FC2ブログ








魔術師探しの旅

divinity002231.jpg
重要な情報

今日も楽しくDivinity Original Sin 2。新エリアでうろうろしているうちにレベルも10を超えてきました。タウンクエストがある作品は町中でも普通に育っていくから楽しいです。もっとも戦闘が全くないわけではなく、いきなり戦闘に巻き込まれたり、地下には怪しげな連中がいて、前のフォートジョイでもあった闘技場がここでもあって戦いになったりと、いたるところで激突も起こったりしています。

一行の成長に合わせて、メインストーリーの方もしっかりとした流れを持ってきました。主人公達は根源の力をさらに強め、またその使い方をより詳しく学ぶために、師となる根源の魔術師を探すというのが現在のメインクエスト。フォートジョイ脱出前に、この人を尋ねろと指示を受けていたリザードさん、根源の魔術師としてマギステルに処刑されかけていた所を助けた所、新しい力を得るのに協力をしてくれました。ここの指示は読み飛ばしていると困るので注意です。実際読み飛ばしていたので危ないところでした。メスを使用すると自分の血がついたメスになるので、それと黒根、儀式の鉢の3つを合成したら、焼却炉に置いて焼けばOKです。

ヴォイドに追い詰められていく神との会話を経て、根源の力を強化するための情報を探す一行。この神も、追い詰められているからなのかちょっと胡散臭さを感じるのですが、まあそのまま神に従うかは後に考えるとして、まずは魔術師達を探していきましょう。目的となる方々の情報は色々な所から手に入りますが、やはり手に入りやすいのは根源の魔術師を狩ろうとしているマギステルから。彼らの地下牢や書棚を漁っていたら、まさに目的通りのブツを入手することができました。文書はすぐにどこいったか分からなくなるからスクリーンショットに取っておこう。既に知った名前もいくつかありますが、この情報を元に力を求めていくことにします。



divinity002232.jpg
変わり果てたモーダス。強敵。

リストにある魔術師の中で、第一目的としたのはドワーフの魔術師、モーダス。地下の闘技場近くにあったドワーフギルドで、彼がおかしくなってしまったようだという情報を得ていたので、彼からの頼まれごとついでの探索となります。モーガンが拠点としている洞窟方面に近づくと、ヴォイドに憑依されたドワーフとヴォイドモンスターがお出迎え。そういう事ね。完全に敵地と化したエリアでは、ひたすら激戦が繰り返されます。

戦闘は経験値も宝も得るものが多いから歓迎だけど、だんだんと敵が容赦ない強さになってきました。装甲を意識して管理していく必要があり、装甲回復系スキルの重要度がかなり上がっています。装甲回復系スキルは体力回復系に比べると地味で、序盤のうちはわりと無視してもどうにかなるような感じでしたが、体力回復に比べると種類が多いのと複数に同時にかけれてしかも数ターン持続など効果が大きい物が多いので、これを使っていかないと敵からの猛攻に全然耐えられないという状況になりがちです。

このクエストでは洞窟に入ってからが山場、入ってしばらく進むとヴォイドモンスターに捕まり、全員が洞窟中に分散された状態で配置されてしまいます。最初はみんなで歩いて集合するのかと思ったけれど、敵の強さはこちら一人用に調整されている強さではないので、なにがしかの搦め手を使って再集合をかける必要があります。こういう時はやはりピラミッドの出番か。ウェイポイントも普通に使えるようなので、組み合わせて最短距離での集合をかけましょう。

最深部ではモーダスとご対面。彼はヴォイドモンスターにやられたというより、根源の力に魅せられて自らこうなったようで戦闘に。そしてここは道中でも感じていた敵の強さをそのまま引き継いだ、ガチの激戦となりました。最初はなんか弱めの相手だなあと思ったら、モーダスは仲間の死体から根源の力を吸収して変身。とんでもない攻撃力でパーティーを全滅寸前に追い込んでくれます。相手が使ってくる腐敗がきついですね。これをくらうと回復魔法でダメージを食らってしまうため、ピンチになっても回復もできずに状況によっては死ぬしかなくなってしまいます。治療スキルは少ないながらもあるのだけれど、この作品はどのスキルもCDが長めなので回転が間に合いません。きついわあ。ここは先ほど言ったような装甲回復でなんとかしのぐのがいいんじゃないでしょうか。
今後で何かいいスキルが手に入ればいいんだけど。



