Grotesque Tactics その11(完)

Grotesque Tacticsやっかあ。 ところでKing's Bounty: Dark Sideは、昨日の時点では14日発売になっていたのが、今日見たら19日発売になっていたのですが、どういうことですかね・・・ 



divinity000655.jpg
ゴーレム3体を苦戦しながらも倒し、Mother of Godとの決戦です!

Mother of Godはスキルは範囲攻撃魔法。それも洒落にならんほどの広範囲で、一戦目でまともに挑んだらあっという間にパーティーが半壊、大苦戦になりました。これはしんどい。ポーションを使い切る勢いでかかればなんとかなりそうですが・・・

このゲームではボスにもマナの要素があり、無限とか非常識な数値ではなく、割と常識的な量に設定されています。というわけでこのような時は、最初に魔法防御の高い仲間か、いなくても別に困らないような仲間を突っ込ませて、相手のマナを消耗させる作戦が有効です。前者で行くならSolithaireかドーピングした主人公あたり、後者でいくならWestやWestなんかがオススメです。

魔力が無くなればMother of Godもただの1ユニット。皆で囲んで一気にカタをつけました。



divinity000656.jpg
町に凱旋。

皆の祝福を受けて全てが終わった和みムードながら、エンディングに突入する気配がありません。皆の話を聞いて回り、町の片隅で2人の世界に浸っているSolithaireとDawnclaudeにも話かけると、気になることを言い出しました。Mother of Godのところから持ってきた本に、彼女にはまだ秘密の力が隠されているような事が書かれているようです。

どちらかというと君らの馴染みっぷりの方が気になるけど、まあいいや。再び墓地エリアへ調査のために戻ることにします。



divinity000657.jpg
復活してきました! Mother of Godです。

さらなる力を持って復活したMother of God、彼女はここでさらにSolithaireに向かって自分達の側につくようにと言い出しました。続く話を聞くと、なんとSolithaireはMother of Godの娘だということが判明しました!

衝撃の展開ですが、残念ながらここでも唐突すぎてついて行く事ができない自分がいます。これは高度なギャグなんだろうか。まあとりあえずSolithaireはその提案を蹴って、本当の最終決戦が始まりました。



divinity000658.jpg
最終決戦。

Mother of Godは自分と同じ姿の分身2体と同時に登場し、合わせて3体との決戦になります。全員が1回目の範囲スキルを使うとどうしようもなくなりそうですが、それを使うのは本体だけですので安心してください。とは言え、使うのが1体でも痛すぎることには変わりがないので、やはり最初にマナの消耗を誘う作戦が有効です。

3体の攻撃をマトモに受けるのは厳しい話ですが、防御強化の魔法も使ってエリクサーのドーピングもしておけばなんとかなるんじゃないでしょうか。なんとかならない場合、分身の2体にはCCが入ることを利用して、Rukelのスリープを入れるなりして頭数を減らすのがいいと思います。

とにかくマナを削り切るところまでが大変で、それが終わっててしまえばもはや苦戦する要素はないでしょう。本体を倒すことでDark Churchは壊滅し、世界に平和が戻りました。感動のエンディングです。



これはストーリーからキャラクター、ついでにグラフィックやUIにいたるまで、あらゆる点がムチャクチャなタイトルでした。突っ込みを入れながら遊ぶのがいい感じです。逆に真面目にやろうとすると神経が持ちません。

ただゲーム自体は適度な難易度とコンパクトに終わる長さの中で、普通に戦闘を楽しみ、成長の喜びを味わえるので、意外と楽しんでプレイすることができました。Ascension to the Throneをさらにもう少し軽くしたような感じなので、つまみ食いするにはいいタイトルだと思います。重量級のタイトルばかりやって脳が疲れた人は、気分転換にこういうのをやってみるのも楽しいんじゃないでしょうか。さらに脳が疲れる可能性も高いですけど。
スポンサーサイト
[ 2014/08/14 22:10 ] PCゲーム Grotesque Tactics | TB(0) | CM(0)

Grotesque Tactics その10

Sir Deathを倒し、さらに先へと進んでいきます。これで敵の3幹部のうち2人は倒したことになるので、最後の戦いの前にもう一人との戦いがありそうです。



divinity000650.jpg
ほらでた!

