FC2ブログ








Tyranny その8

divinity002113.jpg
新たな力の発動

ケインの周囲で行われている儀式を阻止するための戦い。ディスフェイバードとアースシェイカーを下して儀式を止めると、元から瀕死だったケインはそのままお亡くなりになりました。そして彼の躯の脇にそびえるスパイアも入手。これで5本すべてのスパイアが主人公の手に入ったことになります。

これでスパイアに建設できる施設も全て作ったし、あとはぞんぶんに引きこもって研究と自動生成アイテムで荒稼ぎを楽しもうかなと思っていた矢先、急報がはいります。ディスフェイバードの軍団が、スパイアの一本に攻め込もうとしていると。なるほど、ここから陣取り的なストーリー展開が始まるのかな。

スパイア間ワープを使って攻められているスパイアの頂上に移動。さてこれからどうするかと下界を気にしながらあたりを見回すと、5本全てが目覚めた効果なのか、いつもと違う雰囲気が中央の装置から流れています。試しに触ってみると体に流れ込む不思議な力。その力の使い方についての解説は何もないながら、主人公は本能と感覚の中で、「布告」が発動できそうな予感を感じ取りました。

試しに眼下のディスフェイバードの軍団に向かって力を解き放ってみると・・・布告が発動!カイロスしか扱えないはずの布告が、どういう原理か主人公が発動できてしまいました。相手のディスフェイバードはもちろん、仲間たちも恐れ驚きの目を主人公に見せます。これは下克上がきたか!?



divinity002114.jpg
戦況は激変

布告で混乱し弱ったディスフェイバードを難なく撃退した一行。困難を制したのもつかの間、すぐに裁定者チュノンからの呼び出しの書状が届きました。内戦をやった上に布告まで発動したので、呼び出しが来るのは至極当然。立ち回りを少しでも間違えれば処刑コースも十分にあり得ます。ここは筋力ではなく知力が物を言う頭脳戦になりますね。私の弁護士並と呼ばれるほどの、匠のロジックテクを駆使します。当時は心神喪失状態だったんで~。



divinity002115.jpg

弁論の結果、チュノンからの裁決は「無罪」 ええっ!?無罪を勝ち取った本人が一番びっくりだよ。チュノンの中ではなにやら葛藤があったようですが、これまでの態度からすると、どう言い訳しても冷酷に処刑をしてきそうな人でしたから、突然の変遷に呆然としてしまいました。それどころかチュノンは主人公の下で法の番人として働く事を誓ってくれます。なんだこの人は。法に厳格すぎるゆえ、自分の中で理論が合ってしまった場合に一瞬で変わり身してしまうのか、元からメンタルが弱い人なのか。



divinity002116.jpg
暗殺されてなるものか

ひとまず無罪放免になったことで心が軽くなり、スキップしながら帰ろうとした時、今度は影のアルコン、ブレーデンマークが現れました。こちらも無罪になーれと祈りながら弁護をしてみますが、今回はこちらの弁護も実を結ばず、彼から下された判決は死刑。殺されてたまるかとこのまま戦闘に突入します。カイロスの法に背く者に対しての、暗殺者としての役目を持つブレーデンマーク。その役割の通り、影を用いた特異なスキルを使って一行を翻弄してきます。ワープ移動やシャドウ召喚なんかで陣形を保つのが難しいので、こちらも移動関係か防御系のスキルを取っておくのがいいですね。今作は、このタイプのRPGで主流な6人パーティー制ではなく、4人パーティーなので、防御完全無視で攻撃特化の後衛というビルドをする事はあまり無いとは思いますが、守りを意識しながら頑張っていきましょう。

ブレーデンマークを下し、アルコン二人に対する決着をつけた一行。なんか急に進行が速くなった気がするな。続いてディスフェイバードとも決着を着けに行きます。別にボイスオブネラットに対する忠誠心はかけらもないので、話し合いで済むならそれに越したことは無いのだけれども、布告まで使って敵軍を撃退してしまった今、おそらく激突以外に決着は無いでしょう。グレイブンアッシュの元へとむかうことにします。

