FC2ブログ








フランス参戦

divinity002076.jpg
見慣れない機体

お盆になりましたが、皆さん元気でお過ごしでしょうか。こちらは相変わらずといえば相変わらずでお盆も変わらず仕事仕事。ただ仕事量は前回から引き続きコントロールができており、久しぶりにWarthunderを引っ張り出す余裕が生まれました。全然やれていない現状だと、やたら容量食うし、アップデートは頻繁だしで、一時期は削除しようかなとも考えていたのですが。残しといてよかった。

そうして久方ぶりに立ち上げたWarthunder、知らない間に一国増えていました。自由の国フランスです。イタリアの次はフランスが来るとはね、などとモニターの前で独り言ちてみるものの、実際は全然馴染みがなく知らない機体だったりします。まあなんかよくわからないけど飛んでみるかくらいの気持ちでスタート。

しかしこれでもう7か国か。実はイタリアもまだランク1を開発しきってもない状態だというのに、国ばかりもう遊びきれないほどに増えております。そういえばRPGも大量に積んでるし。現代という時代はコンテンツが飽和してるぜ。年単位の計画で遊んでいくくらいでちょうどよさそうですね。



divinity002077.jpg
機体はかっこいいね

とりあえずランク1の機体でふらふらと飛んではいいようにやられ中。スタートしたばかりの国なのでパイロットも育っておらず、片道特攻で地上物をいくらか撃破できればOKというストロングスタイルで楽しんでいます。あんまり立ち回りや勝率ばかりを考えているとストレスがたまるので、これくらいの方が平和かもしれません。勝ちに徹するのはアメリカで高ランクを使う時くらいにしておこうか。そういえば既存の国もいくつか新機体が追加されていたり、エースが外れているので、そちらもまた手を付けたいところです。

国の特性としては全体的に機銃の射撃速度が高レートだったり、20mmを積んでいる機体が多く、そこが強さになっているようで、たしかにきちんと標的を捕らえさえすれば、あっというまに破壊ができて爽快です。その分すぐにオーバーヒートするけど。ここは引き付けてチョン撃ちをする基本を徹底ですね。

久しぶりにプレイして楽しんでいるのですが、ちょっと気になった事として、もらえる報酬が相当に減っているように感じます。前にイタリアで少し復活した時も思ったのだけど、やはり無料は厳しいのかなあ。ただ国も増えたし、機体の自動修理をオフにして、7国でローテーションを回していけば、時間はともかくお金に困ることはないでしょう。これからスタートする人は、とにかく機体の自動修理を切っておくようにしましょう。じゃないとランク2程度でも文無しになるよ。


スポンサーサイト
[ 2018/08/14 20:22 ] PCゲーム War Thunder | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その5

divinity002073.jpg
亜人との争いと交渉

最近少し早く帰れるようになって、Avernum3の進みも気持ち順調になってきました。ようやく改善が形に出てきたといいましょうか。いい流れです。せめてひとRPGは2か月以内でクリアできる体制を整えたいですね。なんせ過去の記事を見ると、これ3月にスタートしてますし、こんな状態が続いてたらどうにもなりませんわ。人間らしく生きるために社会の歯車としての性能を高める。なんていうとちょっとかっこいいな思いながらプレイを続けていきます。

前回に続きKarnold方面ではトログロさん達を攻略中。こちらはかろうじて話が通じるので、交渉次第では一時的に戦闘を止めることができそうです。ただ基本的には分かり合えない相手なので、やはり討伐してしまった方がいいのかなという気持ちもあり。彼らは北にいるジャイアント達を不倶戴天の敵としており、互いの領域を寸断しているバリアを取っ払ってしまえば、それで互いにつぶし合って漁夫の利も取るという策もありっぽいです。こういういろいろな解決策がありそうな流れは楽しくなりますね。



divinity002074.jpg
こちらはGolem地獄

亜人の争いを一旦収めて、さらに旅を続けます。これまでのパターン通り、この先も平和になっているはずもなく、北の方ではゴーレムとアンデッドが暴れまわっているようです。とある港町にお邪魔したら、突然ゴーレムの襲撃を受けてしまいました。

とにもかくにもやるしかない状況なのでそのまま戦闘に突入するも、こいつらがまた強い強い。使ってくる魔法攻撃が、範囲ダメージ+ダメージ床化になる物で、2ターン目にはもう画像のような状況に。今回は全体的に受けるダメージが大きいのと、シリーズを通じて氷属性はレジストが稼ぎにくいのが合わさって、立ってるだけで死にかけてます。

