FC2ブログ








癒し旅終了(完)

divinity002416.jpg
なかなかブラックなジョークも

Epic Battle Fantasy 5 は余力のない時が気分転換用にとやっていたのが、順調なほどに進み続けている状態です。毎回言っている気もするけど、隠しアイテム探しやオマケダンジョンを除き、つまるところは全くなく、ただ戦って探索をしているだけでどんどん終わりが見えていくのは、爽やかなシンプルさがあり実に癒されます。戦う事で癒されてしまうとは、俺はもうこんな血塗られた世界でしか生きていけない身体になってしまったんだな。などとカッコイイことを呟いてみるも、現実にやってる事は自分の部屋でゲームなのであまり褒められたものではありませんな。カッコイイ台詞と言えば思い出す、自分の中で一番衝撃を受けた台詞は、漫画『えの素』の、田村さんのカリスマオナニーの回であった、オナニー中の田村さんによる「あんた自分で自分が怖くならないのかい?」という自身への問いかけに対しての、「なるさ。だが逃げたりはしないぜ。何故なら俺を倒せるのは俺自身だけなのだから。」というセルフ回答です。文章にして書き出すと狂気しか感じず、何言ってるんだこいつはと思われそうな気もしますが、突き抜ける事による美学を僕らに教えてくれる名台詞だと思います。これに触れたことでなんとなく人生の道を踏み外したような気もするので、あまりオススメはしませんが、興味のある人は手に取ってみてください。

全体マップも2枚目などはなく、またマップ範囲も最初から黒枠で全体の範囲が見えているので、ああもう後半なんだなというのが分かる所も、紙の小説のように終わりに備えての心の準備ができて実に落ち着きます。最近だと終わりまで尋常じゃないほど引き伸ばすものとか、ソシャゲ系ではそもそも終わりがないですしね。終わりがあるから物事の大切さが分かるんだよ。



divinity002417.jpg
見るからに最終エリア。この前に雪エリアも超えてます。

そんなこんなで、明らかに最後のエリアと分かるような宇宙観のある怪しいエリアにやってきました。後半の戦闘ではこちらのライフも1万を超えて2万3万に達したものの、敵もそれをさらに超える10万や20万という域に入ってしまっており、過去作に比べてなかなかのインフレ具合が気になります。ライフに合わせてなのかか、今回は受けるダメージも全体的に高くなっており、防御属性が無いような攻撃を食らうと、雑魚の攻撃でも簡単に即死が起こるのが困りもの。交代人員とはすぐにタッチができるシステムになっているので、1人くらいやられてもどうという事もありませんが、それでもいちいち回復する手間はかかるので、ここはもうちょっとマイルドにしてほしかったなあという感想です。



divinity002418.jpg
最終決戦。とにかく硬いので持久戦で。

そうして迎えたラスボス戦。宇宙っぽいエリアで多パーツのデカキャラとの対決と、まさにこれは紛うことなきFF。総力戦で挑みましょう。多パーツボスの基本を外さず、各パーツがそれぞれ激しい攻撃を加えてくるので、まずは周りから少しずつ戦力を削っていくのがよいでしょうか。これまた多パーツボスの基本として、本体以外は倒してもしばらくすると復活してしまうので、本体だけを集中攻撃で葬ってしまいたくなりますが、本体の耐久力は他パーツが16万とか20万なのに対して、320万と一桁多い設定になっているので、短期集中攻撃作戦は無理です。防御バフで自軍を固めて、敵への攻撃は1人ないし、リミットブレイクが貯まった者が行うという程度の、防御重視の持久戦で挑むしかないですね。ここでは敵へのデバフがかかるスキルや装備も重宝します。ここでもネコのアシナシがけっこういい物持っているんですよね。敵への攻撃力デバフは受けるダメージが劇的に減りますから、是非とも狙っていきたい所です。そんな持久戦モードで数十ターンに渡る長い戦いを続ける、ある意味でJRPGのラスボス戦らしいラスボス戦を終えると、この冒険は終了となります。



