Sacred 3 その4 (完)

Sacred 3を進めています。他のキャラも軽く試してみましたが、他は通常攻撃が基本的に近接なのでこの弓キャラが最強っぽいですね。そんな詰まったりするような難易度でもありませんけど、やはり飛び道具が強いようです。



divinity001635.jpg
ダークゲートへ向かう

弓パワーで快進撃を続けて後半に来ました。武器は前も言ったように3種類ほどの中から選ぶのですが、このキャラクターは貫通効果を持った弓が凶悪ですね。敵は数を頼りに攻めてくることが多いのですが、この武器だと正面から撃っているだけでバタバタと敵が倒れていきます。ブリザードキャノンかという威力。

ときどきカメラが横向きになって、遠くのデカいものを見せてくれる演出が入ります。こういう演出も今は専門のデザイナーや手法のノウハウなんかができていろいろ凝るようになっていますね。その分どこかでみたようなパターンが多かったり、それを見せる方に力を注ぎすぎになっている感はありますが、せっかくだし眺めておこう。



divinity001636.jpg
大ボス+幹部達

最終面では大ボスとの対決の前に、これまでに戦った敵の幹部達3人との対決というボスラッシュ。頑張っていきましょう。中央のパワー系の人が強いですね、通常攻撃が効かず、爆弾を投げて攻撃しないといけない序盤に戦った船を同じような戦いになったのでずいぶんと時間がかかってしまいました。攻撃が効く相手なら遠くからの弓で完封できる勢いなのですけどね。

最後列にいるゼーンは神の力を手に入れようとしているそうで、それを阻止するために最終決戦に赴きます。



divinity001638.jpg
神モード突入

頑張る主人公でしたが、一歩及ばずゼーンは神の力を手に入れてしまいました。2段階変形する相手と連戦という、実にラスボスらしい戦いになります。お約束だけど燃えるものだ。彼は分身を使い、3体いるうちの1体だけがダメージが入る本体となっています。ここは近接攻撃だと相当に苦労しそう。射程の長い技を使って見破っていきましょう。倒すとそのままエンディングに突入です。



クリア。いつか書いたけど、最近のゲームデザインの流行りの一つとして、より多くのユーザーを獲得するために親切、簡素な方向に舵取りをするものが増えているのですが、これも典型的なそちらのタイプの作品になっています。こういった作品では、プレイヤーを惑わせるような複雑な要素を削りまくった結果、前作でのよかった点やそのシリーズならではの特徴という所まで削り取ってしまい、前作までのファンからは総スカンを食らう事が多いのですが、レビューを見るとまさにそういう評価ですね。似たようなタイプですとDiablo3やDungeon Siege3あたりでしょうか。呪われたスリー軍団の一員として十分通用する形に仕上がっています。

そういった変化や開発も前作までと全く関係がない所ですから、前作のファンが発売日に買ったら怒り狂ってクソゲー評価をするのも妥当な所ではあります。ただ上に挙げた2作品もそうであるように、前作のファンでない人が単体のアクションゲームとして見た場合には、狙い通りの無難に楽しめる作品になっているかなと思います。

装備やスキルをあれこれ悩む必要もなく、低めの難易度、派手な演出と合わさって、とにかく暴れてスカっとしながら最後まで遊ぶことができました。弱った体にはちょうどよかったと思います。有名シリーズをガッツリ遊びたいというという気分でプレイするとかなり戸惑うことになるだろうけど、軽いのがやりたいなという気持ちで手を出す分には満足できるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/01/30 23:17 ] PCゲーム Sacred 3 | TB(0) | CM(0)

Sacred 3 その3

ちまちまとプレイ中。前評判ほど酷くはなく、クリアまで遊ばせてくれそうな感じです。何事も実際にやってみないとわからないもんだ。



divinity001634.jpg
全体マップ

マップはこのように各ステージが線で繋がっている形式になっていて、広大なフィールドマップなどは存在しません。またステージには大きいマスと小さいマスの物があって、大きい方は15~30分ほどの長めのマップで最後にボスが、小さい所では数戦闘をして終わりになり、クリアでアイテムの所持数などが増えるという仕組みになっているようです。

短いサイクルで何度も繰り返してプレイして稼ぎたいなら小さいステージで、逆で行くなら大きいステージでと使い分けていけばいいのかな。ただトレハンはないから、レベル上げと金稼ぎ、スピリット稼ぎが目的になりますね。また詰まるようになったら稼ぎをしてみようかな。



divinity001632.jpg
かわいいマップ

マップにあるポータルからこじんまりとした所に飛びました。どうやらDLCで追加された場所のようで、このように独立した小マップでの戦いになっていますね。皆がクリアした後にでたDLCにありがちな事ですが、難易度も全体的に高めになっており、本編と同じでぬるーくいけるだろうと挑むと思わぬ苦戦をする可能性があります。稼ぎは好きにできるからなんとでもなりますけどね。本編を進めてから戻ってもいいし、自由に進めていきます。



divinity001633.jpg
そして旅は続く

トラップと敵との闘いを繰り返して進みます。この作品は見た目の通りに操作も概ね直観的で分かり易いのですが、回避ボタンで回避する方向が、移動キーを入れている方向じゃなくてカーソルのある方向なんですよね。カーソルは敵をエイムするために敵のいる場所にあるわけで、回避する時にはいちいちカーソルを別の位置に合わせねばなりません。「危ない!」とか言いながら敵の密集地帯や飛び道具に向かって転がり込む間抜けな事態が数知れず起こります。