スポンサーサイト
[ 2018/10/19 19:48 ] Tyranny | TB(0) | CM(0)

Tyranny その7

divinity002110.jpg

Tyrannyは緩慢ながらも確実に進行中。ボイスオブネラットとどこかで手を切りたいなあと思いながらも、選択肢では、「では死ね」などと言いながらいきなり攻撃する等、最終手段に訴える選択肢ばかりが出るので、そこまでするほどじゃないかなと保留。そしてこのクエストくらいならいいかなと仕事に出るという、DV夫と手を切れない共依存妻みたいな状態になっています。

そうして今回はアルコンであるケインの討伐へ。彼は大帝の石の布告を受けて瀕死の状態、ただそれでも強大な力をもつアルコンだけあって瀕死ながらもなんとか生き延びており、そこにディスフェイバードが何らかの支援をしようと集まっているらしいです。石の布告の解除条件はケインの死であり、彼が生きている限り大地に被害が生まれ続けるという状態になっているので、前回の嵐の布告と同じく、どちらを犠牲にするかという選択にになりそう。もっとも、前回と違ってそこまで逡巡するような事情は、今の所こちらにはありませんけどね。

石の布告で地割れや崖だらけになった地域を探索。農民は農作物が取れず、どこの地域も壊滅寸前。どの布告もはた迷惑な事この上ありません。



divinity002111.jpg
スパイアで研究を進める

ここにはスパイアもあるので、そこも目的地の一つに。スパイアは全部で5か所、作れる施設も5種類で、取捨選択の必要はないですね。どの施設を先にするかの優先度を選ぶくらいでしょうか。前も言ったけれど装備の更新があまりないので、鍛冶屋が早いほうがいいように思えます。スパイアを作ったら、時間でアイテムを無料生産してくれるNPCを最優先で雇用していきましょう。POEの拠点と違い、一旦雇用した人にはその後の維持費がかからない様子なので、目一杯雇っても困らなさそうです。スパイア自体の維持費だけ計算して、財布の中身と相談しながら開発をしていきましょう。ちなみに全財産はまだ7シルバーを行ったり来たりです。どうも稼ぎ用の無限戦闘マップなんかはなさそうですね。

道中ではビーストマンの一族とも関わります。種族は違えどなかなか話の通じる連中で、むしろスカーレットコーラスよりもまだ理性があるか。話しているうちに仲良くなって、そのままコーラス加入となりました。部族の長はボイスオブネラットへ会いにいこうとします。おいおいやめとけって。全力で嫌な予感がして止めようと頑張りましたが、いかんせん選択肢がなく、彼はネラットの元へ。その後カタフォニーへ行くと、案の定串刺しにされて晒しものになっていました。なんなんでしょうねこのアルコンは。恐怖と不気味さでの支配とはいえ、よくこんなのでスカーレットコーラスを統率できるものだと思います。ちなみに今まで関わった中で、ネラット送りになった人の処刑率は100%。彼は相手を拷問をして精神を崩壊させる中で、相手の知識を自分の物にできるという能力を持っており、その為にこういう事をやっているわけなのですが、それにしてもねえ・・・。



divinity002112.jpg
ケインさん

ケインの所に到着、なんかとんでもなくデカいんですけど。素のサイズなのか、布告の効果なのか。ここは地球だったのかとへたり込みそうなサイズです。こんなのと戦闘になったら生きては帰れんぞと思いながら偵察をしていくと、やはり事前情報の通りで瀕死になっており、動く気配はありません。ただディスフェイバードとアースシェイカーの一団が周囲で儀式をしており、エネルギー波がケインに注がれています。これを妨害すればいいんだな。人外とやりあうよりは気が楽かな。