divinity002233.jpg
根源の魔術師の一人、ハンナグ。

さらに北へ探索を続けていくと、今度はマギステルに追われている魔術師を発見。マギステル達にも協力を依頼されますが、そこはそれ、恨みはあれど協力する義理はまったくないわけでそのまま行方不明になってもらいます。彼女、ハンナグは助けた一行に感謝はしてくれるものの、根源の魔法はまだ信用が足りず教えてもらえません。彼女の弟子がブラックピットという地域にいて、マギステルの手入れを受けているそうなので、弟子を助けたらという話になりました。うん、分かり易い話じゃないか。この作品はクエストがかなり凝っているものが多く、凝りすぎていてどう手を付けたらいいのかすら分からないものも結構あるので、こういうのは楽だなと感じてしまいます。最も行った先でまた二転三転する展開になるパターンも多いのだけれども。

ブラックピットはマップ南東。こちらは西からドワーフを攻略して少しずつマップを埋めて行っている状態なので、まだまだこれからですね。探索しレベルを上げつつ手を伸ばしてみようと思います。
スポンサーサイト
[ 2019/04/18 07:45 ] Divinity Original Sin 2 | TB(0) | CM(0)

襲撃を生き延びる

divinity002228.jpg
ダリス、おそらく物語の根幹に関わる相手

前回のミッションで無事アレクサンダーを倒し、彼の船こと、レディ・ベンジャンス号へと乗り移る一行。ガレス達は損害を出しながらも船を制圧しており、抵抗はありません。ただこの船はエルフのライブウッドでできている、生命を持った船であるらしく、それを動かすための方法を探すことになります。ここで新たに登場した、シーカーに手を貸している謎の女性、マラディに話をきいたりしつつ、船内を探索して動かす方法を探っていきましょう。死体の中の冊子とアレクサンダーの持ち物が鍵になっています。

あと船内には保管庫があり、今後は手持ちのアイテムをクリックすると、アイテム欄から直接ここの保管庫に送るという選択肢が出てきます。持ち切れない物や、いらない書物などの整理が捗りますね。便利システム。さらに船内にはリスペックができる鏡もあります。どんと目立つように置かれている神秘的な鏡を使用すると、スタート時のキャラクター作成画面に似た画面から、外観からステータス、特技まで全てを設定し直しができてしまいます。さらに使用コストや回数制限もなく、いつでも何度でも使用可能といういたせりつくせりぶり。ロード画面で職業変更はいつでもできると言われていたのはこれだったのか。この先勝てない相手に出会った時や、ビルドに失敗したと思った時にはここのお世話になることでしょう。こんな便利機能が揃っているということは、今後はここが拠点になるみたいですね。

そうして新たな機能と船を手にいれて、新天地へ意気揚々と出航!・・・しはじめた途端、敵襲を受けました。相手はアレクサンダー主教の補佐として働いているダリスという女性マギステルと怪しいフードの男。文書等でちょこちょこでてたフリードマンがこいつ? 彼女達は根源に関わる何かの力を狙っているらしく、主人公達は邪魔者扱いで、ここで亡き者にしようと狙ってきます。言動から察するに、こちらもアレクサンダーも知らない裏事情に通じているようで、アレクサンダーは傀儡、こちらが真の敵という感じかな。



divinity002229.jpg
マラディを守る。きついです。

戦力は相手が圧倒的でここは逃げ出すことに。マラディが術を発動するまでの間、彼女を守りつつ時間を稼ぎましょう。とは言ってもこの作品はZOCが無いから、守ろうにもなかなか厳しいぞ。近接キャラクターの近くを通ると攻撃を加えられるけど、そのまま走り去られてしまいます。さらに敵もかなり強めになっており、マラディが狙われだすとあっという間に沈められてしまうので注意。最初は全員が分散しているので、早めに彼女を守れる位置に集合、範囲系の装甲回復魔法などが彼女にもかかるようにしながら戦っていきます。数少ないテレポートは相手を遠くに放り投げて時間を稼ぐ目的で使うのがいいんじゃないでしょうか。