マルチですし、パッドを優先した調整になっているのでしょうね。気になる人はパッドで遊ぶようにしましょう。そういえば通常攻撃の矢も、ガイデッドアローかというほどの強烈なアシストが入るので画面外から撃っているだけて敵を倒せてしまいます。前向きに親切だと受け取っておこう。
[ 2016/01/27 22:39 ] PCゲーム Sacred 3 | TB(0) | CM(0)

Sacred 3 その2

風邪をひいて寝込んでいました。腹下しと吐き気が強烈なものでタイミング的に牡蠣にやられたかと思ったけど、幸いただのインフルエンザだったようです。幸いでもないか。熱や筋肉の痛みはともかく、胃腸にくる風邪にはあまりレジストがなくて一時はもうダメかと思ったほどなので。単純に人が多い所や寒い所に行ったのがいけなかったのでしょうか。やはり自宅にこもるのが最強の護身術だと思います。



divinity001629.jpg
スキルはシンプル

そんなわけでリハビリ気味にゆっくりとSacred3を進行中、プレイしていて思うのはやはりシンプルさですね。スキルは1戦闘中に使えるのが2種類だけで、それぞれ4つ、合わせて8つの中から戦闘に採用するものを選ぶようになっています。それぞれのスキルはツリーでパワーアップを加えて行くことができますが、それも見てのとおり4段階ほど、時々2択で選択するだけです。ちなみに武器も3,4種類ほど。ちょっとシンプルすぎないかとも思うけど、なんせ弱っているから考えずに進められるのはよしとします。



divinity001630.jpg
進んでボス

大きいエリアの最後にはボスがおり、戦闘の前にはこのようにボスを紹介し戦いを盛り上げる演出が入ります。しかしこれは・・・この作品はスパイクチュンソフトの手で日本語化されていて最初から日本語で遊べますが、Steamのレビュー等でよく叩かれている寒めのユーモアがよりよく分かってしまうお陰で、人によっては微妙な気分になる可能性がありますね。スルースキルが重要です。画像にイラっとした人は英語でやるのが吉かと。



divinity001631.jpg
なんかきた

上記のバトルシップとの対戦中、ゲーマーを入手しました。畳みかけるような展開で、体力に余裕があってかつストレスを抱えた状態だったらここでディスプレーにパンチしていたかもしれません。なんだか妙なセンスですねえ。悪ノリをしすぎというか。

スピリットはいくつも種類のある中からひとつを選ぶ事で、キャラクターに特殊なボーナスをつけられるという物。着脱は自由だから特殊装備と思っておけばいいでしょう。これらにはメリットと一緒にデメリットが付いており、クリティカルダメージが30%アップするけど、その代わりに受けるダメージも20%アップなどとなっております。天秤にかけてよさそうなものを選んでいきましょう。

他の装備やスキルはレベルでアンロックされて、お金で買うシステムですが、どうやらこのスピリットだけはランダムで手に入るようですね。メインストーリーじゃないところで雑魚相手に戦っていてもいきなり出てきたりします。かなり種類があるのと、それぞれにレベルが5くらいまであるようだから、コンプリートしようと思うと相当かかりそう。適当に手に入ったやつだけを使っていくことにします。
[ 2016/01/24 19:49 ] PCゲーム Sacred 3 | TB(0) | CM(0)

Sacred 3

divinity001625.jpg


最近は好みもあってインディーをプレイする率が高かったので、ここらでひとつ有名どころでもやってみようかとSacred 3をプレイしてみます。シリーズとしての名前は有名だけどこの3はね・・・という扱いをされているタイトルで、開発が全然別の所だったりでSteamでの評価も真っ赤になっている問題作のようですが、まあ安かったし。

オープニングはずっとムービーが流れている形でなかなかかっこいいです。インディーにはない労力を見せつけてくれますな。願わくばその労力がムービーの時点で力尽きていませんように。



divinity001623.jpg
キャラクター選択

キャラクターを選択、キャラメイクなどは無くて決められたキャラクターの中から一人を選ぶという形になっています。さて誰にしようか。リストを順に見ていくと、モヒカン筋肉質に乳袋かというようなピッチリシャツを着こんだ雄臭いキャラクターがいたので、このヴァジラ君を採用してみます。最近寒すぎるし、暑苦しいくらいのキャラクターでプレイするのがちょうどいいでしょう。あとやっぱこういうジャンルだと飛び道具の方が楽しそうですしね。



divinity001624.jpg
そしてプレイ

最初のステージはチュートリアル的なもので、親切丁寧にやれることを教えてくれます。通常攻撃の他、相手のブロック崩し、回避、ボタンで発動する特殊攻撃が2つ、あとアイテム使用という感じで、アクションゲームとしてはすぐに慣れますね。画面で見えているダウンした敵には、ある程度の距離まで近寄ってフィニッシュボタンを押せば一撃キルをして回復オーブなどが多めに出るようになっています。

前評判で聞いていたとおり通常のハクスラではなくなっており、道中では装備アイテムなどは一切でず、出るのはお金と体力、スキルエネルギー回復だけのようです。この辺はちょっと味気ないですが、敵をなぎ倒すアクションと考えればそちらでの爽快感は十分にあるのでアリでしょう。しばらく遊んでみようと思います。
[ 2016/01/16 10:16 ] PCゲーム Sacred 3 | TB(0) | CM(0)