割合でのダメージを与えるもの。この辺になると1000体2000体なんて数のユニットも出てくるので、一撃で数百体倒してくれる可能性がある割合での攻撃は本当に強烈です。1回唱えた後に数ターン持続するし、毎ターン唱えて複数の雷を呼び出すなんて事も可能ですから、連打しておくと敵が気の毒になるくらいの勢いで部隊を削り取っていってくれます。

欠点としては移動と攻撃のエフェクトに時間が掛かって戦闘のテンポが悪くなるのと、体感だけどフリーズしやすくなる所でしょうか。低評価のレビューでよく挙げられていますが、戦闘時突然落ちる事がちょこちょこあるのであんまり負荷が増えるような事はしない方がいいかもしれません。何度か唱えてみてメリットデメリットを比べて使っていくのがいいのではないでしょうか。

あとスキルはレベルを上げる事で威力や範囲が上がって強力になりますが、同時に再使用にかかる休息ターン数や消費憤怒量が増えてしまいます。休息はヴァルキリーごとに分かれて管理されているからそれほど窮屈さは無いものの、毎ターン使う小技的なスキルと、決め技的に使うスキルを意識しながらレベルを上げていくと、より効率的に戦っていけるようになると思います。



divinity001798.jpg
暗黒面に堕ちた兄

空を飛んで移動が楽になったことだしと、取りのがしていたアイテムやクエストなどを一通り終わらせてきました。あちこち動き回っている途中でGuilfordの城の近くを通ってみると、何やら怪しげなアンデッドどもがたむろしています。近づいてみるとそれは兄のEricとその一味でした。顔色といい目の光っぷりといい、かつて彼をそそのかしたネクロマンサーと同じようになって、これ以上ないほどに悪堕ちしているのが見て取れます。

このまま戦闘になりそうな雰囲気でしたが、相手はEricを含めて5人もの敵ヒーローがおり、今の戦力では勝ち目がないと自動で撤退する事になりました。これに対抗するには、こちらもアンデッドに抵抗している勢力を結集した連合を組むしかないようです。分かり易いクエスト導線ができた所で、今度はエルフ、ドワーフ巡りですな。ずっとふさがれていたドワーフ国へと通じる坑道へと向かいます。せっかく飛べるようになったのにもう飛行禁止エリアかよとテンション下がっているのは内緒。

King's Bounty Warriors of the North その9

divinity001795.jpg
今日はデーモンの世界へ

胡散臭いGuilfordが必要としているアイテムを探して駆け回っています。3つのうち一つはデーモンの領域にあるそうで、彼が城の隣に開いたポータルからDemonisへ。この世界はシリーズを通しての皆勤賞ですね。初めてだと溶岩だらけのおどろおどろしい光景と、これまで見かけないタイプの敵に驚きますが、店もあるし帰るのも自由だし、別にラストダンジョンというわけではないので安心していきましょう。

ここは空を飛ぶ足場に乗って移動する場面があります。画像の魔法陣があるブロックに乗ると、それが動いて別の場所に運んで行ってくれるというシステムで、何股にも道が分かれているので乗り漏らしがないように探索していく必要があります。

ここで気を付けておきたいのは、乗り場に魔法陣がいないとき。魔法陣の手前には見ての通り四角く光って、乗り場である事が分かるようになっているのですが、そこに立ってしばらく待てば反対の乗り場から魔法陣がやってきてくれます。行き止まりだと思って待たずに引き返してしまわないように注意していきましょう。



divinity001794.jpg
Xeonaと再会

この主人公が会うのはじめてですが、King's Bounty Legendでは主人公のコンパニオンの一人として登場していたXeonaさんに出会いました。そういう経歴だけに人間には非常に友好的で、彼女から受けたクエストもこなしながら、しばらくはここを拠点に探索をしていくことになります。

ここは周りの敵も強いから、なんとか戦力を増強していきたい所ですね。今回は雇えるのがインプとケルベロスでハズレ気味、デモノロジストは助かるんだけどもういるしなあ。これからの探索でいいデーモンが雇えればいいんだけどなあ。



divinity001793.jpg
デーモンは凶悪

ここの敵は当然のようにデーモン系だらけ。上位の連中が強いのはもちろん、下位の連中も反撃阻止能力を持っていたりで、どのランクが相手でも油断ができずに苦労する流れが続くでしょう。ここは彼らのホームだから防御力が大幅ブーストされているのもまた苦戦の原因となります。

特に危険なのがこのLv5ユニットのアーチデーモン。イニシアチブ8、スピード9のとんでもない移動性能でいきなり後衛に攻撃を仕掛けてくるだけでも嫌な相手なのに、近接攻撃を食らった側がこのユニット以下の合計統率だった場合、50%の確率で兵団を半分削られてしまうという、悪夢のような技を使ってきます。

対処法としては相手以上のイニシアチブで攻撃を仕掛け、できれば1ターンキル、無理でも数体は削って相手側の合計統率を減らし、半減攻撃が発動しないようにする必要があります。戦士系のスキルでは弓兵や、1ターン目だけイニシアチブをブーストする物がありますから、それに装備なども合わせて何としてでも先制攻撃をできるようにしておきましょう。スカルドならエッダでブーストできるから結構楽できますね。一戦一戦が重くてしんどいけど、じりじりと進んで攻略していきます。