マラディの力で船ごと異空間に飛び込み、なんとか難を逃れた一行、新しいエリアに到着して冒険を続けていきます。ここもまたまずは大きめの街があり、タウンクエストやその外へのクエストへと、自由に探索を楽しめそう。こちらではヴォイドの影響力がますます強くなっており、港で上がる魚は大半がヴィイドに汚染されていて食用にならないようなもの。さらにヴォイドウォークンの怪物たちも辺りをうろうろしていたり、郊外で人々を襲ったりとしています。



divinity002230.jpg
箱から声をかけられる。この近くに転送ピラミッドが。

街のクエストではマギステルを暗殺して回っている者がいるらしく、その操作でピリピリしています。この一行もけっこう目撃者がいないときはけっこうやっちゃっているわけですが、ひとまず操作に協力してみます。そんな中で容疑者の濡れぎぬを着せられた人を救出するクエストが。クエスト自体はサブクエストの一つというところですが、彼が隠れていた樽の近くに転送ピラミッドを発見しました。これは前作でも大活躍だったアイテムです!テレポート等では一人ずつしか移動ができず、範囲も決まっているところを、このアイテムならば離れた場所にあるピラミッドへパーティーまるごとのテレポートができるようになります。一人だけでトラップ地帯を抜けたり、崖の向こうなどにテレポートさせた後、ピラミッドでその先に全員集合など、取れるルートが大幅に増える超便利グッズなのでぜひとも入手しておきましょう。

ちなみにクエストはというと、このピラミッドでテレポートさせりゃあ楽勝やんけと、郊外の安全地帯にピラミッドを設置してテレポートをした所、容疑者の彼だけがテレポートできずに走りながら移動し、途中マギステルに惨殺されるという結末になりました。大人しくみんなで走って脱出をしましょう。港の海際を南西に逃げるようにすると目撃者も少なくいい感じです。このルートなら途中マギステルに見つかっても、他の部隊にリンクせずに倒して脱出も可能です。

あとこの街では新エリアだけに、扱っているスキル本もランクが上がったものが増えてきました。多種多様の攻撃呪文はもちろん、追加のテレポート、さらにフェニックスダイブやタクティカルリトリートなどの本人移動系のスキルも購入できるようになり、パーティーは一気に戦力アップ。色々な技が試せて戦闘が面白くて仕方がありません。町のクエストを楽しんだ後は野外に出て大暴れしてこようと思います。楽しいわー

[ 2019/04/11 05:25 ] Divinity Original Sin 2 | TB(0) | CM(0)

いきなり決戦

divinity002225.jpg
シュリーカー。近づいた相手は死ぬ能力。エターナルフォース。

僅かしかプレイできないながらも、こつこつじわじわと進めております。島からの脱出を考えている一団と合流して、さらなる情報収集にいそしむ一行。ここらからスキル本などを、まとまった種類と量を売ってくれるNPCが増えてきました。あいかわらず金欠ではありますが、安めで使えるスキルに狙いを定めてパーティーの強化中。あと傷ついている人たちにヒールを掛けてあげたら、それだけで経験値やお宝がもらえたりと、ちょっとお得なイベントもあって大分楽になってきました。

スキルはやっぱり最初は炎が強め、ファイアボールは範囲がかなり広めで、一発で周囲を焼き払う事ができるので大変便利。ファイアダガーの方も威力は控えめながら、細かいのを3発に分けて飛ばせるので、味方を避けながら狙ったところに点火したり、全弾集中して当てたりと色々な使い方ができて大変便利。あと土系魔法のスキルは攻撃範囲の地面をオイル化できるので、火炎の中に打ち込んで即点火のコンボが強力です。まずはこの2属性を伸ばし、使い手を増やしていくのがよさそうかな。風は必殺のテレポートとライトニングがシンプルながら長射程で高威力、スタン効果もありでいい感じ。水は攻撃面は物足りず、回復スキルは有用なので回復主力ですね。ちなみに物理はいまのところ、近接、遠距離ともにかなり地味。こちらは装備で威力が左右されるので、いい装備が手に入らないことにはなかなか厳しいですね。

