Hard Truck Apocalypse その9 (完)

トラックをやります。今日は隣の最終エリアっぽいところへと出撃です。



divinity001393.jpg
強力な防衛線が

進んでいくと道を塞ぐ形で施設があり、そこには前回のエリアで会った人達以上に狂気に取り付かれてしまった一団が、防衛線を引いていました。敵の数は6、7台ほどでしょうか。戦闘中の回復ができないこの作品では、ゲーム中で最大レベルの厳しい戦いになります。気合入れていきましょう。敵の武器にレーザーが混じっている事もあって、複数に襲われたり戦いが長引くと生き残るのは難しいと思います。ここは単発大ダメージタイプのレーザー武器で勝負をかけたいとこですね。

また古めの作品で敵のAIも複雑な動きはしてきませんから、敵車両が地形に引っかかってくれる事も多々あります。とりあえず懐に飛び込んで、フェンスや地形に引っかかるのを祈りながら戦うのもアリですね。



divinity001394.jpg
円盤だ!

狂人の防衛線を超えて進むと、そこには人類が作ったものではないのが明らかな、巨大な円盤が落っこちていました。まさかこういう展開だとは、そういえばミステリーサークルもあったし、あれはどうやら壮大な伏線だったようです。

円盤の周りには完全にイってしまった人達が立ちすくんでいますが、主人公は何故か耐性を持っていて無事なので安心。近くにあった研究施設には会話ができる人達がいたので話を聞いてみると、この円盤の中にある装置が人々に狂気を植え付けて、さらに世界の汚染を引き起こしている事が判明しました。ちなみに研究時に機械を作動させたのはこの研究員のようです。選択肢でぶっ殺すと怒ることもできますが、根本的な解決はしないしとりあえず彼の処分は保留にします。



divinity001395.jpg
母艦!

その後走り回ってこうなりました。何でもアリの展開ですが、こういうぶっ飛んだ流れは好きな方なのでOKです。円盤の持ち主である宇宙人はNjeriという種族で、話してみると、彼らも別に人類に害をなそうとしたわけではなくて純粋に事故のようですね。人類側がかつて用いていた衛星による攻撃のせいで、円盤が墜落、破損したのが原因だったようです。人類ダメだな。

何はともあれ彼らの科学力によって装置をなんとかするアイテムを手に入れたので、再び円盤の元へと戻ることになりました。



divinity001396.jpg
空飛ぶOracle

もう何往復したかなと思いながら道を急ぐ途中、上空から謎の飛行物体が現れて、こちらの前で停止をしました。喋りかけてきたその声は、これまで建物の中で体を固定されていたOracleです。彼は主人公が異星人に騙されていると主張します。異星人はテラフォーミングを企んでおり、受け取った装置を起動させるのはそれを進める事になるだけで、人類を救う唯一の道は円盤を完全に破壊する事だと。

どちらが正しいのか迷う展開です。ただOracleには散々お使い地獄を食らっていて前から殺意が溜まっていたのと、ゲーム中でその予測能力や知識も微妙なところのように思えたので、強行派の彼とはここで袂を分かつことにします。

最終決戦、Oracleは見ての通り空を飛んでおり、上空を決まったルートで動きながらガンガン攻撃を仕掛けてきます。こちらのトラックは対空用には作られていないのか、仰角があまり取れないので真上やその近くを通過されるようだと一方的に攻撃を食らう事になります。ここは相手のルートの縁辺りに陣取って、敵を45度程度の角度で固定で狙えるようにしておいて、こちらは動かずに相手が近くに来た時だけ集中攻撃をするというパターンがいいんじゃないでしょうか。待ちに徹する地味な最終決戦ですが勝てば官軍という奴です。やがてOracleは沈み、主人公は円盤に装置を使う事に成功しました。



クリア。これまでも1Cの作品を遊んでいる時に感じたことですが、これもまたスタートの印象からは意外なほどによく遊べる一品でした。トラックをパーツ換装などのカスタムをして強くなっていくのが楽しく、シンプルながらそれだけで先に進めたくなってしまう魅力がありました。最後の方はアホみたいに巨大なものになるし。