クリア。Flashゲームの頃からJRPGテイストの戦闘で人気を博していたシリーズなのと、個人的に好きな事もあって、今回も最後まで楽しんでプレイする事ができました。こういうタイプの終わりもきちっと見える、戦闘と探索にフォーカスしたシンプルな作りのRPGは、最近ですとかなり貴重ですね。コメディテイストなのも合わせて、弱っていた精神にぴったり治まる形で、癒しのプレイができました。

今回で5作目となり、色々なところで変えようとする苦労が見えつつもあります。今作だとMPの概念がなくなったり、敵モンスターの捕獲によるスキルシステムなどといった要素が複数追加されました。この二つに関しては実にいい感じで、特にMPの廃止は、相手の弱点属性を狙いやすくなったり、装備の自由度があがったりと、より戦闘が楽しくなったと思います。

ただその中で、各エリア毎の天候効果だけは実に蛇足と感じる物でしたね。これは各エリアによってターン毎に敵味方ランダムにさまざまな効果が掛かるというもので、ダメージを受けたり、デバフを受けたりと全体的にはあまり有難くない効果が発揮されます。ただこれが出たからって戦術的に何か大きく変化が起こるような事はないし、何より毎ターンこの効果エフェクトが出るのを見なければいけないので、テンポが非常に悪くなります。マンネリを避けようという努力は分かりますが、これに関しては次回でなくなっていると助かりますね。

全体としてはシリーズとして期待通りのもので、軽めでJRPG風味の戦闘を思う存分楽しみたいんだという人には、実にちょうどよくマッチする作品だと思います。公式日本語対応済みなのも遊びやすく嬉しいところで、洋ゲーアレルギーの人でも平気で楽しめるかと思います。
スポンサーサイト



[ 2019/12/11 13:51 ] Epic Battle Fantasy 5 | TB(0) | CM(0)

龍の力を手にする

divinity002413.jpg
戦力は上がれどこの状況

相も変わらず地獄のような進行状況のGeneforge5。前回で上級クリーチャーを一体手に入れたものの、能力的には後衛補助タイプということもあり、実質初期クリーチャーに毛が生えたような一団で、怒涛の如く出てくる上級クリーチャーの隙を突いて戦い、歩いは逃げまどいながら進めています。雑魚の一戦相手でもフルバフで挑み、場合によってはリセットで何度もリトライしながらという状況で、一戦一戦が決死のボス戦のような状況。この時点でGeneforge5は何かと問われれば、それは血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ。と即答できるくらいの苦労を続けています。



divinity002414.jpg
彼はある意味、この作品の最重要人物

さすがにこの状況はおかしい、もう後半戦に入っているしここまできたらDraykも手に入るはずだろいい加減と思い、精神的にももはや限界が近いということもあり、Spiderweb Softwareの公式フォーラムに助けを求める事にしました。その結果分かったこと、Draykはこのエリア東側でRebelの支配地域を封じ込めるかのように並んでいる3か所の城塞、そのうちの一か所で手に入る事が判明しました。ここではReserch Noteを求めているShaper、Alexieがおり、彼がキーとなります。というかそこもう行ってたところだったんだけどね。ではなぜこれまで手に入っていなかったかというと、その条件。彼に累計で7冊以上のNoteを渡すことで、初めて上級クリーチャー召喚を教えてくれるようになるのです。

これまでの旅路ではRebel側にもNoteを求めている物が何名かいたのですが、その段階ではまだ自分の陣営をどちらにつくかをはっきりとは決めていなかったので、幸いにも懐には5冊ほどのNoteが貯まっております。足りないものは・・・盗んでくるか。人の所有になっていたアイテムはあまり手を付けていなかったのを、視線を切ったり扉の開け閉めを駆使しながらちょろまかし、ようやっと手に7冊を超えるNoteが手に入りました。