ようやく避難所にたどり着いたものの、反乱部隊ことシーカーのリーダー、ガレスは不在。残っていた人に聞いたところによると、脱出するための船の停泊所など、マギステル側の要所にある守りが問題になっているようです。シュリーカーとよばれるそれは、根源の力を使って作られた人工の怪物で、近づいた物の魂を問答無用で吸い取り奪ってしまう能力を持ち、おまけに通常の攻撃では倒す事ができない不死性まで兼ね備えているとか。何そのチート。ガレスはそれらシュリーカーを倒す武器を、ブラッカスレックスの古代の武器庫から手に入れようと探索に出て、そのまま消息不明になっているらしく、彼を助けに行って武器を手に入れるのがミッションとなります。


divinity002224.jpg
対シュリーカー装備を入手

武器庫や船がある方面に向かっていくと、数体のシュリーカーが設置されているのが目にはいります。近づくと死ぬので、道を避けて安全に入れる所から武器庫を探索して武器を手に入れましょう。シュリーカーを倒すのは無理でも、どうもテレポートスキルやステルスを使って強行突破もできるっぽいですね。どれだけ自由度高いんだ。そんなわけで武器が手に入らなかったら最後の手段が残っている事を確認しつつも、やはり探索で手に入るであろうアイテムや経験値が欲しいわけで、せっせと探索に向かいます。

数時間の探索の中で、マギステルに囲まれていたガレス君を救出。そしてこれが噂の対シュリーカー武器です。武器にはときどきこのように武器固有のスキルが付いていることがあり、このパージスキルを使うことでシュリーカーの根源を抜き取り、倒す事ができるようになるわけです。これはチャージ数がついており、4回しか使えないのがかなり気になる所ではありますが・・・どこかで補充できるのかな。大事に使おう。



divinity002226.jpg
序盤だけど大決戦

シュリーカーの防御を突破する準備が整ったら、シーカーの仲間達と船の奪取作戦に入ります。作戦は主人公達が港で陽動攻撃
。その隙にシーカー達が船を奪うという物で、実質別行動だけど危険度はどちらも同じくらいか。シーカーの射程距離外からパージのスキルを使い、港の中へと踊り込みます。

港にいたのはマギステル達が主教と崇めるアレクサンダーとその護衛。相手の親玉といきなりの対峙です。彼は主人公達、根源を持つものが力を行使する事でボイドを呼び寄せるのだと主張して、自分たちが行っている根源の魔術師狩りの正しさを説きます。そうすれば世界が平和になるのだと。彼としてはヴォイド発生の影響と世界の事を考えており、ただの尊大な狂人ではないような様子ではありますが、それでも、ただで殺されるわけにはいきません。ここは反抗、戦いで白黒つけることにしました。

ここの場所は港ということで、結構な段差があります。やっぱり相手側、アレクサンダーの護衛の方が最初から高所を取っているので、こちらは不利なスタートになりますが、少し引いたりして、相手を射程外にするなどしてうまく場所取りをしながら進めていきましょう。そうしてアレクサンダー達と死闘を繰り広げている中で、突然地面から鳴り響く轟音、その直後、巨大なワームが地面から飛び出してきました。ヴォイドの怪物です!

根源の力がヴォイドを呼び寄せてしまうのは本当の事なのか。争いどころじゃないなと思いましたが、アレクサンダーはヴォイドに攻撃をしながらも、こちらに対する攻撃も止めようとしません。そっちがその気ならこちらもだ。どちらもまとめてかかってこいや。こういう時の作戦としてはやはり漁夫の利を狙うのがよいでしょう。誰かの攻撃で装甲が削れたり、弱ったりした相手に集中攻撃を加えて、効率的にダメージを与えていきます。特に後からきたワームは元気な場合が多いので、うまくマギステル達に攻撃をしてもらうようにしましょう。そうはいいつつもなかなかうまく誘導はできないのですが。

最終的に戦いを制したのは主人公一行。よかった。いきなり三つ巴の大混戦、大決戦となりましたが、これで無事島を脱出できそうです。次はどんな舞台がまっているのか、準備を整え、仲間達が奪取しているであろう船へと向かうことにします。
[ 2019/04/06 09:42 ] Divinity Original Sin 2 | TB(0) | CM(0)

