fc2ブログ








西部を快進撃

divinity003400.jpg
神木の根を焼いていく。熱くて死ぬぜ。

暑い。ほんと洒落にならん。7月突入前だというのに既に夏バテの症状が出てきています。そんな状態で体が欲しがっているのか、自然と夏バテに効きそうな食べ物が欲しくなる自分がいます。

最近はショウガが旨くてたまらず、結構な頻度と量をばくばくと食べています。特に岩下の新ショウガの酸味と刺激、それにバリザクの歯ごたえがたまらないんですわ。

あとそれを使った発展系として、もとからショウガを使う料理を作るときに、調味料としての量のショウガを岩下の新ショウガ1パックに置き換えるとさらに暴力的なまでに食欲マックスになります。ショウガと肉が半々の豚生姜焼きとか、ごはんとビールが瞬く間になくなりますぜ。

ただこれはすげー体に悪いような気がしないでもありません。ネットでよくみる画像で、牛丼屋で紅ショウガを山盛りにして食べる男の漫画がありますが、あの食べてみればわかるという台詞が普通に理解できるほどに中毒近い症状になっています。

なんかストレスが溜まっているとこういう刺激の強い食い物にハマるという話もあるので、ひょっとしたら夏バテじゃなくて普通に仕事のストレスのせいでこうなっているのかもしれませんけど。とりあえず死なない程度に食していくことにします。



divinity003402.jpg
順調にパワーアップ中。あとこの主人公は毒無効。

さてWeird Westの方はというと、こちらもショウガパワーもあってかそれなり順調に続けていけています。ピッグマン主人公の目的は、オープニングであった通りに魔女に利用された哀れな神木の命を絶って解放する事。

その根が世界のあちこちにあり、それを探っていく事になります。なんかどの根も数日の旅をしてたどり着く範囲に散らばっていてえらくスケールがでかいですが、そこはまあ神木という事で人知を超えた物になっているのでしょう。

それらの根はお約束として深いダンジョンや敵が大量にいるその奥にありますので、相棒ジェーンの力も借りて障害をかいくぐっていきます。主人公級が複数いると大抵の敵はかなり余裕になってきますねえ。人外系だけはステルスが効かないのが多い上に、単体の性能も半端じゃないので危険ですが。

ちなみにこのピッグマンは特性として毒無効を持っています。使うスキルも毒系の物が多く、毒が効く相手ならばどんな強敵であってもこの特性によって押し切れます。まあ人外系の強敵クラスだと毒が効かないのが多いので、結局苦労してしまう事が多いのだけど、いざという時のために覚えておいて損はないでしょう。

見つけた根っこは物理的に燃やしたらクエストクリア。大抵は近くに火薬樽などが用意されていますから、それを運んで行って破壊してやれば一丁上がりとなります。敵との戦いで使ってしまってないという場合はダイナマイトでも投げてやりましょう。



divinity003401.jpg


さらに冒険を進めていくと、主人公をピッグマンに変えた魔女本人との対決に。こいつがまたこれまでの敵とくらべものにならないくらいに強い相手でした。今までボスらしいボスに出会ってなかったけれど、いよいよ戦闘も本格化してきたという所か。

主人公が狙われるとあっという間に殺されかねないくらいの攻撃力なので、仲間達の影から確実に隙を突いての攻撃を加えていくのがよさそう。包帯も多めに持って、すぐ使えるように準備をしておかねば。

戦いが終わると、魔女は死にぎわに主人公が探していた女性の居場所を明かします。そうそう、このシナリオの主人公はピッグマンになる過程の中で人間時の記憶を一部失っていて、唯一の手がかりとなる女性、セシリアをずっと探していたのですよね。ただ戦いの前の魔女との会話によると、どうもそのセシリアが裏切った事で主人公がこうなったっぽいです。

何があったんだろう。とうとう謎が解けそうだし、そうなるとこのシナリオもそろそろ終わりが近いという所でしょうか。ステータス画面から見ると主人公は全部で5人いるようなので、まだまだ中盤の模様。この調子で進めていきます。
スポンサーサイト



[ 2022/06/29 22:46 ] Weird West | TB(0) | CM(0)

修行の館で復活

divinity003397.jpg
ここ修行の館に入り浸っています。

なんか6月だというのにいきなり猛暑日がきましたな。冷たいものを飲みすぎて腹痛で苦しむという夏あるあるをやってしまいましたわ。今年の夏もまた暑くなりそうだ。冗談抜きでエアコンがないと命に関わるような気候になってきています。