そういえばこの作品は他RPGとちがって、異形の怪物との戦いがほとんど発生しません。今の所、戦闘の9割が同じ人間系との戦いになっています。地味ではありますが、相手にどのスキルを使われたか、何が起こっているかを見ながら戦いを進めるという点では大変やりやすいです。初見の怪物から未知のスキルでいきなり殺されたってパターンはほぼ無いですね。リアル系と言っていいのかどうかはともかく、独特の調整が楽しめます。
[ 2018/10/14 06:57 ] Tyranny | TB(0) | CM(0)

Tyranny その6

divinity002105.jpg
壁探索

じっくり続けつつもやや苦戦中。何に苦戦しているかというと主に時間の確保なんですけど。以前と比べて余裕はできてはいるものの、やはりこういう重量級RPGとなるとまとまった時間が欲しくなります。30分とかの空き時間でぱっとスタートして入り込めるタイプじゃないですしね。せめて1時間かそこらは集中してプレイしたい。欲を言うなら2時間くらい。PoEと同じくロード時間については少々長めなのも、こういう状況だと困るマイナス点ですね。余裕のある時は、この時間に本やら読んで過ごしていたのですが。

そんな自分の状況はさておき、ゲームは大変楽しいです。戦闘少な目ながらレベルは上がりやすい調整になっており、比重の高い一戦、一マップをじっくり構えながらのプレイができています。あとそういう設計だからか、装備の更新があまり起こりません。バリックなんて鎧類は全て変更不可ですし。拠点であるスパイアに鍛冶屋機能があり、新装備の作成やアップグレードが可能になるので、こちらの使用を想定しているのかもしれません。ただ現在は資金も資源も絶望的に足りておらず、全財産が6シルバー程度に対して、いい装備一つで1,2シルバーがかかるので、指をくわえてみているばかり。倒した敵からはぎ取った装備で頑張るしかないか。スカベンジャーとなって頑張ります。



divinity002107.jpg
亡霊だらけ

メインクエストの方も進行中。嵐の布告による暴風の障壁を潜り抜けるには、敵方が持っているアーティファクトがあれば可能になるとの情報を得て、オールドウォールの中を探索することに。これは一戦交える事は確実だなと思いながら中に入り込むと、持ち主の評議官さんはオールドウォールの中ですでに亡くなっておりました。これは手間が省けたと喜んだのもつかの間、その死体にたどり着くのにダンジョン中を歩き回って仕掛けを動かし、さらにその死の原因となっている亡霊達と戦いを繰り広げる羽目になりました。手間は軽く10倍くらいに増えています。

ここで会う亡霊タイプの敵は、このタイプのRPGのお約束通り、物理系の攻撃が効きにくい厄介な相手。こういう相手には対霊体の武器か魔法を使え!というのが鉄板の攻略法。しかし前述の通り対霊体武器なんてよい物は手に入っていません。魔法にしても本として覚えているのは補助系のものばかり。男らしく物理のみの殴り合いで戦います。エブを連れてくればよかったか。

ようやくキーを回収。最後にまたデカい亡霊ボスとの戦いがあります。なんとか物理のみで撃退したものの、ちょっと限界を感じる戦いとなりましたね。物理のみで幽霊とやりあってはいけないという教訓を得ました。当たり前か。ここはエブいりますね。



divinity002108.jpg

そうした自業自得の激戦を経て、とうとう嵐の布告を通り抜ける事に成功。内部の城とそこにいる敵将、最後の評議官ヘイロディン。そしてグレイブンアッシュの娘アメリアとご対面です。彼女は捕虜だったはずが、ヘイロディンに寄り添って共に対峙の構えを取ります。閉鎖空間に一緒にいるうちに、恋心が芽生えた?いわゆるストックホルム症候群?頭に疑問符が沢山浮かぶけれど、戦いは戦い。まずは全力で相手を打ち倒すことに集中します。相手は引きこもり期間が長かったからか大した勢力も持っておらず、サクッと戦いにケリがつきました。