題材はトラックですが、和ゲー戦車RPGのメタルマックスが一昔前の時代に3Dゲームになっていたらこんな感じだったかも知れませんね。中身も初期のMMOのような作りで、今の視点からすればシンプルすぎて物足りなさもありますが、時代を考えればそれほど悪くはないです。

ただクエスト関係はそのシンプルさ加減がマイナスになっていました。シンプルならシンプルでいいのですが、少ないクエストでも尺は稼ぎたいという思惑があったのか、中盤以降は数エリアにまたがって往復させるクエストが続き、またあそこまで戻るのかよとげんなりする事が何度かありました。別に何十時間遊べないからクソゲーだなんて言うつもりはないから、もう少し尺稼ぎを減らしてこじんまりとまとめてもよかったのではと思います。

そんな長い運転中は音楽をかけるなりして、長距離トラックの運転手だと思いながらプレイしましょう。そこさえ我慢できれば楽しく遊べます。エンジン流用っぽい2作目も出ているので、そちらもまたプレイしてみたいですね。
スポンサーサイト
[ 2015/08/10 21:23 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その8

今日もトラック。移動時間が長くてそろそろオートパイロットが欲しくなってきました。リアルのトラック運ちゃんに比べれば大したことはないのでしょうが、コーヒーをぶちこみながら頑張っていきます。なお、より頑張りたい時はエスタロンモカの錠剤がおすすめ。



divinity001390.jpg
Alice発見

逃げるAliceを追うマイトラック。車体のサイズ差はあるものの、スピードはそれほど離れては無いのでちぎられる事はないでしょう。じりじりと距離を詰めて、怒りの全門発射で車両を粉砕。ディスクの事を忘れていましたが、完全破壊する前にイベントに入るので安心です。

観念したAliceを問い詰めてみると、彼女も独自に主人公の父親のことを調べようとしていたことが明らかになります。なんか人類の英雄だからとかなんとか言ってますが、それなら邪魔するなやと。主人公も気持ちは一緒だったようで、同行したいというAliceを断って一人での探索の旅を続けていくことになりました。



divinity001391.jpg
そして新エリア

Oracleの所に戻ってディスクを読んで貰ったところ、次なる手掛かりは死の砂漠を越えた所あるそうです。超えるための準備でまたも長距離走行をする事になり、コーヒーを三杯ほど飲み干したところで砂漠超えを達成。Oracleのいる場所はワールドマップの端っこなので、往復を強いられるクエストを何度もしているうちに殺意が溜まってきます。

問題の砂漠はスタート地点であった燃やされた農場のすぐ近く、これまでは行けなかった場所ですが、準備さえ済んでいればそこを超えて新エリアへと突入することができます。走り回っていると干上がった場所なのか船の墓場のような場所もありました。



divinity001392.jpg
住民は凶暴

ここのエリアではいくつかの町が、普通に補給できていたと思ったら急に敵対的になり襲い掛かってくる現象が起こります。知らずに変な行動をしてしまったのかバグなのかと思いましたが、情報を集めていくとなんらかの原因で住民に狂気が広がっていることが判明しました。これは現時点ではどうしようもできませんが、しばらく待つとまた街に入っての補給や情報収集ができるようになるので、あせってリセットしたりせずにマップを見ながらタイミングを見て飛び込んでいきましょう。

このエリアでは敵もこちらの物に近いランクのトラックに乗っている事が多く、まともに撃ち合っているとかなり大変です。なるべく逃げるか、懐具合と相談して余裕があれば、そろそろレーザー系の武器を採用した方がよさそう。隣のエリアにはこの狂気の原因がいるとかいないとかで、そろそろ終わりが近づいてきたような気配です。
[ 2015/08/09 00:03 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その8