家の中や日陰にいても、エアコンなしだと普通に熱中症で倒れるなんてニュースも日常茶飯事だし、そろそろ人類は地下に住まないといけないのではないだろうか。ディストピア系近未来がすぐそこまで来ている気がします。

そんな暑さに苦しみながらMight and Magic 9も続けています。だがこっちもこっちで前回からずっと苦しい展開になっており、何度も言っているけれどもなんせ敵影が薄くて倒せる敵を探し求めるのが非常にしんどいままで過ごしています。

一応今回からの変更として、キャンプに必要な食糧制度がなくなったので、敵さえいなければいくらでもキャンプをして回復や時間を進める事ができるのと、あわせて年齢制度もなくなったので好きなだけ時間を進めて敵の復活をさせる事ができるという救済策があります。

ただそれでも敵の復活までには相当な時間がかかるというわけでなかなか焼石に水。そんなもはや詰んだかという状況の中、修行の館というその名の通り修行をするためのダンジョンがあるという話を聞き、一行は最後の希望を託してその場所へ飛んだのでした。



divinity003399.jpg
見にくいけど、水中にいる敵を一方的に叩けてしまいます。

この場所の敵ランクは異常なまでに高く、マトモに戦うと敵1体を倒すことすらできずに全滅するレベル。修行以前の問題じゃないかとわずかな希望にすがるプレーヤーにトドメを刺すかのような難易度なのですが、そこは修行の館。何かと修行のための救済策があります。

まずスタート地点では、天井の入口から階下にいる敵へ弓矢の射撃が可能。距離が離れている上に間に障害物があるけれど、ずっと射撃ボタンを押し続けて待っていれば時々当たって倒す事ができます。時間はかかるけれど、格上だけに経験値もルートも非常においしい相手。

さらに進んでいくとリザードオークなるなんだかキメラめいた敵に出くわします。こちらも同じくまともにやりあうと1体相手に全滅させられるレベル。

しかしながらここには水のはったプールの上にロープが張られている部屋があり、この場所に逃げ込むと敵は水の中に落っこちて上には上がってこれず、逆にこちらはロープの上から好き放題に攻撃をできるという一方的な戦いが可能になってしまうのです。



divinity003398.jpg
ユニーク剣も入手。1回使うと壊れるハズレ武器でしたが。

これだよ。これを求めていたんだよ。安全な場所から一方的に強敵を撃滅できるシチェーション。修行の館だけにお膳立てされた感はあるものの、これまでがあまりにも辛すぎる展開だったので大喜びで乗っからせてもらう事にします。

この後の部屋にも同じようにリザードオークの団体さんがいたりしますが、全力で逃げてこの部屋まで引いてくればどんな強敵や団体であっても好きなように切り刻む事ができてしまいます。

稲中卓球部で「アンタ勝利の味に飢えてる。しかもただの勝ちじゃねえ、圧勝だ。」という台詞があった記憶がありますが、まさにこれまでの展開と今の気持ちを的確に表しているものと言えるでしょう。そう、俺は圧勝に飢えていたんだよ。

そうして修行の館での修行を続けているうちに、レベル的にも資金的にもかなり余裕が出てきました。いやあ、ずっとこれまでの展開が続いていたら本当に挫折寸前の所でした。希望が芽生えた所でさらなる旅を続けていきます。

[ 2022/06/25 22:34 ] Might and Magic 9 | TB(0) | CM(0)

主人公タッグ結成

divinity003394.jpg
こちらのスキルは持ち越せます。大事。

更新が飛び飛びになりつつある中、Wierd Westをやっております。もう6月も後半で夏が見えてきているという事で、ストア各社から早くもサマーセールの予告などが出てくるようになりました。

夏だなあと思う反面、そういえば去年の夏に買ったソフトでもまだ手が付けれてないのが多数ある事に気が付いたりと、セールは楽しみながら巡る季節の速さに新たに手を出すのを控えねばと反省しています。

この作品も今の自分ならこれだけで半年くらい遊んでもおかしくないなというペースでプレイを続けています。主人公はピッグマンといきなり人外になって戸惑いながらの出発。

主人公が変わった場合は、装備もすべて初期からになってしまうようですね。またスキルのところでも説明がありましたが、金のカードで覚える事ができるパッシブスキル以外は全てリセットされてしまいます。



divinity003395.jpg
前シナリオの主人公と合流。仲間にできますよ。

これからも主人公が何度も変わっていくようですから、金のカードをなるべく重視して集めて有効なスキルを取っていくのがよさそうですね。カードのスキルとしては、多数相手でも一撃必殺となるダイナマイトを優先して取得しております。