3人目の幹部、Dawnclaudeです。「ボンジュール、マイフレンド」とか言って余裕しゃくしゃくですよ。こういうタイプが一番手強いのがバトル漫画の王道なので警戒していきます。裏には他の敵の姿も見え、雑魚も交えたボス戦になりそうに思えたのですが、Dawnclaudeは他の2幹部を倒してくれた事に礼を言ってきました。そういえば仲悪そうでしたね。



divinity000651.jpg
そのままDawnclaudeのトークが続きます。

これはバトル漫画なら、今回は戦いをパスして、次から敵か味方かわからない勢力になって登場するパターンだなと思いながら聞いていると、彼はこちらに助太刀をすると申し出てきました。また唐突な。理由を聞いてみると、愛のためだと答えます。

彼はSolithaireに一目ぼれしてしまったことを告白し、彼女もその求愛を受け入れました。・・・なんじゃいこの展開。正直Solithaireも仲間になってそんなに日が経っておらずキャラクターが解っていないので、唐突すぎてまったく理解できません。単行本を1冊飛ばしで読むバトル漫画のような展開で話が進んでいく、いろんな意味で凄いゲームです。



divinity000652.jpg
本当に仲間になりました。

絶対途中離脱するだろこいつと思いましたが、最後までしっかりと仲間でした。安心して使っていきましょう。彼は装備も性能も主人公であるDrakeとほぼ同等。というわけで文句なく使えるキャラクターです。というかまともなメンバーが少なすぎなんだよなあ・・・



divinity000653.jpg
というわけであとは大ボスを残すのみ。

地下墓地の最深部でこちらを待ち構えていたDark Chruchのトップ、Mother of Godです。見た目からして既にラスボスっぽさが漂っています。彼女は手始めに、こちらに手下をけしかけてきました。相手はゴーレム3体。前哨戦ながら、かつて1体でボスとして出てきた敵が3体同時なのでかなり厳しい戦いになります。

ゴーレムは全員が範囲攻撃を使うので、あまり固まって陣形を組まないほうがいいかもしれません。2重3重で範囲攻撃を重ねて食らうと、一気に壊滅状態になる可能性があります。固まるとWestの乱が起こることもあるので、散兵的な配置のほうがいいんじゃないでしょうか。固まるとしても、障害物を組み込んでの最小限の人数で壁を組んでいったほうがいいでしょう。
[ 2014/08/12 23:18 ] PCゲーム Grotesque Tactics | TB(0) | CM(0)

Grotesque Tactics その9

需要があるのかどうかさっぱりわからないGrotesque Tacticsの続きをプレイ。前回、とうとうDark Chruchの入り口を見つけた一行でしたが、突入前に用意を整えようと町に帰ることになりました。



divinity000646.jpg
その後なぜかこうなりました。

町に帰った途端、ゴブリンのRukelが、仲間のゴブリンがDark Chruchに襲われているという情報を得ます。これは本拠地を叩くより優先しなければいけない!ということで、ゴブリン救出作戦をすることになりました。本拠地叩けば終わりだろ・・・なんという尺稼ぎ。マップもSolithaireを仲間にした所と同じという事で、実にエコ使用です。無駄なやりこませ要素は嫌いですが、このゲームは全体的にあっさり風味なので、これくらいの尺稼ぎを入れてもまあちょうどよく遊べるなというくらいです。

さて、ゴブリンを救出して町に戻ります。いよいよ最終決戦です。



divinity000647.jpg
その後なぜかこうなりました。

町に帰った途端、今度は武器屋のEastが助けを求めてきました。川のエリアにDark Chruchが攻撃を仕掛けており、そこにいる兵士達がピンチなので、今度は兵士の救出作戦をすることになりました。一行は再び本拠地を後回しにして川エリアへと向かいます。なんという尺稼ぎ。