暑さでぐったりしながら本を読んでいる時間が増えています。今はポストアポカリプス世界に身を投じていることだし、『人類が消えた世界』という本を読んでいたのだけど、人工物がどういう風に崩壊して人類がいた痕跡が消えていくかや、その後に残された生命体がどう進化して人類の位置に成り代わるかというような話を期待していたら、人類がこれまでに壊した環境へのダメージがどれくらいで、その影響がどれだけ続くかという記述が大半の環境本でした。つまらなくは無いけどなんか違うんだよなあ。おとなしくトラックを運転することにします。



divinity001386.jpg
装備充実中

車も順調に進化し、見た目からしていかにも最終装備級のものがちらほらと出てくるようになりました。前にも言ったとおり武器スロットの大きさによって装備できる武器がきまっているのですが、大サイズスロット用の武器には弾丸が自動補充されずに町やスタンドで購入しないとダメなものが混じっています。そういった武器はどれも本当に強力だけど、毎回補充のマイナス点のほうが大きいから避けた方がいいかな。購入する時は気をつけましょう。



divinity001387.jpg
Aliceさん

前回までやっていたOracleのクエストですが、彼の頼みを全て完了した結果、問題のディスクはパスワードでロックされており、それを解除するためには別のディスクが必要という事がわかりました。えええ・・・というわけでまた長い距離を旅して目的のブツを手に入れた主人公、今度こそ真相が明らかになるはずとOracleの元に戻ろうとしたところで、見知った顔と出会いました。

彼女の名はAlice、スタートしたばかりの頃にちょいと会って、なんだか怪しいなと思っていたけど、その後全く会わなかったので半分忘れていた人です。ここでしばらくの立ち話をしてAliceが去った後、主人公はいつのまにかディスクを盗まれてしまったことに気が付くのでした。今度はAlice追跡か・・・このストーリーのじらし具合はなかなかたまらんものがあります。



divinity001388.jpg
トラックはもはや要塞と化しています

新トラックを買ったら、流線型の装甲に覆われた物凄い車両になりました。武器も4つほど搭載可能。隣にいるのは初期のトラックですが、サイズの差がとんでもない事になっています。その分小回りができずに不便に思う事もあるけど、こうしてどんどんデカく派手になっていく車両を乗り回すのは楽しいですね。

なお、このエリアでは隣のエリアとの大規模な戦闘が行われており、Aliceは隣エリアのボスであるAxelの元に逃げてしまったそうです。主人公はどちらかの勢力に属して、内部か外部からAliceを追い詰めていくことになります。これもどちらを選んでも大丈夫だと思うので、補給ポイントの使い勝手などから決めることにします。


divinity001389.jpg
Axel撃退

敵対勢力になってAxelを倒しました。さあ、Aliceを出すんだ。ところがAxelも彼女に利用されていただけのようで、彼女は一足先に逃げてしまったようです。ちょっとちょっと、そろそろすっきり解決しようよ。くっつくかくっつかないかの寸止めの所で延々と続いていく、一昔前の恋愛マンガのようなストーリーです。まあここまできたら最後まで付き合おうかな。ディスクを追って出発します。
[ 2015/08/05 22:05 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その7

今日もHard Truck Apocalypseをやっています。Oracleが欲しいというアイテムを探しにかつての工場跡へと出発。



divinity001383.jpg
到着

しかし入り口は瓦礫で塞がっており、それなりの隙間はあるもののこのトラックの幅では入ることができません。歩きも不可。さてどうしたものかと周囲をさぐっていると、ちょうどよく小型のバギーが止まっているのを発見しました。さっそく乗り移って、バギーが動くのを確認する主人公。武装は無いところを見ると、工場内では戦闘はなく、アイテムの探索がメインになるようです。嫌な予感・・・


divinity001384.jpg
水路を通って中へ

細く迷路のようになった水路や建物の中を縫いながら進むバギー。建物はあちこちが瓦礫で崩れたりしていて、行けない所や、逆に思わぬ穴から入れるような場所が沢山あるのでそれを探していきましょう。