ただダイナマイトだと大きい音がすることもあって、初弾は強烈ながらどうしてもそのあと戦闘に入ってしまいがちですので、戦わずに敵を倒せるスキルを優先していった方がいいかもしれません。

そういう考えで今はスニーク移動の速度アップを伸ばしています。ステルスキルをする場合、敵が背後を向いていても、走って背後に迫ろうとすると簡単に気づかれてしまうためにスニーク移動をせざるを得ないというわけで、その速度が上がるスキルが非常に便利なのです。

そんな引き継ぎスキルに助けられながら孤独な戦いを続けていた所、全体マップの左下、先のシナリオの主人公であるジェーンの出発点に金色のマークが付いているのが目に入りました。マップは主人公が変わっても共有になっていますね、距離がかなりあるけれど行ってみるか。

馬もない状態なので結構な長旅になり、途中で獣に襲われたりもしながら命からがらジェーンの農場へと到着。するとそこにはまさに少し前まで自分の手で操っていたジェーンがおり、話しかけてみると彼女はピッグマンに話された事とさらに同じ烙印が体にある事に戸惑いながらも、そのまま仲間になってくれました。



divinity003396.jpg
ジェーンのシナリオで強化した装備がざくざく。楽ちんだ。

前シナリオの主人公が仲間になる、熱い展開だ。さらに装備を見ると彼女は自身のシナリオが終わったときの装備をそのまま持っている事が判明、銀製などの強化した武器をたんまり持っており、今は敵から奪った無印武器を使っている身にとっては非常に大きなパワーアップとなります。

仲間になると武器は1種類しか使えませんから、メインの武器以外は引き継いで使わせてもらいましょう。主人公が変わらなくても、このようにパッシブスキルと仲間に引き入れての装備引き継ぎはできるのを利用していけばどんどん強化していけるという事ですね。

そうして頼りになる仲間を引き込む事に成功したピッグマン、これまで一団を倒すのにも苦労していたならず者達をばったばったと狩り、あっという間に資金面でも困らないようになっていきます。これは気持ちがいいなあ。マップはデジャブが感じるものばかりになっていますが、とにかく戦闘が気持ちいい作品になっています。

油断していると延々と狩りを続けそうになってしまうので、またほどほどにして進めていかねば。旅はまだまだ続きます。
[ 2022/06/23 22:17 ] Weird West | TB(0) | CM(0)

収穫なき日々

divinity003393.jpg
最近はずっとこんな感じ。Chaos ArmorじゃなくてLacquered Plateを落としてくれ。

最近いつも書いている気がするけれど、疲れのせいかゲームができておりません。あと年をとったせいもあるのだろうか、どうも集中力が続かなくなっていますね。

これについては以前にも書いたとおりコーヒーをかなり制限しているのも一因かもしれず、時々薄いのを飲むだけで結構な集中力が生まれたりするのですが、でもまあ飲むとあとで死ぬほど後悔するのでこちらの方向に進むのは自粛しておきたいと思います。

パラディンのごとくオーラをまとって集中力や回復力の補完ができればいいのですがねえ。現実で使えるならConcentrationとMeditationとVigor。この3点のどれかが使えればいろいろ無双できそうで夢が広がるなあと妄想したりしています。Fanaticismなんかもそそるけど、そちらは現実でも纏っていそうなアレな人が多いのでやめておこう。

そんなことを考えながらDiablo2も気分転換にちょこちょことやってはいます。ちなみに前回に新パッチでパラのHoly BoltとFist of Heavensが強くなったらしいという情報を得てパラを育て始めたと書いたわけですが、案の定というかなんというかNor Act3あたりでだんだんとエネルギーが尽きてきて牛歩状態になっています。うむ、やはり集中力が落ちているな。

そうしてふと気が付くと無心でできるコースのトレハンをぐりぐりと回している自分がいます。ピンドルなんかは弱っているときにやると無心を通り越してあっちの世界に行きそうになるくらいにキマりますね。ほんとに虚無なんだけど。

で、それはともかくとして収穫の方はというとなんかもう全然。すぐにNerfだドロップ弄ってるだの言う奴は、自分の運がないのを責任転嫁してるだけの雑魚だなんて思ってた時期が俺にもありましたが、これやっぱドロップ落とされているような気がしますわ。

なんだかんだで発売日から空き期間がありつつも延々とプレイをしているのですが、未だにShaftstopやらSerpentskinといった中級、だけど使えるユニークというものを一回も発見できていません。上級品はともかく、これくらいはもうちょっと落とそうよ。SerpentskinなんかはHellどころかNMメフィを回しているだけでも3つ4つと手に入ったイメージがあるのですが。