これで布告が終わるかと思いきや、嵐は吹き荒れたまま。布告解除の条件は「評議官の血筋を絶やす事」で彼が最後の一人だったはずですが・・・。その時遠くから聞こえてくる赤ん坊の泣き声。そうきたか。ここの選択は厳しいものになります。ボイスオブネラットとしては、布告はそのままにしてディスフェイバードへの害を与えたい意向なので、スカーレットコーラス側としては望む方向にはなっているのだけれども、コーラス連中の中でこの先どうなるか、また布告を出したままでこの地がどうなるか。この各所で突きつけられる選択が、重くも実に引き込まれますね。
[ 2018/10/09 20:38 ] Tyranny | TB(0) | CM(0)

Tyranny その5

divinity002102.jpg
ちょっとしたパズルもあり

前回の続きで、沈黙の書を探して灰燼の文殿をうろうろ。この作品は他の同系統RPGに比べて、ひとつのマップがこじんまりとしているのですが、このあたりからじわじわと広くなって本格的なダンジョン攻略になりつつあります。

ここではスカーレットコーラスのセンソールが率いる一隊が先に文書探しをしており、彼らと一緒に探索を進めていくことにになります。そうはいってもそこはスカーレットコーラス、普通の協力プレイにはなりません。彼らは数人の小隊に分かれての競争という形で文書を探しており、探せなかった隊はどうも死の宣告が待っているような雰囲気。というわけ有用な物を奪ったり、邪魔する隊と殺し合ったりしながら探索を進めていきましょう。とにかく世紀末な連中です。



divinity002103.jpg
無事禁書をゲット

ダンジョン内は文殿だけに、あちこちで有用なスクロール類が手に入ります。魔法の印章を手に入れたらきちんと覚えていきましょう。魔法は印章の組み合わせで作るシステムになっており、基本となる二種類の組み合わせで様々な呪文が生まれ、そこに修飾の印章を追加して、威力や範囲を強化していくという仕組み。そのため一種類いい物が手に入るだけでかなり戦闘の幅が広がります。それでもやはり手に入りやすいのは修飾系の物ばかりで、基本形の物がなかなか手に入らなったり、あってもバカ高かったりで、自由に強力な魔法が組める段階にはなっていませんが。このあたりはストーリーの進行待ちかな。

禁書を手に入れて地上に戻り、センソールに報告。彼女にボイスオブネラットにも報告しといてよと持ち掛けると、なぜか浮かない顔に。やっぱり身内からも何をするのかわからんと恐れられている人物のようです。いやあ、その気持ちわかるよ。こちらも正直好きじゃないからね。

そうしてセンソールと別れて、しばらくスパイアで寄り道をしてから遅れてボイスオブネラットの所に行くと、彼女は哀れ串刺しの死体となっておりました。ちなみにこの前にイベントで捉えて捕虜にした人も同じように串刺しの死体になっています。うーん、やっぱり好きになれないなあ。いつか激突しそうだ。



divinity002104.jpg
続いて娘探し

いろいろ考える事はありながらも、ひとまず次のミッションへ。グレイブンアッシュの娘探しです。ここセンチネルスタンドは嵐の布告を受けた地で、我がパーティーのバリック君が現在の姿になった原因でもあります。到着して一番に目に入る景色からして、画像のような凄まじいもので、嵐でうねりえぐれた台地に、幾十もの鎧、かつてディスフェイバードや敵軍の兵士であった物、が趣味の悪い装飾のように埋もれています。こんなのに巻き込まれたわけだから、バリックの鎧が体に巻き付いた姿になるのもわかるというものです。よく命があったな。

目標はこの嵐の中にあるのだけれど、無理やり入ろうとすればそのままこの鎧の仲間入りするわけで、まずはその入り方を探すのが第一段階ですね。まずはこの地のスカーレットコーラスと合流だな。マトモな人だといいけど、その可能性は低いんだろうなあ。
[ 2018/10/05 20:05 ] Tyranny | TB(0) | CM(0)