寄り道道中

divinity002221.jpg
城塞内で大暴れ

おぞましい人体実験が行われていた城の地下牢獄、主のマッドサイエンティスト的な人を倒し、地下の下水から別エリアへ続くフィールドへと脱出する事ができました。それとは別に地下水路に船もあって、マギステルの中の反乱分子とうまく繋がる事でそちらからも脱出ができたのだけど、脱出前に城塞内も含めてあちこち見て回り、別の場所でも捕えられた人たちに非道の限りを尽くしていたマギステルと戦ったりなどしていたら、船が消えて置いてけぼりにされてしまったので徒歩での野外探索となります。寄り道プレイをするタイプなので時々こういう事があります。城塞内で戦っている時に思ったのですが、普通に戦いながら城塞を突破しても同じようにストーリーが進むと思います。敵はステルスで避けないと絶対無理というような強さでもありませんから、腕に覚えがある人は突破もいいですね。ほんとどんなやり方でもできるようになってるなあ。



divinity002222.jpg
城塞脇から脱出し新天地へ

あと地下牢の主からは、死体の顔剥ぎセットとマスクを手に入れる事ができました。アンデッドのフェインが探していた奴ですね。サブキャラクター達にもそれぞれ長めのイベントとクエストが用意されており、そちらも楽しんでいきたいところなのですが、アンデッドは回復魔法でダメージを受ける特性があるのでけっこうキツイです。一応毒で回復をするのだけど、この作品の毒って燃えるんですよね。回復しようと毒沼にダイブしたところで引火爆死というパターンが頻繁に起こったので、他メンバーに交代してもらいました。彼もいいキャラをしているのですが、今回入れたメンバーのサブストーリーを楽しむ事にしよう。

これまで助けた人たちからの情報によると、マギステルに反逆し島から脱出をしようとしている人が集まっている隠れ家があるみたいですね。場所も教えてもらったので、そちらに向かい探索をしながら移動中。島には古代の暴君ブラッカスレックスの遺構がいくつも残されており、それにあわせて探索場所やお宝も多数。彼は前作でも既に死後になっていたというのに、悪評がそこら中に残っていたり、アンデッドになって襲い掛かってきたりと暴君っぷりを遺憾なく発揮してプレーヤーを苦しめてくれましたが、今回もいろいろやらかしてくれているようです。迷惑な人だ。歩いているとなにやら燃えたままで生きている豚さんが多数いたりと、よくわからない風景も見うけられます。そういえば動物との会話スキルを取っていませんでした。会話できれば解決の糸口が見えてくるのかもしれません。次にポイントを貰ったら試してみるかな。


divinity002223.jpg
ボイドに襲われる。多いよ!

途中、突然発生したボイドの集団に襲われる一行。いきなり5,6体に囲まれて、おまけに次から次に湧いてくるので負けイベントかと思ってのだけど、有限なのと一体一体は装甲も少なくてあっさり倒せるくらいの強さだったので、ちょっと危ないところもあったけれど撃退に成功。今回も転送系スキルは重宝しますね。前回手に入れたテレポートの小手のおかげで、戦闘面でも大分と楽になりました。敵同士をぶつけて集めたり、油樽をぶつけて点火させたりと、取れる戦法の幅が一気に広がります。これは使い手を増やしておきたいな。

今の所はレッドプリンスが近接物理担当、主人公が弓系、ビーストとローズがそれぞれ属性魔法を主力というスタイルで進めています。でもまあ、前作でも便利だからと、戦士タイプにも魔法スキルを何属性か分振って、テレポート系スキルを覚えさせていた記憶がありますし、やはり特化よりもいろいろと副スキルを組み合わせて、その相乗効果で戦っていくのがよさそうな感じです。今回から追加された物もあり、自分の体を作り変えて戦う多形術スキルはどのスタイルでもうまく組み合わせられそうで気になりますね。スキル習得は縛りが緩めで、対応する属性スキルに必要値さえ振っていれば誰でも使えるようになるので、いろいろと試していこうと思います。
[ 2019/04/01 08:51 ] Divinity Original Sin 2 | TB(0) | CM(0)