これを渡したら当然Shaper陣営、Royalist寄りになります。それでいいのだろうか、と自分の胸に問いかけしてみたのですが、思い返してみると今回はこれまでの道中でいいようにRebel側になぶり殺される毎日を過ごしていたので、心の中はすっかり反Rebelに染まっている自分を発見しました。3の物語と同じ心情です。非力を嘆いているだけだった、震えて待っているだけだった昨日に決別し、力強く呼びかけます。さあいこうぜと。



divinity002415.jpg
念願のDraykを手に入れたぞ

などと中島みゆきをバックに流しながら、とうとう待望していた龍の力を手に入れることに成功しました。Drayk、Fire系クリーチャーではランク3になり上級の中では中低位にあたるクリーチャーながら、その能力は圧倒的。その1ランク上にいるKyshakk自身の直接戦闘能力が低いせいもありますが、炎のブレスはKyshakkの倍近いダメージを一撃で叩き出すことができます。また戦闘能力の割にリソースの消費量はかなり低めで、1体を70エッセンス+INT分で召喚ができる為、いきなり複数体を呼び出す事が可能。Kyshakkは125も使うので、こちらのライトニングブレスも捨てがたいけど、ここは入れ替えかな。

長くお世話になっていた初期クリーチャー達も入れ替え、Draykを軸にした新生チームが誕生。今までパーティーの総力を集中して倒せるかどうかだった敵達が、炎ブレスの数発で1,2ターンも経たずに消し炭と化していきます。素晴らしすぎる。防御関係も、さすがに敵の攻撃力は相変わらず高めで、余り前進しすぎるとやられる危険は出てきますが、それでもこれまでのクリーチャーよりも耐久力は断然上がっているため、数体で交代しながら壁をすれば割と余裕を持って戦線をキープできます。パーティー全体の平均耐久力も底上げされ、全体攻撃の連発も即死するような事はなくなってきました。ここまできてようやく反撃の狼煙が上げられそうです。Drayk軍団を率いて、前線へと飛び込んでいきます。
[ 2019/12/05 06:30 ] Geneforge 5 | TB(0) | CM(0)

EPICストアを思う

divinity002412.jpg
ボスも倒し順調


癒されたい時はEpic Battle Fantasyの方で。Epicといえばゲームストアの方のEpicはどうなっているんでしょうね。なんせ使っていないので分からないのですが、噂によると週ベースで無料ゲームを配り続けているとか。貰えるもんはとりあえず貰っておこうの精神な自分ではありますが、これに関しては完全にスルーしています。別にEpicに個人情報を渡すのが嫌とかいうわけではなく、単純に貰ったところでまずやる時間がないからですね。

今のペースだとRPG一本をクリアするのに大抵は1か月オーバーかかる状態であり、その間にも別にやりたい物がもりもりと増えて、やりたいRPGだけでも無間モードに突入していますので、こんな中でたとえ無料とはいえど、特に興味がないような物をやっている時間なんてまるでないし、今後時間が出来てたとしてもまずは積んでいるRPG、次点で積んでいる本を消化したいので、こちらは見えてはいるけど貰いにはいかない状態となりました。

なんかEpic自身も当初のもくろみとは変わっているような気がしないでもないのですが、無料ゲームを配って得る登録数は、その後の利益に結びついているのでしょうか。最初のうちは、開発者の利益をと声高にアピールし、割引セールでしか買わないような客を批判しているような言動もありましたが、今の状況はどちらかといえば、将来的にはセール以上に開発者へダメージを与えることになる状況のような気もして少々心配になります。たとえ開発者に無料配布分以上のお金を渡していたとしてもですね。PCゲーム業界にやってきた同じ新モノだと、グーグルのStadiaも相当に厳しそうなスタートを切ったようですし、なかなかSteamの牙城を崩すのは厳しいようです。



divinity002410.jpg
おまけエリアは報酬なし

などと脱線しながら、Epic Battle Fantasy 5は順調に進行中。おまけ要素などはかなり難易度が高い部分はあれど、メインに繋がる部分は特につまづくような所はないので、順調さくさくです。とにかく戦っていればいいので癒されますね。メイン以外の寄り道要素だと、2~3エリアに一つくらいの割合で、本編に関係のないオマケダンジョンの存在があります。こちらは有料版を買った人だけが遊べる追加要素なのかな。このシリーズは基本的に無料のFlashゲームでしたので、それとの差別化という意味があるのでしょう。無料版に興味がある方はArmor game、Epic Battle Fantasyあたりのキーワードで検索してみてください。あれ、でも5は無料になってたかな。あまり見た覚えがないけれど、こんな追加要素があるからには5もどこかで無料で遊べるのでしょう。