幸い立地はよく、橋で敵をせき止めることができます。面倒くさいので範囲攻撃で一気にシメ。地面が燃えているのはMandyの2つ目のスキルで、地面3マスに数ターン炎を広げる事ができます。既に敵味方が乗っているマスには出せないので少々使い勝手が悪いですが、上手く誘導してでも使う価値はあります。

SolithaireのDOTでダメージを与えるごとに経験値がはいるのと同じように、この炎床でも、相手にダメージを与えるたびに経験値が入るんですよね。というわけでこのスキルを活用していけば、MandyもSolithaireと同じように、鬼のような勢いでレベルが上がっていきます。彼女はもうこれだけでもいいくらいです。

さて、敵を撃退して兵士の救出に成功。さすがにもう尺稼ぎはないだろうな・・・


divinity000648.jpg
ようやく本拠地に入れました。

地下墓地だけにおどろおどろしい雰囲気、その中でSolithaireがこの場所は記憶にあると言い出します。あんた吸血鬼だしこういうところで寝起きしてるから、それでじゃないの? このゲームは異次元的な展開とおしゃべりが多いのでスルー癖がついてしまいます。ほら、開幕からSemidivineなHoly Avatarだったし。



divinity000649.jpg
そんな緩んだ一行の前に突然Sir Deathが現れました!

敵の三幹部の一人との決戦ということで盛り上がってきました。Sir DeathはHoly Avatarへの復讐を口にし、彼に向かって剣を構えます。Holy Avatarはかつての戦いでSir Deathの片目を奪った事を語り、Sir Deathはその復讐に燃えているということがわかりました。なんという燃える展開! 唐突すぎてちょっとついていけないなあと頭の片隅で考えつつ、Sir Deathとの決戦になります。

復讐の鬼になった彼の能力はHoly Avatarより数段上。というわけでチームでフクロにします。ボス戦でもやはりDOTや床ダメージは大活躍。上手く当てていきましょう。この辺までくると、マナポーションは惜しまず使っていっても平気だと思います。
[ 2014/08/11 21:51 ] PCゲーム Grotesque Tactics | TB(0) | CM(0)

Grotesque Tactics その8

前回、幹部の一人Sadraxを倒したものの、Dark Chruch本体を倒さない限り戦いの終わりは見えません。こちらから敵の本拠地を見つけて攻撃を仕掛けようという事になり、町で情報を集めることにします。



divinity000494.jpg
なんか町に見慣れない人が加わってるなあ。

そう思って話しかけてみると、最初はとぼけけて言い逃れしようとしてきましたが、彼はDark ChruchのBlack Knightで、そこを脱走してきたのだと語ってくれました。というかあれ中身は普通の人間だったのね。アンデッドとか鎧だけとか思っていたのに。彼は自分の家にやってきたスカウトから待遇の良さを説明されて、30ページにわたる雇用契約書にサインして入隊したそうです。どんな悪の軍団よ・・・



divinity000495.jpg
というわけで教えてもらった本拠地があるらしいところへ。

ここは墓場で、このどこかに本拠地があるようです。いかにもラスボスがいそうな雰囲気だ。ここにはなにやらしゃべれるガイコツがおり、情報を聞き出そうとすると「教えてやってもいいけどそのかわり・・・」とこまごまとした頼みをこなすことになります。喋り方や性格が軽くていまいち信用できなさそうな奴ですが、ここは頼みを聞いて墓場の探索をしていきます。

それにしてもここは暗い。暗いとアイテムの見逃しや思わぬところで戦闘に突入することになるので、オプションで明るさを調整するのがよさそうです。



divinity000496.jpg
探索中、宝箱を開けたら幽霊になったSadraxに襲われました。

再登場早すぎ! というか他にもいくつかある何の変哲もない宝箱(棺桶)を開けて、いきなりボス戦になるとは思いませんでした。これは油断してセーブしていない人を殺すトラップです。

とにかく敵が近く、オマケにこちらの陣形は見ての通り無茶苦茶ですので、敵を少しずつ引っ張り出す作戦は使えず、1ターン目から激戦になります。ここはスキルを出し惜しみせずに使って、敵の攻撃順がくるまでに何体かでも数を削るのがよさそう。数を減らせば結果として受けるダメージも減るわけですしね。

