Epic Battle Fantasy 3

divinity002063.jpg
長々とかかりクリア

前回Avernmu3を購入するちょっと前、無料フラッシュゲームで出ていたEpic Battle Fantasy 3がSteamにでていたのが目に入り、あれけっこう楽しかったよなあとそちらのプレイを始めておりました。シリーズで次作にあたる4をやっていたのもあって、すんなりとはまって楽しんでいたのはともかく、やはり時間がなかなか取れないというネックがあり、クリアまでに一か月以上を費やしてしまいました。どんな大作のプレイ時間だよと。

作品としては見ての通りJRPG的な戦闘を楽しむことを第一にしたもので、属性やら追加効果が多々あるスキルを使って、適度に考えながら敵を打倒していくのが面白い一品です。英語もあってないようなもので、無料なのでまだの人は手を出してみましょう。ただ後半や最終の敵は、これまたJRPGによくある、Buffを切らさないようにしながら、無駄に体力の多い敵を延々と殴り続けないといけない傾向が強くなるので、そこだけちょっと注意ですね。

プレイ時間はゆるゆるやって15時間ほど。うむ、15時間を1か月か。SpiderwebのRPGって50時間くらいは使うよな・・・。現状でクリアまでたどり着くのにどれだけかかるかが怖くなってきましたが、次はいよいよAvernum3をインストールして、楽しんでいこうと思います。
スポンサーサイト
[ 2018/03/13 13:13 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

Avernum3:Ruined World発売

divinity002062.jpg
買ったど~

ふと気が付いたらもう1月も終了。そして最後に確認したときは、2018年上旬発売予定となっていたAvernum3:Ruined Worldが、1月末にて発売されておりました。これは意外だ。上旬発売予定ならてっきり春くらい、もしくは夏くらいまでずれこむというのが多いのがゲーム業界の常なので、それぐらいまでじっくり待つ予定だったのが、不意を突かれた格好です。うれしいけどやる体勢がまったくできてないぜ。それでも絶対にやりたい作品なので、購入はさくっと。あとは時間の確保ですな。

ファックマン氏は今も精力的に活動を続けられており、Tyrannyの日本語化がもうすぐ終わろうとしているそうで、そっちもかなり気になります。Hardwestなどの日本語化までされていて、ほんとすごい活躍っぷりです。翻訳してる人の労力にくらべれば、プレイする時間の確保なんてなんとでもの精神で頑張っていきます。
[ 2018/02/01 22:05 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(2)

Arcane Quest 3

divinity002058.jpg
リハビリ中

状況は相変わらず。しかしゲームをしたいという気持ちはあり、いろいろと試行錯誤しています。デスクトップにはどうにも座れる時間が取れないので、モバイル方面に活路を見出すしかないのですが。ノートやタブレットで遊べるようなものを物色しています。いつかはゲーミングノートにでも手を出す事になるかも。


divinity002059.jpg
洋ゲー的おっさん

そうして物色を続け、たまにはwindowsストアにも手を出してみようと、Arcane Quest 3なるタイトルをプレイしてみました。基本無料ゲーなので課金圧力がどんなものかは気になるけど、まあ最近はそこまでエグいことはないだろうしやってみようと。

スタートして現れたプレイヤーの分身となるキャラクターは、ハゲ、ヒゲ、マッシブと三拍子そろったバーバリアン。なんだろうこの安心感。俺は今洋ゲーをしているんだという思いが全身に溢れます。今の時代、洋ゲーもここまで典型的なのは減ってきてるから、けっこう貴重だぞ。


divinity002061.jpg
内容は素直

ゲーム内容の方はターン制のシミュレーションRPG。ダンジョンの中を歩き回り、敵を倒し宝を拾い、階段を下りれば次のフロアに。あらかじめ設定された数のフロアを踏破してボスを倒せば、そのエリアはクリアという実に分かりやすいもの。この手のゲームにありがちな、敵がいない区間の移動の面倒さも、全員を同時に動かせるモードにワンタッチで切り替えられる便利設計になっています。

パーティーキャラクターには装備、レベル、スキルなどのRPG的成長要素はすべて揃っており、この辺も素直でわかりやすい物になっています。ちょっとあっさりすぎるかなという感触もありますが、今のような疲れた体には丁度いいかも。しばらくこちらを続けてみようと思います。
[ 2017/10/14 22:47 ] PCゲーム その他 | TB(0) | CM(0)