4人だけだとボス戦以上に苦戦しそうな相手でしたが、町中だったので付近の帝国兵達も加わっての乱戦になり、ひとまずの撃退に成功しました。こんな襲撃を毎回受けてたら、それは街もズタボロになるわな。原因を取り除く為に頑張っていきます。


divinity002075.jpg
装備を強化

北へ北へ旅してGaleの街に到着。今回はマップが大きいのもあってか、小さくて特にイベントがない村がいくつもあったりしますが、ここはきちんとした街ですね。モンスターの襲撃を恐れて街ごと籠城していたり、怪しいハーブが流行っていたりで中は全然きちんとしてない様子だけど。

とりあえず売っているものはかなりいい物が揃っているので、頼まれたアンデッド退治に行く前に装備を強化しておきます。特にこのRuned Plateはこれまで見た装備の中でも破格の性能です。高いArmor値に加えてMind resistが付き、何より大きいのが命中率ペナルティが全くなしという点。今回とにかく重装備化による命中率ペナルティが大きくて、序盤では少し装備を固めると全然攻撃が当たらなくなっていたので、こういうのは助かります。財布は一気に軽くなるけど、今回は金銭的には割と緩めだし、ここは限界まで買い物をしておくことにします。
[ 2018/08/03 05:52 ] Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その4

divinity002071.jpg
ゴキブリ天国

前回から引き続き、ゴキブリの猛威に晒されているBigailエリアにて、来る日も来る日もゴキブリ狩りをしています。こちらもスライムと同じでどこかに巣があるようで、それをつぶすのが目的になります。島を歩いているとそれっぽい怪しげな場所もすぐに見つかるのですが、入口は見当たらず、まず入るまでの方法を探さなければいけません。くまなく歩いていれば分かるくらいではあるものの、今回はクエストがちょっと複雑になっている感じですね。ログとマーカーだけではクリアが難しいものもあり、プレイ感覚が空きまくっている現状では、記憶力の点でけっこうな苦労をしながら進めています。レコード機能の使用頻度が高いです。

道中出会ったいい蜘蛛からいいゴキブリの巣を教えてもらい、そこで見つけた本拠地の情報からゴキブリ総本山へと進む一行。文章にすると、なんだかカオスな事になっていますが、実際の流れです。中でもゴキブリまみれになりながら突き進み、最深部をどうにかして破壊すれば、ここでの冒険は終了。破壊の方法に関しては街で適任者を探しましょう。



divinity002072.jpg
こちらはトログロ天国

島の平和を取り戻したら、そのまま海を渡って東のKarnold方面へ。こちらの町はTroglodyteによる猛攻に晒されており、どこも防衛に汲々としております。唯一の帝国とはなんだったのかというくらい、全面的にやられてますね今回。

時間制限にはまだちょいと余裕がありそうという情報ももらったことだしと、あちこち歩き回って過ごしています。こちらも情報提供してもらったことで、メインクエストをクリアしていくと、ゲームスタート地点に帰る事ができるアイテムが手に入るので、よりいっそううろうろとすることができるようになります。さらにオーブが盗まれる事件も発生し、それを終える事で空を飛んで高台や川を飛び越せるようにもなって一気に行けるところが増えるので、さらにアイテム回収が捗ります。

今回は野外を歩いているモンスターが多めで、かつ復活の頻度が高めになっているようで、時間経過に目をつむればそちらで稼ぐこともできそうですね。さらにクエストも同じようにリピートで受けれるものがたくさんあります。とは言っても普通にプレイしていたら、終盤くらいには一応のレベルキャップである30に届きそうな勢いでダンジョンや敵が配置されていますから、詰まった時用ですかね。とりあえずトラグロ達をなぎ倒していきます。

[ 2018/07/15 08:08 ] Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(0)

Avernum 3 Ruined World その3

divinity002068.jpg
Erika様再び

スローペースすぎて自分でももどかしいながらも、Avernum3は継続中。仕事の処理効率は確実に上がっているはずながら、その分だけ新しい仕事が増えているような気がしてなりません。いわゆる仕事を頑張る人が損をする状態か。今は他の人にこっそりスルーをして、自分の負担を減らす作成を実行中です。目指せ週休二日。

そんなリアルの愚痴は置いといて、Avernum世界の謎を解き明かすのに世界をめぐっています。前回までのSlime事件では、原因にAvernumの魔法の存在が見え隠れしていて、地上の帝国に一番恨みを持っていて動機がありそうな人、ということで1から出ていた女魔術師、Erikaさんに話を聞いたりしています。当然彼女は否定するわけで、調査は続けていくよという段階で次へ。まあ各地で他にも事件が起きているようだし、まだまだ何か黒幕がいるのでしょう。



divinity002069.jpg
飛び回ってこの状態

ワールドマップはただいまこのような開拓具合。なんかあてもなくさまよったり、開拓した先で見かけたダンジョンを攻略したりなどとしているので、開拓範囲の割にはストーリーは進んでいません。無駄に日数ばかり経過しております。なんか日数がかかりすぎると町が壊滅したりするようなので気になるけれど、まあ1つ2つはしょうがないくらいの精神でじっくり構えていきます。