変わりになぜかStorm Shieldは5つほど入手しています。というかこれなかなか微妙なんですよね。昔ならともかく、今の時代だとこの性能がしっくりハマるビルドやクラスというものがなかなかなく、使うとしても1枚持っていれば十分かというレベル。ドロップはあるけれど運が嫌な感じに偏っているだけなんだろうか。

こんな感じでなかなか進展がない毎日を過ごしているのですが、それでもこの作品はふとやりたくなる事が多く、まだまだインストールしてプレイを続けていきたい所です。忘れたころに良いものを拾って記事を上げたいな。いいものでろ!
[ 2022/06/18 22:19 ] Diablo2 Resurrected | TB(0) | CM(0)

先の読めない物語

divinity003389.jpg
誰もが闇を持つ世界

弱ってます。近況はちょっとヤマを越えたかと思ったらまた次のヤマがやってくるという状況で弱り切りながらもWierd Westをプレイしています。弱っている中でも一応ニュース関係は覗いており、それによるとペルソナシリーズが3,4,5とゲームパスに来るみたいですね。

ペルソナは最近のはまるでやっていないながらも1,2は好きな作品でしたので、これが来たら楽しんでいきたい所です。ただそんな事をいって4をSteamで購入していながらも、未だに手を付ける事ができていなかったりするわけですが。とにかく休みが欲しいですよ。

本編の方はというと、ジェーンの冒険は確実に進んで夫の救出作戦を進めています。冒頭からとにかく危険な世界であり、旅の所々では話の鍵を握っていそうな如何にも人外の怪しい面々と出会ったり、人を喰うような怪物に襲われたり、そんな人食いの同族が人間の中に溶け込んでいたりと、誰も信用できなくなるような展開が連発。

本当に奇妙な冒険だ。ただこの警察の人はいい人だったので別に成敗するでもなく仲間になってもらう事に。危険な世界の中で仲間の存在は非常に大きく、体力が高めでさらに弾の制限もないという仲間の援護射撃は非常に役に立つ存在。

さらに彼らは主人公が見つからない限りは敵に見つからない扱いになっているので、隠密作戦の邪魔になるような事もありません。使わせる武器も自由に変えられし、特に不利になるような事はないかなと思いますので、仲間は常に最大数を連れ歩くくらいに考えていた方がいいと思います。難易度高くなるとフレンドリーファイアがきつくっぽいですがね。



divinity003390.jpg
辺りは血まみれ死体だらけ。でも生きてる夫。

そうして頼りになる仲間達を引きつれて採石場を利用した敵の拠点へ潜入。内部には人骨や死体から作ったオブジェが積み上がり、当然のごとく人食いの怪物もいてもうなんかどう考えても絶望的な状況。

まあこんな世界だし仕方がないよねと既にあきらめムードでダンジョン奥地へと進んでいくと、死体の山を数百体分くらい超えた先に、崖で周囲から隔離された檻を発見しました。そこに見えるのは夫らしき姿。

周囲の敵を倒して橋をおろし近づいてみると、まさしく攫われた夫が生きてこちらを見ています。これだけ死亡フラグが立っている中で生きてるのはすごいな。

いやまて、他のプレイヤーはともかく俺は油断しないぞ。これは既に魔物に取り込まれていて近づくと敵になって襲い掛かってくるというパターンだろ。スプラッターハウスをやっていた歴戦の勇士にはそんな罠は通用しないんだぜ。

などとワカっている感を醸し出しながら油断せず近づいて話しかけると、夫は正真正銘の夫であり普通に生きておりました。まさかボス戦もなく裏の裏を突いてくるとは、というかこの夫やっぱりすごいな。どんな剛運の持ち主なんだ。



divinity003392.jpg
続いて第二幕。主人公は豚男。

読めない展開に戸惑いながらも、ここでジェーンの旅は終了。冒険で行った判断のリザルト画面が表示されると、怪しい男たちが集まるカットシーンから次のチャプターが始まります。

スタートすると次の主人公はいきなり魔女に捉えられており、怪しい儀式によって豚の頭を持つ人型の怪物、ピッグマンへと変えられてしまいました。ピッグマンのクラレンス、こいつが次の主人公です。ううむ、すごいのを主人公にしてきたな。

開始早々、主人公をピッグマンにするために魔女に使われた魂の木に、自分を殺してくれと頼まれる事になりました。各地に離れて散らばっているこの木の根を焼いていくのが今回の冒険の目的になるようです。目的は分かりやすいけど、今回も話の展開はそうは単純には運ばないのだろうか。ストーリーも気になる中でさらに旅を続けていきます。

[ 2022/06/16 22:57 ] Weird West | TB(0) | CM(0)