どうせ追加されたのならぜひやりたい追加要素なのですが、これらの追加エリアでは、オマケであるからか経験値やお金の類が一切手に入りません。戦闘をしても貰えるものは皆無。つまりこの戦闘は意味がないのか。と思うとかなりテンションが落ち、あまり手を付ける気持ちが起こってきません。一応戦闘を越えた先には大抵宝箱などがあり、そちらからのアイテムやお金はきっちりと貰えるのですが、なにしろまだまだ成長を重視している段階、どうせなら経験値が貰える方にいきたくなります。何か所かあれど、これはまた後から戻ってきてからやろうかな。



divinity002411.jpg
召喚も大量になってきました

今回からの追加要素としてモンスターを捕獲し、それぞれ対応したスキルが使えるようになる点があり、そちらの方も順調に揃ってきています。一通り使ってみての感想としては、やはりキャラクターごとの手持ちスキルではカバーできないスキル。それも回復、補助系の物が非常に使い勝手がよくて助かりますね。浮遊メカの敵からはそれぞれDebuffを入れ替えたり解除したりといったスキルが使え、Debuffの効果が非常にいやらしく、また回復手段がそれほど多くないこの作品としては、なくてはならないレベルのスキルになっています。メカを見つけたらまず捕獲しましょう。また回復スキルは全員は持っていないのと、回復アイテムもある程度以上の効果があるものに関しては数ターンのCDが入るようになってしまったので、誰でも使えるモンスタースキルで回復があるとなにかと助かります。

逆に攻撃系のものは、それほど大した効果もなく、使えないものばかりといった印象。一部強烈な奴もあるにはあるのですが、そちらは消費ポイントも強烈なため、あまり多用ができません。ボス戦などで使おうにも、強敵と戦うのなら上記のDebuff解除系スキルの方が断然重要なので、出番はないなといった感想。貴重なスロットは回復、補助系に使っておきましょう。こちらはひたすら順調な旅路で、ぼちぼち後半戦に入って終わりが見えてきたなという感じがします。癒されるわー。
[ 2019/11/30 08:38 ] Epic Battle Fantasy 5 | TB(0) | CM(0)

力を渇望す

divinity002406.jpg
厳しい洗礼。この後全滅。

やってきました新天地、Stome Plains。General AlwanとRebelの主力が対峙している激戦の地と聞いていたので、おっかなびっくり入っていくと、やはりというかなんというか、激しい洗礼を受けてしまいました。最初に入ったエリアでは、それほどではなかったものの、その隣のエリアに行くと全体攻撃を仕掛けてくるタイプのクリーチャーが5体ほどのパックで現れて、いくらか粘って戦ってはみたものの、押し切られて全滅してしまいました。数が少なければいけそうな感じではあるのだけど、敵は体力が減ると逃げていくタイプなのと、リンクの範囲がかなり広くて、戦っているうちに奥からぞろぞろと出てきてやられてしまうパターンです。1体倒すのにもこちらの総力で集中攻撃をかけないといけないような状態だから、やはり新天地では今のパーティーでは通用しないというのが結論です。



divinity002407.jpg
このルートで街へ一直線。

悲しい現実を受け止めたところで、とにかく街にたどり着けば新スキルがゲットできるはずだと、敵を避けながら街を目指して行動を開始します。全体マップで見ると西側に目標とする街があるのですが、新天地に入った所から即西に行くと、上記の通り全体攻撃タイプのクリーチャーが闊歩する地に入る事になり、いいようになぶり殺しされてしまいます。1エリア分南に下り、それから西の街を目指しましょう。とにかく一目散だ。