大脱走

divinity002218.jpg
人助けついでに高値で売れるブツを入手

フォートジョイの町らしき所にたどり着いて、そこを拠点に楽しく過ごしています。ここは同じような首輪をつけた囚人達が、マギステルの監視の下で過ごしている場所で、町というよりも収容所といった方が適切なような場所ではあります。それでもトレードができる相手が一気に増えたのは大助かり、拾った物を換金したり物々交換で最低限の装備を整える事ができて、一気に楽になりました。さすがに尖った石を付けた棒で戦うのは厳しかったぜ。

町の中はクエストも沢山、前作と同じくシティアドベンチャー的な要素も十分にあり、クエストによってはほとんど戦闘無しで終わるようなものもありますので、いろんな人の話を聞いたりあちこち歩いているうちにレベルが上がったりもします。クエストの自由度も高く、解決方法も何通りも用意されているような手ごたえで、自分の判断でもってあれこれ解決していくのが楽しいですね。囚人を暴力で束ねている顔役ギャング的な者がおり、彼からオレンジがなくなったとの話を受けて、容疑者とされて捕らえられているエルフを助けるためにも調査を行って、最後にやっぱり決裂し、結局力で解決したりという展開で進めています。そのおかげで装備も手に入り、町も平和になりと結果オーライなのでそのまま進行。あとオレンジの中に入っていた怪しい草が高価で、装備を整えるいい資金源になってくれました。



divinity002219.jpg
とっ捕まる

町で脱出計画を持ち掛けられた男の頼みを聞き、テレポートのスキルが使える転送グローブも入手。脱出計画自体は最後にハメられて自分だけ脱出できずという結果に終わったものの、テレポートのスキルが手に入ったので気分は上々。普通にはいけない高い所や崖の向こうなどにまで探索の手を伸ばします。飛んだ先にきちんといい物が隠されたりしているんだこれが。パーティーはポートレート表示の所でチェーンで繋がっているかいないかを選択して、一人で忍んでの行動もなんかもできますから、仲間に飛ばしてもらった後に隠密行動を取ってという方法で、城砦の中も探っていきます。脱出の為にはどっちにしてもこちらを攻略しないとダメみたいですね。

そうしているうちに、首輪を外してくれる人も発見。主人公は特別な存在であるようで、何やら勝手に認めてくれて無償で外してくれました。自由になってあとアミュレットも装備できるようになったのは嬉しいんだけど、首輪をつけずにうろうろしていたらマギステルに見咎められて、牢屋にぶちこまれるハメに。今度は大脱走の始まりです。次に何がおこるかわからない展開だ。序盤からこんなところに行っても大丈夫なのかという所にも行けるし、それで普通に進行していくのが面白いですね。

出た後には近くにウェイポイントが用意されているので、その後の脱出や再集合は簡単に行えます。なお見つけたウェイポイントの使用は魔法やアイテムの必要もなく、ESCメニューからもいつでもできるようになっており、非常に便利。いつでもこんなのできるようにしておいて進行フラグにバグが起こらないかと心配になるくらいですが、遊びやすさをきちんと考えていてうれしくなります。そうそう、高難易度と遊びにくさは違うんだよ。



divinity002220.jpg
肉の人形と化したマギステル

脱走もして一安心かと思ったら、その後も首輪をしていないのが見つかると逮捕をされる事に。そうきたか。何回かは見つからないように過ごしたり牢に連れていかれたりしましたが、だんだんきつくなってきたので目撃者がいない場合は消えてもらうことに決定。悪の道を進んでいきます。まあ向こうも向こうで人を勝手に捕えたりをしてますし。

話を進めていくと、ここから脱出をする為に牢屋から鍵のかかった扉を抜けて、城砦の地下深くへと進んでいく事になるのですが、その地下ではさらにショッキングな出来事が起こっていました。階段を抜けた先にいきなり番兵がおり、すわ戦闘かと身構えたのですが、番兵はこちらに反応するそぶりもみせません。近づいてみると生気のない目に、口もとに虫が見えたりもしており、人間としての生命は完全に消え失せている様子。どうやら根源を使った人体実験もしているみたいです。ひどい教団だ。主人公の目的としてはまずはここから脱出なわけですが、この教団と上層部で指示をしている者の裏にも何かがあり、ストーリーに絡んでいるっぽい雰囲気ですね。手紙やメモもきちんとチェックしながら、謎を探っていきます。
[ 2019/03/29 06:46 ] Divinity Original Sin 2 | TB(0) | CM(0)