Fearless Fantasy その3 (クリア)

たまの運動をしたら腕が筋肉痛になったのでFearless Fantasyを休んでいましたが、治ったので進めます。繊細なマウスのコントロールが必要なので、プレイ数日前からコンディションを整えなければいけないのです。そこまでしてやるタイトルなのかを考えるといろいろ疑問が湧いてくるので、とりあえずプレイ。


divinity000391.jpg
3番目のボス。

こいつは強敵でした。ライフバー横の緑十字にカーソルを合わせると、その敵が持つ特性がでるのですが、このボスの特殊能力は下限ダメージの固定。相手の攻撃を完璧にEPICで防御しようが、絶対にある程度のダメージを食ってしまいます。おまけに攻撃のほとんどが全体攻撃。えぐいわー 短期決戦でいきましょう。


divinity000390.jpg
Aliceのスキル、Inspire

全体攻撃スキルで、Epicをきめると他の仲間二人のスキルポイントが回復するという鬼性能。確実にEpicが出せるなら、仲間はスキル使い放題に近くなります。理論上はあらゆる敵が楽勝コースに。理論上はね・・・

FPS上手い人なら楽勝なんでしょうか。ただポイントやエイムは意識したことはあるけど、軌道を意識した事はないので、これは結構苦手な人が多そうな気がします。ゲームの作りを見ているとスマホやタブレットでの発売もかなり意識しているようなので、そちらのデバイスの方が上手くできるかもしれません。


divinity000392.jpg
たどり着いた最終面、King Xolaと対決。

毎ターン攻撃力20%UPとかふざけた能力がついています。その下のはたぶん1回だけだからあんまり関係ないと思いますが、先ほどのボスも合わせて、全体的に殺られる前に殺れという調整になっています。普段RPGをやるとき、全員にBuffや回復魔法をかけながらじっくりターンを重ねて戦うという人も、気分を変えて後先の事を考えずに全力で行って下さい。明日?そんな先のことはわからないさ。


divinity000393.jpg
しかしなんなんだこの世界は。

というわけでクリア。コンプなどを考えないなら、ゲーム自体は数時間程度で終わるタイトルで、どちらかというとタッチパネル向けを意識しているあたりも合わせて、Bravelandに近い印象を受けました。そちらでも同じようなことを書きましたが、セール基準の価値観で判断しなければ、値段分の価値はある良作だと思います。良作というか奇作ですけど。

個人的にはこの世界観だけで元は取ったという気分になれました。続きが出るかは知りませんが、出たらまた突撃してみるつもりです。
スポンサーサイト
[ 2014/05/27 19:43 ] PCゲーム Fearless Fantasy | TB(0) | CM(0)

Fearless Fantasy その2

Fearless Fantasyやってますよ。だんだん慣れてはきたものの、やはり慣れても少々難しい。手がつりそうになっております。ステージは全部で12,3くらいかな。短めながらかなりの手ごたえを感じます。


divinity000376.jpg
新たな仲間、Vonnが加わりました。

無口系キャラでタンク系のスキルに特化しています。ただこのゲームの死因は大抵全体攻撃なので、タンクはそんなに・・・ まあそれ以外にも役立つスキルはあるし、人手が増えるのは大歓迎。それにしてもひでえ背景だ。ここまで好き勝手やってるゲームは見た事ないです。ここまで突き抜けられると、もう好きなようにやってくれという気分。


divinity000378.jpg
スキルは通常攻撃と違い、スキル毎に固有のカーソルがでます。

これくらいなら楽勝ですが、実際にやると入力時間もかなり短く感じて、あせってしまうんですよね。緊張したときこそ冷静に動ける人間になりたいです。


divinity000379.jpg
素早く正確ならEpic表示が出て、ボーナス付きで炸裂!