Tyranny その4

divinity002099.jpg
出頭してます

スパイアやその周辺をうろうろ寄り道しながら、チュノンの法廷へと出頭。こちらでもちょうど、ディスフェイバードとスカーレットコーラスが法廷闘争をしており、チュノンがそれを裁いていました。カイロスの下で幹部クラスになっている他の面々と同じく、この人も人外に一歩踏み入れている様子で、浮いてたり光ってたりして怪しい上司です。それだけ恐ろしい力を持っているわけですね。

ひと裁きが終わると、主人公の報告タイム。これまでの戦いや、二勢力の間で見たことを虚実を交えながら報告していきましょう。そういいながらも、あんまり虚を入れると後が怖そうなので、なるべく正直に話していたりしますけど。この作品は会話中での選択肢にひと際力が入っていて面白いですね。会話の中では、主に勢力や仲間ごとの有効度が変動していくのかな。変な選択肢を選んで致命的な失敗になるようなものはなさそうですから、物語を楽しみながら答えていくことにします。



divinity002101.jpg
ガンガン動く名声

そうして会話を楽しんでいると、ステータス画面の名声の項目がどんどん増えて、ゲージも変動しまくりな状態に。各項目はそれぞれ友好と嫌悪のゲージからなっており、これまでどう動いたかの履歴も一目瞭然。ユニークなのは、それぞれの名声度の上がり方により、新たなスキルが増えていくこと。画像だと名声が3と5の段階にアイコンがありますが、そこまで到達するとスキルがアンロックされる事になります。

これらの名声スキルは、仲間毎ではコンビネーションスキルと呼ばれるものになります。主人公と仲間、二人の力を合わせて発動させる強力スキルという位置づけで、高レベルの物は1休息ごとに一回なんて制限があったりもしますが、それに値する威力があるものばかりなので、これをうまく使いこなしていくのが秘訣となりそうですね。友情パワーで大逆転なんて熱い展開が生まれます。

スキルといえば、この作品では今の所、回数制限のあるスキルが1エンカウント毎、1休息毎というのが一部あるくらいで、ほとんどがクールダウンのみの、使用回数無制限スキルになっています。マジックポイントに該当するものも無しですね。その分全体的に再使用の時間が長めにはなっているものの、このおかげでスキルをガンガンに使いながらの、いそがしくも面白い戦いが楽しめます。これがあるから、前衛キャラにも補助魔法を持たせておくのがいい感じですね。熟練度も上がりますし。



divinity002100.jpg
そして新たな使命

それからまた二勢力の間を調査をしながら過ごす事に。スカーレットコーラスとはそんなに仲良くなるつもりは無いんだけどなあと思いつつも、またボイスオブネラットの元に戻って彼からの話を聞いていきます。最終的にどうなるのかは分かりませんが、今はまだ大人しくしておこうか。

そして彼からは二つの使命を受け取りました。一つはグレイブンアッシュの娘を捕らえる事、彼女は嵐の布告で滅びた地域にまだ生き残っている反乱軍に、捕らえられているとかいないとか。そしてもう一つは、沈黙の書と呼ばれる禁書を見つけてくる事、こちらは炎の布告で滅びた、賢者達の施設、灰燼の文殿に眠っているそうです。どちらも布告のせいで上手い事探索が進まず難儀しており、布告って味方にとっても害になっているよなあという気持ちになります。

この二つの使命はどちらからでも行けるのかな。グレイブンアッシュの娘探しは、ディスフェイバードとの激突を含んだ展開になりそうなので、まずは禁書探しから取り掛かろう。今の時点では時間制限はないので、じっくり腰を据えて取り掛かっていきます。
[ 2018/09/30 06:17 ] Tyranny | TB(0) | CM(0)