その後もいくつかのクエストをこなして、のらりくらりと回答を逃げ回るガイコツに切れかけた頃、ようやくガイコツからDark Chruchの本拠地の場所と侵入方法を聞きだすことに成功しました。



divinity000497.jpg
Dark Chruchの本拠地。

本拠地には当然のことながら鍵が掛かっているのですが、その鍵は入り口のドアマットの下に隠されているそうです。行ってみると確かにそこにはWelcomeと書かれたドアマットが。・・・いや、全体的におかしいだろ。

今自分はB級バカゲーをやっているんだなあと実感させられる展開で、この緊迫した場面にギャグを入れるガイジンさんのセンスが光ります。ドアマットにカギというのは、外国の古典的な鍵の隠し場所で、日本でいうと郵便受けや牛乳瓶入れの中にカギみたいな感じかな。なんだか急にDark Chruchに親しみが湧いてきました。
[ 2014/06/28 16:57 ] PCゲーム Grotesque Tactics | TB(0) | CM(0)

Grotesque Tactics その7

Grotesque Tacticsを進めます。クエストを終えて町に帰ると、また別の人からクエストを貰うという流れで、仲間集めが終わったあともこまごまと進んでいくのですが、何でもないクエストを受けて出かけた先で、Dark Chruchと行き当たってしまいました。



divinity000490.jpg
敵には新ユニット、バーバリアンがおり、見た目通りに頑強そうな集団ですが、それを見てSolithaireが前にでました。

彼女は前回も話したとおり強力な魔術師で、1つ目のスキルは範囲攻撃+毒状態という凶悪な攻撃が使えます。なんか他の仲間に比べていきなり桁違いのスキル性能なんですけど。集団の中に一発撃ちこむと、みるみる敵の体力が減っていきます。

あとこのゲームは敵にトドメをさしたとき以外に、敵にダメージを与えただけでも経験値が入るのですが、毒などによるDOTダメージの場合も同じように経験値が入っていきます。要するに彼女はこのスキルを撃っているだけで、他のキャラクターに倍する勢いでガンガンレベルが上がっていきます。いいのかこれ? 急に楽になりすぎて何か罠がないか疑ってしまうレベルです。



divinity000491.jpg
さらにDark Chruchの面々と3人いる幹部の一人、Sadrax。

どうやら仲間集めは全員集まって、ここからがDark Chruchとの本格的な対決になるようです。こちらもパワーアップしましたが、敵ユニットも初見で強力な連中が増えてきました。バランスが取れているといえば取れているのかな? 計算しているのかしていないのかよくわからない不思議なゲームです。



divinity000492.jpg
デカいのも出てきました。

前哨戦がてらOgreと対決。こういう巨人タイプにはDrakeが対巨人用スキルを持っているのでそいつを撃ち込んでやりましょう。しかし対巨人用とかいう割には、威力の伸びがいまひとつのような。Solithaireの凶悪さを見ると、巨人相手なら即死とかでもよかったんじゃないか思えます。キャラ格差って奴です。



divinity000493.jpg
そのままSadraxと対決!

初の幹部クラスとの対決ということで、ここはかなりの厳しさ。本人もですが取り巻きも魔術師タイプが多いので、固まって突っ込むと範囲攻撃やら遠距離攻撃であっという間に殺されます。ここは遠間からじわじわと近づいて、動き出した相手だけを狙って数を減らしていくのがよさそう。

この辺りから各自が2つ目のスキルを使えるくらいになっていると思うので、それも駆使して戦っていきましょう。CCや範囲攻撃を覚えるキャラクターが強いです。SleepなんかのCC攻撃は、そのユニットを攻撃したら即座に解けてしまいますが、攻撃しなければかなりのターンに渡って敵を無効化してくれます。ボスには効きませんが、取り巻き相手にもってこい。そうしてSadraxに集中攻撃して倒してしまいましょう。
[ 2014/06/27 21:46 ] PCゲーム Grotesque Tactics | TB(0) | CM(0)