飛行機日記 その23

divinity002042.jpg
イタリア機がやってきた

Warthunderを立ち上げるとドでかいアップデートが始まりました。前から予告が出ていたVer1.69のアップデートです。今回の目玉はイタリア軍の追加で、ツリー一本が丸ごと増えてよりやれる事と楽しみが増えるものになります。これ以上育てる機体やパイロットの育成が増えるのも困るなという気持ちもちょっぴりあるけれど、やる事がなくなるよりはありすぎるくらいあった方がいいか。

もっとも、よほどのマニア以外は多分そうであるように、イタリアの機体にはドイツツリーに入っていた物以外は全然なじみがないので、正直よく分かりません。これを始めるまでソ連のもよく知らなかったしなあ。使っていくうちに覚えてくるだろうくらいの考えで、ぼちぼちと飛ばしていこうと思います。

それよりもこのアップデートでのイタリア軍の主武装に合わせたのか、少し前に小口径の機関銃が大幅にパワーアップしているのが一番うれしい所です。前までが異常なまでに弱かったから、ようやく元くらいになったとも言えますが。毎回ゼロキル退場していたP-51D-5のスコアも少しはマシになるはずだから、イタリアよりもアメリカに力が入りそうな予感です。



divinity002043.jpg
ツリーは寂しい

ツリー丸ごと追加とは言っても、さすがにまだ数は少なく、充実するのはこれからのアップデート待ちと言う所。ドイツツリーにいたイタリア機もこちらに移っています。そちらでもう持っている場合はドイツ側にもそのまま残っているので、一部のイタリア機は両国で楽しめるという状態に。あんまり使ってないけど、なんだか得をした気分です。

なお今回はまだ完全実装前の準備期間のようで、こちらのツリーでの機体開発は進める事ができず、リサーチポイントも手に入りません。ベータの参加権を持っている人だけが育てられるっぽいですね。お陰で低ランク戦場はイタリア機塗れ、達人が多数混じってで大変なカオス状態になっています。やっぱりしばらくはアメリカを飛ばし続けていこうか。
[ 2017/05/26 22:50 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

飛行機日記 その22

divinity002027.jpg
着陸ばかりが上手くなる

Warthunderも楽しんでます。楽しんでるというかP-51D-5に乗っては落とされてプレイ終了という流れだけど。苦労のカイもあって改修は終わり、完全な機体性能を引き出せるようになったのですが、それでもいまいちというか物足りなさのある機体です。乗り始めの頃に感じた機体特性である、高高度性能特化で低高度の弱さ、低速時の操舵性の悪さ、加速力の悪さが改修完了後もそのまま続いており、不利な状態を避けて戦うのに苦労しっぱなしです。

有利に立ち回るには米軍機、一撃離脱機の基本に忠実な動きをすればいいわけで、高高度に上がり、ダイブで速度を稼ぎながらの一撃離脱で攻撃、速度を失わないように急な機動が格闘は避ける、とすればそれなりの戦果は出せます。ただ機体の特性が、そこを半歩でも踏み越えると一瞬にして雑魚化する仕様になっていて、そこがまた米軍機の中でも極端で使いづらいなと感じます。他の機体なら状況を見て1vs1で戦えるような時であれば、格闘をするなり低空に降りるなりして撃墜を稼げたりもするのですが、そういった例外をするとほんとすぐに死にます。今思うと他の機体ではけっこう格闘をしていたんだなと。例え一撃離脱が基本でも、縦旋回ならば勝てるというような状況は多いですからね。



divinity002028.jpg
P-51の強さが光る

ここで出撃回数は70回を超えて、無印P-51と横並びに。被撃墜数はどちらも50回ながら、撃墜数はP-51が133機、P-51D-5が77機と倍近い差になってしまいました。まあそうなるわな。2機目で繰り出すと、P-51の20mm4門の半端じゃない威力と共に、加速力などの基本性能の差にびっくりします。P-51D-5で立ち回りや速度の活かし方がより身についているのか、他の機体を使った時に楽に感じるようになってきました。そういう強制ギプス的な意味ではおすすめながら、普段使いする分にはなかなか厳しい機体です。200回くらい乗ろうかと思ったけど、100回いった時点でギブアップしそう。
[ 2017/05/07 14:05 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)