命からがらの旅を経て、ようやくこのエリアの首都的ポジションであるPericaliaに到着。ついて即スキルトレーナーを探し回るものの、どうやらここにはいない模様。Alwanの居城の方か。そちらにいきましょか。ここもそれ以外の買い物関係は充実しているので、必要なものを買いそろえ、道中で手に入れた換金アイテム類を売り払っておきましょう。今回もアイテムはわんさと手に入りますから、どこかよくいく街へデポしておくと管理し易くなると思います。



divinity002408.jpg
重症のAlwan。磔状態です。

Pericaliaから戦闘無しで行ける隣のエリアがAlwanの居城。特に障害もなく、そのままAlwanにお目通りができます。彼にしては以外だなと思いながら、奥の間へと進み実際に彼と対峙。そこで目に入ってきたのは、金属製の十字架のような拘束具に縛り付けられている、Alwanの姿でした。何者かに封印でもされたのかと訝しく思いながら話をしていくと、どうやらこれは治療器具らしく、ギプスみたいなもののようです。主人公達がこのエリアに入った段階では、Shaper陣営はRebelをいくらか押し返して小康状態となっているものの、その前では幾度もの激戦があり、Shaper陣営は滅びる寸前かという所まで追い詰められていたのを彼の奮戦によって押し返していたそうで、その際に受けた傷が元で前線には立つ事ができない体となっています。最前線で仲間と共に血を流す、指揮官の鑑だ。

そんなAlwanですが、この小康状態になった現在、Rebel側から停戦の話し合いの場をと連絡を受けており、そのつなぎ役として主人公がいきなりながら選ばれてしまいました。Rebel側にも主人公が正確にはどちらにも属していない事は伝わっており、向こうもそれでOKのようです。それと共に彼はこれを付けていれば敵陣営に行っても襲われはすまいと、使者の証としてのアミュレットをくれました。いやいや、とんとん拍子で進んでいるけど、思いっきり死地に送り込まれようとしてませんか?



divinity002409.jpg
待望の上位クリーチャー。しかし少々方向性が・・・。

いやいや、こっちはアミュレットよりもスキルが欲しいんだよ、まずは力だとアピールすると、彼は自分の配下であるShaperの所へ向かえと許可をくれました。さっそく隣接する建物へと向かい、見るからにそれっぽいローブのお方に話しかけてみると、とうとう出てきました、上位クリーチャーです!ここではFire系上位のKyshakkが手に入ります。Draykの一つ上ですね。本当はDraykの方がよかったんだけど、戦力増強しないともう進みようがないので、かなりお高いものの無理して購入。消費エッセンスが125とドでかいのでやりくりが大変ですが、無理して1体の召喚に成功しました。さらにここでは魔法系スキルも結構な上位の物が買えます。特にAura系スキルは必須。前も言ったけれど敵からのダメージや難易度が、Auraを張る事前提に調整されているようで、Healing Auraは常に出した上で回復魔法も併用していないと間に合わないくらいの攻撃に晒されます。Group Heal単体使用では全然回復が間に合わず死ぬというパターンが何度もありました。スキルのレベルもできるだけ上げておきましょう。

これでなんとかなるかとKyshakkを先頭に立てての実践へ。しかし使ってみて分かったのですが、このKyshakkはどちらかというと補助系クリーチャーですね。HPは召喚した段階でも500オーバーと非常に高く、今の軍団が200そこそこなのを考えると圧倒的な硬さの壁になってくれるのですが、どうも回避率や耐性は低めのようで、こちらが食らうダメージがかなり多目。相手の上級クラスと事を構えると見る見るうちに体力が減っていきます。攻撃では追加効果のLightningを持っているのが最大の特徴。

Lightningは散々辛酸を舐めさせられているPoisonやAcidの上位に位置する状態異常で、食らったが最後、毎ターンを通常攻撃以上、70-80くらいのダメージを食らい続けてしまうという鬼スキルです。Magic耐性を持っていない相手なら、一発撃って放っておけば自動的に勝ちが転がり込むという非常に強力なスキル。これは大逆転きたかと思いきやだがしかし、その分なのか一発一発の直接ダメージが上級クリーチャーとしては相当に低めに抑えられており、先手必勝という戦い方ができなくなっています。粘れば勝てるのだけれども、今はその1ターン2ターンの間に数を減らせられないとしんどい状態になっているので、強いは強いけれど今求めているものとは微妙にズレがあるなあという状態です。そもそもなんでランク3のクリーチャーを飛ばしてるんだと。大逆転とまではいきませんが、とりあえずはパワーアップできたので、これでなんとか頑張っていきます。
[ 2019/11/26 10:16 ] Geneforge 5 | TB(0) | CM(0)