スキルはEpicで成功すれば単純にダメージが増える以外にもさまざまな追加効果がでます。それは嬉しいのですが、スキルによってはEpicの追加効果こそがメインで、失敗するとほとんど何の役にも立たない、スキルポイントの無駄みたいな扱いになるものもちょこちょこあるのが困り物。そういうのでEpic失敗するとムキー!となってしまいます。特に勝敗がかかっているときに限って失敗するんだこれが・・・


divinity000380.jpg
ステータス画面。

ただステータス関係は実に親切で、スキルもステータスもいつでもいくらでも振りなおしができるようになっています。これで面毎に最適の構成にしてなんとか攻略していくという楽しみもできます。というか入力がヘタクソなのでそうせざるを得ないのが悲しい。

スキルによっては、スキルレベルをあげるとコストが増えすぎてしまい、逆に使いにくくなるものもあります。Enduranceと相談して、補給なしで2連発できるくらいに調整したりすると楽ですね。


divinity000377.jpg
彼も再び登場。でも撃退。

「鼻水のせいで負けただけだからな!」

相変わらずで安心。でも花粉の時期は本気でそういう時あるよ。今度使ってみようと思います。
[ 2014/05/24 23:03 ] PCゲーム Fearless Fantasy | TB(0) | CM(0)

Fearless Fantasy 買ってしまった

奇ゲー、Fearless Fantasyがいつの間にか発売してたよ。Steamで発売記念の割引があったから突撃してみることにします。


divinity000361.jpg
見た目からして既に奇ゲーです。

ゲーム内容は戦闘メインの面クリア型RPGとでもいいましょうか。ステージを選択すると即戦闘画面に入り、数ウェーブに分かれてやってくる敵を全部倒せばクリアになります。Flashの無料ゲーRPGでわりとよくあるスタイルかな。売りなのはその戦闘システム、攻撃を選ぶと選んだ攻撃方法に応じて、画面内に画像のような矢印がでます。それを上のゲージがある間にマウスでなぞれば攻撃になり、素早くしたり正確にすれば、より強力な攻撃ができるという仕組み。

音要素はないけど、音ゲー+RPGみたいな、戦闘内にミニゲームを組み合わせたようなものと思ってもらえばいいです。On the Rain-Slick Precipice of Darknessの1や2が近いかもしれません。いや、余計解り難くなったか。


divinity000360.jpg
主人公、なげやり感がすげえ。あと見た目が悪い意味じゃないけどうざい。

英語は音声+文章の自動送り。音声も悪い意味じゃないけどうざい。絶対テキトーに収録しただろみたいな。ただうざさも合わせての奇ゲーなので、合っているといえば合っているとも言えるかな。もしかしたらパロディ元の同じ頭文字の某ゲームを皮肉っているのかもしれない。

英文は少なく、面クリアタイプという事で選択肢や長い会話も無く難易度は低め。英語がわからなくて全スルーしても楽しめると思います。あとクリアしたステージを何度でもできて、見ようと思えばその度に会話を見る事もできるから、自動送りが苦手な人も平気です。


divinity000364.jpg
ショップもあるでよ。

メニューからいつでも入れるオンラインショップ。ほら、奇ゲーだし。ケータイとか普通に出てくるから。同じ面を何度でもできるので、お金は有り余るのですが、一度にもてるアイテム数の制限は結構厳しいので、アイテム使いまくりでゴリ押しはできません。意外と考える必要があります。


divinity000365.jpg
ウェーブの最後にはボスキャラや強敵が登場。

まだ慣れていないせいもありますが、難易度は結構な高さ。敵から食らうダメージは全体的に高く、ウェーブを通して体力や状態異常の自動回復はないので、限られたアイテムを配分しながらマラソンのような戦いをしていくことになります。ボス戦にたどり着いた時点で満身創痍とかザラ。マウスさばきの練習が求められます。難易度は落とせるので、エンディングまでいけないという事はないはずですけど。

解像度がゲームプレイにかなり影響を与えるので、これをもっと自由に変えられたらよかったんだけど、ウインドウモードが1種類と、フルスクリーンが2種類の中からしか選べないのがちょっとしんどいかな。


divinity000363.jpg
なんとか撃破。

「靴下に穴があいていたせいで負けただけだからな!」

このセンス。この顔グラ。たまんねえ。
知らない間に数時間プレイしていたので、自分のツボを突かれてハマっていたみたいです。奇ゲー好きなら買い。あとシステム面も何気にまじめに作ってあるので、戦闘+ミニゲーム系の軽いのがやりたい人が手を出しても大丈夫だと思います。たぶん。
[ 2014/05/20 20:37 ] PCゲーム Fearless Fantasy | TB(0) | CM(0)