ただこういうの大の苦手なんですよね・・・元々FPS、TPSで酔いやすい体質なのと、壁が近い屋内で行ったりきたり迷って過ごしていると、みるみるうちに自分の三半規管と胃袋がレッドゾーンに突入していきます。嫌な予感が的中。ここでは30分プレイして1時間寝込むというサイクルで探索をし、ものすごい時間を食ってしまいました。カメラの融通が効く分、最近のゲームよりはいくらかマシではありますが、3D酔いする人は気をつけていきましょう。カメラ固定にして近距離背中越し視点にしたら、迫力が出てより面白くなるとかないから。



divinity001385.jpg
目標アイテム発見

ってわかるかこんなもん。近くにいくと自動的にアイテム発見となるのですが、遠くからだとただの瓦礫にしか見えないのでよほど注意深い人じゃないとわざわざ近づかないと思います。これがまた物陰などの見逃しやすいところにあるので注意していきましょう。ちなみに必要個数は2個になっていますが、これ2個見つけるだけで二日ほどかかってしまいました。まあ、ほとんどは酔って寝込んでた時間ですけど。これが5、6個だったらここでゲーム自体ギブアップしてたなと思うほどの難関でした。いやあキツかった。さて、Oracleの所に帰るかな。もうエンディングでもいい気分。
[ 2015/08/02 23:09 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)

Hard Truck Apocalypse その6

暑すぎてバテながらもトラックを運転してます。記憶によれば5月くらいから30度超えの日が出ていた気がするし、年々暑さが酷くなってるな。なんとかならんものか。



divinity001379.jpg
新エリアへ

重機ボスを倒した主人公は、フェリー機能付きの潜水艦に乗ってトラックごとOracleがいるとされる島へとたどり着きました。なんで潜水艦があるのとか誰が運転してるのとかはあまり気にしない事にします。文明崩壊前の遺産だから何でもアリです。新エリアはジャングルっぽいところで、人類もいるにはいるのですがドルイドとか宗教系の人が増えてきました。彼らからの情報によると、ここには普通の盗賊以外にも、機械の怪物などというものがいる大変危険なエリアらしいです。

実際に走り回っていると、昆虫のような形をしたメカの襲撃を受けました。一体一体が今乗っている主力トラックに近い耐久力を持つ強敵です。攻撃も痛いので全砲門の火力を集中させて、一気に倒してしまいたいところ。トラックはスタート時に比べてずいぶんと大型で強力なものになりましたが、大型になると今度は武器の位置によってカバーできない死角が増えてきます。下手に動き回るよりは、最大火力を発揮できる位置取りをした方が楽ですね。



divinity001380.jpg
怪しい施設

走っていると所々にオーパーツ的な施設があり、Oracleもそういった施設の一つにいることがわかりました。彼はその能力からか崇拝対象になっており、カルト集団がその施設の周りを警護しています。適当に話をつけて通してもらいましょう。もちろん戦って押し通ることもできるようですが、このゲームはレベルないし戦う旨味はあんまりないかな。平和に行こう。



divinity001381.jpg
Oracleさん

前情報から人ではないっぽいなと思っていたら、見ての通りのメカでした。襲ってきた昆虫メカと関係が深そうな見た目ですが、こちらは友好的でちゃんと話ができますね。裏ではどうか知らないけど。

何でも知っているという彼から、さっそく情報を教えてもらおうとしましたが、その前にまず向こうの頼みを聞いてからという事になりました。ううむ、ベタなクエストが続くストーリーだなあ。交渉スキルでスルーできたらなと思いつつ、おとなしく頼まれたアイテムを探しに出かける事にします。



divinity001382.jpg
現在のエリア

これまでのエリアだと、道沿いを走っている限り補給に困る事はほとんどなかったのですが、このOracleがいるエリアでは施設の数が非常に少なく、道中の補給がかなり厳しくなっています。現時点ではガソリンスタンドが一つと、町が一つしか見つかっていません。ここに踏み込んだらまずは戦闘を避けて、一目散に町を目指したほうがいいでしょう。当然エリア内での貿易もできないけど、そろそろ敵が高額のパーツを落す事が増えてきたからお金には困りません。
[ 2015/07/31 23:04 ] PCゲーム Hard Truck Apocalypse | TB(0) | CM(0)