希望と絶望の新エリアへ

divinity002403.jpg
Dark Roadでは1ターンしないうちにこの状況。不可能だ。

Gneforge5はRawlからのメインクエストらしき物がなっともならん状況。現在の戦力ではDark Road攻略は物理的に無理という結論になりました。主力がCryaで上級クリーチャーの相手は無理だって。相手が1体であれば、こちらの総力を結集して、なんとかなる可能性がありますが、今回は普通に3,4体以上のパックとの戦いになるので、やっぱり無理です。ここまで無理だともはや攻略仕方どうこうの手前からゼロベースで考え直すしかあるまい。ジョースター卿の教えで言う所の、逆に考えるんだって奴です。このクエストはクリアしなくていいやと考えるんだ。



divinity002404.jpg
現在の状況。赤エリアは攻略不可能、てか多いよ。

そういうわけで狙いを変えて今の力で通じそうなクエストを探すことに。2人目にあったCouncilである、Astoriaさん暗殺襲撃事件の方を進めておりました。Astoria統治エリアの辺境、Rebelが溢れている地域へのゲートを警備している者が、彼女のクリーチャー融和方針に反逆をして、彼女を亡き者にしようとたくらんでいたのがその真相でした。

このエリアでは警備用のゴーレムが巡回しており、その強さは案の定というか、見つかってしまうとなす術もなく一方的に殺されてしまうという具合。今作は一事が万事こんな感じなので、とりあえず進めえるところまではやってみるかという気持ちで、ゴーレムの巡回を潜り抜けていきました。前作からもだけど、こういうステルスミッションはお供をぞろぞろ連れて歩くShaperビルドには非常にきついものがあります。もうちょっと巡回ペースの忖度をしてくれないかなあ。今回もそんな感じでリセット→ロードの嵐が吹き荒れるのかと思っていたら、潜り抜けた先にはまだ稼働前のゴーレムが数体。コントロールパネルをいじってみると、こいつ・・・動くぞ!



divinity002405.jpg
ゴーレムをお供にバトル。その強さはcryoaの3倍以上。正直ずっと連れ歩きたい。

自分のお供になったゴーレムを連れて、警備用ゴーレムとバトル。味方になったゴーレムも相手のと同じく圧倒的な力を持っており、主人公はせっせと補助魔法を唱えているだけで、警備を撃破し、さらなる奥への侵入が可能となりました。ゴーレムが戦いを終えると自爆してしまったのが心残りですが、今回は逃げるだけじゃなくて戦える進入ミッションとなり、精神的に楽です。エリア最奥では、陰謀の中心であった人物と対決。こちらも現在の戦力でなんとか戦えるレベルでありました。よかった。まともに戦えない相手とばかりやっていたので、なんだか安心できるダンジョンでした。

事件を解決しAstoriaに報告。すると彼女はゲートを通る許可をくれ、さらなる南への旅が可能となりました。Rebelが溢れている次のエリアでは、Councilの一人、Alwanが圧倒的なRebel軍団を前に奮闘をしているらしいです。彼の名前はシリーズを通して出てきていますので、いつも最前線で過酷な戦いを行っている実戦タイプの将です。前回では主人公がRebel側であったので、彼とは敵対関係。最終決戦ではUnboundの解放を阻止すべく本拠地に突撃をかけて、Gretaと主人公のチームの前に敗れ去ったのですが、どうやら生きていたようで、今も最前線で頑張っているようです。

次のエリアは設定を聞く限り、なんかより一層厳しくなるような嫌な予感しかしないので、正直行きたくないな。ただ今のエリアでももはや現在の戦力では通じない相手しか残っていないので、ここは無理をしてでも進むしかありません。街までたどり着ければそろそろ上位クリーチャーが普通に手に入りそうな気もしますし。Draykいないともう無理よ。Draykを、Draykを売って下さい・・・。一縷の望みをかけて、新エリアへと突撃をします。
[ 2019/11/22 09:47 ] Geneforge 5 | TB(0) | CM(0)