今はマップ南のKrizsanエリアはおおむね回り終わり、北西にある島、Bigailエリアへと進んだところです。



divinity002070.jpg
怪しい宗教の人

ここBigail島エリアでは、前のSlime事件と同じような状態でどこからか溢れてくるモンスターの脅威に晒されています。ちなみにそのモンスターは巨大なゴキブリ。島中いたるところゴキブリだらけで、精神的な脅威度ではSlimeをはるかに上回っています。さてさて、奴らの拠点と黒幕は何なのかなと。

さらにこの地ではAnamaなる宗教が大きな勢力を持っています。教義としては反魔法というもので、彼らの言い分を聞くと、魔法があるがゆえに戦いでの互いの被害が膨れ上がったり、今回のような不自然なモンスターの被害が生まれるんだから、魔法は禁止すべきだという感じです。言いたいことはわからんでもないけど、こちらもお世話になってるしなあ・・・

この魔法、反魔法関係の質問がいくつか出てきますが、これはゲーム内での主人公の立場に影響がでそうです。Geneforgeでいう質問への答え次第で、どの陣営寄りになっていくかと同じような感じですかね。結構気楽に答えたりしているけど、宗教にはうさん臭さを感じるタイプなので、あまり深入りしないように話を聞いていこうと思います。
[ 2018/06/16 22:37 ] Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(2)

Avernum 3 Ruined World その2

前回の記事からひと月が経過、楽しくAvernum3を続けています。

divinity002066.jpg
地図を頼りに。

状況としては地下の探索で行ける範囲は全て探索し、レベルも上がった状態で地上への探索に本腰を入れ始めたというところです。レベルアップのおかげで最初に大苦戦していたスライムにも勝てるようになり、無理ゲー感はなくなって楽しく戦えています。でもところどころにオーガなど、後でまた来いと言わんばかりの相手がおり、そういうのにはまるで歯が立たないです。バリアなんかと合わせて、場所を覚えといてリベンジですかね。

前に間違えて地上に行った時にも情報を得ていましたが、こちらではどこからともなく湧いてくるスライムとの戦いにどの町も疲弊しきっており、Avernumの事などはかまってられないという人が多数のようです。肌の色から普通に正体がばれたりもしていますが、いきなり敵対されるなどといったことは起こっていません。このエリアは辺境なので、帝国の体制が強いエリアに行くと危険度はあがりそうではありますが、今のところは町につけば無条件で安心できてます。

ただ猫獣人のNephilは非常に嫌われており、人によっては話も聞いてくれなかったり戦闘になったりします。パーティーに一人入れてるんだよなあ。おかげで同じNephilとの戦闘は避けられたりと特な事もありますけど。さて吉と出るか凶とでるか。

そうして色々と探索や他のクエストをしながら、スライム問題を解決すべく各地を走り回っていると、とある所でスライム発生源らしきところの地図を入手しました。


divinity002067.jpg
スライム問題の元凶

地図の示す場所にあるスライムピットを攻略開始。中は複雑なのに加えて、敵もこれまで以上に強力です。というかこちらが弱いのか? 修行中にレベルは10を超えて2桁突入しているものの、今作はこれまでに比べてマジックアイテムが中々手に入らず、ほぼほぼノーマル装備に身を包んでいるので全体的にきびしいです。マイナス命中率修正が少なくてそこそこの装備が整えばだいぶ楽になると思うのだけど。

そうして苦労しながら攻略を続けていくと、道中にはスライムを生み出し続ける人為的に作られたモンスターなんかが出てきて、きな臭い雰囲気が漂ってきました。Geneforgeでもいた蟻塚みたいな奴です。これはShaperの仕業なのかはともかく、背後に何かがある事はまちがいなさそう。

それからしばらく、洞窟の最深部ではAlien Slimeという異形が待ち構えていました。これはもうスライムじゃないだろと突っ込みを入れてはみるものの、戦ってみるとそんな余裕もないほどの強さ。あらゆる攻撃が痛すぎるのとばらまいてくる毒がきつすぎです。いややっぱ自分の装備が貧弱なのか、順路を間違えたかと疑いながら、Buff魔法とアイテムを駆使してギリギリで倒すことができました。

倒した後にはこのスライム達を作った黒幕らしき物の証拠類が。どうもAvernum内の者みたいですが・・・だんだん話が動いて面白くなってきました。Avernumに戻ってさらなる調査を続けていくことにします。
[ 2018/04/26 22:19 ] Avernum 3 Ruined World | TB(0) | CM(5)